Waverazor 最新アップデート情報 リリースノート

Waverazor 最新アップデート情報 リリースノート

Waverazor 最新アップデート情報です。Waverazorユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。


アップデート方法

TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。

Waverazorリリースノート

2.6.0
05/4/21リリース

- 新機能: macOSでのApple Silicon / Intelサポート(ユニバーサル・バイナリ
- 新機能: Phase Filter
- 新機能: Phaser EFX
- 新機能: 新規ファクトリーパッチの追加
- 更新: macOSの32ビットサポートをやめました。
- 更新: コーラスのMOD LFOを拡張しました。
- 更新: フランジャーのMOD LFOが拡張されました。
- 更新: 標準フォントがより綺麗になりました。
- 修正: 複数のウィンドウを開いたときの小さな描画エラー


2.5.3
11/26/20リリース

- 新機能: ファクトリーパッチ
- 新機能: オーディオ入力パッチ(テンプレート)
- 更新: ユーザーマニュアル
- 更新: RingMathの数学モードの追加
- 修正: Windows インストーラーのVST3 32/64の選択が逆になっていました。


2.5.0
08/22/20 リリース

- 新機能: macOS/WIN用のスタンドアロンアプリ
- 新エフェクト リバーブ
- 新機能: Delay2 デュアルステレオディレイ
- 新エフェクト TapLine8X
- 新フィルター CombLPF
- 新フィルター All Pass
- 新規フィルター TapLine8X
新機能: Filter Block用ABPost設定
- 新モジュレータ Step Generator
新モジュレータ Random
- 新機能: LFO One Shotモード
- 新機能: エンベロープのループモード
- 新機能: エンベロープのステージロック
- 新機能: ボイスオーバーラップコントロール
- 新機能: すべてのモジュレータにS&H機能を追加
- 新機能:ノートオンのモジュレーションソース
- 新機能:グローバルモジュレータがキートラックとトリガーに対応
- 新機能:ゲインフィルターにクリップ/フォールド/パンモードを追加
- 新機能: Mod Route モディファイア
- 新機能: メインミキサーにリミッターを追加
- 新機能: オリジナルディレイEFXのシンク/スプレッド機能
- 修正: コーラス/ディレイエフェクトの不連続性を解消
- 修正メインバスのフィードバック機能の改善
- 修正モノパッチでノートが止まる問題を修正
- 修正: エディター ブロックがバイパスされている場合の表示を改善
- 修正: Linux ビルドが libcurl4 を使用するように更新された
- 修正:  macOS インストーラのパッケージを更新
- 修正:  macOS インストーラーのダークモードボタンの表示を修正
- 修正: AAX iLokライブラリを更新
- 修正: エンベロープを高速に設定した際の反応を改善
- 修正: DAWからの読み込み時にBPMが正しくない問題を修正
- 修正: DAWからの読み込み時にExtern Syncが設定されない問題を修正
- 修正: DAWからの読み込み時にアルペジエーターが設定されない問題を修正
- 修正: マトリックスのデスティネーションがマトリックスに表示されない問題を修正
- 修正: エディターのCTLSページがきれいになる
- 修正: エディターのスコープが選択できない
- 修正: エディタでマトリックスの目的地をタッチすると、一部のパラメータがリセットされることがある問題を修正
- 修正: DC Blocker - Output Boostでクラッシュする
-修正: LFO/StepGen/RandomのClockDivとFreqのパラメータが紛らわしい
- ユーザーマニュアルの更新
- その他、多数のバグフィックスと改善


2.1.6
01/10/20 リリース

- Linuxビルドが利用可能に
- 特定のパッチでコーラスのディレイタイムがおかしくなる問題を修正
- プリセットパッチをさらに改良


2.1.4
12/6/19 リリース

- 一部のプラグインインスタンスがパッチの読み込みに失敗する問題を修正
- エディターで特定のパッチを扱う際のUIクラッシュを修正
- プリセットパッチを改良し、レベルを一定に


2.1.3
11/28/19リリース

- 新しいM.HoffmannとPeterHのパッチバンク
- 新フィルター Diode Ladder, SK-35, One Pole VA
- 新フィルター WaveFolder, RingMath, Saturator
- CombとMasterのフィードバックディレイラインを滑らかに
- 32ビットのWindowsでのインストールの問題を修正
- メニューを選択してもフィルターの種類が変わらないことがあるバグを修正


2.0.9
11/20/18リリース

- データベースの起動コードをシリアル化し、同時起動に対応

v2.0.8
- パッチデータベースの起動速度の最適化

v2.0.7
- 組み込み用データベースインターフェイスライブラリの更新


2.0.6
11/10/18 リリース

- WindowsインストーラーのVST3 32/64bitの選択が逆になっていたのを修正
- プラグインのウィンドウサイズが環境設定に保存されるよう更新
- プラグインのスキャンを改善するために、いくつかの起動コードを変更


2.0.5
11/5/18 リリース

- 登録時のクラッシュとデータの問題を修正
レガートノートのノート/ボイスがUI上で止まってしまう問題を修正
- Waverazor LE モードがオフラインアンロックでは機能しない問題を修正
- 登録状況がBitwig / Abletonでは保存されない問題を修正
- UIキーボードで、演奏/保持している音符の影の詳細が表示されるよう修正
- WaverazorFXがデフォルトでインストールされないよう変更

v2.0.4
- WindowsでEditor Mods/Matrixリストでクラッシュする問題を修正
- 登録ダイアログボックスのスプリアス問題を修正
- コーラス/フランジャーをEFXバンクで使用した際の不具合を修正
- EFX バンクでフィルターブロック/バンクを使用する際の問題を修正
- EFX バンクのルーティングがシグナルダイアグラムと一致しない問題を修正
- フィルタースプリットのルーティングの問題を修正
- 登録ダイアログに「オンライン登録」ボタン/リンクを追加
- クリンゴン語モードの細かい修正
- その他の細かいバグフィックスと機能強化


2.0.3
10/30/18リリース

- Richard Devine パッチバンク
- UIのサイズ変更が可能に
- INIT プリセットで Mod Wheelがルーティングされない問題を修正
- いくつかの細かいバグフィックスと機能強化


2.0.2
07/1/18 リリース

- 登録オプションに「オフラインアンロック」を追加
- エディターマニュアルとクイックスタートガイドの更新
- プリセットパッチの更新と新規追加
- エディターUIのマイナーな機能強化


2.0.1
04/3/18リリース

- ユーザーマニュアルを追加
- クイックスタートガイドにArp Sync Modeの説明を追加
- WindowsインストーラーがVSTのパス検出で32/64反転に対応

バージョン2.0.0 -
03/27/18 リリース

- 完全なエディター機能を実装
- Babel On 5に未割り当てのマクロがあった問題を修正
- バーチャルキーボードのキーが動かない問題を修正
- VST2とAAXで インストルメントとエフェクトのI/Oオプションが多すぎる問題を修正
- VST3はInstrumentFXを報告し、シンセをエフェクトとしてロードできるよう修正
- フィルタースプリット/ブロック/バンクとEFXスプリット/バンクにフィルタータイプを追加
- モジュレーターでミュートボタンが動作しない問題を修正
- Voice ModeのDirect/Releaseの動作を改善
- 新しいポリ/モノのリリースモードでボイスが動かない問題を修正
- 登録されていないUIキーボードのノートが動かない問題を修正
- Mod Routeを削除すると、目的地に最新のMod値が残ることがある問題を修正
- アンプ・エンベロープが追加されたとき、アウトプット・コラムのVampタブが自動的に更新されない問題を修正
- マトリックスルートの影響を受けるマトリックスルートがOutput Column Matrixタブに表示されない問題を修正
- MODルートでMODソースを調べるときにクラッシュする問題を修正
- フィルターとMODルートをソートするときにクラッシュする問題を修正
- すべてのMod DestinationsがMatrix Menuに表示されない問題を修正
- Bit OffenのUIの微調整
- モデュレーションデスティネーションの極性を反転させるモードを追加
- その他、様々な機能とバグフィックス

1.0.4
01/12/18 リリース

- Linux VSTに対応
- 各セグメントのWave選択でオーディオ入力が可能に
- すべてのプラグインフォーマット (Synth category) でオーディオ入力が有効に 
- WaverazorFXプラグインを新たに追加
シンセサイザーのプラグインをエフェクトスロットにロードすることができないDAWのための回避策として、Effectカテゴリーのプラグインとしてロードすることができます。
- オーディオ入力レベル、オーディオ出力レベル、アルペジエーターのオン/オフのオートメーションに対応
- いくつかのマイナーなバグフィックス
- Yasuo Matsunaka氏による日本語翻訳のアップデート
- Hieroglyphicテーマを追加
- タイ語とタミル語のベータ言語が追加
- すべてのテーマをより良いシャープな発色になるよう再調整。いくつかの新しいテーマが追加されました。


1.0.3
10/12/17リリース

- AAXがmacOS、Windowsに対応
- VST3がmacOS、Windowsに対応
- Mac OS X 10.8以上に対応(以前は10.9以上)
- ファクトリープリセットの追加と既存のFactor Presetsの修正
- Windowsインストーラーが適切に署名され、Windowsを安全にインストールできるように修正
- セルビア語とアフリカーンス語のサポート追加(Bernardo Ostojic氏提供)
- オランダ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の翻訳更新(Bernardo Ostojic氏提供)


1.0.2
05/12/17 リリース

OS X AudioUnit/VSTプラグインのユニバーサル・バイナリ化 (64-bitに加えて32-bitにも対応)
OS Xで動作するDAWの一部でWaverazorが認識されない問題を修正
Mono/Stereoが一部のDAWで正しく動作、ロードしない問題を修正
一部のプリセットでMacroコントロールの一部が機能しない問題を修正
一部のDAWでUIコントロールを動かした際のオートメーションの問題を修正
Cubase、Bigwigで保存したプロジェクトをロードした際、コントロールのエディット状態が正しくレストアされるよう改善
DAWプロジェクトがロードされた際、ファクトリー・プリセットの選択がリコールされるよう改善
SusPedal、ModWheel、Macrosからのコントロールを改善するよう、多数のプリセットのアップデートまたは修正
最大値のStepFracとMutantAMを組み合わせた際にCPU使用率のスパイクが発生する問題の修正
プリセットで FX Bypass / Levelが機能しない問題を修正
ホストからのオール・ノート・オフ・メッセージに関連して、ホストのアルペジエイター機能でノートがスタックする場合がある問題を解決
購入と再登録の後でもデモ・モードにスタックする場合がある問題を解決
デモの残り時間を日/時/分で正しく表示
未登録が明確になるよう、登録前はサウンドが出ない仕様に変更 (購入または登録後のデモ・モードで使用可能)
英語のクイックスタートガイドに加えて、日本語版のクイックスタートガイドもヘルプ・メニューから利用可能
クイックスタートガイドへ、デモモードや修正点/アップデートの情報を追加
ロシア語アップデート (Dmitry Larionov提供)
 

    • Related Articles

    • BioTek 2 最新アップデート情報 リリースノート

      BioTek 2 最新アップデート情報です。BioTek 2ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 BioTek 2 リリースノート 2.2.0 05/27/21 リリース 2.1.12 05/4/21 リリース 2.1.11 04/29/21リリース 2.1.7 05/3/20リリース - ...
    • Waveform 11 最新アップデート情報 リリースノート

      Waveform 11 最新アップデート情報です。Waveform 11ユーザーの方は無償にてアップデートをご利用いただけます。 アップデート方法 TracktionのホームページのMy Accountよりログインし、"My Downloadable Products"のメニューよりダウンロードが行えます。 Waveform 11 リリースノート 11.5.17 リリース日: 07/15/21 - UI: ...
    • ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums 最新アップデート情報

      ROLI Studio Player、ROLI Studio Drumsの最新アップデート情報です。 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0がリリースされました。両アプリケーションともARMベースのM1 Macをネイティブ・サポート、さらにROLI Studio PlayerはEquator2エンジンを統合、完全にサポートしました。 ...
    • Sonnox v3 最新アップデート情報

      Sonnoxよりv3プラグイン最新アップデート情報となります。5ライセンスをお持ちのユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。SoundGridライセンスは有償の追加オプション・ライセンスとなります。 Sonnox v3対応プラグイン G5ライセンスで動作する下記製品がSonnox v3に対応しております。 Oxford EQ Oxford Dynamics  Oxford Reverb Oxford Limiter Oxford Transmod Oxford Inflator ...
    • Sonarworks SoundID Reference 最新アップデート情報

      Sonarworks  SoundID Reference最新アップデート情報です。SoundID Referenceライセンスをお持ちのユーザーの方は無償にてアップデート可能です。 動作環境 Mac: macOS 10.12-11 (Intel のみ) Windsows: Windows 8-10 (64 bitのみ) メモリ: 2GB 以上 ディスプレイ解像度: 1024x798 以上  インターネット接続(インストールおよびアクティベーション時) ...