Waves V14 リリースノート 更新情報

Waves V14 リリースノート 更新情報

Waves V14製品の最新アップデートのリリースノートです。個別製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。


2023年1月17日

更新: eMotion LV1 Live Mixer (64, 32, 16 channels) v14.9.80.170
以下の新機能、アップデート、修正が含まれます。
  1. 新機能:eMotion LV1がマルチサーバーDSPに対応。LV1システムに最大4台のWaves SoundGridサーバーと4台の冗長サーバーを追加可能になり、実質的制限のないプラグインプロセッシングパワーを提供します。
  2. 新機能:eMotion LV1が最大2台までのWaves FITコントローラーをサポート。最大32+2フェーダーとエンコーダーを同じミックスレイヤー内でタンデムとして、また異なるミックスレイヤーで独立して使用可能に。
  3. 新機能:Waves FITハードウェアコントローラーによるプラグインのハードウェア・コントロール、プラグインパラメーターの自動マッピングに対応。
  4. 新機能:パッチベイに視認性の高いデザインを採用。
  5. 新機能:8つのユーザーキーを追加して、合計16キーに。
  6. 新機能:Delay GroupsをScope/RecallSafeの一部として追加。
  7. 新機能:デバイスを取り外す際のClear/Retain Device patches オプションを追加。
  8. 新機能:ChannelウィンドウにRack on/offスイッチを追加 ChannelウィンドウにRackのオン/オフスイッチを追加。
  9. 新機能。ChannelウィンドウにRack latency 表示を追加。
  10. 新機能:ChannelウィンドウにServer Selectメニューを追加。 
  11. 新機能:Customレイヤーに "Copy from Custom Layer "オプションを追加。
  12. 新機能:Internal Patch タブにサーバーを複数指定するためのサーバーパッチフィルターを追加。
  13. 新機能:Channel メニューにプロセッシングサーバー選択メニューを追加。
  14. 新機能:Scope/Recall SafeにWindowsとTempoフィルターを追加しました。
  15. 改善:"Mixer All "にチャンネル名を表示するよう改善。
  16. 修正:セットアップ画面でBPMをテキストで入力できるよう修正。
  17. 修正:チャンネルをキューに設定してもミキサー全体を整列させたときにLRがミュートされないよう修正。
  18. 修正:チャンネル出力のトリムパラメーターがFITコントローラーのTouch and Turnエンコーダーにマッピングされるよう修正。
  19. 改善:FITコントローラーのエンコーダーの解像度を最適化、より効果的なパラメーターコントロールができるよう改善。
  20. 修正:セッションノートが127文字を超えても正しく保存されるよう修正。
  21. 修正:新しいセッションでファンタムパワーとIOゲインの設定がリセットされないよう修正。
  22. 修正:プラグインのUser set defaultプリセットを全てのプラグインで使用できるよう修正。
更新: MyFOH、MyMon、mRecallモバイルアプリケーション
  1. 様々なバグ修正。
  2. MyMonアプリケーション:GUIレイアウトの改善。
  3. MyFOHの新機能
    1. 新機能:eMo Q4でバンドタイプをコントロール可能に。
    2. 新機能:New:Aux-Qフリップ時のコントロールを追加。
    3. 新機能。eMotion LV1で設定されたチャンネルカラーを追加。
更新:SoundGrid Studio v14.9.0.566 リリース(バージョン番号の整合性のみ調整) 新機能はありません。
更新: SoundGrid Driver v14.9.56.146リリース(バージョン番号の整合性のみ調整) 新機能はありません。
更新: Allen & Heath M-Waves V3 カード: ファームウェア更新 v14.12.33.324 (v1.17.37) が利用可能に。
  1. 修正: オーディオの不自然さを引き起こすバグを修正。

2023年1月1日

Waves Central v13.5.3 リリース
  1. 'My License Cloud' 表記を 'Not Activated' に変更。
  2. macOS 13 (Ventura)でexFATフォーマットされたUSBドライブのライセンスアクティベートが可能に。
  3. サンプルライブラリのインストールスピードと信頼性を向上。
  4. その他、様々な修正と改善。

2022年12月27日

更新: Clarity Vx Pro & Clarity Vx v14.11
  1. すべての Apple Silicon プロセッサ(M1、M1 Pro、M1 Max、M1 Ultra、M2 を含む)上でネイティブ動作に対応。
  2. 新機能 : Broad ECO - ダイアログ専用の全く新しいNeural Network。これにより、Clarityのインスタンスを2~3倍多く実行でき、オフラインバウンスやレンダリングも高速化されます。
修正:Abbey Road Studio 3, CLA Nx, Nx Germano Studios New York, Nx Ocean Way Nashville, Nx - Virtual Mix Room over Headphones v14.7.95.279
  1. インスタンス作成時にクラッシュすることがある問題を修正 (Mac のみ)
更新: Apple Silicon対応のPro Tools用Waveshellリリース
  1. Waveshell AAX 14.0 (14.0.155.156)
  2. Waveshell AAX 14.1 (14.1.204.262)
  3. Waveshell AAX 14.2 (14.2.140.262)
  4. Waveshell AAX 14.6 (14.6.60.230)
  5. Waveshell AAX 14.7 (14.7.95.279)
  6. Waveshell AAX 14.8 (14.8.73.262)

2022年11月28日

新製品: BB Tubes
  1. 単一のプラグインとして、またはMercury、Pro Show、SD7 Pro Showバンドルに収録。Waves MAGMAシリーズによるオリジナル設計のアナログチューブサチュレーションプラグインです。Lil Tubeのライセンスも収録。

2022年11月25日

新製品: Lil Tube
  1. BB Tubes、またはMercury, Pro Show, SD7 Pro Showbundlesに収録。アナログサチュレーションプラグイン - Waves MAGMAシリーズからの初リリースとなります。

2022年11月14日

個別プラグインのバグ修正
  1. CR8 Creative Sampler v14.0.155.156: フィルター設定がファクトリープリセット間を移動した後、正しくロードされるよう修正。
  2. TRACT v14.0.155.156: FIR補正が正しくプリセットに保存され、セッションを再ロードした後に呼び出されるよう修正。

2022年11月13日

Waves Central v13.4.1リリース
  1. ライセンス状況をcsvファイルに書き出すオプションを追加。
  2. いくつかのバグフィックスと改善

2022年10月30日

Waves Harmony v14.8.59.248 バグフィックス
  1. 修正: 特定のスナップショット設定を変更した際のサウンドのグリッチを解消。
  2. 修正: コードメカニズムの初期化が適正に実行されるよう修正。
  3. 修正: CPU の最適化(96kHz動作時)。
  4. 修正: Voice Pitch コントロールのモジュレーションアークが正しく表示されるよう修正。
  5. 修正: ノートがオフの場合もUI上にノートが表示されることがある問題を修正。
  6. 修正: Pro Toolsでのリコール時、オートメーションコントロールリストが正しく開くよう修正。
  7. 修正: その他のマイナーなバグフィックスと最適化。
個別プラグインのバグフィックス
  1. Bass Fingers v14.0.154.155 修正: レイヤー間のベロシティーバランスを修正
  2. F6 v14.0.154.155 修正: 他のバンドを選択した時に、ソロが正しくオフになるようにしました。
  3. PRS SuperModelsV9とArchon v14.0.154.155 修正: バイパスと最小化後にブーストが無効になってしまう。
  4. Abbey Road RS124 Compreassor, Kaleidoscopes, Retro Fi, Lofi Space, PAZ, SSL EV2, v14.0.154.155  修正: レイヤー間のベロシティーバランスを修正しました。
  5. TRACT v14.0.154.155 修正: セッションを保存して再読み込みした後、FIR補正が正しく呼び出されるようになりました。
  6. WaveShell1-AAX v14.0.154.155  修正: Audiosuite プレビューでメーターがフリーズする。
  7. Waves Tune と Waves Tune LT v14.0.154.155 修正: 
    1. プリセットまたはスケールを独立してロードする機能を再有効化。
    2. ユーザープリセットをロードすると、ピアノロール上のスケールマッピングが適切に表示されるよう修正。
  8. Waves Tune Real-Time v14.0.154.155 修正: キーボードのレンジ選択がスムーズに動くよう修正。

2022年10月25日

新バージョンリリース:以下のWaves SoundGridアプリケーション 
アップデートには、一般的な改善と様々なバグフィックスが含まれます。
  1. eMotion LV1 v13.3.0.492
  2. SoundGrid Studio v13.3.0.492
  3. SoundGrid Qrec v14.6.15.45
  4. StudioRack v14.2.52.174
  5. SuperRack v13.3.0.492
eMotion LV1 v13.3.0.492 修正: Routingビューでセッションがロードされる時に誤ったエラーを表示しないよう修正。

2022年9月28日

新製品プラグイン - Spherix Immersive Compressor & Limiter: いずれも1つのライセンスで利用可能。Dolby Atmos® など7.1.4/7.1.2イマーシブ環境におけるスタティック・チャンネル向けに特別設計され、洗練されたワークフローでダイナミクスをコントロールすることができます。

2022年9月21日

更新: すべてのNxヘッドフォンミキシングプラグイン(v14.7.18.202) がアップデート。
EQ Correctionメニューに270以上の新しいヘッドフォンモデルが追加されました。対応ヘッドフォンモデル一覧はこちらから。

2022年9月13日

更新: SoundGrid Rack for VENUE v14
  1. Waves v14のSoundGrid対応プラグインがAvid VENUE S6Lコンソールに対応。"SoundGrid Rack for VENUE v14 "ソフトウェア経由で使用可能です。
  2. 新機能と改善点
  1. 拡張されたCKMのサポート:S6LからWavesへのバイパスとナビゲートが可能に。
  2. Avid I/O 共有を正式にサポート。
  3. 様々なバグ修正とパフォーマンスの向上

更新:  Waves Central v13.3.2 リリース、SoundGrid Rack for VENUE (Windows only) にWaves v14プラグインのサポートを追加。

2022年9月12日

更新: Clarity Vx v14
更新: Clarity Vx Pro v14

 Clarity Vx Proに以下の新機能が追加:
  1. 6バンド(4バンドから変更)仕様へアップデート、プロセッシングパワーと精度の向上。
  2. 統合リミッター機能: 修復や補正時に発生するクリップを処理可能。
  3. オートリセット機能: ニューラルネットワークの堅牢性が向上、刻々と変化するノイズや音声を処理する必要がある場合にも、ユーザーによるオートメーションの必要性を軽減し、時間を節約します。
  4. 2022年9月6日

更新: StudioRack v14.2.52.174 
  1. Waves 以外のメーカーの VST3 プラグインをホストする機能を追加。対応のWavesプラグインと他社製VST3プラグインを組み合わせて使用可能になり、複雑なチェーンの作成・保存、プラグインのマクロへの割り当て、マルチバンドツール化、パラレルチェーンスプリットなどを簡単に構築することができます。

2022年8月17日

更新: Waves Central: 新バージョン v13.3.1
  1. 様々な修正と改善。

2022年8月1日

新製品プラグイン  - Waves Harmony : Mercury、Pro Show、SD7 Pro Show、Vocal Productionバンドル収録。単体プラグインとしても購入・利用可能。450以上のファクトリープリセットとアーティストプリセットが付属。

Waves Local Server v12.14.137.138:
  1. 修正: オフラインコンピューターでのCosmos Sample Finder V14をサポート。

2022年7月19日

更新: Waves Central 新バージョン v13.2.4
  1. Apple Silicon (M1, 等) プロセッサー搭載のMacのネイティブサポート。
  2. その他、様々な修正と改善。

2022年7月18日

新製品クラウドアプリケーション - Cloud MX, Cloud MX Plus, Cloud MX Premium: ブロードキャスト向けクラウドベース・オーディオミキサー、月額または年間ライセンスでの提供を開始。

2022年6月21日

WavesプラグインソフトウェアがV 14にアップデートされました。
ご注意:StudioRack、Clarity Vx、Clarity Vx Proは現在V13となります。V14はまもなくリリースされます。

V14プラグインの新機能と改善点

  1. 新機能: API 2500, CLA-2A, CLA-3A, CLA-76, Renaissance Compressor, SSL G-Master Buss Compressorに新しいMixとTrimノブを追加。
  2. 新機能: プリセットのドラッグ&ドロップ - プリセットファイルをV14プラグインにドラッグ&ドロップすることで、より速いワークフローが可能。
  3. 新機能: いくつかのプラグインで高解像度HiDPIのグラフィックインターフェイスをサポート: Abbey Road TG Mastering Chain, API 2500, API 550, API 650, CLA-2A, CLA-3A, CLA-76, F6, OVox, PuigTec EQs。
  4. 改善: ロード時間の短縮 - すべてのV14プラグインがセッション、個々のプラグイン、プリセットをロードする際により速くロードできるように最適化。
  5. Creative Sampler CR8 新機能:
CR8がスタンドアロン・アプリケーションとして利用可能に。DAWを使わずにサンプルをシェイプし、操作し、演奏することができます。
新機能:CR8に "Snap to Zero Crossing "が追加。
  1. 新機能: CLA MixHubのインサートスロットに追加されたプラグインが通常のフローティングプラグインとして開くことができるようになりました。
  2. 改善: ライブテキストとテキストボックスがよりシャープになり低DPI画面での可読性が向上。
  3. 改善: 下記プラグインでCPU使用率を改善
M1 Mac: Abbey Road Studio 3、Abbey Road Vinyl、CLA MixHub、CLA Nx、J37 Tape、Nx Ocean Way Nashville、Nx Virtual Mix Room、Reel ADT
Mac/PC: H-Reverb

プラグイン全般のバグフィックス 

  1. 修正: VST ホストでサンプルレートが変更された後いくつかのプラグインがレイテンシーを更新しない不具合を修正。
  2. 修正: Ableton V11でサンプルレートを変更すると、プラグインオートメーションが無効になるバグを修正。
  3. 修正: Cubase, Logic, Studio One でオートメーション不可能なコントロールを変更すると、Save オプションがトリガーされないバグを修正。
  4. 修正: Pyramix の Waveshell スキャンが一貫しない問題を修正。
  5. 修正:Pyramixのセッションがリコールされた後、すべてのコントロールで設定がリコールされないバグを修正。
  6. 修正:コントロールが複数選択され、Precisionモードでコントロールされたときに、相対的な位置が失われる原因となっていたバグを修正。
  7. 修正:Pyramixのセッションをリコールした後、すべてのコントロールがリコールされないバグ。コンプレッサーがStudio Oneメーターに不正なゲインリダクションを報告するバグを修正。
  8. 修正: 一部のプラグインで、プリセットをロードしてからパラメーターを変更するとプリセット保存が「Undo」によって妨げられるバグを修正。
  9. MIDI マッピングのあるプラグインの修正:新規ファイルへの保存時に警告を出さずにファイルを上書きしてしまうバグを修正。
  10. 新規ファイルへの保存時に警告を出さずにファイルを上書きしてしまう不具合を修正。
  11. 修正:プリセットブラウザーでプリセットの修正と保存ができないバグを修正。
  12. Waves スタンドアローンアプリケーションの修正:テンポが常に120 bpmでロードされ変更が保存されないバグを修正。
  13. 修正:UAD Luna を閉じた後Waves ローカルサーバーとUAD コンソールアプリケーション間でポートの衝突が発生する問題を修正。

個別プラグインのバグフィックス 

  1. 修正 - Abbey Road TG Mastering Chain: Pro Toolsm で実行中、矢印キーでパラメータを調整すると時々フリーズします。
  1. 修正 - Abbey Road Vinyl:
Cubase/Nuendo でダイレクトオフラインプロセッシングを使用する際にクラッシュが発生する可能性があった問題を修正。
WaveLab 10 でセッションをリコールする時にクラッシュする可能性があった問題を修正。
  1. 修正 - Bass Fingers および Bass Slapper:
MIDIマッピングが保存されないバグを修正。
アーティキュレーションを調整し、プラグインインスタンスを削除すると、クラッシュする可能性があった問題を修正。
  1. 修正 - Berzerk: Digital Performerで "Character "設定を変更しても、プラグインが大音量のポップ音を出さないよう修正。
  2. 修正 - Brauer Motion: Re-Triggerモードの感度がInputモードの感度を決定してしまう不具合を修正。
  3. 修正 - BSS DPR-402: 各種DAWにおけるゲインリダクション・メーターを修正。
  4. 修正 - CLA-76: セッションをリコールした際に、メーターのステータスが保持されない不具合を修正。
  1. 修正 - CLA EpicおよびCLA Echosphere: CLA Echosphere: 
"SlapDelay", "SlapVSO" , "SlapTime" の値がリンクされるよう修正。
FX Mute オートメーションの値が正しい順番で表示されるよう変更。
CLA Epic が Logic で作動している時に、クリック音を発生させないように修正。
  1. 修正 - CLA MixHub:
Bucket ビューでタッチスクリーンを使ってパラメーターを調整し、カーソルがモジュールのフレーム外に移動すると、ノブが反応しなくなり、マウスクリックに反応しなくなる不具合を修正。
右チャンネルのみが存在する場合に、Gate が開閉しない不具合を修正。
MIDI ラーン経由でプラグインパラメーターをコントロールするとクラッシュする不具合を修正。
マウスカーソルがモジュールの外に出たとき、矢印キーでパラメーターが操作できない不具合を修正。
  1. 修正 - CLA Nx:
Bluetooth Nx Head Tracker が自動で選択されるよう改善。
プラグインを削除しても他のプラグインが使用している場合は、Waves Head Trackerを閉じないよう改善。
  1. 修正 - Clavinet: NKSのオーディション機能の追加。
  1. CR8 Creative Sampler:
改良- CR8 Creative Sampler: サンプル(96 kHz)の最小長を30秒に延長。
修正: Launch Modeで、サンプルが終了する前に再生ヘッドが消えることがないように修正。
修正: Monoモードでゾーン間で再生すると、1つのノートではなく複数のノートが再生されるバグを修正。現在は1つのノートのみが再生されます。
修正: コントロールとオートメーション名にかかる様々な修正。
その他のUI修正、調整、細かいバグフィックス。
  1. 修正 - CODEX: NKSのオーディション機能を追加。
  1. COSMOS Sample Finder:
新機能: ログイン機能を追加。
修正: スタンドアローンアプリケーションで、サンプルのブラウジング中にクリックが発生しないよう修正。
修正: 全ての対応ファイルをスキャンするよう変更(以前はサポートされた一部のファイルが検出さ れないことがありました)
修正: 予期せぬ状況下で「Changes were detected」メッセージが表示されなくなるよう修正。
修正: 特定の条件下でウィンドウの一部が画面外に開くことがないように修正。
修正: COSMOSとListビューで複数のサンプルを試聴するときのプレビューの問題が発生することがある問題を修正。
修正: Saturationマップの縦軸を反転させないよう修正。
修正: ユーザーガイドの更新と追加。
その他様々なUIの改善と細かいバグフィックス。
  1. 修正 - dbx 160:
Cubase/Nuendo でダイレクトオフラインプロセッシングでクラッシュする問題を修正。
WaveLab 10でセッションをリコールするとクラッシュする可能性がある問題を修正。
  1. 修正 - Electric Grand 80:
リミッターが正しく動作するよう修正。
NKS のオーディション機能を追加。        
  1. 修正 - Electric 200: NKSのオーディション機能を追加。
  1. 修正 - Element: NKSのオーディション機能を追加。
  1. 修正 - F6 Dynamic EQ:
HPバンドビューが押された際にHPフィルターがオンになるよう変更(以前はオフの状態でした)。
セッションを再読み込みしてもソロが保持されるよう修正。
グラフ下のバンドセレクターをクリックするとバンド表示だけが変わる仕様に変更(以前はバンドセレクターを クリックするとバンドのオン/オフも切り替わっていました)。
Macのみ: バンド選択のテキストフィールドが正しく表示されるよう修正(以前は崩れて表示されていました)。
Setup B からデフォルト・プリセットを保存してもGUI の EQ バンドとフィルタのグラフィックが崩れることがなくなりました。        
  1. 修正 - Grand Rhapsody Piano: NKSのオーディション機能を追加。
  2. 修正 - H-Delay:Tap Tempo が Delay Time を最大値に設定しないよう修正。
  3. 修正 - IR シリーズ・プラグイン:  プリセット・メニューのロード機能を再有効化。
  4. 修正 - L1: 入力メーターがCubaseの出力ステータスを反映しないことがある問題を修正。
  5. 修正 - Lofi Space:
Lofi Space: ロック中にミックスノブの値を変更できないよう修正。
Pro Toolsを再起動するとTime の値が変わってしまうバグを修正。
  1. 修正 - Manny Marroquin Reverb: Time パラメーターが調整されるまで Reverb Type が有効にならない不具合を修正。
  2. 修正 - MultiMod Rack: 変拍子におけるSync値を修正。 この修正により以前のバージョンで作成されたセッションのサウンドに若干の影響を与える可能性があります。
  3. 修正 - NLS Non-LInear Summer:
修正: 外部プリセットファイルを読み込む際に最初のプリセットが自動的にロードされるよう変更。
修正: プリセットメニューのロード機能を再有効化。
  1. 修正 - Waves Nx Virtual Mix Room:
  1. プリセットブラウザーで ' Reset to Default' を選択してもトラッキングデバイスを変更しないよう修正。
Nx Virtual Mix Room プラグイン経由でカメラのオフとオンを繰り返すとWaves Head Tracker アプリがクラッシュする問題を修正。
  1. 修正 - OVox
修正 (MIDI Out): Note Mapper使用時にノートが動かなくなるバグを修正。
修正 (MIDI Out): 特定のNote Mapperの設定でレガート演奏をするとノートが動かなくなるバグを修正。
修正 (MIDI Out): Note Mapperを使用する際にNote Offが欠落する問題を修正。
修正: ノートソースがVoiceのときトリガーされたノートがキーボードに表示されないバグを修正。
修正: 変拍子におけるSync値を修正。 この修正により、以前のバージョンで作成されたセッションのサウンドに若干の影響を与える可能性があります。
  1. 修正 - PuigTec EQs: ノブの動作が重くなるバグを修正。
  2. 修正 - Reel ADT: 変拍子でのシンク値を修正。 この修正は、以前のバージョンで作成されたセッションのサウンドに若干の影響を与える可能性があります。
  3. 修正 - Renaissance Channel, Renaissance DeEsser: モニターがオンの時に間違ったレイテンシーがレポートされるバグを修正。
  4. 修正 - Retro Fi:
ロック中にミックスノブを変更できないように修正。
Pro Tools を再起動すると Time 値が変わってしまうバグを修正。
Retro Fi の Input パラメーター LED が Device モジュールの影響を受ける不具合を修正。
  1. 修正 - Scheps Omni Channel:
タッチスクリーンでLINKをタップした後、モジュールがマウスのクリックに反応しないバグを修正。
タッチスクリーンでSCフィルターをタップすると、COMPモジュールがロックされるバグを修正。
MIDI Learnでパラメータを移動した後 に終了するとクラッシュすることがある問題を修正。
マウスカーソルがモジュールの外側に移動すると、矢印キーによるパラメーターのコントロールが停止するバグを修正。
  1. 修正 - TRACT: 保存されたリファレンスが他のプラグインに正しくロードされないバグを修正。
  2. 修正 - Vocal Bender:
変拍子でのSync値が正しく表示されない不具合を修正。 この修正により以前のバージョンで作成されたセッションのサウンドに若干の影響を与える可能性があります。
TouchでExpand/Collapseが動作しないバグを修正。
Audiosuite Previewでノブを動かすとPro Toolsがフリーズするバグを修正。  
  1. 修正 - Waves Tune, Waves Tune LT , Waves Tune Real Time: プリセットメニューのロード機能を再有効化。
  2. 修正 - WLM Plus: Audiosuite レンダリング後、メーター表示が有効かつ一定になるよう修正。

特定のSoundGridプラグインにおける バグフィックス

  1. 修正 - Abbey Road Reverb Plates, F6 Dynamic EQ, PSE: マルチタッチ操作時にパラメーターが別々に動くバグを修正。
  2. 修正: GTRプラグインでスナップショット保存時に SuperRack がフリーズする問題を修正。
  3. 修正: 次のプラグインのSoundGrid Slot Meters: LoAir、OneKnobのスロットメーター。 LoAir、OneKnob Driver、OneKnob Louder、REDD 17、REDD 37 のSoundGrid スロットメーターを修正。
  4. 修正: Q-Cloneが、保存されたセッションをロードした後、バイパスされても処理を続行するバグを修正。
  5. 修正: PA Defaultを持つプラグインに新しい " Default Presets " を保存できないバグを修正。
参照元ページ


    • Related Articles

    • Waves V13 リリースノート 更新情報

      Waves V13製品の最新アップデートのリリースノートです。個別製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション eMotion LV1 動作環境 SuperRack 動作環境 SoundGrid Studio 動作環境 StudioRack - 動作環境 Waves SoundGridアプリケーション 最新アップデート・リリースノート 2022年6月13日 更新: SuperRack (SoundGrid ...
    • Waves eMotion LV1/SuperRack/SoundGrid Studio/StudioRack リリースノート 更新情報

      Waves SoundGridアプリケーション、ファームウェア、ドライバーの最新のリリースノート・更新情報です。WUP適用期間内の製品ユーザー様は無償で最新バージョンへアップデートいただけます。 対象製品 eMotion LV1 Live Mixer SuperRack SoundGrid Driver SoundGrid Studio Application StudioRack SoundGrid QRec MyMon MyFOH ...
    • Waves V11 リリースノート

      Waves V11製品のアップデート内容です。各製品の最新バージョンは、Waves Centralよりインストールしてご利用ください。 Waves製品のインストールとアクティベーション リリースノート 2020/10/18 更新:MyMon v11.3946 更新: iOS 14 に対応。 改善:Android 10/11 ナビゲーションバーを改善。 改善:コントロールパネルのCPU/GPU消費量を大幅に削減。 改善:より安定した接続性の向上改善。 改善:様々な安定性と機能の改善。 ...
    • Waveform 11 最新アップデート情報 リリースノート

      Waveform 11 最新アップデート情報です。Waveform 11ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 Waveform 11 リリースノート 11.5.17 リリース日: 07/15/21 - UI: ...
    • Waves V12 リリースノート

      Waves V12製品の最新アップデートのリリースノートです。製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション 2021年10月28日 更新:SuperRack SoundGrid v12.11.0.97 新機能:デュアルDSPに対応しプラグイン処理を拡張可能。 Waves SuperRackの新バージョンでは、ライブシステムに接続可能なSoundGrid ...