Waves V11 リリースノート

Waves V11 リリースノート

Waves V11製品のアップデート内容です。各製品の最新バージョンは、Waves Centralよりインストールしてご利用ください。

2020/10/18
更新:MyMon v11.3946
  1. 更新: iOS 14 に対応。
  2. 改善:Android 10/11 ナビゲーションバーを改善。
  3. 改善:コントロールパネルのCPU/GPU消費量を大幅に削減。
  4. 改善:より安定した接続性の向上改善。
  5. 改善:様々な安定性と機能の改善。

2020/9/30
  1. 新リリース - WSG-HY128 IOカード(Fw v10.3.51.268 Control Panel v10.0.2.293)用ドライバソフトを公開しました。

2020/9/10
  1. NEW リリース - DSPRO StageGrid 1000 (Fw v10.3.51.265 Control Panel v10.0.2.288)
ファームウェアアップデート:DSPRO StageGrid 4000 (Fw v10.3.51.265 Control Panel v10.0.2.288)
  1. 修正:100MBit接続から1GBitへのリカバリを修正。

2020/9/8
  1. NEW リリース - Kaleidoscopesリリース。単体プラグインまたはMercury、Pro Show、SD7 Pro Showに収録。

2020/7/30

更新:StudioRack 11.0.68.183
  1. 機能追加:トッププロデューサー、ミックスエンジニアのKori Anders、Chris Baseford、Billy Bush、Richard Chycki、Adair Daufembach、Jacquire King、Tom Lord-Alge、Malay、David Wrenchのプリセットを含む、47の新しいStudioRackチェインプリセットを追加。

その他の修正事項
  1. 修正:プリセットの読み込み時間の一般的な改善。
  2. 修正:すべてのホストでグラフィックの展開/折りたたみの一般的な改善。
  3. 修正:スプリットチェーン内のスプリットチェーンをロードすると、LogicでGUIが破損する問題を修正。
  4. 修正:マルチバンドスプリットセクションでモノラルとステレオ間のマクロ遷移が正しくない問題を修正。
  5. 修正:GUIを最小化するとPro Toolsのゲインリダクションメーターが機能しないバグを修正。
  6. 修正:ラックを削除した後にマクロアサインが残ってしまうバグを修正しました。
  7. 修正:Undo/RedoがインサートのOn/Offボタンに影響を与えないバグを修正
  8. 修正:プラグインウィンドウの位置が画面外に保存されてしまうバグを修正。
  9. 修正:Fixed: Setup A/Bが特定のシナリオでビューを変更するバグを修正。
  10. 修正:修正: プラグインが別のインサートからコピーされた後、サイドチェインインジケーターが反転するバグ。

SoundGrid Processing Modeの修正
  1. 修正:DAWオフラインバウンスとフリーズの統合を改善し、ハングアップや予期せぬ動作を修正しました。
  2. 修正:Pro Tools(96kHzセッション、Mac)でサードパーティ製プラグインとStudioRackを併用した場合、オーディオが破損する可能性があります。
  3. 修正:オーディオがフリーズするとStudio One内のStudioRackインスタンスをすべてNativeに切り替えるバグを修正しました。
  4. 修正:StudioRackをSoundGridからNativeに切り替えたときに、Cubaseのオートメーションレーンがランダムに開くようにしました。
  5. 修正:モニターモードがInputに設定されているStudioRackのセッションを無効にしたり、バイパスしたり、閉じたりすると、一定のノイズが発生する問題を修正。
  6. 修正:StudioRackの’Group’設定が新しいDAWトラックにコピーされないバグを修正。
  7. 修正:入力オートメーション使用時にジッターノイズが発生するバグを修正。

更新:SoundGrid Driver (ASIO/Core Audio) v11.2.65.178
  1. 修正:Pro Tools(96kHzセッション、Mac)でサードパーティ製プラグインとStudioRackを併用した場合、オーディオが破損する可能性がある問題を修正。
  2. 修正:。SoundGridサーバが割り当てられていない場合や使用中の場合、WSG-Y16 I/OカードとSoundGridドライバの間で音声が落ちることがある問題を修正。

更新:SoundGridサーバファームウェアv11.2.65.178(SoundGrid Studio, eMotion LV1, SuperRack)
  1. 修正:SoundGrid Driverのチャンネル値を変更すると、一部のケースでサーバーがクラッシュするバグを。

更新:Burl Audio BMB4 SoundGridマザーボード(10.3.51.202)ファームウェアアップデート
  1. 修正:クロックソースをデジタルに変更した際に発生するオーディオ再生の破損、音切れを修正。

2020/7/26
  1. 更新:SuperRack v11.0.67.51

2020/7/13
DiGiCo SD SoundGridインターフェース ファームウェアアップデート(10.3.51.202)
  1. 修正:チャンネル1-7と8-64間でI/Oレイテンシーの可能性がある問題を修正。

2020/7/6

eMotion LV1 v11.0.65.162 アップデート

  • 修正:SoundGridサーバのバッファサイズが80に設定され、かつセッションにN/AステータスのI/Oが含まれている場合に、L/Rからオーディオがスルーしないバグを修正。
  • 修正:冗長用のサーバが割り当てられた状態で、SoundGridサーバのバッファサイズが160/224の場合にオーディオが歪んでしまう不具合を修正。
  • 修正:SoundGridサーババッファサイズが160以上の場合、マトリックスチャンネルでオーディオが歪む可能性があったため修正。

        

DirectOut SG.MADIコンバータ (V9.7.99.717)。

  • 修正:LV1 v11.0.65.150の非互換性によるバグ。

    

SoundGrid Driver (ASIO/Core Audio) v11.2.65.162 アップデート

 (Windowsのみ - SoundGrid Studio、eMotion LV1、SuperRackに含まれます)。

  • 修正:WDM DriverからI/O @ 96kHzで再生すると、オーディオでクリックが発生する。


2020/6/29

  • eMotion LV1 v11.0.65.150 アップデート
  • 新機能: eMotion LV1がWaves FITコントローラー互換対応。
  • 新機能:ミキサーレイヤーは、ファクトリーまたはカスタムミキサーレイヤーをトグルしている間、選択されたモードにラッチされたままになります。
  • 新機能:ラッチ ALT/CTRL モディファイア - ALT/CTRL の操作モードの挙動をモメンタリーからラッチに変更することができます。
  • 新機能:フリップ時の Aux Cue - Flip Send Fadersモードに入るとAux ミックストラックが Cue に設定されます。
  • 新機能:フェーダー/パンのテキスト外観が見やすくなるよう変更されました。
  • 新機能:ユーザー割り当て可能なキーに機能を追加 - Clear SOLO, Alt, Ctrl, Keyboard, Toggle Mixer Layer Modes
  • 修正: 安定性とパフォーマンスの向上と一般的なバグ修正
  • 修正:切り離されたプラグインウィンドウのレイアウトを変更したシーン間を素早く切り替えると、eMotion LV1 がハングすることがある不具合を修正。

SoundGrid Driver (ASIO/Core Audio) v11.2.65.150 アップデート

  • SoundGrid Studio、eMotion LV1、SuperRackに含まれています。
  • 効率性と安定性を高めるために改善されたSoundGrid Driverのネットワークバッファリング
  • SoundGrid サーバファームウェア v11.2.65.150 更新
  • SoundGrid Studio、eMotion LV1、SuperRackに含まれています。
  • 一般的なバグ修正


2020/6/24

StudioRack 11.0.65.145 アップデート

  • 追加:トッププロデューサーやミックスエンジニアによる50以上の新しいStudioRackチェーンプリセット。Ken Andrews、Cam Blackwood、Lu Diaz、Lampadinha(ランプス)、Damien Lewis、Matt Schaefer、Chris Tabron。

    

一般的なバグ修正項目

≈StudioRackでV10プラグインで保存されたセッションがデフォルトのプリセットでロードされる。

  • 修正:不足しているV10プラグインをスプリットラックにインサートすると、チェーン内のプラグインが無効になっていた。
  • 修正:スプリットとメインチェーンの間でプラグインを移動すると、マクロアサインが失われる。
  • 修正:Undo/Redoがマクロコントロールにグラフィカルに反映されない。
  • 修正:マクロコントロールで元に戻す/やり直しが反映されない問題を修正。
  • 修正:コントロールからマクロを割り当てた後、プラグインコントロールに赤枠が表示される。
  • 修正:マクロの範囲が更新されない不具合を修正。
  • 修正:プリセットをコピーペーストするとマクロ範囲が更新されない問題を修正。
  • 修正:マクロの範囲が更新されない不具合を修正。
  • 修正:マクロにアサインされていないプラグインがホットスワップされた時、インサートされたプラグインのパラメーターにマクロがアサインされる。
  • 修正:Ableton LiveでStudioRackのインプットゲインオートメーションが読み込まれない。
  • 修正:StudioRackの入力ゲインオートメーションがAbleton Liveで読み込まれなかった。PanningとWidthコントロールのオートメーションラベルを修正。
  • 修正:EDITウィンドウを開いた状態でStudioRack GUIを開いたり閉じたりすると、いくつかのDAWがクラッシュする問題を修正。
  • 修正:スプリットチェーン内のスプリットチェーンがデフォルトでアクティブなサイドチェーンを表示していた問題を修正。
  • 修正:フローティングプラグインフレームにRack識別子が追加される。
  • 修正:SoundGrid Processing Modeのバグ修正。
  • 修正:プリセットをロードした際に低レイテンシー入力の選択がリセットされていた問題を修正。
  • 修正:処理モードの切り替え時に新しいオートメーションレーンがCubaseを開くように修正。
  • 修正:入力モード中にStudioRackをオフにすると、一定のノイズが発生する問題を修正。
  • 修正:CubaseでStudioRackのステレオをモノラルにホットスワップするときにノイズが発生する問題を修正。
  • 修正:DAWセッションを閉じるときにショートノイズが発生する問題を修正。


2020/6/11

  • 修正:StudioRackがSGモードで、CLA MixHubとScheps Omni Channelが独立して動作している場合に、StudioRackのプラグインリストにプラグインが表示されないバグを修正
  • 修正:プリセットを変更したときに、Scheps Omni Channelメーターのグラフィックがグリッチする問題を修正。
  • 修正: Cubaseでトラック名に日本語が含まれるとBrauer Motionがクラッシュする問題を修正。
  • 改善: WLM "Short Max" 制御範囲を-7 dB に拡大


2020/6/8

  • アップデート:SoundGridサーバファームウェア11.2.63.130
  • 修正: SoundGrid Server One-Cのファームウェア更新が困難な不具合を修正。


2020/6/4

  • アップデート:SoundGridサーバファームウェア11.2.63.126
  • 修正:SoundGrid Extreme Server-Cのファームウェア更新に不具合がありました。


2020/5/28

  • アップデート:SoundGrid Studio v11.0.63.121
  • 修正:初期インストール後のSoundGrid Studio Control Roomのメーター機能の問題を修正。
  • 修正:再インストール後にSoundGrid Studioが自動起動しない問題を修正。


2020/5/27

    *メジャーアップデート:StudioRack v11.0.63.121

    *新機能:チェーンあたり8つのマクロを設定可能

    *新機能:モノラル、ステレオ、M/Sパラレル・ラックに対応

    *新機能:マルチバンド・スプリット・ラック

    *新機能:簡単なプラグイン検索

    *新機能:プラグインコントロールを便利にするフローティングプラグインウィンドウ

    *新機能:170以上のプラグインチェーンプリセット

    *新機能:Waves V11対応

    

    *メジャーアップデート:SoundGrid Studio v11.0.63.120。

    *新機能: 8, 16, 32, 64チャンネル構成が利用可能になりました。

    *新機能:ユーザーインターフェースの更新

    *新機能:複数のソース&モニターを切り替えるためのカスタムコントロールルーム

    *新機能:最大16個のパーソナライズされたヘッドフォンミックス

    *新機能:最大14のオーディオインターフェース間でのストリームオーディオ

    *新機能:StudioRackから最大128のモノラル・プラグイン・チャンネルをストリーミング

    *新機能:Waves V11対応

    

  • アップデート:SoundGrid Studio, eMotion LV1, SuperRackにSoundGrid Driver (ASIO/Core Audio) v11.2.63.120を追加しました。
  • アップデート:SoundGrid Studio, eMotion LV1, SuperRackに含まれるSoundGridサーバファームウェア11.2.63.120を更新。
  • アップデート:SoundGrid Studio, eMotion LV1, SuperRackに含まれる全てのSoundGrid Driver Control Panel v10.0.2.123, SoundGrid Connect Driver Control Panel v10.0.2.167を更新。

    

  • 注意:V9互換のMultiRack、SoundGrid Studio、StudioRack、SoundGrid I/Oドライバは、Waves Centralアプリケーションからオンラインインストールすることができなくなりました。インストールするには、オフラインのインストーラファイルをダウンロードし、Waves Central経由でインストールする必要があります。 詳細はこちらをご覧ください。

    

  • ほか、各種プラグインのアップデート。
  • MultiMod Rackがセッションファイルサイズを増やす原因となっていたバグを修正
  • 修正:CLA MixHub内にインサートされたプラグインのMIDI学習機能の問題を修正
  • Scheps Omni Channelモジュールのオン/オフ状態がCubaseに保存されない問題を修正


2020/5/12

  • Waves Central v11.0.60。
  • ダウンロードの信頼性が向上しました。
  • ライセンスリカバリーでより詳細な情報を表示。
  • 他いくつかの修正と改善。


2020/4/22

  • NEWリリース - Content Creator Audio Toolkitバンドル。
  • NEWリリース - プレイリストライダー Mercury、Pro Show、SD7 Pro Show、および新しいContent Creator Audio Toolkitバンドルでは、単体のプラグインとして利用可能。
  • 追加:Greg Wells VoiceCentric、NS1、WLM Plusプラグインに新しいプリセットが追加されました。


2020/3/30

  • 修正: TRACTシステムキャリブレーション - Smaart切断の問題。
  • Fixed: Brauer Motion - sync-to-BPMの問題を修正。
  • F6 Dynamic EQ - プリセットとセッションをロードする際のRTAのオンオフの問題を修正。F6 Dynamic EQ - プリセットとセッションをロードする際のRTAのオン/オフの問題。
  • Fixed: F6 Dynamic EQ - プリセットとセッションをロードする際のRTAのオン/オフの問題。Abbey Road Saturator - ステレオとモノラルのプリセット間の互換性の問題。


2020/3/24

  • Ovox 11.0.61.58アップデート
  • 新機能:MIDI出力をサポート。
  • 新機能:250のプリセットを追加。
  • 新機能:MIDI Outに対応しました。SoundGridに対応し、eMotion LV1とSuperRackでOVoxが使用できるようになりました。
  • 新機能:MIDI Outをサポート。NI Komplete KontrolとMaschineのNKS対応。
  • 修正:AutoPan Stompの初期化。
  • 修正:コードを演奏している時にグライドを使用するとオーディオアーチファクトが発生していた。
  • その他、様々な修正と改善。


2020/3/17

  • NEWリリース - MultiMod Rackは単体のプラグインとして、またMercuryバンドル収録プラグインとして利用可能になりました。BerzerkやMDMXディストーション・プラグインとの組み合わせも可能です。
  • 更新:CLA MixHubとScheps Omni Channelが新しいMultiMod Rackをインサートとして適正にサポート(MultiMod Rackはこれら2つのプラグインの中にモジュールとしてインサートすることができます)。


2020/3/16

  • eMotion LV1 v11.0.59.46アップデート

    修正:ミキサーウィンドウのMODE選択セクションの2ページ目が使用できないというバグを修正。

    修正:シーンロード時にトークバック入力のアサインが切断される不具合を修正。

    

  • SuperRack v11.0.59.49アップデート

    修正:DiGiCoやLAWOコンソールと統合した場合、スタートアップセッションの設定がおかしくなる不具合を修正。セッションのロードはコンソールから完全に制御するようになりました。さらに、SuperRackがコンソールと統合されている間に空のセッションや新規セッションをロードすると、SuperRackのインベントリをクリアせずにセッションがロードされます。


2020/3/4

  • Waves Central v11.0.58

    修正:外付けドライブがマウントされている場合に、起動中にCentralがハングアップすることがある問題を修正。

  • 他にもいくつかの修正と改善を行いました。


2020/3/1

  • DiGiCo SD SoundGridインターフェース(9.7.99.1343)のファームウェアをDiGiCoコンソール(MultiRackユーザー)向けに更新。
  • 修正:クロックソースを変更する際にノイズが発生する不具合を修正。


2020/2/26

  • SuperRack v11.0.59.34アップデート
  • 修正:DiGiCoスナップショットのナンバリングを変更すると、SuperRackスナップショットの順序が不一致になる。
  • 修正:SuperRackに2つのLAWOコンソールを割り当てる機能。


2020/2/24

  • WavesHeadTracker 11.0.58.11アップデート
  • 修正:MacOS Catalinaでカメラを使ったヘッドトラッキングがサポートされるようになりました。


2020/2/12

  • eMotion LV1 11.0.57.21 アップデート
  • 新機能:Windowsオプションの取り外し可能なプラグイン
  • 新機能:新しいモニター送信モードを追加。追加のモニター送信モード
  • 新機能:センドフェーダーオートオン機能
  • 修正:Mon9-16のロードとマッピングの問題
  • 修正:メーター内の様々なグラフィカルな問題
  • 修正:Macのテキスト入力とマウスの問題
  • 修正:Alt/Ctrlがラッチされている(現在はラッチされていない
  • 全てのSoundGridサーバ(11.0.57.6)のファームウェア・アップデート。
  • 一般的なバグ修正


2020/2/5

  • Waves Central v11.0.55。
  • 機能追加:製品の特定のタイプの製品のみを表示するには、製品のインストールページの "表示 "ドロップダウンメニュー。
  • その他いくつかの修正と改善。

 

  • DiGiCo SD SoundGridインターフェース(10.3.51.47)のDiGiCoコンソール用ファームウェア・アップデート。
  • クロックソース変更時にノイズが発生する不具合を修正。


2020/1/23

SuperRack 11.0.57.1アップデート

  • 修正:Macでオーディオインターフェイスを選択するとSuperRack(ネイティブ)がクラッシュする問題を修正。
  • 修正:MacでセッションをロードするとSuperRack (native)でオーディオが破損する問題を修正。
  • 修正:ラックをモノラルからステレオに切り替えると、左右のチャンネルのレイテンシがずれてしまうことがありました。
  • 修正:バンクBへのオートルーティングによるレイテンシーグループのずれを修正。
  • 修正: SuperRack SoundGrid with DiGiCoインテグレーション - 非対称ラックがある場合、SuperRackとコンソール間のオーディオルーティングがずれたり、PFL使用時に間違ったプラグインが開いてしまうことがありました。
  • DiGiCoと統合したSuperRack SoundGridで、PFLを使用しているときに間違ったプラグインを開いてしまう問題を修正。さらに、DiGiCoオーディオI/OページでのインデキシングがMultiRackの方法論と互換性(フォワード互換性)を持つようになりました。


2020/1/16に

  • NEWリリース - OVox Vocal ReSynthesisは、単体のプラグインとして、またInspire Virtual Instruments Collectionとして利用可能になりました。
  • NEWリリース - SuperRack v11.0.53.36
  • SuperRack SoundGrid v11.0.53.36 : 様々なバグフィックス
  • SoundGrid Driverを更新。
  • SoundGrid ASIO / Core Audio Driver v11.0.53.35: 様々なバグフィックス
  • 改善:Pro Tools 2019 で macOS Catalina 10.15 ですべての Waves インストゥルメントがサポートされるようになりました。
  • 改善:MV2、MV360、Renaissance Channel、Renaissance DeEsserでホストにゲインリダクションレポートを表示するようにしました。
  • 修正:フルリセットプリセットをロードした後、TRACTキャプチャーがセッションと一緒に保存されない問題を修正。
  • 修正:Waves Tuneのマカムスケールで、4分音符を含む音階が常に期待した音程に修正されていなかった問題を修正。
  • 修正:Q10のテキストが破損していました。
  • 修正:IR1のゲインエンベロープが編集できない。
  • 修正:Graphic SoundShifterの時間とピッチのグラフが編集できません。
  • 修正:Infected Mushroom PusherとSibilanceのレイテンシーレポートが正しくありませんでした。
  • CLA MixHubにインサートしたAbbey Road TG Mastering Chainのプリセットを変更すると、eMotion LV1がクラッシュする問題を修正。
  • macOS 10.14 と 10.15 で動作する GTR3、GTR Solo、PRS Supermodels のスタンドアロンアプリケーションで内蔵マイクにアクセスできない問題を修正。
  • 修正:オールバンドビューと選択バンドビューの切り替え時に、ルネッサンスチャンネルのコントロール値が更新されない問題。


2019/12/26

eMotion LV1 11.0.52.35 アップデート

  • Mon 9-16 に誤ったデフォルトパラメータをロードしていた問題を修正
  • Mon 9-16 セッションでパラメータが保存されない問題を修正
  • Mon 9-16 セッションで貼り付けたプラグインが保存されない問題を修正
  • マトリックス 1-8 のセッションでパラメータが保存されない - 修正済み
  • 名前フィールドでTabを使用するとクラッシュする問題を修正。

    

MyMon V11.1891アップデート

  • MyMonコントロールパネルに新しいロックオプションが追加されました。
  • Mix Lock - アサインされたデバイスを指定されたミックスに固定します。
  • EQ Lock - ステージミュージシャンがミックスのマスターEQを調整できないようにロックします。
  • MyMonアプリケーションは、フォーカス時に常にアクティブ(スリープなし)になりました。


2019/12/22

  • 全てのSoundGridサーバ(9.7.99.926)のファームウェア・アップデートを行いました。
  • 修正:MKL対応プラグインで問題が発生していたバグを修正。

2019/12/18

  • 修正:様々なプリセット関連の問題を修正。
  • 修正:Pro Tools下のDorrough Surroundのグラフィックの問題。


2019/12/17

Waves Central v11.0.50。

  • 修正:特定のシナリオで古いv9バージョン(v9.3/v9.6/v9.91)を誤って削除していました。
  • 他にもいくつかの修正と改善を行いました。


2019/12/16

  • アップデート:ヤマハデジタルコンソール用I/Oカード「WSG-Y16」(v10.3.51.2)のファームウェアを更新。
  • 修正:オーディオのドロップアウトやクロッキングのグリッチを引き起こすユースケースに関連するバグを修正。


2019/12/4

  • NEWリリース - MyMon Personal Monitor Mixing App for iOS and Android mobile devices

eMotion LV1 11.0.52.2アップデート

  • Waves MyMonに対応しました。
  • 3つのLV1構成すべてにミックスバスを追加
  • 安定性、パフォーマンス、シーン、ロードのバグを修正
  • SuperRack SoundGrid 11.0.52.2 Update: 様々なバグを修正。
  • SoundGridサーバファームウェアとSoundGridドライバを更新。
  • SoundGridサーバファームウェア v11.0.52.8
  • SoundGridサーバファームウェア v10.0.0.57.602
  • SoundGridサーバファームウェア v9.7.99.92
  • SoundGrid ASIO / Core Audio Driver v11.0.52.2
  • Waves Central v11.0.46。
  • アプリケーションの起動と同期時間を改善しました。
  • 修正:Waves infraアップデートの表示。
  • 修正:USBドライブ上に空のフォルダを作成してしまうバグを修正。
  • 修正:他いくつかの修正と改善。


2019/12/2

  • NEWリリース - Abbey Road Saturatorが単体プラグインとして、またAbbey Road Collectionで利用可能になりました。
  • New release - MDMX Distortion Modules、Mercury、Pro Show、SD7 Pro Showと同様に単体プラグインとして利用可能になりました。


2019/11/29

  • NEWリリース - Berzerk Distortion、単体のプラグインとしてだけでなく、Mercury、Pro Show、SD7 Pro Showでも利用可能になりました。


2019/11/21

Waves Central v11.0.43。

  • 特定の状況でのエラー処理とメッセージングを改善しました。
  • サポートされていないオペレーティングシステムにインストールしようとすると警告が表示されるようになりました。
  • プログレスバーのマイナーな改善。


2019/11/14

  • 修正:Cadac SoundGrid I/Oファームウェア10.3.50.1のオーディオ破損の可能性があります。
  • 修正:DiGiCo DMI Driver 10.0.1.1136、SuperRack SoundGridとのリモート統合で機能が欠落しています。


2019/10/29

SuperRack SoundGrid v11.0.0.159をリリースしました。

  • SoundGrid ASIO/CoreAudioドライバ v11.0.0.159.
  • SoundGridサーバファームウェア v11.0.0.0.161.
  • すべてのSoundGrid I/Oファームウェアv10.3.x.


2019/10/28

すべてのWavesプラグイン。全面的にソフトウェアがバージョン11にアップデートされました。

  • 8つのルネッサンス・プラグインすべてのインターフェイスを再設計。
  • ユーザーは各ルネッサンス・プラグインの3つのスキンの間で切り替えることができるようになりました。既存のレガシー・スキンに加え、ライトとダークの2つの新しいスキンが追加されました。
  • Renaissance EQとRenaissance Channelプラグインにリアルタイム・フリークエンシー・アナライザーが追加されました。
  • Renaissance Channelのインターフェイスはユーザー・フィードバックに基づいて完全に改訂され、合理化されたため、R-Channelはより直感的で使いやすくなりました。
  • Renaissanceプラグインには、主要なプロデューサーやエンジニアによる700以上のプリセットが追加されました。
  • プレミアムバンドルに追加されたプラグイン。
  • OneKnob Pumper、MetaFilter、Greg Wells ToneCentricをPlatinumに追加。
  • OneKnob Pumper、MetaFilter、Greg Wells ToneCentric、Cobalt SaphiraがDiamondに追加されました。
  • ホライゾンにOneKnob Pumper、MetaFilter、Greg Wells ToneCentric、WLM Plusラウドネスメーターを追加。
  • Mercury、Pro Show、SD7 Pro ShowにInfected Mushroom Pusherを追加。
  • 追加:40以上のプラグインでNKSをサポート
  • Pro ToolsとAvid S6で以下のプラグインのEQカーブをサポート。AudioTrack, eMo F2, eMo Q4, F6, GEQ, H-EQ, LinEQ, Q10, RenEQ, RenChannel, RS56
  • 追加:すべてのプラグインに「デフォルトプリセットとして設定」が追加されました。
  • 追加:複数のプラグインに、一流のプロデューサー&エンジニアによる700以上のプリセットを追加しました。
  • 改善:複数のプラグインの読み込み時間を改善しました。
  • 改善:マウスでのプラグインコントロールの動きがよりスムーズになりました。
  • 改善:マウスでのコントロールの動きがよりスムーズになりました。Windowsでマウスホイールを使って移動するコントロールの応答性を改善しました。
  • 改善:AudioSuiteでPro Toolsのピーク読み取り精度を改善しました。
  • 改善:Logic Proで、ライセンスされていないプラグインのメッセージに「すべてをスキップ」を追加しました。
  • 改善:Logic Proで、ライセンスされていないプラグインのメッセージに「すべてをスキップ」を追加しました。スキンのあるプラグインは、最後に使用したスキンで開くようになりました。
  • 修正:ライセンスのないWavesプラグインが起動中にCubase 10がフリーズする問題を修正。
  • 修正:トラックをフリーズさせた後にサンプルレートを変更すると、サンプルベースのインストゥルメントがLogic Proをクラッシュさせる。
  • 修正: サンプルベースのインストゥルメントがトラックをフリーズさせた後にサンプルレートを変更すると Logic Pro がクラッシュする。ライセンスなしでWavesインストゥルメントアプリケーションを開こうとするとクラッシュする。
  • 修正:Wavesインストゥルメントアプリケーションがライセンスなしで開こうとするとクラッシュする問題を修正。マスターバイパスがPro Toolsのオートメーションウィンドウから消えていました。
  • 修正:Pro Toolsの全てのWavesインストゥルメントのバイパスボタンを削除しました。
  • 修正:Pro ToolsのすべてのWavesインストゥルメントのバイパスボタンを削除しました。VST3のMIDIプログラム変更。
  • 修正:Abbey Road Chambersが一部のEventideプラグインのセッションでLogic Proをクラッシュさせることがある。
  • 修正:Abbey Road ChambersがいくつかのEventideプラグインでLogic Proをクラッシュさせることがある。Abbey Road TG Meter ブリッジの入力メーターが入力ゲインの変更に反応しない。
  • 修正:Abbey Road TG Meter ブリッジ入力メーターが入力ゲインの変更に反応しない。Pro ToolsでBrauer Motionをチャンネル間で移動すると、サウンド処理が破損することがありました。
  • 修正:C4とC6ですべてのスレッショルドコントロールをマルチ選択できない。
  • 修正:CubaseやStudio OneでCLA MixHubにインサートした際、Trans-Xの出力レベルがセッションに保存されない。
  • 修正:CLA MixHubモジュールのOn/OffがPro Toolsのオートメーションウィンドウに表示されない。
  • 修正:Codexで選択されたウェーブテーブルが正しく表示されない。
  • 修正:Codexで選択されたウェーブテーブルが正しく表示されない。セットアップA/Bを切り替えた後、元に戻す/やり直しをクリックするとFlow Motionがクラッシュする。
  • 修正:Greg Wells VoiceCentricのモノラルからステレオにバイパスすると、右チャンネルが遅延していました。
  • 修正:H-ReverbのX-Timeコントロールの動きがリバースモードで反転してしまう。
  • 修正:Nxプラグインを削除した後、Nxヘッドトラッカーアプリケーションが誤って再起動していました。
  • 修正: Nxプラグインを削除すると、Nxヘッドトラッカーアプリケーションが誤って再起動してしまう問題を修正。修正: アビーロードスタジオ3のヘッドトラッキングとヘッドモデリングのメニューがタッチスクリーンで開かない。
  • 修正:OneKnob Driverのディレイ補正が間違っていました。
  • 修正:OneKnob Driverのディレイ補正が間違っていました。OneKnob Driverのステレオコンポーネントがオーディオ信号の位相を反転させてしまう。
  • 修正:PRS SuperModelsのメニューをタッチで開いた後、マウスで操作できない。
  • 修正:Scheps Omni ChannelのステレオプリセットをAbleton Live VST3でロードするとクラッシュする。
  • Scheps Omni Channelのオートメーションとソロ機能の問題を修正。
  • 修正:Scheps Omni Channelのオートメーションとソロ機能の問題を修正 PuigChildのコンプレッサー設定がセッションに保存されない。
  • 修正:TRACT IIRのオン/オフコントロールがEQパラメーターを変更しないと機能しない。
  • 修正:サブズームモードでのTRACT IIRフィルターのマウスの動きが速すぎてコントロールしづらい。
  • 修正:Waves Tuneプリセットの読み込みの問題。
  • 修正:Waves Tuneのプリセットの読み込みの問題を修正。修正:Waves Tune Real-TimeがAdobe AuditionのPitch ShiftではなくEffectsの下にあります。
  • 修正:Waves Tune Real-TimeがAdobe AuditionのPitch ShiftカテゴリではなくEffectsカテゴリの下にあります。Scheps Omni ChannelまたはCLA MixHubにインサートしたときのV-EQ4グラフィックの問題を修正。
  • その他、様々な修正と改善。

    

Waves Central 11.0.40: バージョン11のインストールに対応。


    • Related Articles

    • Waveform 11 最新アップデート情報 リリースノート

      Waveform 11 最新アップデート情報です。Waveform 11ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 Waveform 11 リリースノート 11.5.17 リリース日: 07/15/21 - UI: ...
    • Waves V12 リリースノート

      Waves V12製品の最新アップデートのリリースノートです。各製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション 2021年7月28日 新しいプラグイン - CLA Nx。プラグイン単体およびCLA Nx + Nx Head Trackerコンボ製品として利用可能 2021年6月27日 アップデート: SuperRack SoundGrid v12.8.0.339 ...
    • StudioRack V12 アップデート情報・リリースノート

      Waves StudioRackの最新アップデート情報です。StudioRack V12は、Wavesより無償にて入手いただけます。 入手方法 Wavesアカウントにログインの上、以下ページ画面右上の"GET IT FREE"をクリックしてください。 https://www.waves.com/plugins/studiorack ライセンスを取得後、WavesCentralのInstallメニューよりインストール、アクティベートを行なってください。*StudioRack ...
    • Waves SoundGridアプリケーション 最新アップデート・リリースノート

      Waves SoundGridアプリケーション、ファームウェア、ドライバーの最新アップデート・リリースノートです。 2021年6月1日 Waves SoundGridのアプリケーション、ファームウェア、ドライバー全般のソフトウェアアップデート アップデート:StudioRack v12.8.0.320 New:StudioRackの入力/再生モードとREAPER v6.23.0/Bitwig v3.3 ...
    • SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer アップデート情報・リリースノート

      SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer V12のアップデート情報です。SoundGrid StudioはWavesより無償にて入手いただけます。 入手方法 Wavesアカウントにログインの上、以下ページ画面右上の"GET IT FREE"をクリックしてください。 https://www.waves.com/mixers-racks/soundgrid-studio-emotion-st-8-ch ...