Duet 3、Symphony Desktopでのループバック設定方法

Duet 3、Symphony Desktopでのループバック設定方法

Duet 3おおよびSymphony Desktopではループバック機能を搭載しております。

DAWなどアプリケーションからのオーディオ出力と、マイクなどの入力信号をミックスし、再度アプリケーションにミックスした信号を送ることが可能です。

コンソールソフトウェアであるApogee Control2を起動し、下記図のAssing to SW Inputsの設定から、Software Inputsに設定してください。
この方法にてInput、Playback(アプリケーション出力信号)のミックスされた信号が、アプリケーションのインプットに送られます。


    • Related Articles

    • Apogee Control 2 アップデート情報(Symphony Desktop、Duet 3、レガシーUSBインターフェイス)

      最新アップデート 2022.5 Duet 3専用アップデータとしてApogee Control 2 + Duet 3 Firmware update May, 2022(バージョン 1.20.76)がリリースされました。 このバージョンでは、下記内容のアップデートが適用されます。 Duet 3のファームウェアが1.0.41へ更新されました。これにより、macOSおよびWindows環境での安定性の向上が見込まれます。 Windows用の最新Thesyconドライバーは、"セーフモード ...
    • Duet 3のiPad OSおよびiOSデバイス対応について

      2022.4更新 Duet 3用のiPad OS/iOSデバイス・コントロールアプリApogee Control 2 がリリースされました。 外出先でiPad Pro、iPad*、iPhone*を使って、GarageBandやお気に入りの録音アプリケーションで簡単にプロジェクトを録音、ミキシングできます。Duet 3とiOSデバイスは、音楽制作、ポッドキャスト録音、または高品質なオーディオ入出力を必要とするあらゆる種類のコンテンツ制作に対応する究極のモバイルワークステーションを実現します。 ...
    • Duet 3 - Apogeeインターフェイス ハードウェア仕様比較

      ここではDuet 3と他のApogeeデバイスのハードウェアの仕様における比較表をご紹介します。   Symphony Desktop Duet 2 Duet 3 Element 88 Ensemble TB Mic Pre Gain 75dB 75dB 65dB 75dB 75dB AD THD + Noise -114dB -106dB -103dB -110dB -110dB AD Dyn range 123dB 114dB 119dB 119dB 119dB Max input ...
    • Apogee Duetをリセットする

      Duetの動作や認識に問題が発生する場合、本体をファクトリーリセットすることで問題を解消できる場合があります。 下記ムービと手順をご参考の上リセットを実行してください。 USBケーブルを本体から外します。 エンコーダーノブを押したまま、USBケーブルを指し直します。 ノブを押したまま、Apogeeロゴがメーター画面に移行するまで待ってからノブを離します。 以上でリセットは完了です。
    • Apogee Symphony Desktopをリセットする

      Apogee Symphony Desktopは下記手順にてファクトリーリセット=工場出荷時の設定に初期化することが可能です。全ての設定を工場出荷時の状態に戻したい場合や、動作・認識に問題が発生する場合に実行してください。 ファクトリーリセット手順 本体画面左上、歯車アイコンをタップ>設定画面をページ3までスワイプします。 Resetをタップすると本体が再起動し工場出荷時の設定にリセットされます。