Duet 3 - Apogeeインターフェイス ハードウェア仕様比較

Duet 3 - Apogeeインターフェイス ハードウェア仕様比較

ここではDuet 3と他のApogeeデバイスのハードウェアの仕様における比較表をご紹介します。

 Symphony DesktopDuet 2Duet 3Element 88Ensemble TB
Mic Pre Gain75dB75dB65dB75dB75dB
AD THD + Noise-114dB-106dB-103dB-110dB-110dB
AD Dyn range123dB114dB119dB119dB119dB
Max input level20dB20dB18dB20dB20dB
DA THD + Noise-114dB-113dB-110dB-114dB-114dB
DA Dyn range129dB123dB124dB123dB123dB
Max output level20dB20dB18dB20dB20dB
HP THD + Noise-111dB-110dB-109dB-107dB-109dB
HP Dyn range129dB123dB124dB117dB120dB

Dyn range = ダイナミックレンジ

HP = ヘッドフォン 

Duet 3ハードウェア仕様について

1) マイクプリアンプ65dBゲインは、ほとんどのマイクプリの要求を満たす仕様です。多くのクラシックなマイクプリの上限は60dBであり、現代の一般的なインターフェースでも多くが65dBマイクプリゲインを採用しています。

2) AD THD + Noise: ADステージにおける高周波歪みとノイズについては、可聴域におけるダイナミックレンジの向上と可聴域外にあるTHDのわずかな増加をトレードオフしています。参考までにDuet 3の-103dBのTHDは0.0007%、Duet 2の-106dBは0.0005%です。THDの差異を現実的に影響する可聴域に届かせるには約1000倍のエネルギーが必要になります。

3) ダイナミックレンジ:Duet 3のADダイナミックレンジはDuet 2より5dB向上しており、レコーディングのディテールをより鮮明に捉えることができます。この3のダイナミックレンジはプレミアム製品レンジとなるEnsembleインターフェースとほぼ同等の値となっています。さらに出力ダイナミックレンジもDuet 2およびEnsembleより広くなっています。

4) ヘッドフォンアンプ:Duet 2とDuet 3のヘッドフォンアンプのスペックは数値上はよく似ていますが、それだけですべてを語ることはできません。Duet 3はApogee独自のゼロオーム・ヘッドフォン出力設計を採用しており、最もパワーを必要とするヘッドフォンでも、優れた音質をより大きなレベルでドライブすることができます。

参照元記事

    • Related Articles

    • Apogeeインターフェイスが認識されない、Maestro 2やApogee Controlに表示されない

      Symphony Desktop、Symphony mk2、Duet (USB)、One、Quartet、Ensemble、Elementにおいて、製品ソフトウェアをインストール後もMaestro 2 / Apogee Controlソフトウェアでユニットが認識されない場合があります。 これはmacOS 10.13 High Sierraで導入された新しいサードパーティ製ドライバをインストールする前にユーザーの承認が必要な新しいセキュリティ機能によるものです。10.14 Mojave, ...
    • Apogee製品 macOS Catalina 10.15およびiOS 13対応情報

      2019年10月現在 Apogee製品のmacOS Catalina (10.15) and iOS 13対応情報公開されました。各製品の対応状況ををご参照ください。最新の情報は下記Apogeeサポートページも合わせてご参考ください。 参照元記事: macOS Catalina and iOS 13 Compatibility Info https://apogeedigital.com/home-feature-news/macos-catalina-compatibility-info ...
    • Apogee Duetをリセットする

      Duetの動作や認識に問題が発生する場合、本体をファクトリーリセットすることで問題を解消できる場合があります。 下記ムービと手順をご参考の上リセットを実行してください。 USBケーブルを本体から外します。 エンコーダーノブを押したまま、USBケーブルを指し直します。 ノブを押したまま、Apogeeロゴがメーター画面に移行するまで待ってからノブを離します。 以上でリセットは完了です。
    • Apogee Ensemble / Element Macの音声出力を再入力・録音する FX Send

      Elementシリーズを使用してMac内で再生された音声をDAWなどに入力して録音したり、配信用ソフトウェアなどに入力したい場合、Apogee Controlにて再入力用チャンネルとなるFX Sendミキサーを利用します。下記手順でFX Sendを設定してください。 システム環境設定にてMacのサウンド出力をApogeeインターフェイスに設定します。 Apogee Controlを起動し、ミキサー画面にてFX Sendミキサー(3)を左下パネル(5)で有効にします。 ...
    • 電源が投入できない(Duet、Quartet)

      Apogee Duet2,Duet for Mac iOS Ready ,Quartet の電源が投入できない場合の対処方です。 下記をご確認頂いた上で手順に沿って確認を行ってください。 https://support.minet.jp/portal/kb/articles/article-21-4-2020 機器本体より全てのケーブル類を取り外した上で読み進めてください。 1.本体にUSBケーブルと電源アダプタを接続し、Macに接続を行なってください。 ...