OP-Z OS 最新アップデート情報

OP-Z OS 最新アップデート情報

OP-Z OS 新機能・アップデート情報です。最新情報はTeenage Engineringダウンロードページもご確認ください。

OP-Z OSダウンロードページ

アップデート手順については下記ページをご参照ください。

新機能・アップデート

バージョン:1.2.39

リリース日:2021.06.08

FXセンドレベルをFXトラックからエディット可能に
パターン変更時にインプットソースのパラメーターが適用されるよう修正

バージョン:1.2.38

リリース日:2021.06.03

入力信号の改善
i/oトラックからのコントロール(シフトを押しながらsourceを選択)
フィルター、LFO、パン、ボリュームに対応
USBおよびモジュールのオートオン機能
複数入力ソースの有効化
USB以外のすべての入力信号のモニタリングが可能に
   詳細はこちらをご覧ください
MIDI設定をSCREEN + TEMPOに移動
サンプラーモードUIの若干の変更 詳細はこちらをご覧ください
iPadでサンプルパックのフォルダ名が壊れていた問題を修正
リマップ時もピッチベンドを正しいMIDIチャンネルに送るよう修正
ミュートされたトラックのノブからもccを送れるよう変更
fxトラックからセンドレベルを編集可能に
パンのLFOのレンジを拡大
バックライトをステップ1、5、9、13に追加
オーディオミュートがすべてのトラックで動作
FXセンドをフルにした状態でインストゥルメントの再生を開始した際のポップノイズを修正
パラメーターがランダムに変化するバグを修正
ユニットが自動的に再起動するバグを修正
再起動を必要とするハングアップの問題を修正
CPUの最適化

バージョン:1.2.31

リリース日:2020.08.21

ドラムトラックにモノフォニックモードを追加
トラックごとにMIDIチャンネルを設定するためのショートカットを追加
ステップを押しながら音を出すときにオクターブを切り替え可能に
コードとFXトラックのランダムプリセットを改善
特定のLFOターゲットがデプスノブの極性に従わないバグを修正
スイングノブにデッドゾーンを追加し、センターポジションでもスイングしないよう修正
コンテンツモードでまれに発生する、取り込んだファイルが破損する問題を修正
アプリに接続しているときに特定のMIDI設定を無視するバグを修正
パンチインループエフェクトで、CPU負荷が顕著になるバグを修正

バージョン:1.2.28

リリース日:2020.04.23

CPUパフォーマンスの向上
新しいエンジンを自動的に空きスロットに追加・割り当て
パターン/ミキサー/テンポ/スクリーンボタンを3回押してロックが可能に
トラック+スロットの長押しでスロットから純正プラグを取り外し可能に
新規パターン作成時にデフォルトで使用するプラグを変更
工場出荷時にリセットした後、ユーザーのプラグをそのままインポートできないバグを修正

バージョン:1.2.26

リリース日:2020.03.27

完全に消耗したバッテリーの充電を改善
より長いトラックのためにマイクロタイミングの解像度を向上
すべてのFIXプラグにドライミックス設定を追加
DSPの最適化
OP-Zをパソコンに接続した後、iOSがUSB接続を拒否する問題を修正
USBオーディオの右チャンネルが24ビットではなく16ビットで出力されることがある問題を修正

バージョン:1.2.20

リリース日:2020.02.07

USBケーブルを抜き差ししないとコンテンツディスクやMIDIポートが表示されない不具合を修正(USB-Aのみ)
送信USBオーディオのL/R信号の反転を修正
エフェクトプラグを切り替えた後に、マイクの信号がノイズになるバグを修正
スパークコンポーネントのリセット設定の不具合を修正
スパークカウンターのリセットを、インスタントスイッチではなくキューパターンスイッチで行うように修正
ドローンの音が鳴っているときに、特定のボタンが動作しないバグを修正
新しいパターンに切り替えたときのアルペジオのデフォルト設定を修正
ステップベロシティの編集を改善
トラックミュートのccを変更し、値1に加え127をミュートとして扱うよう修正

バージョン:1.2.17

リリース日:2019.12.17

モジュールの安定性の向上
アプリのファイル転送の改善
指数LFOデプスノブ
コードトラックに6音ポリを使用するためのオプション「generous_chords」を追加
電池残量警告の誤作動を修正

バージョン:1.2.14

リリース日:2019.11.15

サンプルのプリロードを改善し、パターン切り替え時に最初の音を見逃す可能性を低減
プログラムの変更があった場合、次のステップまで待たずにすぐにパターンを切り替え可能に
Trigドリブンのトラックがステップを終了するのではなく、ステップに入ったときに再生するように変更
シーケンサーのトリガーが同じ音で重なっている場合、切り捨てるように変更
特定のパターンでアプリに接続するとクラッシュする問題を修正
サンプルモードで再生ボタンを押すとピッチが変化するバグを修正
fx2でのトリガーがテープトラックに影響するバグを修正
最後の6つのLFOシェイプのLEDの色を修正

バージョン:1.2.12

リリース日:2019.11.05

LFOのデザインが変更され、新しいシェイプ、テンポシンク、アクセレロメーターが追加
エフェクトトラックにLFOを追加
マスタートラックにノートスタイルオプションを追加 (latch, free)
バッテリー残量表示を追加
アルペジオを無効にする設定を追加
エンベロープのリリース時間を短くすると、よりソフトなポップ感が得られるよう変更
最初の8つ以外のトラックで音を消す(TRACK+STOP)とクラッシュする問題を修正
USBオーディオのL/R信号の反転を修正
テープトラックのポップノイズを修正
ポリフォニーのノートスチームで、間違ったノートを選択することがあるバグを修正
アプリに接続したままプロジェクトを切り替えたときに、MIDI出力を停止しないように修正
UIグループのCCメッセージを処理する際、「channel_one_to_active」の設定を無視するよう変更

バージョン:1.2.8

リリース日:2019.09.06

ファイルが消えたり破損したりするバグを修正
スプリッターアダプタからのマイク信号を検出可能に
新しい入力選択機能(ベータ版)を追加
オーディオインターフェイスのモニターモードを追加 
着信プログラムの変更処理の不具合を修正
 次/前のパターンへの変更/切り替えのためのccを追加
usbオーディオがアクティブな時にマイクモードを動作可能に
すべてのトラックでオクターブシフトが可能
ドローンの音がレガートで正しく動作するように修正

バージョン:1.2.5

リリース日:2019.07.01

新しいサンプリングモード
2チャンネルオーディオインターフェース機能
OP-1サンプルフォーマットのフルサポート(ピッチ、ゲイン、プレイモード、リバース)
安定性の向上
ドラムトラックへの生のサンプルの読み込みに対応
fx送信前にトラックのゲインを適用
空のステップをコピーできないよう変更
アルペジオトラックのTRACK + PLAYでアルペジオをリスタート
トラックがミュートされている場合、ゲートステップコンポーネントをトリガーしないよう変更
ヘッドセットの入力をSCREEN + SHIFTで切り替え
MIDIアウトが無効でも、Clockアウトが有効であれば送信するよう変更
パターンチェンジでプロジェクトを切り替える際、クロックシンクが失われないよう変更
壊れたパラメータスパークのランダム設定を修正
プロジェクト1で強制保存が機能しない問題を修正
インピーダンスによってヘッドフォンのゲインレベルが反転する問題を修正

ご注意ください:
このファームウェアでは、OP-1サンプルフォーマットのゲイン、再生方向、再生モードの設定をサポートしています。古いファームウェアでは、これらの設定は無視されていました。
最も可能性の高い原因はプレイモードの設定です。OP-1のデフォルトはGATEですが、OP-ZではすべてRETRIGとして扱われていました。各サンプルのプレイモード設定をRETRIGに調整すると、以前のようなサウンドになります。
ゲインの設定によってトラックのレベルが変わってしまう場合は、トラックのボリュームを調整するか、サンプルごとのゲイン値を調整してください。

バージョン:1.1.27

リリース日:2019.04.05

電源供給式のUSBハブ使用した際の2台のMIDIデバイスをサポート
いくつかのUSBデバイスとの互換性を改善
USBのMIDIスループットを改善(音切れリスクを低減)
シンセトラックへのメタデータのないWAVおよびAIFファイルの読み込みに対応
特定のパターンが有効な状態でアプリに接続するとクラッシュする問題を修正
特定のサンプルにおけるシンセサイザーのノイズバグを修正
サンプルをインポートする際に、より分かりやすいエラーメッセージを表示
シフトReleaseノートを使ってノートをラッチするgeneral.json設定を追加 (latch_notes_with_shift)
FX Aの自動付加を無効にするgeneral.json設定を追加(temp_param_add_fx_a)

バージョン:1.1.23

リリース日:2019.02.22

外部コントローラーによるステッププログラミングに対応
アルペジエータートラックがベロシティに対応
ステップ長の設定を9倍から16倍に変更
ドラムトラックにフルオクターブレンジを追加
入力されたMIDIのスタート/コンティニュー/ストップを他のポートに渡す機能を追加
安定性の向上
コピーステップがすべてのトラックで動作可能に
テープのボリュームとリバーブのパラメータ2のデフォルトを変更
シンセ・サンプラーのリサンプリングでノイズが出るのを修正
オーディオがミュートされていても、fx1/fx2にオーディオ出力を継続するよう修正)
MIDIのコンティニュアス(cc)動作を改善(OP-1での動作を改善)
ステップの長さに応じて最大録音音の長さを変更
ソロミュート時にパターンの位置を表示するよう変更(パターンと同じ)
シフトを解除した後、パラメータを適切にリセットするよう変更(一時的Tweakモード)
"Enable_program_change "の設定が再起動時にも保存可能に
ミュート時にトリガートリガーのトラックを再生しないよう変更
ゲートトリガーステップコンポーネントでステップを終了ではなくステップに入るときにトリガをかけるよう変更
ノートをリリースする前にシフトを押すと、リンクされたトラックのノートがハングアップする問題を修正
ノートをリリースする前にシフトを離すと、ノート内のパンチがハングアップする問題を修正
トラック・クリア・ワイプ・アニメーションを削除

バージョン:1.1.17

リリース日:2018.12.07

SCREEN+E2でUSB充電を無効にするオプションを追加 (グランドノイズの除去)
ヘッドホン/ラインジャックの検出を改善(ステレオケーブルでモノラルになる問題を解消
トラック切り替え時にパラメータページを保持するオプションを追加(general.jsonに "disable_param_page_reset "を設定)
STEP+STOPによるステップのパラメータロックの解除
パラメータの一時的な変更(シフトのホールド)をすべてのトラックで可能に
ボリュームノブの補間をよりスムーズになるよう修正
TRACK+STOPの二度押しで、アクティブなトラックのノートをハードウェアから停止可能に
USBの状態に応じてバッテリーのアニメーションが変化
細かいバグ修正

バージョン:1.1.12

リリース日:2018.11.13

CPU消費量を削減し、バッテリー駆動時間を5-10%改善
不具合の修正 
接続されているUSBデバイスの取り外し時にハングアップする問題を修正
起動時にmidi identity requestを受信するとクラッシュする問題を修正
USBデバイスの接続時にシーケンサーが停止する問題を修正
コンフィギュレーターでダウンロードしたサンプルにポップが発生する問題を修正
スロット10にインポートしたサンプルパックが再起動後に失われる問題を修正
プログラムチェンジの送信時に "alt_program_change "の設定が反転する問題を修正
MIDI設定でMIDI出力を無効にすると、アプリとシンセの接続が切れる問題を修正
ステップ録音する際、シーケンサーが最後のステップから始まる問題を修正

    • Related Articles

    • OP-1 OS 最新アップデート情報

      Teenage Engineering OP-1 OS 最新アップデート情報です。 新機能とアップデート OS #235 2019.2  Shift + 停止ボタンでテープ・グリッドを細分してエディット可能に 外部同期時、シーケンサーがビートと同期して再生開始するよう改善 修正:外部MIDI情報でパターンシーケンサーをトリガーしたときに正しく再生されない問題 修正:サンプルパッチを含むシンセをスロットに置いた際、条件によって適正に動作しない問題 ...
    • BioTek 2 最新アップデート情報 リリースノート

      BioTek 2 最新アップデート情報です。BioTek 2ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 BioTek 2 リリースノート 2.2.0 05/27/21 リリース 2.1.12 05/4/21 リリース 2.1.11 04/29/21リリース 2.1.7 05/3/20リリース - ...
    • Waverazor 最新アップデート情報 リリースノート

      Waverazor 最新アップデート情報です。Waverazorユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 Waverazorリリースノート 2.6.0 05/4/21リリース - 新機能: macOSでのApple Silicon / Intelサポート(ユニバーサル・バイナリ - 新機能: Phase ...
    • ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums 最新アップデート情報

      ROLI Studio Player、ROLI Studio Drumsの最新アップデート情報です。 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0がリリースされました。両アプリケーションともARMベースのM1 Macをネイティブ・サポート、さらにROLI Studio PlayerはEquator2エンジンを統合、完全にサポートしました。 ...
    • Waves eMotion LV1 最新アップデート情報

      eMotion LV1最新アップデート情報です。 WUP適用期間内のLV1ユーザー様は無償にてアップデートいただけます。 アップデート:eMotion LV1 v12.8.0.320 New:SoundGrid Network Routing viewがSetupページに追加されました。 New:Display Auto-Scaling」モードを追加し、高解像度画面への対応を強化しました。 改善:アプリケーション全体でフォントを更新 改善:ミュートグループ」と「ユーザーキー」のレイアウトを改善 ...