Symphony I/O MkIIでサポートされる旧I/Oモジュール

Symphony I/O MkIIでサポートされる旧I/Oモジュール

下記は、Symphony I/O MkIIでサポートされている旧Symphony I/Oモジュールです。

Symphony I/O MkII発売後にリリースされたMkIIモジュールは、Symphony I/O MkIIシャーシに対応しています。

Symphony I/O MkIIでサポートされる旧I/Oモジュール


8x8 AES/OPT



8x8 AES
8x8 OPT
16x16 Analog In/Out (original)


2x6


8MicPre


Symphony I/O MkIIでサポートされない旧I/Oモジュール


16 Analog In/Digital Out


16 Digital In/Analog Out
 
 

スロットに関する注意

ThunderboltモードでSymphony I/O MkIIを使用する場合、プライマリースロットとセカンダリースロットに装着するモジュールに制限はありません。例外はMicPreモジュールをで、8x8(全バージョン)または16x16 Analog In/Out(オリジナルまたはMkII)はプライマリスロットに、MicPreモジュールはセカンダリスロットにインストールする必要があります。

ProTools HDモードのSymphony I/O MkIIでは、2x6モジュールを他のモジュールと一緒に使用する場合、必ず2x6モジュールをセカンダリースロットに装着する必要があります。

例:8x8モジュールと2x6モジュールがある場合、ProTools HDモードでSymphony I/O MkIIの装着時には、8x8モジュールをプライマリー、2x6モジュールをセカンダリースロットにインストールする必要があります。

参照元記事
    • Related Articles

    • Symphony I/O モジュールの見分け方について

      Symphony I/O mkⅡではSymphony I/Oの一部モジュールに互換性があり、Symphony I/Oで使用していたモジュールを引き継いでご利用いただくことが可能となっております。(対応するモジュールについては下記ページをご参照ください) Symphony I/O MkIIでサポートされる旧I/Oモジュール これらのうち、8x8 AES/OPTと8x8S2、16x16 Analog In/Out ...
    • Symphony I/O mkⅡ Dante + Pro Tools HD のルーティングについて

      Dante + Pro Tools HD オーディオインターフェースモード Symphony I/O mkⅡ Dante + Pro Tools HDは、"Dante+PTHD"オーディオインターフェースモードで動作することによりSymphony I/Oモジュール、Pro Tools HD、Danteネットワーク間をユニット単独でルーティングすることが可能です。 フロントパネルにあるタッチディスプレイからSymphony I/O mkⅡ をDante + Pro Tools ...
    • Symphony I/O: D-Subコネクターのピン配列について DB25 Pinout Configurations

      Symphony I/O Mk II、およびSymphony I/OモジュールのD-Subコネクター のピン配列の仕様は下記のとおりです。 アナログ入出力、インサートセンドリターン アナログ入出力、インサートセンドリターンではTASCAM配列となります。 ピン配列: Analog IN、INSERTS RETURN 1-8 (Mic Pre I/O Module) ピン配列: Analog OUT、 INSERTS SEND 1-8 (Mic Pre I/O Module) AESデジタル入出力 ...
    • Symphony I/O MkIIのプライマリスロットに2×6モジュールをインストールすると、ProTools HDで入力ルーティングが適正に認識されない

      Symphony I/O MkIIのプライマリスロットに2×6モジュールをインストールし、セカンダリスロットに他のI/OモジュールをインストールしてProTools HDモードで使用する場合、ProTools HDの入力ルーティングは適正に認識されません。 解決方法 ProTools HDモードでSymphony I/O ...
    • 2 台の Symphony I/O mkⅡ Thunderboltを接続し、マルチユニットモードで使用する際の設定について

      はじめに Symphony I/O MKII Thunderboltを2台ともPCへ接続して使用する場合、それぞれのユニットへ入力された音声をひとつの出力系統にまとめる方法に悩む場面があると思います。 もちろん出力する音声を別のミキサーへすべて送出してしまうことで解決することもできますが、Symphony I/O mkⅡとコアキシャル端子を搭載したケーブルを使用し、S/PDIF形式にて音声を共有することで解決することができます。 Symphony I/O mkⅡの内部DSPミキサーについて ...