Waves: Studio One 設定手順 プラグインが表示されない

Waves: Studio One 設定手順 プラグインが表示されない

Studio Oneでは、製品の登録・インストール・アクティベーション後、下記手順でプラグインの読み込み設定をお進めください。

アクティベーションを確認する

下記よりWaves Centralを起動します。

Windows: デスクトップまたはスタートメニュー > すべてのプログラム> Waves > Waves Central
Mac: アプリケーション > Waves Central

Licensesアイコンをクリックし、Connected Devices以下に表示されるデバイスのいずれかに、お持ちの製品ライセンスとバージョンが表示されることを確認します。

ライセンスが表示されない場合は、My License Cloudよりアクティベーションを実行してください。

インストールを確認する

下記Plug-Insフォルダにプラグイン本体ファイル=製品名.bundleがインストールされていることをご確認ください。プラグインの認識に影響するため、フォルダ内のファイルは他の場所に移動、コピーを行わないようご注意ください。

例) Reel ADTの場合、Reel ADT.bundle

Windows: C:\Program Files (x86)\Waves\Plug-Ins V [バージョン番号]
Mac: Macintosh HD > Applications > Waves > Plug-Ins V [バージョン番号]

もしご利用のプラグインファイルがフォルダ内に見受けられない場合は、Waves Centralより再度製品のインストールを行なってください。

Studio One プラグイン設定とスキャン

上記を確認後もプラグインが表示されない場合は、下記の設定をご確認ください。

Studio Oneを起動します(右クリック>管理者として起動を選択)

Studio Oneのメニューから > オプション (PC) / 環境設定 (Mac) > ロケーション > VST プラグイン を開きます。下記フォルダがアサインされていることをご確認ください。

  1. Windows 64bit: C:\Program Files\Common Files\VST3
  2. Windows 32bit: C:\Program Files (x86)\Common Files\VST3
  1. Mac: Macintosh HD > ライブラリ > Audio > Plug-Ins > VST3

起動時にスキャンにチェックを入れ、ブラックリストをリセットをクリックします。

適用>OKをクリックして設定ウィンドウを閉じます。
Studio Oneを再起動してプラグインのスキャンを実行してください。



Studio One 4.5以降では、プラグインマネージャーで開発元ごとに読み込まれたプラグイン、フォーマット、ブラックリスト内のプラグインを確認できます。「プラグインの更新ボタン」にてプラグイン・スキャンを手動で実行することも可能です。上記手順と合わせてプラグインの読み込みをご確認ください。




    • Related Articles

    • Waves:FL Studio プラグイン設定手順

      FL Studioでは、製品の登録・インストール・アクティベーション後、下記手順でプラグインの読み込み設定をお進めください。 Waves アカウント作成・製品登録 Waves インストールとアクティベーション アクティベーションを確認する 下記よりWaves Centralを起動します。 Windows: デスクトップまたはスタートメニュー > すべてのプログラム> Waves > Waves Central Mac: アプリケーション > Waves Central ...
    • Waves:GarageBand プラグイン設定手順

      Waves:GarageBandでは、製品の登録・インストール・アクティベーション後、下記手順でプラグインの読み込み設定をお進めください。 Waves アカウント作成・製品登録 Waves インストールとアクティベーション アクティベーションを確認する 下記よりWaves Centralを起動します。 Mac: アプリケーション > Waves Central Licensesアイコンをクリックし、Connected ...
    • Logicでプラグインが表示されない プラグイン設定キャッシュのリセット

      プラグインファイルが適正にインストールされているにも関わらず、Logicのプラグインマネージャーに表示されない場合は、Logicのプラグイン設定ファイルの再作成=完全なプラグイン再スキャンをお試しください。Logicでのプラグインの再スキャンは時間を要する場合がありますのでご注意ください。 Logicプラグイン設定キャッシュとスキャン 下記フォルダ内にある以下のファイルをデスクトップに移動します。 Macintosh HD(Apple ...
    • SG Connect:オーディオ・インターフェイスとSoundGrid Serverの組み合わせによる 設定手順

      このページでは、一般的な非SoundGridオーディオインターフェースとSoundGridサーバーを組み合わせ、StudioRackにて外部プロセッサによるプラグイン処理の手順をご案内いたします。 SoundGridサーバーを追加するだけで、コンピュータ本体のCPU負荷を大幅に軽減できます。 ...
    • OVoxを使ってボーカルをMIDIに変換する : Studio One

      Studio Oneで、Waves OVox ボーカルシンセサイザー/ボコーダーを使って、ボーカル・パフォーマンス/レコーディングをMIDIノートに変換するための設定方法です。 1. オーディオトラックを作成し、ボーカルをインポートまたはレコーディングします。
 2. OVoxをプラグインリストからオーディオトラックにインサートします。
 3. OVoxからSynth Settingsを開き、MIDI OUTをクリックして有効にします。
 4. ...