ご注意:Apogee Thunderbolt製品と2020 MacBook Pro 13"およびMacBook Airモデルとの問題について 2020年12月16日 更新

ご注意:Apogee Thunderbolt製品と2020 MacBook Pro 13"およびMacBook Airモデルとの問題について 2020年12月16日 更新

現在、Apogee Thunderbolt製品について、2020 MacBook Pro 13インチ・モデルでの使用時、オーディオの音切れやノイズ、パフォーマンスが低下するなどの問題が確認されております。

対象のApogee Thunberbolt製品
  1. Ensemble
  1. Elementシリーズ
  1. Symphony IO Mk II
  1. Symphony IO Thunderbridge

問題が確認されたMacモデル 
  1. 2020 MacBook Air 9,1
  2. 2020 MacBook Pro 13インチ

これらは、Intel第10世代IceLakeプロセッサーを搭載したモデルが影響を受けている可能性があり、Apogeeにて対応に向けて問題の検証・調査を実施しておりますが、問題の解消時期については現時点では未定となっております。

IceLakeプロセッサーに固有の要因が考慮されるため、次期アップデートによる問題の解消まで、上記製品をご利用のユーザーの方は当該のMacBook Proモデルでのご使用をお控えくださいますよう、お願いいたします。対応状況については、本ページにて更新いたします。

2020年10月05日更新
 2020 MacBook Air 9,1モデルでも同様の症状が確認されました。同Macモデルについても、Apogee Thunderbolt製品のご利用はお控えください。

2020年12月16日 更新
該当のMacBookモデルをお持ちのお客様より、Elementシリーズの抜き差し時にカーネルパニックが発生するという報告を受け、本日新たな情報を入手しました。奇妙なことに、カーネルパニックは、ソフトウェアやドライバの問題が原因である場合、私たちが予想したような、任意のドライバへの参照を示していませんでした。

上記は"Intel CrashLog recorded due to unexpected reset "というクラッシュとして、2020 MacBook Pro 13"モデルを所有する多くのユーザーの方より、完全なクラッシュ、スリープ解除時の認識不具合、他のUSBデバイスへの接続ができなくなるなど、Apogeeだけでなく様々なThunderboltデバイスで深刻な問題が発生しているという報告が確認されています。

あるユーザーによる問い合わせの返答として、Thunderboltドック/ハブ・メーカーであるCalDigit社は「弊社のエンジニアは現在、新しい2020年版MacBookを調査しています。複数のユーザーの方の報告があり、OWC、Kensington、Elgato、そしてCalDigitを含む様々なブランドのドックが最新のIntel CPUチップセット搭載Macでは正常に機能しない状況にあります。」と報告しています。

現在、本件はApogee Thunderboltドライバ特有の問題ではなく、第10世代Ice Lakeプロセッサ上のThunderboltにおけるより深い要因による問題であることが明らかになりつつあります。引き続き調査を継続しておりますが、これらのMacモデルについては、Apogee Thunderbolt製品のご利用をお控えください。

参照元記事

    • Related Articles

    • Ensemble Thunderbolt やSymphony MkⅡ Thunderbolt が起動時にMacから認識されない

      Ensemble Thunderboltや Symphony MkII Thunderbolt Chassis を終了させる際、方法が大きく2通りあります。 ユニット本体の前面にある電源ボタンを押す方法と、電源ケーブルを抜いたりパワーディストリビュータなどで完全に電源を切ってしまう方法です。 Ensemble Thunderbolt や Symphony MkII ...
    • Waves V13 リリースノート 更新情報

      Waves V13製品の最新アップデートのリリースノートです。製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション 2022年1月12日 新機能: SSL EV2 Channel v13.2.1 SSL EV2に外部サイドチェーン入力を追加。 新しいアーティストプリセットを追加: Stuart White, Tom Lord-Alge, Mick Gordon, Kori Anders, Graham ...
    • WUP(Waves Update Plan)の更新・再加入手続き方法

      WUP(Waves Update Plan)の詳細情報はこちらのページよりご参考ください。 WUPは既定の期限を終了しても、ご有償にて再加入が可能です。WUP期限終了前に更新することで価格を抑えることができる場合もあるため、期間内の更新手続きをお勧めいたします。 製品のWUP期間は下記いずれかの方法で更新/再加入することができます。 Wavesアカウントからの更新/再加入のお申込み(クレジットカード) メディア・インテグレーションでの更新/再加入のお申込み (クレジットカードまたは銀行振り込み) ...
    • WUP(Waves Update Plan)更新・再加入後のアップデートとインストール手順

      WUPの更新・再加入するとWavesアカウントのMy Products上では、対象となった製品のUpdate Plan項目が更新日から1年後の日付に更新されます。 更新を確認後、下記手順にて製品ライセンスのアップデート、インストールをお進めください。 バージョン・アップデート、インストール手順 最新バージョンのご利用にあたり、Wavesアカウントにて製品ライセンスのアップデート、Waves Centralにてプラグインのインストールとアクティベーションの作業が必要となります。  1. ...
    • Apogeeインターフェイスが認識されない、Maestro 2やApogee Controlに表示されない

      Symphony Desktop、Symphony mk2、Duet (USB)、One、Quartet、Ensemble、Elementにおいて、製品ソフトウェアをインストール後もMaestro 2 / Apogee Controlソフトウェアでユニットが認識されない場合があります。 これはmacOS 10.13 High Sierraで導入された新しいサードパーティ製ドライバをインストールする前にユーザーの承認が必要な新しいセキュリティ機能によるものです。10.14 Mojave, ...