Windows / VSTプラグインのインストール場所について

Windows / VSTプラグインのインストール場所について


Windows環境ではお使いのホスト・アプリケーションによってVSTプラグインのインストール場所が異なります。


● VSTのインストール場所のご注意
ご利用環境によっては、様々な場所にVSTプラグインフォルダが作成されている場合があり、ホストアプリケーションが参照している「VST Plugins」フォルダとは別のフォルダに、プラグインがインストールされてしまう場合があります。
このように別の「VST Plugins」フォルダにインストールされてしまうと、ホストアプリケーション上でプラグインが選択できない状況になります。


代表的なVST PlugInsフォルダは下記のような場所にございます。*ご利用のアプリケーションによって異なります。

VST3
C¥ProgramFiles¥CommonFiles¥VST3

VST2.4
C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥VSTPlugins
C¥ProgramFiles¥Steinberg¥Cubase¥VSTPlugins

VST3対応のホスト、プラグインとの組み合わせでは、基本的に自動的に上記場所にインストール、認識されます。特に指定する必要はございません。

VST2.4の場合
例えば、使用しているCubaseが"C¥ProgramFiles¥Steinberg¥VSTPlugins"フォルダ内を参照している場合、VSTプラグインファイルが"C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns"フォルダにインストールされると、認識されなくなってしまいます。
認識されない場合、"C¥ProgramFiles¥VSTPlugIns"など、別のフォルダ内に入っているかをご確認下さい。別フォルダ内に入っている場合、アプリケーションが参照しているVSTPluginsフォルダに、プラグインファイルを移動してお試し下さい。


● プラグインをインストールしても、ホストアプリケーション上で選べない場合
インストールする「VST Plugins」の場所を確認し、再度インストールを行って下さい。

VSTプラグインをインストールする時に、通常はVSTをインストールする場所を指定する画面が現れます。
多くの場合「VST Destination Folder」/「VST Plugins Folder」等の画面となり、自動的にインストール場所が設定されていますが、任意の場所を指定できる「Browse」ボタンも用意されています。
そこでお使いのホスト・アプリケーションの「VST」フォルダを選択してインストールを行います。

インストール方法については、各製品に添付されているインストールマニュアルをご参照下さい。


● ホスト・アプリケーションのVSTフォルダ場所
VSTのインストール場所はお使いのホスト・アプリケーションで異なります。
以下ホスト・アプリケーション別のフォルダ設定画面となりますので、インストール前にご確認下さい。

※各画像はホスト・アプリケーションのバージョン違いにより内容が異なる場合がございます。
また、任意に「VST Plugins」フォルダを変更出来るホストアプリケーションもございます。
詳細設定につきましては、ホスト・アプリケーションのマニュアルをご覧下さい。


Sonar

メニューより「ツール」/「Cakewalk Plug-in Manager」と進みます。
画面中央下の「VSTの設定」から「オプション」をクリックします。
「VSTプラグインの検索」画面に設定されているフォルダ・ロケーションが表示されます。

sonar1

sonar2

Cubase 

メニューより「ディバイス」/「プラグイン情報」と進みます。
「プラグイン情報」画面左上の「VST2xプラグインパス」をクリックするとCubaseのVST共有フォルダが確認する事が出来ます。

cubase1

cubase2

Live

メニューより「オプション」/「環境設定」と進みます。
画面左より「File Folder」をクリックして「VSTプラグインカスタムフォルダ」で確認する事が出来ます。
※「VSTプラグインカスタムフォルダ」は「ON」になっている事を確認してください。

live1


    • Related Articles

    • BFD3 最新バージョン情報・動作環境

      BFD3最新バージョンと動作環境の情報です。BFD3登録ユーザーの方は無償でアップデータをご利用いただけます。 最新バージョン3.4.4.29ではWindows 10日本語アカウントでの動作の問題、macOS Montereyで起こっていたオーサライズの問題など多数の改善、修正が行われています。 BFD3.4リリースと開発メーカー移行について 2021年4月、BFD DrumsのinMusicグループ加入に伴いBFD3 ...
    • Ivory Cantabileが起動しない Windows

      Windows環境においてIvory Cantabileスタンドアローンアプリケーションが起動しない場合、下記手順にそって動作をお試しください。 アカウント制御設定の変更 下記ページを参考にWindowsアカウント制御設定を[通知しない]へ変更します。 Windows環境で"ユーザーアカウント制御設定"とアプリケーションに"管理者権限で起動"を適用する 合わせてIvory ...
    • iZotope製品: Windows 11との互換性について

      Windows 11との互換性について Microsoft社は、最新のOSであるWindows 11をリリースしました。 現時点では、iZotope製品のWindows 11への互換性をテストしている最中であり、 追ってお知らせするまではアップデートをお勧めしません。 引き続き、この記事をチェックしてください。
    • Windows管理者アカウントを新規作成する

      製品のご利用にあたり新規アカウントでの作業が必要となる場合は、下記ページをご参考に、Windowsに新たにローカル・ユーザーアカウントを作成をお試しください。 現在のアカウントのユーザー名やフォルダ名の変更ではなく、アカウントそのものを新規に作成する必要があります。 アカウント名は半角英数字(例:mediaintegration )のみで作成し、全角文字/半角カナ/日本語は使用しないようご注意ください。 ...
    • 弊社取扱製品Windows 11対応について

      2021年10月にリリースされたWindows 11について、現在多くのメーカーから正式対応は表明されておりません。 互換性のトラブルが発生する可能性も想定されるため弊社取扱い製品をご利用の方は、正式な対応発表があるまでアップデートをお控えくださいますようお願いいたします。 また、コンピュータの自動アップデート機能の設定を確認し、自動インストールを停止にさせておくことを強くお勧めいたします。 対応状況一覧 メーカー名 Windows 11 備考 Waves V13にて正式対応 Waves動作環境 ...