iZotope製品:初めてのiZotope11点セット+3をご購入の方へ

iZotope製品:初めてのiZotope11点セット+3をご購入の方へ

iZotope製品をお買い求めいただき誠にありがとうございます。

ここでは製品の登録からアクティベートそしてインストールそして注意点を
ご説明しておりますので、予めご確認ください。

今回このキャンペーンでは以下の製品が含まれております:

iZotope製品:

  1. Elements Suite ( Ozone, Nectar, Neutron, RX ) - ( iZotope )
  2. Trash 2 - ( iZotope )
  3. Iris 2 - ( iZotope )
  4. BreakTweaker Expanded - ( iZotope )
  5. StutterEdit 2 - ( iZotope )
iZotope5点での注意点がございます。 上記リストの製品に関しては
Portalという製品の登録、アクティベーション、からインストール
そしてアップデートまでを管理することが可能な製品となります。

上記製品のシリアルは、通常SN-から始まります。


現在Portalからアカウント作成ができない問題が発生しておりますので、
ここを確認ください。

SN- BR〜で始まるシリアルナンバーについて

お問合せが増えておりますので、一度ご確認ください!

1. BreakTweakerのアドオンである以下で始まるシリアルの製品は登録の必要が
ございません。
  1. SN-BRTCINEMATIC
  2. SN-BRTBEATPORT
  3. SN-BRTBLACKOCT
  4. SN-BRTVINTAGE
これらはBreakTweakerを登録すると自動的にアドオンとしてPortalにて登録
されているかと思いますので、PortalのTop画面をスクロールダウンしてアドオンが
追加されているかをご確認ください。

2. インストール後製品がCubaseのブロックリストに入るという問題が
  発生している場合はここを参照ください。

3.  Apple M1チップ搭載のMacへのインストールでは、正しくインストールできても
LogicにてAUプラグインとして認識されない等問題が発生することがございます。
現時点ではM1チップへの対応はしておりません。 将来的には対応予定ですが
リリース時期が未定ですので、もうしばらくの間お待ちください。


Exponential Audio製品:

  1. PhoenixVerb ( Exponential Audio ) インストーラーのダウンロード
  2. R2 ( Exponential Audio ) インストーラーのダウンロード
  3. Excalibur (Exponential Audio ) インストーラーのダウンロード

上記3点は製品の登録からオーソライズそしてインストールは
全て別の方法となります。 製品のオーソライズについては
以下のリンクを参照ください。

上記製品のシリアルは通常数字の組み合わせとなり:

0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000-00

といた並びとなります。


インストーラーのダウンロードは上記のステップとは別となり、
上記リストにあるインストーラーのダウンロードリンクより
ダウンロードください。

+3製品:

問合せが増えておりますので、一度ご確認ください! 

※本キャンペーンは冒頭記載の通り”日本限定”のバンドルとなり
国内販売店様でのご購入が対象となります。海外販売店様などで
購入いただいた方は+3プレゼント及び国内サポートの対象外と
なりますので、ご購入いただいた販売店様へお問い合わせください。 

+3の製品に関しましてはそれぞれのFAQを参照ください。
  1. Traction : インストール及び登録についてはここをクリックください
  2. KROTOS Simple Concept:インストール及び登録についてはここをクリックください
  3. UJAM IRON: まず、シリアルをもって製品をアクティベートする必要があります。
  4. 最初のステップとして、ここからRedeemという作業をおこなってください。
  5. そして、UJAM IRON FAQはここから参照ください。
その他IRONに関するお問い合わせは日本語可ですので、support@ujam.comまでお問い合わせください。
ただし(本製品については国内代理店様でのサポートは対象外となります)


製品全般での注意点


・iZotope製品以外でのApple M1チップへの対応はここを参照ください
・iZotope製品全般はBig Sur( Intel ベースのMacのみ)には対応しておりますが、
 M1チップは未対応となっており動作しないケースも報告されておりますので、
 対応までお待ちいただくことになります。
・Exponential Audio製品は、Catalinaまでの対応となっておりBig Surへの対応は未対応となります。
・Elements Suiteの製品はRX Elementsを除き全てプラグインとしての動作しますので、
 インストール後アプリケーションのフォルダーにはアプリとして登録されませんので
 DAWを起動後オーディオトラックにインサートしてください。




    • Related Articles

    • iZotope製品:Music Production Suite 4およびバンドル製品をご購入の方へ

      Music Production Suite 4およびバンドル製品をご購入の方への登録の方法についての注意点 ここでは、製品ご購入後のPortalへの登録の方法について簡単にご説明します。 ご購入後メールにてシリアル等が送付されてきます。 ここには文章があるかと思いますが、概ね以下のような感じで届きます(MPS4を例としてます) SN-MPS4-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX / 0000-0000-0000-0000-0000-0000-0000-00 / ...
    • iZotope製品  Spire FAQ

      iZotope製品Spire FAQ Spire FAQ Soundcheckを使った際に音には何がおこりますか? Soundcheck機能を使うと自動的に音のインプットレベルを調整してくれます。 と同時に、楽器を使用していればそれを検知し自動的に軽くダイナミックEQをつけ後のミックスがしやすいようにしてくれます。   なぜ、Soundcloudにサインインできないのですか? 設定(Setting )メニューにあるSoundcloudのセクションを見ると、” not signed in = ...
    • iZotope製品: Product Portal FAQ

      iZotope Product Portal FAQ 製品ポータルに製品が表示されるかどうかを決定するものは何ですか? 製品をアカウントに追加して製品ポータルに表示するには、いくつかの方法があります。 製品のデモをダウンロードした場合 iZotopeから直接製品を購入した場合 製品ポータルまたはizotope.comで購入したシリアル番号を追加しました。 お使いのコンピュータに以前インストールされていた製品をお持ちの場合 製品ポータルに特定の製品が表示されないのはなぜですか? ...
    • iZotope製品の譲渡について

      iZotope製品の譲渡について iZotope製品を譲渡するには以下の情報が必要になることとと同時に、これはiZotope本社でのみ対応が 可能となりますので、実際の製品の移行にはアメリカとの連絡を含めると最大でも数日かかる可能性も ございますので、ご了承ください。 注意: ソフトウェアライセンスの譲渡は、当該製品の購入済みのフルソフトウェアライセンスを所有しているお客様のみが利用できます。 ソフトウェアライセンスの譲渡は以下の場合には利用できません: ...
    • iZotope製品:製品のPresetの保管場所

      iZotope製品のプリセットファイルの保管場所について iZotope のプリセットマネージャーは、プリセットを .XML ファイルとしてハードドライブに保存します。各 XML ファイルはプリセットマネージャーの対応するプリセットの名前が付けられます。 デフォルトでは、iZotopeのプリセットマネージャーのプリセットは以下のフォルダに保存されています。 Windows: C: \ Users[current user]My Documents \ iZotope[iZotope製品名] ...