SoundID Reference オーディオドライバーの設定について Windows

SoundID Reference オーディオドライバーの設定について Windows

ここではSoundID ReferenceアプリケーションがWindowsで利用可能な各種のドライバーソフトウェアについて説明します。

オーディオドライバーとは?

オーディオドライバーはコンピューターからの音声信号を処理して音声を出力するハードウェアに渡すためのソフトウェアコンポーネントです。SoundID Reference アプリケーションにおいて、オーディオドライバーは 音声出力を補正し指定されたハードウェアデバイスのオーディオドライバーに送る役割を果たします。



SoundID Referenceでドライバーを選択する

SoundID Reference アプリケーション画面左下の Add new outputをクリックすると、利用可能な出力デバイスドライバーのリストが表示されます。 SoundID Referenceは WASAPI ASIO 両方の出力デバイスをサポートしており、WSAPI/ASIOそれぞれに2種類のドライバータイプの選択肢があります。
 

WASAPI

Windowsシステムに標準搭載されているドライバ、ハードウェアが対応していれば原則としてドライバソフトウェアのインストールは不要です。Windows内蔵オーディオデバイス(ラップトップのヘッドフォン、スピーカーなど)はデフォルトでWASAPIドライバーを採用しています。

ASIO

音楽向けにより最適化されたドライバ、ほとんどのハードウェアで別途ドライバソフトウェアのインストールが必要です。多くのASIO対応デバイスはドライバー名に[ASIO]の文字列が含まれます。

多くのオーディオインターフェースはWASAPIとASIO両方のドライバーで同時に動作が可能ですが、1つに限られているインターフェースもあります。またASIO専用のオーディオインターフェースもあるため予めお持ちのインターフェイスの対応ドライバーをご確認いただくことをお勧めします。 いずれのタイプのドライバーがサポートされるかはご利用されるオーディオインターフェースによりますが、既にWindowsでインターフェイスをご利用であれば、上記ドライバーオプションのうち1つは機能するはずです。

SoundID Reference利用できるドライバーの種類

SoundID Reference アプリケーションでは、選択するデバイスの オーディオドライバー(WASAPI/ASIO )に応じて4つの異なるドライバータイプを利用可能です。

WASAPIデバイス
  1. 仮想Windowsオーディオドライバー
  2. Windowsオーディオデバイスインサート(APO)
ASIOデバイス
  1. 仮想Windowsオーディオ - ASIOドライバー
  2. 仮想ASIO - ASIOドライバー

仮想Windowsオーディオドライバー (WASAPI)

Virtual Windows audio driver
WASAPI出力デバイスで使用できます。仮想Windowsオーディオドライバーは、システム全体のキャリブレーションを行うために、システムの出力デバイスとして選択します。このドライバータイプを出力デバイスに設定すると、画像のようにWindowsの出力デバイスとして「SoundID ID Reference Virtual Audio Device」が表示されます。

コンピューターのすべてのオーディオ出力をキャプチャしキャリブレーションすることができます。SoundID Referenceはキャリブレーションされたオーディオをアプリケーションで選択されたデバイスに転送します。



ドライバータイプ 使用例 利点 注意点
Virtual Windows audio driver (WASAPI) WASAPIデバイスのデフォルト設定 システム全体のキャリブレーションが可能な安定したドライバー ASIO専用デバイスでは動作しない

APOに比べ短時間でセットアップ可能 出力レイテンシーが大きい



クロック同期問題が発生する場合がある

Windowsオーディオデバイスインサート(APO)

Windows audio device insert
WASAPI出力デバイスで使用できます。前述の仮想オーディオドライバーとは異なり、SoundID Referenceのキャリブレーションは指定された出力デバイスに直接適用されます。これにより、より低レイテンシーのオーディオ再生を実現します。

重要な注意点は、このドライバータイプを最初に選択した場合に 選択したデバイスの初期化に25秒ほど時間を要するため、再生に問題が発生する場合があります。また 出力デバイスによってはAPOドライバーと互換性がない場合もあります。互換性に問題が発生する場合は、仮想Windowsオーディオドライバーをご使用ください。

ドライバータイプ 使用例 利点 注意点
Windows audio device insert (APO) WASAPデバイスドライバー システム全体をゼロレイテンシーでキャリブレーション 対応していないドライバがある

クロック同期の問題が発生しない 他のAPOドライバと競合する場合がある


マルチストリーム可能


仮想Windowsオーディオ - ASIOドライバー

Virtual Windows audio to ASIO driver
ASIO出力デバイスで使用できます。Windowsシステム全体のオーディオ出力をキャリブレーションする仮想オーディオデバイスを生成し、ASIO出力デバイスドライバーへの橋渡しの役割を果たします。このドライバータイプを出力デバイスで選択するとコンピューターの出力デバイスとして「SoundID ID Reference Virtual Audio Device」が表示されます。
これによりコンピューターのすべてのオーディオ出力をキャプチャしキャリブレーションすることができます。SoundID Referenceはキャリブレーションされたオーディオをアプリケーションで選択されたASIOデバイスに転送します。
WASAPIに対応していないASIO専用の出力デバイスを使用する場合、Virtual Windows audio to ASIO driverはSoundID Referenceでシステムサウンドをキャリブレーションできる唯一のドライバータイプです。


ドライバータイプ 使用例 利点 注意点
Virtual Windows audio to ASIO driver ASIO専用デバイスで唯一システム全体の補正が可能 複数のASIOインスタンスを同時起動・個別に補正可能 出力ゲインをコントロールできない

デバイスボリュームの同期が不要


低レイテンシー

仮想ASIO - ASIOドライバー

Virtual ASIO to ASIO driver
ASIO出力デバイスで使用できます。このドライバータイプを出力デバイスで設定すると、SoundID Reference アプリケーションが仮想のASIOデバイスを生成します。これは システム全体のオーディオのキャリブレーションを行うものではなく、DAWの出力デバイスとして使用するドライバーとなります。

このドライバーを使用することでDAWへのオーディオ入力が可能となり、また SoundID Referenceプラグインを使用することなくオーディオ 出力に対して キャリブレーションを適用し、補正後の信号を 直接ASIOデバイスに渡すことができます。 キャリブレーションはDAW外で行われるためDAW内のオーディオには適用されません。

これにより DAWでSoundID Referenceプラグインが不要となり、 プロジェクトのオーディオをエクスポートする際にプラグインのバイパスが必要なくなります。もちろんアプリケーション側のキャリブレーションをバイパスすれば DAWで SoundID Reference プラグインを使うことも可能です。

SoundID ReferenceのバーチャルASIOデバイスを DAWの 出力デバイス設定に表示するには、DAWの再起動が必要になる場合があります。

ドライバータイプ
使用例
利点
注意点
Virtual ASIO to ASIO driver
DAWがASIO出力を使用する必要がある場合に有効
クロックの同期が不要
出力ゲインをコントロールできない

CubaseなどASIOデバイス専用のDAWに
デバイスボリュームの同期が不要








    • Related Articles

    • [WIN] SoundID ReferenceでWindowsオーディオデバイスインサート(APO)を設定する

      WindowsではSoundID Referenceアプリケーションで複数のドライバタイプから選択することができます。 SoundID Reference オーディオドライバーの設定について Windowsオーディオデバイスインサート(APO)は、デフォルトのWASAPIと比べ低レイテンシーで動作が可能なため、レコーディングでSoundID Referenceを利用する場合に最適なドライバです。下記手順にて設定してください。 設定中にエラーが発生する場合は、下記ページを参照してください。 ...
    • DAWでのSoundID Reference Multichannel設定方法

      ここでは、マルチチャンネル測定完了後のSoundID Reference Multichannelの設定方法についてご紹介します。現時点ではマルチチャンネルのキャリブレーションはプラグインのみ対応となり、DAW側でマルチチャンネルに対応したスピーカーセットアップを設定する必要があります。DAWごとにその方法は異なります。以下はReaper、Pro Tools、Logic Proでの手順を解説していますが、記載のないDAWについては各製品のマニュアルをご参考ください。 [macOS] Reaper ...
    • Sonarworks SoundID Reference アプリが起動しない場合

      SoundID Referenceライセンスをアクティベートした後、SoundID Referenceのデスクトップアプリが起動しない、またはクラッシュするという問題が発生する場合は、ご利用OSに沿って下記手順の対処方法をお試しください。 MacOS 1. Sonarworksユーザーアカウントにログインします。SoundID ...
    • Soanrworks SundID Referenceのアンインストール (Windows)

      SoundID Reference(Windows)のアンインストールは下記の手順でお進めください。 アンインストールを実行すると、スピーカーを測定した際のキャリブレーションデータも削除され、再測定が必要となりますのでご注意ください。 アンインストール手順 SoundID Referenceソフトウェアをアンインストールするには、WIndowsスタートメニューから「Windowsの設定」>「アプリ」を選択します。   リストからSoundID ...
    • Sonarworks SoundID Reference スピーカー測定手順

      SoundID Referenceスピーカー測定とキャリブレーション スピーカーの補正=キャリブレーションという概念は、特にSoundID Referenceソフトウェアを初めてお使いになる方には少しわかりにくいかもしれません。部屋の寸法や音響処理、スピーカーの配置など、スピーカーの音に影響を与えるものはたくさんあります。キャリブレーションされたサウンドを楽しむ前に、ご利用のルームおよびスピーカーの周波数特性の測定が必要となります。 SoundID ...