SuperRack 動作環境

SuperRack 動作環境

本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。

Waves動作環境

SuperRack V13 動作環境

Mac

Model/CPU
MacBook Pro / iMac / Mac Mini with M1 (ARM) CPU (Rosetta 2での動作)
MacBook Pro / iMac / Mac Mini with Intel i5 CPU以上
MacBook Airはサポートされません
”Metal”対応Macモデルまたはディスプレイカードが必要です - Metalについての詳細はこちらから

OS:
10.15.7, 11.6.5, 12.3

Windows

CPU
Intel Core i3 以上

OS
Windows 10 64-bit
Windows 11

OS共通

RAM
8 GB以上

ディスプレイ解像度
対応解像度: 720p -  4k (推奨解像度: 1920x1080)
GUIスケーリングはデフォルトでオフ
Macでは要"Metal"対応

注意事項

  1. "Metal"に対応しないグラフィックプロセッサ搭載のIntel Macモデルはサポートされません("Metal"対応Intel Macモデル一覧はこちらから)
  2. 2012年以前のMacProは現在のバージョンではサポートされていません。
  3. SuperRack v13 は次のオペレーティングシステムでV14 および V13 プラグインの動作をサポートしています:Windows 10, Windows 11 macOS 10.15.7, 11.6.1, 12.1
  4. SuperRack v13 は次のオペレーティングシステムでV12 プラグインの動作をサポートしています:Windows 10, macOS 10.15.7 and 11.6.1(Intelのみ)
  5. SoundGridはプライベートネットワークです:クリーンなネットワークのストリームを保つため、SoundGrid 専用のネットワークをご利用ください。SoundGrid以外のプロトコルを使用するとオーディオのドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない結果が発生する可能性があります。
  6. SuperRack V13 を使用するには、すべての SoundGrid ハードウェアを v13 対応ファームウェアに更新する必要があります。
  7. デバイス共有のために、すべてのSoundGridのホストアプリケーションを同じバージョンにアップデートする必要があります。
  8. macOSでの利用について: SoundGrid CoreAudioドライバからSoundGridネットワークへのオーディオ伝送の最高のパフォーマンスを得るために、Thunderbolt 3 / USB-C接続を備えた新しいAppleコンピュータでは下記ページにて推奨のアダプタを使用してください。Mac本体のAppleイーサネットポートを使用した32チャンネル以上の録音と再生は推奨されておらず、ランダムなオーディオドロップが発生する可能性があります。
  1. Windowsでの利用について: SoundGrid CoreAudioドライバからSoundGridネットワークへのオーディオ伝送の最高のパフォーマンスを得るために下記の推奨アダプタを使用してください。
Plugable USB Type-C Gigabit Ethernet Adapter USBC-E1000
  1. VPNソフトウェアはその動作要件に合うようネットワーク設定を変更する場合があります。この変更はSoundGridに使用されるネットワークポートに影響を与え、ネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。SoundGridを使用する際はすべてのVPNソフトウェアを削除・無効化または電源をオフにすることを強くお勧めします。
  2. Wavesプラグインとアプリケーションは、内蔵ドライブにインストールされたオペレーティングシステムにて動作をテスト、サポートしています。外付けドライブにインストールされたオペレーティングシステムではテストされておらず、SoundGridを含むWaves製品は完全には機能しない可能性があるため推奨していません。


対応コントロールサーフェイス

タッチ/マルチタッチスクリーン

  1. 最大4スクリーン(要4ポートグラフィックアダプター)
  2. マルチタッチをサポートするOS環境: Windows 10および10ポイント・タッチ対応タッチスクリーン

iOS & Android

  1. MRecall

対応サンプルレート

44.1 kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz

対応インターフェイス

  1. SuperRackはすべてのSoundGridのI/Oと互換性があります。
  2. DiGiGrid D / Q / M インターフェースの出力を Soundgrid Driver にパッチした場合、Soundgrid ホストアプリケーションで Driver Network Buffer が 1024 サンプルに設定されているとオーディオが通らない問題が発生します。 回避策として、ネットワークバッファを512以下に変更 してください。
  3. システムによってはレコーディングや 再生にセカンダリコンピュータを使用することを推奨します。これによりSuperRackが動作するプライマリコンピュータのCPUとディスクのパフォーマンスを最適化することができます。

対応SoundGridサーバー

  1. すべてのSoundGridサーバーをサポートしています。ただし、DiGiGrid DGS-XL(Wavesでは未販売)との併用は認証・サポートされていません。
  2. 最高のパフォーマンスを得るために、SoundGrid Extreme ServerとeMotion LV1の併用を強く推奨します。
  3. 2022年4月までに購入されたSoundGrid Impact(販売終了)、Mobile、Protonサーバーは、eMotion LV1 16ch 構成をサポート、サンプルレートは最大48kHzまでの対応です。
  4. 2022年4月以降に購入されたProtonサーバーは、eMotion LV1 32ch 構成をサポート、サンプルレートは最大48kHzまでの対応です。
  5. レガシー製品となるDiGiGrid IOSは、eMotion LV1 16chをサポート、サンプルレートは最大48kHzまでの対応です。
  6. CPU消費量の詳細なベンチマークはサーバー比較ページをご覧ください。

対応ケーブル

Cat 5e, Cat 6, Cat 7 S/FTPケーブルをサポートしています。テスト・認証済みの最大ケーブル長:SoundGrid I/Oからスイッチまで100m、SoundGrid Serverからスイッチまで10m、最大4ホップ/スイッチ。より詳細な情報についてはこちらのページをご参照ください。

対応ネットワークスイッチ

SoundGridオーディオネットワークとプロセッシングシステムで使用可能なネットワークスイッチの最新情報はこちらのページを参照してください。
スイッチの具体的なモデルや バージョンに特に注意してください - あるバージョンはうまく機能し、別のバージョンは機能しない場合があります。互換性を確保するため、Wavesで販売しているスイッチャーを入手されることを推奨します。

対応プラグイン

個別プラグインの対応表についてはこちらのチャートを、レイテンシーについてはこちらのをご覧ください。
SuperRackでは64-bitプラグインのみのサポートとなります。他社製SoundGrid対応プラグインはサポートされておらず、各メーカーのスケジュールにより今後対応予定です。

リリースノート アップデート情報

SuperRackの最新アップデート情報については、下記リリースノートをご参照ください。



参照元ページ

SuperRack V12 動作環境

Mac
CPU
MacBook Pro / iMac / Mac Mini with Intel i5 CPU 以上

メモリ
8 GB RAM
8 GB 以上の空きシステムドライブ

OS
10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)

ディスプレイ解像度
1920x1080
”Metal”対応ディスプレイカード

Windows
CPU
Intel Core i3 以上

メモリ
8 GB RAM
8 GB 以上の空きシステムドライブ

OS
Windows 10 64 bit

ディスプレイ解像度
1920x1080

補足情報
  1. 2012以前のMacProモデルは、バージョンV12以降ではサポートされていません。
  2. Waves V12およびV11プラグインをサポート。
  3. SoundGrid 専用のネットワークをご利用ください。SoundGrid以外のプロトコルを使用すると、オーディオのドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない結果が発生する可能性があります。
  4. SoundGridの操作中は、すべてのVPNソフトウェアを削除、無効化、またはオフにすることを強くお勧めします。

参照元ページ
    • Related Articles

    • Waves 動作環境

      Waves製品の多くはプラグイン形式のソフトウェアとなり、ご利用にはインストールするための対応OSを搭載したコンピューター、およびプラグイン対応のホストアプリケーションが必要です。製品によりアプリケーションとして起動できる=スタンドアローンを含むものもあります。 Waves製品ライセンスは発行されるシリアルナンバー1つにつき1台のコンピューターまたはUSBメモリに有効化して利用できます。複数コンピューターでの同時使用が必要な場合は追加ライセンス購入またはセカンドライセンスを利用してください。 ...
    • SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer動作環境

      SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixerの最新の動作環境は下記の通りです。 その他のSoundGridアプリケーションの詳細な動作環境は下記ページをご参考ください。 eMotion LV1 動作環境 SuperRack 動作環境 StudioRack 動作環境 詳細なアップデート内容については、下記リリースノート・更新情報ページをご参照ください。 SoundGridアプリケーション リリースノート 更新情報 動作環境 Mac CPU MacBook ...
    • Waves V12 動作環境 - 特記事項 - Exceptions & Notes

      下記は 主にWaves V12を対象とした動作環境に関する特記事項となります。最新の動作環境、特記事項については下記ページよりご参照ください。 Waves 動作環境 動作環境 - 特記事項 - Exceptions & Notes OS・ホストアプリケーションを含む最新のWaves製品動作環境および対応状況については以下Wavesウェブサイトの互換性情報も合わせてご参照ください。 Waves製品OS動作環境 Waves製品対応ホストアプリケーション一覧 ...
    • StudioRack 動作環境

      本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。 Waves動作環境 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/system-requirements StudioRackはWavesより無償で入手いただけます。ダウンロード方法のセクションをご参照ください。 StudioRack 動作環境 V13 Mac ...
    • Sonnox 動作環境 最新アップデート情報 リリースノート

      Sonnox 動作環境と最新アップデート情報です。現行バージョンとなるG5ライセンスをお持ちのユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。 インストーラーのダウンロード方法については下記ページをご参照ください。 Sonnox Oxford 最新アップデータ・ダウンロード方法 動作環境 - G5ライセンス = 現行バージョン Toolbox ListenHubは動作環境の詳細が異なるため下記よりご参照ください。 Sonnox Toolbox ListenHub 動作環境 Windows ...