Waveform 11 最新アップデート情報 リリースノート

Waveform 11 最新アップデート情報 リリースノート

Waveform 11 最新アップデート情報です。Waveform 11ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。

アップデート方法
TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。

Waveform 11 リリースノート

11.5.17
リリース日: 07/15/21
- UI: クリップのサイズを変更したとき、エディットカーソルがクリップの終わりにスナップする問題を修正
- Linux: メニューのフォント名のソート
- Windows: MIDI Typingが有効な場合にキーボードショートカットが機能しない問題を修正
- UI トラック入力のコンテキストメニューにライブ入力モニタリングを追加
- UI グルーブのstrengthがトランスポーズボタンをかぶっていた問題を修正
- UI: コントローラーデータの移動を修正
- Windows: ブラウザでのMP3再生を修正
- Windows: MP3ソースファイルのクリップのピッチシフトを修正
- プラグイン MacOSで一部のSoftubeプラグインの読み込みの問題を修正
- プラグイン iZotopeのプラグインウィンドウをドラッグできない問題を修正

11.5.17
リリース日: 05/20/21
- プラグイン: jbridgeプラグイン読み込み時のクラッシュを修正

11.5.16
リリース日:  05/14/21
- UI マスターエリアにプラグインを追加する際のクラッシュを修正

11.5.15:
- UI: MIDIバックグランドオプションで現在のキーをハイライトするように修正
- オーディオ クリップフェードの途中でレンダリングを開始または停止するとクラッシュ問題を修正
- UI: アバウトボックスを開く際のクラッシュを修正
- プラグイン: jbridge プラグインの読み込みでクラッシュする問題を修正

11.5.14:
- プラグイン: VST3プラグインを追加する時の壊れたパラメーターを修正

11.5.13:
- UI: コンテクストメニューの使用時に表示される無効なエラーメッセージを修正
- UI: 複数のテンポを使用しているときのクリップとノートの長さの表示を修正
- MIDI:パターンジェネレータのクリア前とクリア後を修正

11.5.12:
- MIDI:MIDI CCタイプを変更する機能を追加
- バグ: コードクリップを削除する際のクラッシュを修正
- オーディオ: 常にプロジェクトのサンプルレートでレンダリングするように変更

11.5.11:
- MIDI:ステップクリップ列のヘッダをクリックするとノートをプレビューするように変更
- サンプラー:Micro Drum Samplerにチョークグループを追加
- エンジン[試験的機能] ブラウザのプレビュー同期を修正
- Linux: Nehalem (non-AVX) CPUへのアーキテクチャ要求を緩和
- ブラウザ: トラックに外部プラグインを追加できない問題を修正
- エンジン[試験的機能]  メインエディターと同期してファイルをプレビューできない問題を修正

11.5.10:
- UI: MIDIエディターのキーボードに、物理的なMIDIキーボードで押されたキーが表示されるよう変更
- バグ: トラックを複製する前にプラグインの状態が保存されない問題を修正
- バグ: AIFFクリップをレンダリングする際、オートテンポとオートピッチが有効になっていたのを修正
- UI: トラックを選択する際に、ラックがオーディオとミディのどちらを取るかの検出を改善
- UI: UIのスケールを小さくすることが可能に
- MIDI:MIDIフィルタのUIのサイズを変更可能に
- オーサライズ: 試用版から製品版に移行する際に「バージョン情報」ページに反映されない問題を修正

11.5.9
リリース日: 03/23/29

- UI: 高倍率での波形描画の改善
- バグ: クリップエフェクトの削除時のクラッシュを修正
- MIDI: MIDIフィルタにaccept/rejectを追加
- MIDI: MIDIフィルターでアフタータッチのフィルタリングを修正

11.5.8:
- CoreAudio: 録音時の同期を減らすためにレイテンシーレポートを改善しました


11.5.7
リリース日: 03/23/21

- エンジン: [試験的機能] ブロックサイズがフェードイン長よりも大きい場合に、正しくないクリップフェードインが適用される問題を修正
- バグ: WindowsとmacOSの間でプロジェクトを移動するとき、VST3プラグインが間違ったフォーマットで読み込まれる問題を修正
- UI: Deleteキーが入力をクリアするように修正
- MIDI: General MIDI、Collective、MT Power Drumなどのドラムマップを追加

11.5.6
リリース日: 03/18/21

- MIDI: VSTとVST3のMIDIノート名に対応
- MIDI: MIDI -> Step Clipの変換を改善
- UI: 複数の選択されたトラックの複製とコーピングの改善
- UI: クリップFIXの範囲選択を修正
- Linux: [Experimental Engine] パフォーマンスの改善

11.5.5:
- エンジン: [試験的な機能] 録画時のバッファサイズ1のオフセットを修正

11.5.4:
- モディファイアが有効な状態のまま更新されない問題を修正
- モディファイア: (デフォルト)の "f "キーでモディファイアのトグルとプラグインの有効化が可能に
- UI: Deleteキーが入力をクリアするよう変更
- UI: MIDIクリップのコンテクストメニューをMIDIエディターのオーバービューバーから利用が可能に
- UI: タブバーからの作成時に新規プロジェクトへのジャンプ
- サンドボックス: プラグインの内部に自動化できないパラメータがある場合に起こるクラッシュを修正

11.5.3:
- UI: YouTube.com にアクセスできない場合、ビデオリストが黒く表示される問題を修正
- UI: ステップクリップメニューにカスタムメニューを追加
- UI: 音符を5と7に分割するためのキーボードショートカットとメニューオプションを追加
- UI: トリプルグリッドとスナップのサポートを追加
- バグ: すべてのソースクリップが有効になっていない限り、レンダリング時にオートテンポとオートピッチを有効にしないよう変更
- UI: MIDIタイプの設定が間違ったアクションに接続される問題を修正
- UI: 英語以外の言語で表示されるヘルプメニューを修正
- UI: プレビューのレンダリングが終了した後、ウェルカムページを更新されるように変更
- UI: アレンジャークリップのポップアップメニューを改善
- UI: コードに基づいたMIDIノートの色が正しくないことがある問題を修正
- UI: コードクリップが重なっているときに誤った警告が出ることがある問題を修正
- エンジン: ラックとAuxのセンドが常に聞こえるようにならないよう変更、詳細設定>「ミュート時にオーディオトラックを処理する」を使用してください。
- エンジン: [試験的な機能] Auxセンドのオートメーションを修正


11.5.2
リリース日: 02/20/21

- UI: MIDIエディターにin/outマーカーを追加
- UI: MIDIノートの全選択時のクラッシュを修正
- プラグイン: WavesプラグインのUIが逆さまになっていた問題を修正


11.5.2
リリース日:  02/20/21

- UI: MIDIエディターにin/outマーカーを追加
- UI: MIDIノートの全選択時のクラッシュを修正
- プラグイン: WavesプラグインのUIが逆さまになっていた問題を修正


11.5.1
リリース日:  02/18/21

- バグ: Subtractiveでオシレーターリングのmodやレベルを調整するとクラッシュする問題を修正
- バグ: オーバーラップしているクリップのMIDIノートのタイミングを修正
- ショートカット: Toggle auto crossfade」というショートカットとスクリプトアクションを追加
- UI: メインメニューに「終了」を追加
- UI: 何も選択されていない状態ですべてを選択すると、MIDIエディターが選択されている場合、すべてのノートを選択するよう変更


11.5.0
リリース日:  02/13/21

- バグ: プロジェクト作成後にウェルカムスクリーンが更新されない問題を修正
- 4OSC: 4OSCの状態を正しく呼び出せるよう変更
- バグ情報 スクリプトでマーカークリップを作成する際、タイプが正しく作成されない問題を修正
- UI: F10キーでマーカートラックのモードを切り替えるのではなく、マーカートラックを隠す/表示するよう変更
- UI: Welcome タブで編集を開いたり、別のプレビューを開始したりすると、プレビューを停止するよう変更
- バグ: 4/4拍子ではないMIDIクリップのマージを修正
- MIDI: 複数のクリップを左端で移動させたときに、クリップの端が0拍子になると音が長くなる問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] トラックがミュートされていても、Auxの送信が機能するよう変更
- エンジン: [試験的な機能] トラックがミュートされていても、Auxセンドのゲインが適用されるよう変更
- UI: macOSでアプリケーションを切り替えたときに画面が真っ暗になることがある問題を修正


11.5.0
リリース日:  02/13/21

- バグ: プロジェクト作成後にウェルカムスクリーンが更新されない問題を修正
- 4OSC: 4OSCの状態を正しくリコールするように修正
- バグ情報 スクリプトでマーカークリップを作成する際、タイプが正しく作成されないことがありました。
- UI: F10キーでマーカートラックのモードを切り替えるのではなく、マーカートラックを隠す/表示するよう変更
- UI: Welcome タブで編集を開いたり、別のプレビューを開始したりすると、プレビューを停止するよう変更
- バグ: 4/4拍子ではないMIDIクリップのマージを修正
- MIDI: 複数のクリップを左端で移動させたときに、クリップの端が0拍子になると音が長くなる問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] トラックがミュートされていても、Auxの送信が機能するよう変更
- エンジン: [試験的な機能] トラックがミュートされていても、Auxセンドのゲインが適用されるよう変更
- UI: macOSでアプリケーションを切り替えたときに画面が黒くなることがある問題を修正


11.2.22
リリース日:  02/5/21

- バグ: 無料版でMIDIタイプが表示されない問題を修正
- オーディオ: wavのレンダリングにACIDのメタデータを追加
- UI: 複製されたクリップは、スナップに追従するのではなく、常にタッチとなるよう変更
- UI: ファイルにレンダリング」のキーボードショートカットを追加
- UI: グループクリップは内部クリップの名前を表示します
- ラック: Replace Rack with plugins オプションで複雑なRackをアンラップするとクラッシュする問題を修正
- バグ: タイムベース/フレームモードでのスナップの解像度を修正
- UI: トラックのズーム/スクロールを右ドラッグで行えるよう変更
- UI: メインメニューが閉じてしまう問題を修正

11.2.21:
- Linux: ドラッグ操作後にポップアップメニューが表示されない問題を修正
- サンドボックス: パラメータ値が更新されない問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] テスト用の新しいエンジンモードをいくつか追加しました(「Hybrid Semaphore」をお試しください)。

11.2.20:
- エンジン: [試験的な機能] マルチコアで処理しているときに挿入プラグインを使用すると音が発生する問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] トランスポート停止時のノートオフイベントをMIDI出力デバイスに送信する際の問題を修正

11.2.19:
- フェイスプレート:  Juno スキンでワイドボタンのLEDインジケーターが表示されない問題を修正
- UI: 編集カーソルでペースト」が有効な場合の重複を修正
- UI: プロジェクトリストの共有ボタンがキーボードフォーカスを奪う問題を修正
- UI: クリップの右クリックメニューが複数選択時に機能しない問題を修正
- UI: レガシーマウスの動作に関するオプションを追加
プレイヘッドの移動にドラッグを使用
- UI: Linuxのウェルカムスクリーンのオーディオ設定ダイアログのサイズを修正
- UI: メインフォルダーにないプロジェクトがウェルカムタブに表示されない問題を修正
- UI: プロジェクトのバックアップを削除しても更新されないことがある問題を修正
- UI: プラグインウインドウの表示・非表示」でウインドウが再表示されないことがある問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] エディットにコンテンツがない場合でも、クリックトラックが聞こえるよう変更
- エンジン: [試験的な機能] クリックトラックが常にチャンネル1と2に出力される問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 内部レイテンシーを持つラックがドライ入力を補正しない問題を修正


11.2.18
リリース日: 01/22/21

- エンジン: [試験的な機能] 処理アルゴリズムのオプションを削除、常に "Hybrid "アルゴリズムが使用されるよう変更
- サンドボックスの恒常化に伴い 実験的なパラメータのオプションを削除
- UI: マークされた領域へのクリップ作成を改善
- UI: マウスの設定をオプションメニューから「設定」→「一般」→「マウス」に移動
- MIDI: アルペジエイター、ノートリピーター、コードコンパニオンのノートのタイミングを修正
- MIDI: ノートリピーターがスイングで音をカットする問題を修正
- MIDI: MIDIタイピングキーを設定できるようになりました
- オートメーション: オートメーショントラックの新しいメニュー項目にラックプラグインのパラメーターを追加
- オートメーション: オートメーショントラックのメニュー項目にサブミックスのパラメーターを追加
- オートメーション: Shift + ctrl/cmd でドラッグしたときに、同時にレイアウトされたポイントが削除されることがある問題を修正

11.2.17:
- UI: Windows で新規タブメニューを開くときのクラッシュを修正
- ミキサー: 複数のフェーダーをコントロールするボリューム/パンのプラグインの選択を追加しました

11.2.16:
- エンジン: [試験的な機能] "Advanced "設定ページから "Experimental graph "オプションを削除
PDCの正しいラック処理に実験的なエンジンを使用します。
- UI: トラックの背景をクリックすると、クリップの選択が解除されるよう変更
- バグ: ファイルのセクションを反転させると、誤ったオフセットが設定される問題を修正
- UI: 編集カーソルでのペーストを可能にするオプションを追加
- UI: カスタムメニューがサブメニューではなく、トップレベルに表示されるよう変更
- クリップ: ボード エディット間でラックをコピー/ペーストする際の問題を修正
- アレンジャー: 拍子記号や鍵盤が重複して追加されることがある問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 実験的なエンジンを使用した際の録音サムネイルの位置を修正
- エンジン: [試験的な機能] ループ領域の最後から始まるMIDIノートが再生されてしまう問題を修正
- UI: ウィンドウを閉じたり移動したりしたときに、ポップアップメニューが消えるよう変更
- ミキサー:: 複数のトラックを選択することで、複数のトラックのボリューム/パンを一度に調整が可能に

11.2.15:
- アレンジャー: ピッチ、タイムシグ、テンポが変更されたレンジをコピー/ペーストする際の問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] ミュートされたトラックがAux経由で送信されるよう変更
- バグ: 右クリックでクリップを作成する際、「マークされた領域の長さで新しいクリップを作成する」オプションに従わない問題を修正
- バグ: 情報 サンドボックスされたプラグインのウィンドウの表示・非表示を修正
- MIDI: オフセットが適用されたクリップ内のMIDIノートの開始/終了時間を修正
- Drum Sampler: パッドのクリアを修正
- UI: ステップクリップの共通グルーブ機能をクリップスコープに移動
- UI: 背景をクリックするとオブジェクトの選択が解除されないよう変更

11.2.14:
- UI: Welcome タブを追加
- エンジン: [試験的な機能] 一部のラックをプレビューする際のクラッシュを修正
- 編集: コンテンツが削除されていなくても、トラック上のすべてのクリップが、リップルの削除操作中に上に移動するよう変更
- UI: タイムバーのティックがズームに応じてではなく、ユーザーが選択したスナップ間隔に従うように修正
- UI: 範囲選択のコンテキストメニューに「MIDIクリップの挿入」と「ステップクリップの挿入」を追加
- アレンジャー: オートメーションのコピーを修正
- UI: 録音中に固定カーソルが動作しない問題を修正
- UI: 11.1.0以前のエディットをマスターミックスで読み込むように修正
- UI; 反非正規化ノイズを追加するオプションを削除、Pentium 4以下のCPUでは不要
- UI: MIDIクリップの背景をクリックするとカーソルの位置が変わってしまう問題を修正
- バグ: オフセット/ループを持つMIDIクリップをステップクリップに変換するように修正

11.2.13:
- エンジン: [試験的な機能] 44.1KHzで128以上のバッファサイズでオートメーションやモディファイヤーを使用したときに発生する音のグリッチを修正
- モディファイア: モディファイアキーが常に無効な状態でロードされる問題を修正

11.2.12:
- UI: トラックの背景色を無効に(外観ページから再度有効にできます)
- UI: MIDIキーボードのラベルがMiddle Cの設定に従うように修正
- エンジン: [試験的な機能] トラック入力デバイスでクラッシュする問題を修正
- 読み込み: 破損しているエディットを読み込む際の問題を修正

11.2.11:
- UI: マークされた領域の最小サイズを4ピクセルに設定
- エンジン: [試験的な機能] トラックの入力を割り当てる際のクラッシュを修正
- エンジン: [試験的な機能] 複雑なラックを処理する際のパフォーマンスを改善

11.2.10:
- サンドボックス: experimental parameters 設定を有効にしたプラグインが、パラメータを持たない場合に、クラッシュして読み込まれる問題を修正
- サンドボックス: サンドボックスが有効な場合、編集プレビューのレンダリングを可能変更
- プラグイン: macOSで検証のたびにpluginvalバリデータをダウンロードしないよう変更
- エンジン: [試験的な機能] Auxセンドまたはリターンのバス番号を変更してもすぐに反映されない問題を修正しました
- レンダリング モノラルクリップコレクションのレンダリングで、確実にモノラルファイルを作成するようになりました(クリップのレンダリング、ヒール&コンソリデーション)。
- サンドボックス: 複数のEditを開いているときにクラッシュしたプラグインを再ロードする問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] ループアウトポイントで終わるMIDIノートが再生されない問題を修正

11.2.9:
- バグ: マークされたリージョンのみ」が設定されていて、マークされたリージョンがない場合、トラックのレンダリングが間違った場所に表示される問題を修正
- UI: ステップクリップが画面外に移動した場合に、ステップクリップのチャンネルセレクターの位置を修正

11.2.8:
- エンジン: [試験的な機能] コンテンツを生成中のオーディオクリップのレンダリングに関する問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 内部の最適化
- UI: 新しいクリップをマークされた領域の長さにする」オプションの変更を修正
- UI: パンの自動化パラメータに8という数字を入力できなかった問題を修正
- UI: オートメーションポイントがスナップ設定に従わない問題を修正
- UI: MIDI選択ハンドルが画面から落ちてしまうことがある問題を修正

11.2.7:
- UI: オプションを追加
マークされた領域をドラッグして描画
- UI: 強化されたマークされた領域のアクションを追加

11.2.6:
- UI: 表示倍率の設定ミスを修正
- UI: マイクロドラムサンプラーのプリセットの削除を修正
- UI: 複数のブラウザパネルが複数の最後のフォルダの場所を記憶するよう変更
- バグ: パススループラグインを無効にした場合でも、マスタープラグインを通過するクリップをドラッグしてレンダリングするように修正
- バグ: クリップの長さが偶数拍でない場合、ドラッグでテンポアシッドデータを追加するように修正されました。
- UI: ピークを消去するショートカットキーを追加
- UI: 録音後に「停止時にスタートに戻る」を修正
- MIDI: MIDIエディターでオフセットが適用されたステップクリップを修正

11.2.5:
- 翻訳: 翻訳の更新をチェックする際の問題を修正
- トラック:  サブミックス内のトラックをグループフリーズさせないよう変更
- ラック: ラック内のプラグインを無効にすると、ラックではなくプラグインが無効になるよう変更
- MIDI: 録音クリップがパンチインタイムの前に表示されないよう変更
- UI: プラグインを右クリックしてもプラグインのUIが表示されないよう変更
- エンジン: [試験的な機能] ループ再生がファイルの先頭から始まるよう変更
- ステップクリップ:  MIDIクリップから変換する際のベロシティを修正
- モディファイア: 既存のアサインを削除するための右クリックメニュー項目を追加
- ブラウザ: ブラウザの再生を停止したときに再生ボタンが再び表示されるよう変更
- エンジン: [試験的な機能] ブラウザからファイルをドラッグしたときに繰り返されるグリッチを修正
- バグ: 工場出荷時のプリセットが抽出されない問題を修正
- Micro Drum: メトロノームのプリセットを追加
- アルペジエイター:  スイングがノートオフに影響せず、ノートが重なってしまう問題を修正
- ノートリピーター 空のパターンを設定するとノートリピーターが壊れる問題を修正


11.2.4
12/3/20リリース

- ショートカット: ToggleShowClipTakesアクションの追加
- クリップ:  クリップとそのソースファイルを削除しても入力が有効になるよう変更
- ズーム機能: 水平方向のズームで、編集カーソルが表示されている場合は、その中心にズームするよう変更
- ズーム機能: ズーム機能が動いているプレイヘッドにスナップしないよう変更
- UI: ループの追加」の設定を廃止・削除
- MIDI: 録音中に「MIDIステップ」を無効にすると、二重音が追加される
- MIDI: 新たに録音されたMIDIノートは、ノートカラーの設定に従います。
- UI: スペースバーで常にトランスポートをコントロールするオプションを削除
- ラック: クイックコントロールメニューにラックマクロのパラメーターを追加
- UI: 検索ブラウザから「適用」ボタンを削除

11.2.3:
- オートメーション: オートメーションでの小さな丸め誤差を修正
- バグ: 基本的なオーディオ操作で、ソースフォーマットが書き込み可能な場合でも、すべてのファイルがwavに変換されてしまう問題を修正
- UI: Waveformが最小化されたとき、テキスト、Aux、パッチベイのプラグインがUIを隠さないように修正
- MIDI: MIDIノートを初めて右クリックしたときのクラッシュを修正
- バグ: オートメーションポイントを時間にドラッグするとポイントが削除されてしまう問題を修正
- UI: input follows selection "が武装状態になっていた問題を修正
- UI: スペースバーで常にトランスポートをコントロールするオプションを追加
- UI: アクションポップアップでエンターキーを使用すると、ポップアップが閉じるよう変更
- MIDI: MIDIツールバーのポップアップが、マウスオーバーしたクリップではなく、選択したクリップ/ノートに適用されるよう変更
- エンジン: [試験的な機能] レイテンシーのあるプラグインを使用した編集で、一部のプラグインがサイレントになる問題を修正
- クリップ:  Windowsでクリップとその素材を削除する際の問題を修正
- オーサライズ: アプリが試用期間中の場合、「メンテナンス」設定ページに「ロック解除」ボタンを追加し、アップグレードできるよう変更
- UI: リソースモニターで報告されるプラグインのCPU値を、Rack以外のプラグインについて修正
- 設定 レガシー/アルチザンのプラグインオプションメニュー項目の変更を修正

11.2.2:
- UI: 内部プラグインの再配置
- ステップクリップ:  MIDI Editorパネルでステップクリップを編集中に削除するとクラッシュすることがありました。
- UI: オプション "Show extra slip handles on clip headers "の追加
- UI: return to start "が有効な場合、再生ヘッドが停止してもビューの位置がリセットされないよう変更
- UI: リソースモニターで報告されるプラグインのCPU値を修正しました
- UI: エディットの名前を変更した後のタブの更新を修正
- ステップクリップ:  最後のパターンセクションを削除する際のクラッシュを修正
- ショートカット: toggleFloatingPropertiesPanel アクションの追加


11.2.1
11/27/20リリース

- モディファイア: モディファイアの有効化/無効化のショートカットキーが機能するよう変更
- モディファイア: 複数のモディファイアを同時に選択が可能に
- UI: マウスドラッグとアレンジャークリップ作成時にエディットカーソルが移動するよう変更
- UI: Waveformがフォーカスされていないときに、CPUウィンドウが上に浮いてしまう問題を修正
- UI: MIDIオンスクリーンキーボードがキーボードキャプチャーを離さないように修正
- UI: 右クリックでのクリップ作成が1バーにならない問題を修正
- UI: 再生時に「ループは選択に従う」を抑制する
- UI: クリップとノートのナッジのショートカットを統一し、ノートの不要な重複ナッジのショートカットを削除
- UI: Groove Dr.のトランジェントを編集する際に、編集カーソルが表示されるよう変更
- クイックアクション: 右クリックメニューに、現在割り当てられている項目を追加
- エンジン: [試験的な機能] CPUを節約するためにRackのバイパス処理を行わないよう変更
- エンジン: [試験的な機能] "Process audio tracks when muted "の詳細設定を修正
- Linux: ネイティブのファイル選択ツールがある場合はそれを有効にする(zenity & kdialogをサポート
- MIDI: 自動生成されたパターンを持つクリップを編集した際のアンドゥを修正
- UI: フルスクリーンの切り替えのためのショートカットを追加
- クイックアクション: 一連のアクションの名称変更を追加
- UI: ソロのアイソレートトラックのリセットを回避するショートカットを追加し、これをミュート/ソロの右クリックメニューに追加しました
- UI: 表示ズームのショートカットが編集カーソルの周りに表示されるよう変更
- エンジン: [試験的な機能] Melodyneでモノラルオーディオファイルをストレッチする際に発生するクラッシュを修正
- プラグイン: Windowsにおいて、シングルクリックでウィンドウを開く機能が有効な場合、プラグインを右クリックするとクラッシュすることがある問題を修正
- UI: 複数のトラックの名前を一度に変更が可能に
- MIDI: キーボードショートカットを追加しました: `Select all notes and fit to view`と`Select all notes with the same pitch`。
- ステップクリップ:  チャンネル名にポップアップメニューを追加
- UI: お気に入りのプラグインメニューを追加


11.2.0
11/18/20リリース

- UI: opt/altを押しながらドラッグすると、クリップをコピーが可能に
- マクロ: トラックのマクロリストに「+」ボタンでパラメータを追加できるように修正しました
- UI: フォルダ/サブミックスのトラックがフリーズした状態で表示されていた問題を修正
- ラック: 自動化されたマクロやモディファイアを持つラックを削除するとクラッシュする可能性がある問題を修正

11.1.37:
- ファイル キャッシュされた波形が削除される頻度を減ら
- UI: 複数のトラックの色を同時に設定できるように修正
- PluginVal: pluginvalが一時フォルダから一部削除され、再インストールに失敗する問題を修正
- MIDI: MIDIタイプ機能の調整とクリーンアップ
- UI: ポップアップメニューのbwavへのスナップをキーボードショートカットとアクション/プロパティパネルの移動メニューに移動
- UI: クリップの編集」ポップアップメニューを再構成
- UI: 表示ボタンにポップアップメニューを追加

11.1.36:
- UI: MIDIオンスクリーンキーボードの追加
- Linux VST3プラグインのロケーションが設定に表示されない問題を修正
- UI: ステップクリップのポップアップメニューの改善
- UI: 選択されたMIDIノートのポップアップメニューの改善
- ステップクリップ:  デフォルトは「シーケンス全体を繰り返す」変更
- ステップクリップ:  メニューとアクションの再構築
- ステップ・クリップス 選択範囲に正しく追従しないUIを修正

11.1.35:
- UI: ボリュームスライダの値の入力を修正
- UI: プラグインを右クリックしてもプラグインが選択されない問題を修正
- グループ 複数のトラックで使用されているインプットのアームリンクを修正
- UI: クリップをクリックすると複数選択が解除される問題を修正
- UI: トラックの下をクリックしてもカーソルが移動しないように修正
- UI: ポップアップメニューで複数のクリップの色を設定が可能に
- ショートカット: cmd/ctrl + del] を "Delete and Close gap (ripple delete)" のデフォルトのキーコマンド変更
- ショートカット: 範囲が選択されていない場合、"Delete and close gap (ripple delete) "が選択されたクリップに対して機能するよう変更
- エンジン: [試験的な機能] モノラルのオーディオファイルが現在のEditに合わせてタイムストレッチやピッチシフトされた場合のプレビューを修正
- プラグイン: VSTプラグインのFXB/FXPファイルの保存と読み込み、サンドボックスを有効にしたVST3プラグインのvstpresetファイルの保存と読み込みを修正
- UI: 拍子記号と調号をクリックできなかった問題を修正
- macOS: Apple Siliconプロセッサのサポートを追加
- UI: ボタンのキーボードフォーカスにグローを追加
- UI: 最後のトラックの後に新しいトラックボタンを追加
- アクション Freeがアクションパネルを取得するようになりました
- UI: MIDIクリップのポップアップメニューを見直
- UI: オーディオクリップのポップアップメニューに削除を追加
- UI: ボタンの上でマウスを素早く動かすとメインメニューがおかしくなる問題を修正

11.1.34:
- UI: グループパネルのサイズ変更時の描画の不具合を修正
- MIDI: パターンジェネレーターでコードを逆再生する際の問題を修正
- UI: アレンジャートラックの時間がずれていた問題を修正
- UI: ユーザーがスナップを設定できるよう変更(ズームとは別)
- MIDI: MIDIファイルとプリセットをノートエディタパネルにドラッグが可能に
- MIDI: ノートを3分割するキーボードショートカットを追加
- MIDI: 次の/前のノートを選択するキーボードショートカットを追加
- UI: クリップの前のトラックで右クリックできない問題を修正
- UI: Make track gutter fixed size in pixels instead of time」機能をロールバックし、より安全な方法で再実装
- UI: キーボードショートカットに「ループを範囲に設定」を追加
- UI: ループは選択範囲に沿う」オプションを追加
- UI: スクロールの一時停止の感度を下げるよう修正
- UI: ドラッグ時のデフォルトアクションを選択に変更
- UI: 何も選択されていない状態ですべてを選択しても、すべてのクリップが選択されない
- UI: キーボードショートカット `Create linked clip` を追加
- UI: オーディオクリップのポップアップメニューを変更
- グループ 記録」が腕の状態にリンクしない問題を修正
- UI: ブラウザと検索パネルから複数のファイルを削除が可能に

11.1.33:
- バグ: 保存したファイルに戻す」でクラッシュする問題を修正
- コード・プレーヤー クリップをレンダリング」で「キーのコード」モードが無効になっていた問題を修正
- UI: 選択範囲がトラックから離れるときの不具合を修正
- MIDI: 「ノートのサイズ変更時に自動更新」を修正
- SOUL: SOULをv0.9.59に更新

11.1.32:
- UI: MIDIエディターにスクロールバーを追加
- UI: トラックガッターのサイズを時間ではなくピクセルで固定にする
- クラウドバウンス Cloudbounce機能を削除
- UI: インライン・ミディ・エディターを無効にするオプションを追加
- UI: MIDIクリップのプロパティパネルにトランスポーズボタンを追加
- UI: 選択されたノートだけでなく、選択されたクリップでも動作するように移調ホットキーを修正
- UI: インラインMIDIエディタにおいて、範囲選択がズームよりも優先されるよう変更
- バグ: コレクションクリップのコピー&ペーストで、正しくないトラックにペーストされてしまう不具合を修正
- バグ: グループエディットクリップのコピー&ペーストを修正
- UI: グループパネルにミニアクションパネルを追加
新しいグループを作成するときに選択されたトラックを含めるよう変更
- バグ: 同名のトラックがファイルを上書きした場合のレンダリングを修正
- エンジン: [試験的な機能] Insertプラグイン使用時のデジタルノイズを修正
- エンジン: [試験的な機能] Insertプラグインを修正
- UI: クリップフェードイン/アウトのポップアップメニューを改善
- UI: クリップを右クリックすると他のクリップの選択が解除される問題を修正
- UI: スクロールが有効なときにカーソルをつかむ
- UI: ユーザーがスクロールを調整したときに一時的にスクロールを無効にする
- UI: オーディオクリップスリップのスナップを無効にする(コマンド/コントロールで有効にすることは可能です
- UI: シンセをトラックに追加する際、オーディオ入力をミディに入れ替える。それ以外の場合は、既存の入力を入れ替えないよう変更
- ラック: プラグインのプリセットをラックにドラッグが可能に
- UI: プラグインウインドウの表示を切り替えるホットキーを追加
- UI: トラックパネルがトラックの選択に追従するようになりました

11.1.31:
- MIDI: 1クリックでStep Clip <> MIDI Clipに変換が可能に
- UI: オプション「カーソルを画面に表示する」を削除
- UI: スクロールボタンにポップアップメニューを追加
- UI: 自動化オプションを詳細設定に移動
- UI: 再生を禁止した状態でスクロールする」場合に、停止時にビューがジャンプする問題を修正
- バグ: プラグインのwetおよびdryパラメータの値の入力を修正
- バグ: トラックを追加したときにRacks: output wiring graphicが更新されない問題を修正

11.1.30:
- Groups: グループ編集でクリップをグループ化する際のロジックを変更
- UI: トラックを上にスクロールする際にアレンジャークリップを移動またはサイズ変更するよう修正
- UI: アレンジメントクリップをドラッグしたときにスクロールできるようにしました
- UI: 保存、インポート、エクスポートのメニューをファイルメニューに統合
- UI: デフォルトのリマッピングオプション」をタイムコードメニューから「設定」>「一般的な動作」に移動
- UI: タイムコードメニューを簡素化し、名称をシンクに変更
- UI: タイムバーのポップアップメニューを簡素化
- UI: 設定」>「一般的な動作」にMIDIセクションを作成
- UI: メインメニューに表示メニューを追加
- UI: 新規クリップ作成ボタンからポップアップメニューを削除
- UI: 詳細設定パネルを追加
- UI: 表示メニューの改善
- UI: コンパクトなトランスポートバー使用時のメインメニューのレイアウトを見直し
- UI: ズームメニューの改善
- UI: クリックメニューを整理しました
- UI: オプション「有効なデバイスのみ表示」を削除
- UI: トラックパネルにグローバルトラックを追加
- ショートカット: 選択したクリップのマークされた領域を削除し、トラック上のすべてを上に移動させる」アクションの修正
- ショートカット: 範囲選択をベースにしたリップル編集のための新しいショートカット「ギャップを削除して閉じる」を追加
- MIDI: パターンジェネレータのコードの最大継続時間を16から1024拍に増加
- UI: スナップメニューを整理
- UI: スナップボタンとクリックボタンにPopupMenuを追加
- UI: オートメーションカーブポイントのヒットボックスの増加
- UI: 同じタイプのプラグインをすべて選択」がラックの中で交差しないよう変更
- バグ: 自動化できないパラメータをプラグインが変更した場合、編集をハイライト
- エンジン: [試験的な機能] クリップだけでなく、録音中にプラグインがミュートされてしまう問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 高レイテンシーのプラグインでMIDIノートを録音するタイミングを修正
- エンジン: [試験的な機能] 高レイテンシーのプラグインで録音したMIDIノートをさかのぼって再生するタイミングを修正

11.1.29:
- エンジン: [試験的な機能] 録音が1バッファ分ずれてしまう問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 挿入された回顧録クリップの長さが0sになる問題を修正

11.1.28:
- UI: プラグインリストのコンテキストメニューで、フィルターが適用されている場合に誤ったプラグインを操作することがありました。
- UI: コンテキストメニューでプラグインリストからプラグインを削除する前に、確認を求めるよう変更
- UI: プロジェクト設定にバックアップを作成するボタンを追加
- バグ: シングルチャンネルのステップクリップの呼び出しを修正
- バグ: お気に入りの星を複数のアクションに適用できるように修正
- UI: 新規クリップボタンにコンテキストメニューを追加
- UI: クリップを追加するためのコンテキストメニューを追加
- UI: 新しいクリップは、デフォルトで1小節の長さになりました
- UI: いくつかの内蔵プラグインが「最近使ったプラグイン」リストに表示されない問題を修正
- バグ: クリップをグループ解除する際の不具合を修正
- UI: エッジフェードのキーボードショートカットを追加
- UI: トラックエディタのキーボードショートカットを追加
- バグ: オーディオクリップのループが解除されてしまう不具合を修正
- バグ: 検索パネルで自動再生が無効の場合、MIDIファイルが再生されない不具合を修正
- UI: サムネイルのズームスライダをサムネイルのトグルボタンの右クリックに移動
- UI: オプションメニューを整理し、いくつかのオプションを設定パネルに移動
- グループ 編集がピッチの変更にも適用されるようになりました
- UI: メイントラックリストをスクロールした場合、最後のグローバルトラックのサイズを変更できない問題を修正
- UI: クイックアクションウインドウに最大化ボタンを追加
- バグ: クリップリンクの状態がコピー/ペーストに耐えられない問題を修正

11.1.27:
- UI: MIDIノートの色のデフォルトを変更
- UI: トラックヘッダーのコンテキストメニューに、アレンジャー、マーカー、コード、テンポトラックを隠す/表示するオプションを追加
- UI: アレンジメントパネルを隠す/表示するホットキーを追加
- サンプラー: 次と前の矢印ボタンを修正
- UI: ファイルインポートダイアログのプレビューを修正
- UI: アクションパネルのトラックスナップショットメニューを修正
- UI: 選択されたトラックに従うデフォルトの入力」が既存の入力を置き換えなくなる
- UI: 複数のMIDIクリップが選択されている場合、ミュートされたMIDIノートを常にグレーで描画するよう変更
- UI: 選択されたミディノートの後方のミュートチェックボックスを修正
- UI: バックアップを削除する際のマルチセレクトに対応
- UI: オートメーション学習で4OSCプラグインのUIが開かない問題を修正
- サンプラー: パッドページで「デフォルトにリセット」するとマルチサンプラーが不安定な状態になる問題を修正
- バグ: トラックのフリーズをキャンセルしようとするとデッドロックすることがありました。
- UI: ファイル/検索パネルでファイルを削除する際に確認ダイアログを追加

11.1.26:
- UI: 選択したトラックのマークされた領域を削除してギャップを閉じる」を修正


11.1.25
リリース 10/9/20

- 再生: デフォルトのオーディオエンジンで、再生ヘッドが固定されたままになるリグレッションを修正

11.1.24:
- エンジン: [試験的な機能] "Run audio engine when stopped "を無効にすると、再生開始時に再生ヘッドがちらつくことがある問題を修正

11.1.23:
- MIDI: すべてのMIDIノートがタイム0にスナップする問題を修正

11.1.22:
- エンジン: [試験的な機能] レンダリングとフリーズの際に、レンダリングの開始時にレイテンシーがサイレンスとして追加される問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] レベルメーターがプラグインのレイテンシーを補正し、同期するよう変更
- エンジン: [試験的な機能] トランスポートカーソルが、レイテンシーを発生させるプラグインを補正して、聞いているものと同期するよう変更
- Windows: Windows Audio (Exclusive Mode) "デバイスタイプのサンプルレートを変更できない問題を修正


11.1.21
09/15/20リリース
- エンジン: [試験的な機能] Auxリターン後に複数のレイテンシー導入プラグインが追加された場合のPDCの問題を修正

11.1.20:
- エンジン: プラグインが報告されたレイテンシーを変更するとすぐにPDCが再計算されるよう変更
- エンジン: プラグインを有効/無効にしたときにPDCが正しく補正されない問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 他のトラックを目的地とするトラックのレンダリングに関する問題を修正
- プラグイン: 4OSCでパラメータ値にモディファイアがある場合、正しく復元されない問題を修正
- プラグイン: プラグインにレイテンシーがある場合、修正されたパラメータを復元できない問題を修正

11.1.19:
- クリップ: 2つ以上のチャンネルを持つファイルがタイムストレッチされた場合に起こるクラッシュを修正

11.1.18:
- ブラウザ: ブラウザのアイテムを素早く変更するとクラッシュする可能性がある問題を修正
- ブラウザ: セクションヘッダーをドラッグしたときに発生していたクラッシュを修正
- エンジン: [試験的な機能] トラックレンダリングにマスターボリュームが適用されてしまう問題を修正


11.1.17
リリース日: 09/15/20

- プリセット 一部のプリセットがディスク上で重複してしまう問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 「停止時にオーディオエンジンを実行する」を無効にした場合、エンジンが停止しない問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] フリーズしたトラックのレンダリングができない問題を修正


11.1.16
08/27/20リリース

- レンダリング  [試験的な機能] MIDIのレンダリング/エクスポートを修正
- レンダリング [試験的な機能] "Pass Through Plugins "が無視されていた問題を修正
- レイテンシー [試験的な機能] 全体のレイテンシーを下げるために、バイパスされたプラグインをグラフから削除するオプション(「General Behaviour」の下部)を追加


11.1.15
リリース 08/26/20

- VST3: WindowsでいくつかのVST3プラグインをロードする際の問題を修正
- プラグイン: インサート時に"Return Device"を変更してもすぐには効果が出ない問題を修正
- UI: CPUメーターに再生中のコンテキストを表示するインジケーターを追加
- 録音 別のトラックをソースとする入力を使ってオーディオを録音する際の問題を修正

既知の問題
- 実験用エンジンを使用している場合、MIDIのエクスポート/レンダリングができない


11.1.14
リリース 08/20/20

- エンジン: [試験的な機能] 入力もクリップもないトラック上のシンセプラグインを確実に再生できるよう変更
- SOUL: SOUL を 0.9.44 にアップデート

11.1.13:
- エンジン: [試験的な機能] デフォルトの実験モードを "ハイブリッド "に変更
- コントローラー サブミックスのボリュームとパンをMCUサーフェスでコントロールできるよう変更

11.1.12:
- エンジン: [試験的な機能] モノラルプラグインでもステレオ出力が可能に
- エンジン: [試験的な機能] 複数のクリップを持つトラックでクリップをレンダリングする際の問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] 入力よりも出力チャンネル数が多いためにレイテンシーが発生するプラグインでクラッシュする問題を修正

11.1.11:
- エンジン: [試験的な機能] MIDI クリップを空のトラックに移動するとクラッシュすることがある問題を修正
- エンジン: [試験的な機能] レイテンシーを発生させるプラグインがあるトラックでのオートメーションの位置を修正
- エンジン: バッファアンダーランが発生したときに発生するドロップアウトの長さを短縮


11.1.0
06/29/20リリース

- バグ: VST3シンセがレンダリング時にMIDI入力を失う問題を修正


11.1.0
リリース 06/29/20

- バグ: VST3 シンセのレンダリング時にMIDI入力が失われるバグを修正


11.0.39
リリース 06/11/20

- テンプレート:  Podcast テンプレートの更新

11.0.38:
- MIDI: MIDIの長さを2回連続して設定する問題を修正
- トラック:  1つのトラックに複数のタグを設定する際の問題を修正
- アルペジエイター:  non-noteon/noteoffのMIDIメッセージでアルペジエイター機能、コードコンパニオン、ノートリピーターが乱れる問題を修正
- サンプラー: 44100以外のサンプルのbufの描画を修正


11.0.39
06/11/20リリース

- テンプレート:  Podcastテンプレートの更新

11.0.38:
- MIDI: MIDIの長さを2回連続して設定する問題を修正
- トラック:  1つのトラックに複数のタグを設定する際の問題を修正
- アルペジエイター:  non-noteon/noteoffのMIDIメッセージでアルペジエイター機能、コードコンパニオン、ノートリピーターが乱れる問題を修正
- サンプラー: 44100以外のサンプルのbufの描画を修正


11.0.37
06/7/20リリース

- サンドボックス: [試験的な機能] 新しいパラメータ設定を使用したときの「自動学習」の問題を修正
- サンドボックス: [試験的な機能] 新しいパラメーター設定を使用したときの、クラッシュ後のプラグインの再起動に関する問題を修正


11.0.36
リリース日:  05/26/20

- UI: サイドパネルを左右に水平にするオプションを追加
- UI: WindowsおよびLinuxでOpenGLレンダラーオプションを有効にしました(「外観」設定ページから利用可能)。

11.0.35:
- ステップクリップ: 。工場出荷時のプリセットを追加

11.0.34:
- サブミックスのトラック サブミックスに含まれるトラックの変更により、親がソロになった場合に、そのトラックが常にソロになるように修正
- プレビュー: ステップクリップのプレビュー再生を修正
- スクリプティング: Set solo isolate for tracks」アクションを修正

11.0.33:
- サンドボックス: まれにUIがハングアップすることがある問題を回避
- サンドボックス: [試験的な機能] より少ないCPU使用量でパラメータを保存する新しい方法を有効にするモードを追加しました("General Behaviour "設定ページから利用可能)。
- ラックs: [試験的な機能] 32チャンネル以上のプラグインを使用したときのクラッシュを修正


11.0.32
05/18/20リリース

- ラックs: [試験的な機能] Windowsで再生時にクラッシュする問題を修正
- ラックs: [試験的な機能] 一部の内蔵プラグインが正しく無効化されない問題を修正

11.0.31:
- サンドボックス: プラグインのサンドボックスをデフォルトで有効化(プラグインの設定ページから無効にすることができます)。
- ラック: General Behaviour "ページで実験的なラック処理設定を有効化
これによりラック内部のPDCをインポートすることができます。
- サブミックストラック サブミックストラック内のトラックが他のトラックにもルーティングされてしまう問題を修正
- サブミックストラック トラックを他の送信先に送れない場合、トラックの送信先UIが無効になるよう変更
- サブミックストラック サブミックストラックを他のオーディオトラックにルーティングできるよう変更
- サブミックストラック サブミックストラックが他のオーディオトラックにルーティングされている場合、間接的にソロになる問題を修正


11.0.30:
- クリップ: コレクションクリップをドラッグするとクラッシュする問題を修正
- アーカイブ: プロジェクトをアーカイブする際のクラッシュを修正

11.0.29:
- マルチサンプラー。サウンドレイヤーパネルからスクラッチパッドにサンプルをドラッグする際のクラッシュを修正

11.0.28:
- ClipFX: グローバルオートメーションリードが無効の場合、オートメーションが適用されない問題を修正
- ラック: マルチトラックのラックがソロになったときにすべてのトラックからトラックソースを含むよう変更

11.0.27:
- エンジン: 特定の入力設定でまれに発生するクラッシュを修正
- ラック: プラグインがないラックを読み込む際のクラッシュを修正


11.0.26
リリース 04/9/20

- UI: タブ名にタブの内容が反映されない問題を修正しました
- UI: エディットを開くときにクラッシュする問題を修正
- オーディオ: ループ再生時にオーディオファイルの最初の数サンプルをフェードインさせないよう変更
- プラグイン: プラグインウインドウを閉じる際に一部のプラグインで発生していたクラッシュを修正

11.0.25:
- SOUL: v0.8.947に更新
- ARA: 内部のARA APIバージョンを更新
- プレビュー: ドラムのミディやステップのクリップをプレビューするためのドラムシンセを追加

11.0.24
20年3月26日リリース

- プラグイン: レガシープラグインが無効になっている場合、タグプラグインメニューに表示されないよう変更
- オートメーション: オートメーションセクションをctrl/cmdを押しながらドラッグする際の問題を修正

11.0.23:
- プラグイン: 複数のノートオンイベントの送信を避けることで、いくつかのプラグインでハングアップするノートを修正
- サンプラー: サンプルがないレイヤーをプレビューするとクラッシュする問題を修正
- プラグイン: オートメーションを録音できないプラグインがある問題を修正
- プラグイン: オートメーションを録音してプラグインを削除するとクラッシュする可能性がある問題を修正しました
- macOS: Metalパイプラインでのレンダリングに関する稀なクラッシュを修正
- デモモード: デモ期間の残り時間が表示されない問題を修正
- ClipFX オートメーションを持たないプラグインがレイヤーを更新しない問題を修正

11.0.22
リリース 03/18/20

- クラッシュの送信 内部のクラッシュレポートを更新


11.0.21
リリース 03/9/20

- Linux: JACKクライアント名を "JUCEJack "から "Waveform "に変更。
- テンプレート:  新規プロジェクト "ダイアログにテンプレート画像が表示されない問題を修正


11.0.20
リリース日: 03/1/20

- フェイスプレート:  Mono Wired "と "Digital "スキンの追加
- ラック: ラック内でプラグインをレンダリングするとクラッシュする可能性があった問題を修正

11.0.19:
- サムネイル: アプリケーションがフォーカスを失ったときに、部分的に読み込まれたオーディオサムネイルが失われる問題を修正
- フェイスプレート:  プラグインでプリセットが変更されたときにパラメータ名が更新されるよう変更
- プラグイン: プラグインのプリセットが変更されたときに、オートメーションの値が確実に更新されるよう変更
- スナップ: "カーソルの動きをスナップする "をデフォルトで有効にする
- テンポ: テンポカーブポイントの貼り付けを修正
- 編集: 編集画面に空のスペースが挿入される問題を修正
- アレンジャー: テンポ変更のあるセクションの移動を修正


11.0.18
リリース日: 02/25/20

- プラグイン: WindowsでNoisebud Skyline VST3を保存するとクラッシュする問題を修正
- Linux: JACKクライアント名を "JUCEJack "から "Waveform "に変更
- サンドボックス: Windowsでプラグインのウィンドウを開くと位置が変わってしまう問題を修正
- サンドボックス: Linuxでプラグインウィンドウが正しく表示されるようにしました
- サンドボックス: プラグインウインドウの一部の色を修正
- プラグイン: バグのあるプラグインの問題を修正するために、ループ時のall-notes-offメッセージの送信を回避
- グルーヴ: グルーヴメニューを整理
大量のテンプレートの代わりに強度パラメーターを追加

11.0.17:
- アルペジエイター:  動かない音を修正
- トラック:  テンポ変更のあるトラックにスペースを挿入する問題を修正
- アレンジャー: アレンジ操作時にテンポ変更を保持する機能を追加
- オートメーション: マウスホイールで "shift to zoom "を選択が可能に
- オートメーション: オートメーションポイントを複数選択が可能に
- テンポカーブ: 複数のテンポポイントを選択が可能に
- ラック: ラックエディターに「プラグインの追加」メニューを追加
- Auxセンド: アプリの起動時にミュート前のセンドレベルがリコールされるように修正
- プラグイン: プラグインを移動しても、オートメーショントラックがクリアされないよう変更

11.0.16:
- ビデオ: ユーザーがJadeoのウィンドウを手動で閉じた場合、ムービーメニューが同期しなくなる問題を修正
- UI: ラックトラックの入力を自動選択しないよう変更
- バグ: パンチイン/アウトをアームボタンで行うように修正
- サンプラー: パッドのデフォルトレイアウトをユーザーが選択が可能に
- サンプラー: MIDI学習中にノートをトリガーしないよう変更
- ChordC: パッドのレイアウトをインポート/エクスポートできるよう変更
- ChordC: パッドのデフォルト・レイアウトをユーザーが選択できるよう変更
- MIDI: ミディのノートネームマップをオーディオトラックにロードする機能を追加
- クリップ: FX パラメータのオートメーションを変更すると、クリップFXが更新されるよう変更
- プラグイン: プラグイン設定ページのリストの状態がアプリの起動間に呼び出されるよう変更
- ラック: 1つのトラックに1つのラックしかない場合、ラックをプラグインで置き換える動作を改善
- ラックs マクロに割り当てられたフェースプレートコントロールが正しくインポートされないという問題を修正


11.0.15
リリース日: 02/13/20

- ラック: ラックでプラグインを包んだときに無音になってしまうことがある問題を修正
- テンポ: テンポポイントをカットまたはコピーする際のクラッシュを修正
- タイムシグネチャー 編集画面でないときにタイムシグを挿入するショートカットを実行するとクラッシュする問題を修正
- ラック: Rack plugins" ポップアップメニューで Rack のプリセットがアルファベット順に表示されるよう変更
- プラグインのインサートでプラグインウインドウで表示された警告メッセージが更新されない問題を修正
- 4OSC & アルペジエイター: 有効化されたボタンが有効化された状態を反映しない問題を修正
- アルペジエイター: Arpウィンドウを閉じる際のクラッシュを修正
- アレンジャー:トラック 新しいマウスカーソルとアイコンを追加し、ドラッグしてアレンジする動作をよりわかりやすく
- プロジェクトリスト: プロジェクトの追加/削除時にプロジェクトリストのフォルダが閉じられないよう変更


11.0.14
リリース日:  02/8/20


- レイアウト: いくつかのプリセットビューのレイアウトを追加
- 挿入カーソル: マウスを素早く動かしたときにカーソルが正しく隠れるよう変更
- オーバービュー: ループアウトポイントが右端に表示されるよう変更

11.0.13:
- ショートカット: トラックをミュート」のショートカットを使用したときのまれなクラッシュを修正
- パン: サイドチェーンのソースにパンを使用した場合、パンが適用されない問題を修正
- エンジン: サイドチェインされたプラグイン、MIDIクリップ、シングルスレッドオーディオでのクラッシュを修正
- レコーディング: 録音を中止した後もMIDI入力が機能するよう変更
- ステップクリップ:  ステップの最大数を512に増加
- ショートカット: ショートカット「クリップをマージ」がMIDIクリップでも機能するよう変更
- マーカー: マーカートラックでの右クリックによる絶対的なクリップの挿入を修正
- テンポ: 新しいテンポの挿入が選択されない問題を修正

11.0.12:
- サンドボックス: オートメーションを多用する際のパフォーマンスを若干改善
- サンドボックス: プラグインのUIコントロールが変更されたときにパラメータ変更のアップデートを受信する問題を修正
- サンドボックス: テスト UIのないプラグインのコントロール表示に関する問題を修正
- サンドボックス: テスト ステータスレポートの改善

11.0.11:
- ショートカット: トランスポート "セクションに "再生停止時にカーソルを開始位置に戻す "ショートカットを追加
- UI: 親トラックの色が変更されたときに、トラックのパディングが更新されない問題を修正
- サンドボックス: サンドボックスが殺されたり、プラグインがクラッシュしたときにハングアップする可能性があった問題を修正

11.0.10:
- 翻訳 サポートされている言語のリストを取得する際の問題を修正
- クリップ:  異なるタイプのクリップを選択した際のミュートを修正
- サンドボックス: Windowsでサンドボックスにされたプラグインを作成する際に起こっていた問題を修正
- Windows: アプリの起動時間を若干改善

11.0.9:
- Windows: Yamaha Steinberg USB ASIO デバイスを再起動後に開く際の問題を修正

11.0.8:
- クイックアクション: トリガーできないアクションを割り当ててしまう問題を修正
- サンドボックス: サンドボックスの状態を示すアイコンの説明を分かりやすく
- サンドボックス: サンドボックスのクラッシュを抑制するための内部的な変更(他の場所でのハングアップが増える可能性があります
- レイアウト:プリセット: レイアウトの復元時にクイックアクションウィンドウミキサーが反応しなくなる問題を修正
- レイアウト:プリセット: パネルレイアウトの横にプリセットのロード/セーブを選択するボタンを追加
- マクロ: トラック上のオートメーションデータを持つマクロパラメータを削除するとクラッシュする問題を修正
- アレンジャー: アレンジャークリップのコピー/ペーストはアレンジャートラックにのみ行われるよう変更

11.0.7:
- UI: macOSのトランスポートセクションのBPMテキストの位置を修正
- ビデオ: macOS、Windows、LinuxでJadeoベースのビデオ再生を追加
- サンドボックス: プラグインのサンドボックスに対応しました(ベータ版)
- サンドボックス: サンドボックスにされたプラグインのタイトルバーボタンの位置を修正
- サンドボックス: ウィンドウが DPI を意識した設定になっているか確認
- サンドボックス: プラグインのクラッシュから再起動する際の安定性を改善
- サンドボックス: コンポーネント上の警告アイコンを修正

11.0.6:
- プラグイン: MIDIフィルタープラグインの追加

11.0.5:
- アレンジャー: クリップを低いタイムに置き換え/交換する際の問題を修正
- アレンジャー: 操作後に小さなクリップが残ってしまうことがある問題を修正
- プラグイン: ディスプレイの追加や削除が行われた際に、プラグインがメニューの更新を表示するよう変更

11.0.4:
- VST3: VST3のパラメーターの順番を修正
- テンプレート:  一部のシステムでファクトリーテンプレートが表示されない問題を修正
- アレンジャー: エディットでセクションを前に移動する際のアレンジャーの「セクション移動」の操作を修正
- ショートカット: マークされた領域を削除してギャップを閉じる」のショートカットを追加
- クイックアクション: ボタンのサイズを大きくするための「タッチモード」を追加
- クイックアクション: クイックアクション」ウィンドウの復元を修正
- アレンジャー: アレンジャートラックの表示・非表示の問題を修正

11.0.3:
- バグ: レベルメーターの処理時に断続的に発生するクラッシュを修正

11.0.2:
- UI: ステップクリップで最後に使用したチャンネルをハイライトするよう変更
- トラック:  マークされた領域を削除してギャップを閉じる」操作で、フォルダ/サブミックストラックからオートメーションが削除されるよう変更
- アレンジャー: セクションをコピーする際にタイムシグネチャが重複する問題を修正

11.0.1:
- Linux: deb インストーラを修正
- テンプレート:  ファクトリーテンプレートの追加
- スナップショット: 「アクション」パネルに「スナップショット」メニューを追加
- プラグイン: コピー&ペーストしたプラグインの順番を修正
- ステップクリップ:  チャンネルとパターンのプロパティが変更されたときに正しく表示されるよう変更
- フェイスプレート:  エディターボタンが切り捨てられないよう変更
- UI: トラックタグで正しいトラックが表示されない問題を修正
- プラグイン: Artisan Collectionのプラグインを追加

11.0.0:
- 11.0 バージョンをリリース


    • Related Articles

    • BioTek 2 最新アップデート情報 リリースノート

      BioTek 2 最新アップデート情報です。BioTek 2ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 BioTek 2 リリースノート 2.2.0 05/27/21 リリース 2.1.12 05/4/21 リリース 2.1.11 04/29/21リリース 2.1.7 05/3/20リリース - ...
    • Waverazor 最新アップデート情報 リリースノート

      Waverazor 最新アップデート情報です。Waverazorユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 Waverazorリリースノート 2.6.0 05/4/21リリース - 新機能: macOSでのApple Silicon / Intelサポート(ユニバーサル・バイナリ - 新機能: Phase ...
    • ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums 最新アップデート情報

      ROLI Studio Player、ROLI Studio Drumsの最新アップデート情報です。 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0がリリースされました。両アプリケーションともARMベースのM1 Macをネイティブ・サポート、さらにROLI Studio PlayerはEquator2エンジンを統合、完全にサポートしました。 ...
    • Sonnox v3 最新アップデート情報

      Sonnoxよりv3プラグイン最新アップデート情報となります。5ライセンスをお持ちのユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。SoundGridライセンスは有償の追加オプション・ライセンスとなります。 Sonnox v3対応プラグイン G5ライセンスで動作する下記製品がSonnox v3に対応しております。 Oxford EQ Oxford Dynamics  Oxford Reverb Oxford Limiter Oxford Transmod Oxford Inflator ...
    • Sonarworks SoundID Reference 最新アップデート情報

      Sonarworks  SoundID Reference最新アップデート情報です。SoundID Referenceライセンスをお持ちのユーザーの方は無償にてアップデート可能です。 動作環境 Mac: macOS 10.12-11 (Intel のみ) Windsows: Windows 8-10 (64 bitのみ) メモリ: 2GB 以上 ディスプレイ解像度: 1024x798 以上  インターネット接続(インストールおよびアクティベーション時) ...