Waves Apple Silicon M1プロセッサとRosetta 2エミュレータ対応状況について

Waves Apple Silicon M1プロセッサとRosetta 2エミュレータ対応状況について

Waves V13

2022.04.18更新:  Ableton 11.1、Cubase 12のM1ネイティブ動作がサポートされました。
2021.10.15更新: V13プラグインにてCubase 11.0.40 Rosetta2での動作がサポートされました。
2021.10.10更新: Waves V13がリリースされApple Silicon M1プロセッサにネイティブ対応しました。

AppleM1プロセッサ上でのネイティブ対応DAW

Waves V13:
  1. Logic Pro 10.6.3 (ARM64ネイティブモード)
  2. Ableton 11.1
  3. Cubase 12
  4. FL Studio 20.8.4.2048
  5. Studio One 5.4
  6. REAPER 6.35 for ARM
  7. Bitwig Studio 4.0.4
  8. Garage Band 10.4.4
  9. Mainstage 3.5.3
  10. Adobe Premiere Pro 2021 15.4.1
  11. Adobe Audition 2021
  12. Digital Performer 11

Rosetta2上での動作確認済みDAW

これらのDAWはApple Silicon M1プロセッサの公式サポートを発表していません。WavesではこれらのDAWがApple Rosetta2エミュレーターで実行された際にV13およびV12プラグインが起動および動作することを確認しています。しかし下記の情報はWavesによる公式なサポートを表明するものではなく、また技術的な問題のトラブルシューティングも提供されておりません。予めご了承の上ご利用ください。

V13 plugins:
  1. Pro Tools 2021.7
  2. Ableton Live 11
  3. Cubase 11.0.40
  4. Reason 11
  5. Luna 1.2.7
V12 plugins:
  1. Pro Tools 2020.12
  2. Ableton Live 10
  3. Reason 11
Waves V13 SoundGridアプリケーションおよびドライバーはmacOS Monterey以降で動作するApple M1プロセッサをサポートしています。
  1. SuperRack
  2. eMotion LV1
  3. SoundGrid Studio
  4. SoundGrid QRec
  5. SoundGrid Driver

注意事項

Waves Centralについて

現在Waves CenrtralはRosetta 2エミュレーションで動作します。インストールされるプラグイン、ソフトウェアはApple Siliconネイティブ対応のバージョンがインストールされ、上記対応DAWで利用可能です。Waves CentralのApple Siliconネイティブバージョンは現在開発中となっています。

プラグインについて

  1. ReWire:  ReWireソフトウェアプロトコルはApple M1プロセッサでは動作しません。ReWireを使用するプラグインではタイムライン同期など機能が利用できない場合があります
  2. H-Reverb、IR-1: M1ネイティブのDAW上での動作で問題は確認されていませんが、Apple Rosetta 2エミュレータ環境での動作ではH-Reverb、IR-1でグラフィックの問題が確認されています。
  1. Clarity Vx、 Clarity Vx Pro:  Apple M1 プロセッサでプラグインを利用するにはDAWはRosetta 2モードでの動作が必要となります。将来的なネイティブM1サポートの追加向け開発が進められています。
  2. COSMOS Sample Finder: Rosetta 2での動作となります。将来的なネイティブM1サポートの追加向け開発が進められています。

ホストアプリケーション・DAWについて

  1. SuperRack、eMotion LV1、SoundGrid Studio、SoundGrid QRec、SoundGridドライバー: Waves SoundGridアプリケーションとドライバーは、現在M1プロセッサーでは動作しません。Wavesでは近い将来にSoundGridアプリケーションのM1サポートを追加できるよう開発を進めております。
  2. Final Cut Pro: Appleは自社DAWがM1プロセッサ(Rosetta 2なし)でネイティブに公式サポートされることを発表していますが、現時点でWavesプラグインはM1プロセッサ上のFinal CutProでは正しく読み込み、動作しないことが確認されております。

Waves V12

2021.1.31更新

Wavesソフトウェアは、現時点で新しいApple Silicon M1プロセッサを搭載したAppleコンピュータでの動作を正式にはサポートしていません。

Wavesでは公式なサポートを提供するべく、近い将来の対応に向け取り組んでいます。開発の進行および今後の対応状況については随時情報を更新します。

現在までに判明したWaves製品の動作状況については下記の通りです。動作はすべてWaves V12製品で確認されており、V11以前のバージョンはサポートされません。

Waves V12プラグインがロードされ動作するDAWでも、現状公式なサポートは保証されません。環境によっては動作しない場合もあります。本ページについてはご参考情報とし、確実な公式サポートについては対応バージョンのリリースをお待ちくださいますようお願いいたします。

Pro Tools 2020.12、Ableton Live 10、FL Studio 20.10、Studio One 5、Reason 11、Bitwig Studio 3.3、Digital Performer、Adobe Audition 2020での動作
これらのDAWはまだM1プロセッサの公式サポートを発表していません。しかし、これらのDAWがRosetta 2エミュレータ環境で動作する場合、Waves V12プラグインがロードされ動作することが判明しています。しかしながら、いずれも公式なサポートはなく、Wavesでは技術的な問題のサポート、トラブルシューティングはできない状況です。

Waves Central、スタンドアロン・インストゥルメントとおよびアンプ製品
これらのアプリケーションは、Rosetta 2 エミュレータ環境で実行されている M1 プロセッサ上でロードされ、正常に動作します。しかしながら、いずれも公式なサポートはなく、Wavesでは技術的な問題のサポート、トラブルシューティングはできない状況です。

Logic Pro、GarageBand、MainStage、Final Cut Pro
Appleは、これら自社のプロプライエタリなDAWがM1プロセッサ上でのネイティブサポートを公式に発表していますが(Rosetta 2がない場合)、M1プロセッサ上のこれらのDAWでは、Wavesプラグインはロードされない、または正常に動作しません。

Cubase、Adobe Premiere
Wavesプラグインは、現在、M1プロセッサ上のこれらのDAWでは使用できません。

SuperRack, eMotion LV1, SoundGrid Studio, SoundGrid QRec, SoundGrid Driver
SoundGridアプリケーションおよびドライバは、M1プロセッサでは動作しません。

Rewire、H-Reverb、IR-1プラグイン
M1 システムではRewire ソフトウェアが動作しません。また、IR-1とH-ReverbプラグインはRetinaディスプレイを搭載したM1システムではグラフィック上の問題が発生します。

参照元記事
Waves with Apple M1 Processors and Rosetta 2 Emulator

    • Related Articles

    • Apogee製品Big SurおよびApple Silicon対応状況

      2021.8現在 USB Symphony Desktop macOS Big Sur:対応 Apple Silicon:対応 Duet for iPad & Mac macOS Big Sur:対応 Apple Silicon:対応 ONE for Mac macOS Big Sur:対応 Apple Silicon:対応 ONE for iPad & Mac macOS Big Sur:対応 Apple Silicon:対応 Quartet macOS Big Sur:対応 Apple ...
    • Apogee製品 macOS MontereyとApple Silicon互換情報

      USB Duet 3 対応 Symphony Desktop 対応 Duet for iPad & Mac and Duet 2 対応 Apple Silicon / M1:Apogee Control2にて対応 ONE for Mac 対応 Apple Silicon / M1:Apogee Control2にて対応 ONE for iPad & Mac 対応 Apple Silicon / M1:Apogee Control2にて対応 Quarte 対応 Apple Silicon / ...
    • 弊社取り扱い製品 最新macOS・Apple Silicon (M1/M2)対応状況

      各メーカーより公開されている弊社取り扱い製品の最新macOSおよびApple Silicon M1 Macモデル対応情報です。情報が入り次第本ページを随時更新しております。 情報の記載のないメーカー・製品は現時点で非対応です。また原則として現行・最新バージョン製品が対象となり過去のバージョンや生産完了製品は対象外となります。 ...
    • Waves 動作環境

      Waves製品の多くはプラグイン形式のソフトウェアとなり、ご利用にはインストールするための対応OSを搭載したコンピューター、およびプラグイン対応のホストアプリケーションが必要です。製品によりアプリケーションとして起動できる=スタンドアローンを含むものもあります。 Waves製品ライセンスは発行されるシリアルナンバー1つにつき1台のコンピューターまたはUSBメモリに有効化して利用できます。複数コンピューターでの同時使用が必要な場合は追加ライセンス購入またはセカンドライセンスを利用してください。 ...
    • iZotope製品:最新macOSとApple Silicon(M1)の互換性について 2022年4月

      macOS 11(Big Sur) -12(Monterey)と Apple Silicon (M1)の互換性について 2022年4月 この記事では、iZotope製品のApple Silicon (M1) と最新のMac OSの互換性に 関する最新情報を掲載しています。 iZotopeは、Apple Silicon (M1) チップを搭載した Apple製コンピュータでネイティブに動作するよう、プラグインやアプリケーションの ...