Ivory II 音色ライブラリフォルダ(Ivory Items)の設定・移動方法

Ivory II 音色ライブラリフォルダ(Ivory Items)の設定・移動方法

Ivory IIの音色フォルダ(Ivory Items)は、指定がない場合OSシステムのドライブにインストールされます。Ivory Itemsフォルダを外付けハードディスク/SSDなどに移動することで、OSシステムディスクにかかる負担や容量を抑え、パフォーマンスの向上に繋げることが可能です。

Ivory Itemsフォルダの移動と再設定は、下記手順に沿ってお進めください。

Ivoryアップデータの適用

作業開始前にIvoryを最新バージョンにアップデートを実行します。完了後、続く手順をお進めください。


Ivory Itemsフォルダの場所を確認する

下記フォルダからIvory Library Toolを起動し、Ivory音色フォルダ(Ivory Items)のインストール先を確認します。

  1. OS X: アプリケーション/Tools/Ivory Library Tool.app
  2. Windows: C: Program Files (x86)/Synthogy/Ivory/Tools/Ivory Library Tool.exe

Ivory Itemsフォルダの確認ウィンドウが表示されます。"Ivory is currently set to look in~"以下に 表示されるファイルパスが現在のIvory Itemsフォルダの場所となりますのでご確認ください。

20180328_ivoryitems_-10-53-38


Ivory 1.x バージョンの場合

Ivory Library ToolはIvory Itemsフォルダ内にあるToolsフォルダにインストールされます。インストール先は、通常Ivoryのインストール時に指定した場所となります。下記フォルダにインストールされる場合がありますのでご確認ください。

OS X:
  1. Macintosh HD/ユーザ/ライブラリ/Preferences/Ivory Preferences/Ivory Items
  2. Macintosh HD/Ivory Items

Windows: 
  1. C:/IvoryItems/
  2. C:/Program Files/Ivory Items/
  3. C:/Program Files/Syntogy/Ivory Items/
  4. C:/Program Files/Syntogy/Ivory/Ivory Items/

Ivory Itemsフォルダを移動する (同じコンピューター内)

上記で確認したIvory Itemsフォルダを、外付けHDD/SSDなど任意の場所にコピーします。Ivory Itemsは非常に大容量のフォルダになりますので、コピー完了までには時間がかかりますので、完了までお待ちください。

Ivory Library Toolからフォルダを設定する

Ivory Library Toolを起動します。Changeボタンをクリックするとフォルダの選択画面が表示されます。移動したIvory Itemsフォルダを選択し、ChooseまたはOKをクリックします。

ウィンドウ内に表示されるディレクトリが現在のIvory Itemsフォルダの場所に更新されたことを確認し、「OK」ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

続いてIvory Library Toolウィンドウが表示されます。必要な場合はRunまたはVerifyをクリックしてライブラリの内容をチェックすることも可能です。チェック作業が必要でない場合は、「Quit」をクリックしてIvory Library Toolを終了しましょう。

Ivoryを起動し、プログラム、キーセットの読み込みをご確認ください。

以上でライブラリフォルダの移動は完了です。プログラム/キーセットの読み込みを確認後、コピー元となったIvory Itemsフォルダを削除してください。


Ivory Itemsフォルダを移動する (異なるコンピューター)

Ivory Itemsフォルダを別のコンピューターに移動・コピーする場合、はじめに上記で確認したIvory Itemsフォルダを、外付けHDD/SSDドライブにコピーし、ドライブを新しいコンピューターと接続します。内蔵ドライブで使用する場合は、Ivory Itemsをコンピューター内の任意の場所にコピーします。

完了後、下記より最新アップデータをダウンロード、インストールします。

Ivory II Mac Updates

Ivory II Windows Updates

インストール時にIvory Itemsフォルダの場所を確認するウィンドウが表示されます(画面はMacバージョン)。Changeボタンでフォルダを指定、フォルダの場所を確認後OKでインストールを続行します。



インストール完了後、Ivoryの起動とライブラリの読み込みをお試しください。


    • Related Articles

    • [Ivory v1.xのみ] Ivoryのプリセット音色が読み込めない・表示されない

      Ivoryの音色ライブラリーがインストールされている、"Ivoyr Items"フォルダを見失ってしまうと、音色が読み込めなくなってしまいます。ハードディスクのデータの移動、再インストール後などに音色が読めなくなってしまった場合は、下記手順にてIvory Itemsの再設定を行なってください。 Ivory IIシリーズは設定・移動方法が異なり、ソフトウェアと共にインストールされるIvory Library Toolにて設定を行います。下記ページよりご参照いただき、設定を行ってください。 ...
    • Spectrasonics SAGE・STEAM ライブラリフォルダの移動方法

      Spectrasonics製品のライブラリフォルダは、外付けドライブなどデフォルト以外の場所へ移動することができます。また新しいコンピューター環境へのインストール時にも、同様の設定で外付けドライブからライブラリの読み込ま設定も可能です。下記手順をお進めください。 移動先のフォルダ/ディスク名は半角英数字に設定してください。全角文字や日本語を使用すると正常に動作しない場合があります。SSDをご利用いただくことで、よりプリセットの読み込み速度を向上させることができます。 ...
    • Ivory を新しいコンピューターへ移行する

      Ivoryを新しいコンピューター・OS環境へ移行するには新しい環境で以下3つの作業が必要となります。以下手順に沿ってお進めください。 元コンピュータからのディ・オーサライズ(認証の解除) インストール アップデート オーサライズ インストール 製品の再インストールは、お持ちの製品により下記いずれかの手順でお進めいただけます。インストール完了後、続いて製品のアップデート、オーサライズを進めてください。 USBメモリ版 ダウンロード・インストーラー ...
    • Synthogy Ivory II 動作環境 最新バージョン情報

      Synthogy Ivory IIシリーズ共通の最新ソフトウェア・アップデートに関する情報です。製品ユーザーの方は無償でアップデータをご利用いただけます。 Ivory II 動作環境 Mac macOS Catalina 10.15.2, Big Sur 11, Monterey 12  (v2.6.5: macOS Mojave 10.14、 v2.5.3: Mac OS X10.8〜 macOS 10.13) CPU: 2 GHz Quad-Core 以上 RAM空き容量:1.5 GB 以上 ...
    • Ivory IIシリーズ Preferences画面のパラメーターについて

      Ivory IIシリーズのPreferences画面では、Ivory IIのバージョンの確認のほか、下記の設定が可能です。 Knob Tracking: Ivoryのノブをマウスで操作する際の振る舞いを設定します。 Radial: ノブをクリックホールドし、円を描くように操作します。 Linear: ノブをクリックホールドし、上下・左右にドラッグして操作します。 MIDI Volume: MIDIボリュームをリアルタイムに調整するMIDI CC7をオンオフします。 MIDI ...