Waves V13 FAQ - よくある質問

Waves V13 FAQ - よくある質問

ここでは新しいWaves V13プラグインのアップデートについてのよくある質問についてお答えします。

V13の互換性とサポート

V13はどのOS・DAW環境と互換性がありますか?

2021年10月現在、Waves V13では下記のOS環境がサポートされています。

Mac: macOS Mojave 10.14.6、Catalina 10.15.7、Big Sur 11.5.2、"Metal"対応Macモデルが動作が公式にサポートされています。macOS High Sierra 10.13.6以前のOSでは動作がサポートされません。
 Metal対応MacモデルについてはAppleサポート情報をご覧ください。
Apple Silicon MacモデルについてはM1プロセッサ対応状況をご覧ください。

Windows:  Windows 10及びWindows 11で動作が公式にサポートされています。Windows 10より以前のOS(Windows 7、8.0、8.1など)では動作がサポートされません。

お使いのコンピュータ、オペレーティングシステム、DAWのバージョンとWaves V13の互換性を確認するには、下記ページにてシステム動作環境とサポートされるホストアプリケーション参照してください。

V13プラグインはWavesアプリケーション(StudioRack、SoundGrid Studio、eMotion LV1、SuperRack、MultiRack)で動作しますか?

V13プラグインは下記のアプリケーションで動作がサポートされています。
  1. eMotion LV1 V12
  2. SuperRack V12
  3. SoundGrid Studio V12
  4. StudioRack V12
V13プラグインは下記のアプリケーションでの動作はサポートされていません。
  1. eMotion LV1 V9, V10, V11
  2. SuperRack V11
  3. MultiRack V9
  4. SoundGrid Studio V9
  5. StudioRack V9

これらの古いアプリケーションバージョンで使用する予定のシステムには、V13プラグインをインストールしないようご注ください。

最新バージョンのWavesライセンスはこれより以前のバージョンのプラグインもアクティベーション可能です。例として、ライセンスを最新に更新してもV9までの過去のバージョンのプラグインもアクティベートすることができます。

インストールしようとしているプラグインがレガシーバージョンに存在するかどうかを確認するには、各バージョンのダウンロードページにアクセスし、ページ下部のプラグインリストをご確認ください。
https://www.waves.com/downloads#older
ご注意:
  1. 2018年6月10日以降リリースされた製品はV9以前では利用できません。
  2. 2019年10月28日以降リリースされた製品はV10以前では利用できません。
  3. 2020年10月19日以降リリースされた製品はV11以前では利用できません。
  4. 2021年10月10日以降リリースされた製品はV12以前では利用できません。

V13の新機能

V13ではどのような新機能を利用できますか?

最新バージョンにアップデートすると以下の機能を利用することができます。
  1. APPLE M1 対応:Apple ARM Silicon M1とのネイティブ互換のサポート。
  2. WINDOWS 11 対応:Windows 11のサポート。
  3. HiDPIを対応プラグインに Scheps Omni Channel、Abbey Road RS124、Kaleidoscopes他対応プラグインに高精細HiDPI GUIを追加。
  4. 様々な改善:  継続的な改善、バグフィックス、追加アップデート。

V13へのアップデート

V13へのアップデートは必須ですか?

いいえ、本アップデートは必須ではありません。現在ご利用のシステムに変更がない限り使用中のWavesバージョンも通常通り動作します。

しかし、オペレーティングシステムやDAWは常にアップデートされています。お使いのWavesソフトウェアと最新のOS・DAWバージョンとの完全な互換性を保つために、OS・DAWがサポートしている場合はすべてのWavesプラグインを最新バージョンへアップデートすることをお勧めします。

V13アップデートはWUPサービスの一つとして提供され、WUP期間内にある製品のみが最新バージョンへアップデート可能です。

V13ライセンスはV9までのプラグインもアクティベーションすることができます。プラグインを最新にアップデートしない場合も、WUP期間内にある製品ライセンスはアカウント内のGet Latest Versionから最新バージョンへアップデートすることを強くお勧めいたします。

今後リリースされる新製品やソフトウェアのアップデートは最新バージョンのみに追加されます。アップデートすることで今後リリースされるプラグインおよびアップデートをご利用いただけます。

Waves Centralの上部に‘Updates Available’ ボタンが表示される場合、これは同じメジャーバージョン内で利用可能なアップデートがあることを意味します。このボタンを押しても以前のバージョンから最新バージョンへのアップデートは行われません。

プラグインをV13にアップデートするには?

アップデートには下記の確認・作業が必要となります。
  1. 動作環境の確認
  2. ライセンスのアップデート
  3. プラグインのインストール
1. 動作環境の確認
ご利用のシステム動作環境とDAWのバージョンが最新バージョンでサポートされていることを確認してください。
Waves製品動作環境
2. ライセンスのアップデート
ご利用の環境が上記の要件を満たしている場合は、プラグイン製品ライセンスを更新します。

アップデートにはプラグインがWaves Update Plan=WUP(Wavesプラグインまたはバンドル登録に対し製品ごとに1年間無償提供)の期間内である必要がありますのでご注意ください。

ライセンスがWUP期間内にある場合は、Wavesアカウント内「Get Latest Version」ページにて、無料でライセンスをV12にアップデートすることができます。
https://www.waves.com/account/get-latest-version
WUP期間外の製品については下記ページの手順にて再加入いただけます。
WUP(Waves Update Plan)の更新・再加入手続き方法

3.プラグインのインストール
ライセンスを更新後、プラグインソフトウェアをインストールして有効化してください。
WUP更新・再加入後のアップデートとインストール手順
Waves Centralの上部に「Updates Available」ボタンが表示された場合、これは同じメジャーバージョン内で利用可能なアップデートがあることを意味します - 例)V12.0からV12.7へのアップデート

V13プラグインはWaves SuperRack、eMotion LV1、SoundGrid Studio、StudioRackアV12バージョンでサポートされます。

V13ライセンスはV12、V11、V10、V9プラグインをアクティベーション可能です - 例)V13ソフトウェアをインストールしたマシンからV10ソフトウェアをインストールした別のマシンにV13ライセンスを移動するとV10プラグインをアクティベートして使用できます。

ライセンスのバージョンがまたは製品がWaves Update Plan対象か確認するには

お持ちのWavesライセンスのチェック、アップデート、インストール、アクティベーションの方法については、下記を参照してください。現在のライセンスバージョン、アクティベーション状況、WUPの適用範囲は、Wavesアカウント>My Productsで確認することができます。

Waves Account Login

Update Planステータスの見方
  1. Latest Version - 製品のWUPは期限内にあり、ライセンス・バージョンも最新の状態、アップデートは不要です。
  2. Get Latest Version - 製品のWUPは期限内にあり、ライセンスを最新バージョンへアップデート可能、リンクをクリックしてアップデートを実行します。
  3. Renew Coverage - 製品のWUP期限が終了しており、最新バージョンへのアップデートにはWUPの更新が必要、下記の手順に沿って加入します。



V13にアップデートしたいのですが、Waves Update Planの期限が切れてしまいました。どうすればいいですか?

Waves Update Planは下記ページの手順にて再加入いただけます。
WUP(Waves Update Plan)の更新・再加入手続き方法
ライセンスを更新後ソフトウェアをインストール、アクティベーションしてください。
WUP更新・再加入後のアップデートとインストール手順
その他WUPについての詳細についてはこちらをご覧ください。
WUP (Waves Update Plan)とはなんですか?

最新のWaves Central(V13)をインストールすると現在のWavesソフトウェアバージョンは自動的にアップデートされますか?

いいえ、新しいWaves Central (V13)をインストールしてもお使いのWavesソフトウェアはアップデートされません - 例)V12からV13へのアップデート。

新しいプラグインやバンドルをインストールし、かつ既存のプラグインはアップデートしたくない場合、Waves Centralで最新のプラグインのみをインストールすることもできます。 - Waves Centralは古いバージョンのソフトウェアを自動でアップデートすることはありません。

最近、新しいプラグインやバンドルを購入したり、上位のバンドルにアップグレードしました。これらのプラグインやバンドルをV13に更新するために別途料金を支払う必要がありますか?

いいえ。新しいWavesライセンスを購入、アップグレード、または登録すると、1年間のWUPが無料で提供されます。WUP期間でカバーされているライセンスは、Wavesアカウントの「Get Latest Version」ページから無料でV12にアップデートすることができます。
https://www.waves.com/account/get-latest-version
バンドルアップグレードに関する注意事項:既存プラグインやバンドルをより上位のバンドルにアップグレードした場合 (例:PlatinumからHorizon)、アップグレードした新しいバンドルは自動的に最新バージョンとして登録され1年間のWUPサービスを無料で受けることができます。
このためアップグレードされた新しいバンドルライセンスを個別にアップデートする必要なくコンピュータにインストール、アクティベートしてご利用いただけます。

以前のバージョン(V12など)の2ndライセンスを持っています。V13の2ndライセンスは入手できますか?

Waves Update Plan対象の各プラグインライセンスは2ndライセンスの対象となり異なるデバイスで使用することができます。

以前のバージョンの2ndライセンスを異なるデバイスでご利用の場合、メインのライセンスが最新バージョン(V13)にアップデートされると一旦アカウントから削除されます。

V13にアップデート後2ndライセンスの登録ページにアクセスしてください。2ndライセンス登録ページにアクセスし、2ndライセンスをV13で再度登録します。完了後、Waves Centralから2ndライセンスを使用するデバイスにアクティベートしてください。

プラグインをインストールしようとしていますがWaves Centralに表示されません。

ご利用のライセンスバージョンにより確認方法が異なるため下記をご参照ください。

Waves Central ‘Install Products’ ページを確認する:
  1. V13〜10製品は ‘Install Products’ ページに表示され、インターネットに接続された環境であればここからオンラインでインストール可能です。
  2. V9ライセンスは ‘Install Products’ ページではなく’Licenses’ページに表示されます。
V9ソフトウェアは専用のオフラインインストーラからのみインストールできます。下記ページをご参考の上、インストールをお試しください。
Waves V9製品のインストール
複数のアカウントを利用している場合:
お探しの製品がWaves Centralでのログインと同じアカウントに登録されていることをご確認ください。Waves.comアカウント>My Productsページにてライセンスの登録を確認してください。
Waves Account Login
ライセンスが表示されない場合別のアカウントに登録されている可能性があります。アカウント確認方法については下記ページをご参考ください。
Wavesアカウントのパスワード/ユーザーネームを忘れてしまった

V13ライセンスを持っていますが使用しているOS、DAWは以前のWavesバージョンとしか互換性がありません。どうしたらいいですか?

ご安心ください。V13ライセンスはV9~V12ソフトウェアもアクティベートすることができます。
Waves CentralでV13ライセンスをコンピュータまたはUSBデバイスにアクティベートし、お使いのシステムと互換性のあるプラグインのバージョンをインストールしてください。

V13より以前のプラグインは、Waves Centralからオンライン・インストールするか、ダウンロードページにある各バージョン専用のオフラインインストーラーを使ってインストール可能です。下記ページよりご利用ください。
https://www.waves.com/downloads#older
V9プラグインはV9 Legacy DownloadsのページにあるV9専用のオフラインインストーラーを使ってWaves Centralからインストール可能です。
Waves V9製品のインストール
利用中の環境から新しいコンピューターに移行する場合は下記ページをご覧ください。
Waves ソフトウェアを新しい別のコンピューターに移行、インストールする
インストールしようとしているプラグインがレガシーバージョンに存在するかどうかを確認するには、各バージョンのダウンロードページにアクセスし、ページ下部のプラグインリストをご確認ください。
  1. 2018年6月10日以降リリースされた製品はV9以前では利用できません。
  2. 2019年10月28日以降リリースされた製品はV10以前では利用できません。
  3. 2020年10月19日以降リリースされた製品はV11以前では利用できません。
  4. 2021年10月10日以降リリースされた製品はV12以前では利用できません。

同一システム上で複数のバージョンのプラグインを使用できますか?

V13をインストールまたはアップデートする前に、システム動作環境とサポートされるホストをチェックし、お使いのシステムとDAWが現在使用中の以前のバージョンと互換性があることを確認してください。
Waves製品動作環境
同一のプラグインでない限り複数のバージョンのプラグインは同じシステム上で動作させることができます。各プラグインはライセンスバージョンが対応するV9.92、V10〜12に沿った手順でインストールしてください。

お使いのコンピューターが他の人にも使われる場合(例:商用スタジオや学校、レンタル会社など)ライセンスを移動または入れ替え後Waves Central>SettingsページのVersion Organizerを実行してライセンスとインストールされたソフトウェアのバージョンが一致するか確認いただくことを強くお勧めします。

お使いのDAW(Pro Tools、Logic、Cubaseなど)でプラグインが表示されない場合プラグインの再スキャンが必要となる場合があります。ご利用のDAWで「プラグインのスキャン、検索方法」をご確認ください。
  1. 9.92より以前のバージョンのソフトウェアは、V10、V11、V12のソフトウェアと共存できません。V9を新しいバージョンと共存して動作させたい場合は、バージョン9.92をインストールしてください。
  2. V9よりも新しいバージョンをV9と一緒にインストールすると、両方のバージョンをサポートしているシステムでV9プラグインが一時的に認識されなくなる場合があります。その際は、V9.92プラグインを再インストールすることでプラグインを認識させることができます。

V13にアップデート前に古いバージョンのWavesプラグインをアンインストールする必要がありますか?

Waves Centralは新しいバージョンへのアップデートまたはインストールの際にこれより以前のバージョンのプラグインをアンインストールすることはありません。以前のバージョンのライセンスをアップデートしていない場合は、アンインストールは不要です。

もし全てのライセンスを最新バージョンにアップデートした場合は、以前のバージョンのWavesプラグインソフトウェアWaves Centralからアンインストールしてください。


V13へのアップデートの準備がまだできていません。V9/V10/V11/V12のプラグインはどうやってインストールすればいいですか?

V13より以前のプラグインは、Waves Central経由でオンライン・インストールするか、ダウンロードページにある各バージョン専用のオフラインインストーラーを使ってインストール可能です。下記ページよりご利用ください。
https://www.waves.com/downloads#older
V9プラグインはV9 Legacy DownloadsのページにあるV9専用のオフラインインストーラーを使ってWaves Centralからインストール可能です。

古いシステムにまだいくつか旧バージョンのWaves製品が残っています。新しいシステムにライセンスを移行するにはどうすればいいですか?

製品ライセンスはWaves CentralのLicensesページでライセンスの移動など管理が可能です。下記サポート情報を参照してください。

Waves Centralの最新バージョンを使って製品のオフラインインストーラーを作成できますか?

Waves CentralはV10-V13のオフラインインストーラーを作成できます。

V13より以前のソフトウェアをインストールしたい場合、オフラインインストーラーを作成するか、Waves Central経由でオンライン・インストールするか、ダウンロードページにある各バージョン専用のオフラインインストーラーを使ってインストール可能です。下記ページよりご利用ください。
https://www.waves.com/downloads#older
V9プラグインはV9 Legacy DownloadsのページにあるV9専用のオフラインインストーラーを使ってWaves Centralからインストール可能です。



    • Related Articles

    • Waves V12 FAQ - よくある質問

      ここでは新しいWaves V12プラグインのアップデートについてよくある質問にお答えします。 V12 互換性とサポート V12はどのOS・DAW環境と互換性がありますか? Waves V12では、Windows 10とmacOS High Sierra 10.13.6以上で動作が公式にサポートされています。Windows 10より以前のOS(Windows 7、8.0、8.1など)、macOS High Sierra 10.13.6より以前のOSでは動作がサポートされません。 ...
    • McDSP APB-16 FAQ・よくある質問

      APBユニットを接続する APBユニットは簡単な手順でシステムに接続することができます。 1. APB-16 を接続する前にコンピュータの電源を切ります。APB-16の電源ボタンがオフの状態(押されていない状態)を確認してください。 2. 同梱の安全のための説明書をお読みください。次に、APB-16 電源アダプタを APB-16 に接続します。 3. オーディオインターフェイスのワードクロック出力を APB-16 ...
    • Earthworks ICON - FAQ

      こちらのページでは、ICONを中心に音声収録のFAQを掲載しています。 Q. ICONから入力される音声が小さいので、大きくしたいです。 A. 本体背部にあるノブを動かすと入力される音声の大きさが調整できます。こちらを使用してちょうど良い音量になるよう調整してください。 Q. ICONのイヤフォン端子からの音量を変更したいです。 A. ICON本体には出力音声を調整する機能が付いていません。PCの設定から音量を調整してください。 Q. 再生される音声がブツブツと途切れてしまいます。 A. ...
    • AMS/Neve FAQ

      FAQ   Q: 8816でRecallソフトウェアを実行しようとすると、「8816のファームウェアを更新する必要があります」 と言われます。ファームウェアをアップデートしようとすると、また同じメッセージが表示されます。 何が間違っているのでしょうか?   A: これはユーザーエラーの問題ではなく、マイクロコントローラのファームウェアが 部分的に消去されていて更新できないことが考えられます。   このファームウェア更新ファイルには、ファームウェアを再ロードするための ...
    • iZotope製品  Spire FAQ

      iZotope製品Spire FAQ Spire FAQ Soundcheckを使った際に音には何がおこりますか? Soundcheck機能を使うと自動的に音のインプットレベルを調整してくれます。 と同時に、楽器を使用していればそれを検知し自動的に軽くダイナミックEQをつけ後のミックスがしやすいようにしてくれます。   なぜ、Soundcloudにサインインできないのですか? 設定(Setting )メニューにあるSoundcloudのセクションを見ると、” not signed in = ...