[WIN] SoundID ReferenceでWindowsオーディオデバイスインサート(APO)を設定する

[WIN] SoundID ReferenceでWindowsオーディオデバイスインサート(APO)を設定する

WindowsではSoundID Referenceアプリケーションで複数のドライバタイプから選択することができます。

Windowsオーディオデバイスインサート(APO)は、デフォルトのWASAPIと比べ低レイテンシーで動作が可能なため、レコーディングでSoundID Referenceを利用する場合に最適なドライバです。下記手順にて設定してください。

設定中にエラーが発生する場合は、下記ページを参照してください。

Windowsオーディオデバイスインサート(APO)の設定

1. SoundID Referenceを起動します。

2. Add new outputをクリックします。


3. Select your device type(画像のWASAPIが表示された欄)をクリックし、出力先のデバイスを選択します。

4. Select your driver typeから、ドライバータイプにWindows audio device insert (APO)を選択します。
Add outputをクリックして完了します。


5. 作成されたAPOドライバのキャリブレーションプロファイルを選択し、出力を確認してください。


参照元記事

    • Related Articles

    • SoundID Referenceで"APO can't be applied" エラー が表示される [WIN]

      SoundID ReferenceでWindowsオーディオデバイスインサート(APO)設定時に"APO can't be applied" エラー が表示される場合は、下記をご確認ください。 [WIN] SoundID ReferenceでWindowsオーディオデバイスインサート(APO)を設定する "APO can't be applied" エラーメッセージについて このエラーは、SoundID ...
    • Windows 11でSoundID Reference仮想ドライバが見つからない EQカーブが表示されない キャリブレーションがかからない

      SoundID Reference仮想ドライバが見つからない問題について 問題発生が発生するバージョン: v5.2.2および5.2.3 5.2.2.20 アップデート以降でSoundID ReferenceがWindows 11 でフルサポートされました。 ...
    • SoundID Reference オーディオドライバーの設定について Windows

      ここではSoundID ReferenceアプリケーションがWindowsで利用可能な各種のドライバーソフトウェアについて説明します。 オーディオドライバーとは? オーディオドライバーはコンピューターからの音声信号を処理して音声を出力するハードウェアに渡すためのソフトウェアコンポーネントです。SoundID Reference アプリケーションにおいて、オーディオドライバーは音声出力を補正し指定されたハードウェアデバイスのオーディオドライバーに送る役割を果たします。 SoundID ...
    • DAWでのSoundID Reference Multichannel設定方法

      ここでは、マルチチャンネル測定完了後のSoundID Reference Multichannelの設定方法についてご紹介します。現時点ではマルチチャンネルのキャリブレーションはプラグインのみ対応となり、DAW側でマルチチャンネルに対応したスピーカーセットアップを設定する必要があります。DAWごとにその方法は異なります。以下はReaper、Pro Tools、Logic Proでの手順を解説していますが、記載のないDAWについては各製品のマニュアルをご参考ください。 [macOS] Reaper ...
    • SoundID Reference 動作環境 最新アップデート情報 リリースノート

      Sonarworks  SoundID Reference最新アップデート情報です。SoundID Referenceライセンスをお持ちのユーザーの方は無償にてアップデート可能です。 動作環境 Mac: macOS 10.14-12 (Intel)、macOS 11-12 (Apple Silicon/M1, Rosettaモード) [macOS with M1] SoundID ...