Apogeeインターフェイスが認識されない、Maestro 2やApogee Controlに表示されない

Apogeeインターフェイスが認識されない、Maestro 2やApogee Controlに表示されない

Symphony Desktop、Symphony mk2、Duet (USB)、One、Quartet、Ensemble、Elementにおいて、製品ソフトウェアをインストール後もMaestro 2 / Apogee Controlソフトウェアでユニットが認識されない場合があります。


これはmacOS 10.13 High Sierraで導入された新しいサードパーティ製ドライバをインストールする前にユーザーの承認が必要な新しいセキュリティ機能によるものです。10.14 Mojave, 10.15 Catalinaなど、10.13以降、同様のセキュリティ機能が影響します。

下記の手順にてセキュリティ&プライバシーの設定をご確認ください。

インストール時の機能拡張・セキュリティ設定の確認


すでにApogeeドライバソフトウェアをインストールしている場合は、インストーラ内のアンインストーラを起動し一度アンインストールします。アンインストーラのメッセージに従い、コンピューターを再起動します。アンインストーラーが起動しない場合は、下記手順で実行をお願いいたします。

Macの再起動後、Apogeeドライバをインストールします。インストール中、下記メッセージが表示される場合は、macOSのシステム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーをクリックします。



画面下に、”開発者 "Apogee"のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。”の表示と[許可]ボタンが表示される場合は、ボタンをクリックしてください。

OSバージョンによっては、「セキュリティとプライバシー」メニューの左下隅にある鍵アイコンをクリックし、パスワードを入力する必要があります。

インストール後、コンピューターを再起動します。もしインストール時に機能拡張に関するメッセージが表示されない場合は、再起動後に上記システム環境設定をご確認ください。

上記作業を完了後、Apogeeソフトウェアを起動し、インターフェイスが認識されることをご確認ください。

システム環境設定に「許可」ボタンが表示されない場合

アンインストール>再インストールを行なっても許可ボタンが表示されない場合は、以下の手順をお試しください。


1. アプリケーションフォルダ/ユーティリティ/システム情報アプリケーションを起動します。


2. システム情報のソフトウェア>"使用停止されたソフトウェア"のリストを選択します。

3. 停止されたドライバ・ソフトウェア名が表示されます。図例では、 "com.Apogee.driver.EnsembleFWOverideDriver"が名称です。

sysinfo-disabled-software-768x643-1"使用停止されたソフトウェア"のリストにcom.apogee〜が表示される場合:

1. コンピュータを再起動し、システムの起動中にコマンドキーとRキーを押したままにして、MacOSリカバリモードで起動します。
2. 言語を選択します(該当する場合)
3. MacOSユーティリティ画面で、画面上部からユーティリティメニューをプルダウンします。
4. ターミナルを選択して、リカバリモードでターミナルアプリを起動します
5. ターミナルで、このコマンドを次のように入力し、Enterキーを押します。
spctl kext-consent add 9HL766DC9Q
6. パスワードが要求されたら、コンピュータのパスワードを入力してください。通常のコマンドラインが表示されたらコンピュータを再起動します。
7. 再起動後、システム環境設定[セキュリティとプライバシー]パネルを開き、[許可]ボタンが表示されているかを確認します。(既に開いている場合は、ボタンを閉じてから再度開いてボタンを表示する必要があります)
6. 表示されない場合、コンピューターを再起動して[セキュリティとプライバシー]の[許可]ボタンをご確認ください。
7. [許可]ボタンが表示されない場合は、Apogee Maestro2またはApogeeControlソフトウェアを起動し、インターフェイスが認識されるかをご確認ください。


"使用停止されたソフトウェア"のリストにcom.apogee〜が表示されない場合:

1. アプリケーション/ユーティリティフォルダ内のターミナルを起動します。
2. 次のコマンドを入力します。
sudo touch / Library / Extensions
3. Macのパスワードを入力し、Returnキーを押します。
4. 4分間待ちます
5. システム環境設定[セキュリティとプライバシー]パネルを開き、[許可]ボタンが表示されているかを確認します。(既に開いている場合は、ボタンを閉じてから再度開いてボタンを表示する必要があります)
6. 表示されない場合、コンピューターを再起動して[セキュリティとプライバシー]の[許可]ボタンをご確認ください。
7. [許可]ボタンが表示されない場合は、Apogee Maestro2またはApogeeControlソフトウェアを起動し、インターフェイスが認識されるかをご確認ください。




警告:MacでSIP保護を無効にしないでください。
一部のWebサイトとYouTubeビデオは、機能させる方法としてこれを行う方法を示していますが、これにより、Macコンピューターとソフトウェアのセキュリティと整合性に対する重要な保護が削除されます。これは解決策ではなく、Apogeeはこれを推奨しておりません。

    • Related Articles

    • M1チップ搭載型MacへのRednet Control 2のインストール方法

      以下の手順は、Apple Silicon(M1)システムでのみ必要です。Intelチップ搭載型Macでは実行していただく必要はありません。 Rednet Control 2のアップデートにより、M1チップが搭載されたMac PCでもRed RangeのThunderboltインターフェースが利用可能となりました。 メーカーページより最新のRedNet Control 2をインストールして、ドライバーを使用できるようにしてください。 ただし、Apple ...
    • Apogee製品 macOS Catalina 10.15およびiOS 13対応情報

      2019年10月現在 Apogee製品のmacOS Catalina (10.15) and iOS 13対応情報公開されました。各製品の対応状況ををご参照ください。最新の情報は下記Apogeeサポートページも合わせてご参考ください。 参照元記事: macOS Catalina and iOS 13 Compatibility Info https://apogeedigital.com/home-feature-news/macos-catalina-compatibility-info ...
    • Apogee 製品登録・ダウンロード方法

      Apogee製品の各種ドライバは以下の手順にてダウンロードいただけます、下記手順でお進めください。 Apogeeソフトウェア製品については、製品登録はご不要です。インストーラーは下記ページ下、製品アイコンよりダウンロードページにアクセスし、ダウンロードいただけます。 Apogeeサポート ダウンロードページ https://apogeedigital.com/support ライセンスのアクティベーションはiLok License ...
    • 電源が投入できない(Symphony、Symphony MKⅡ、Ensemble、Elementシリーズ)

      Apogee Symphony,Symphony MKⅡ,Ensemble の 電源が投入できない場合の対処方です。 下記をご確認頂いた上で手順に沿って確認を行ってください。 https://support.minet.jp/portal/kb/articles/article-21-4-2020 機器本体より全てのケーブル類を取り外した上で読み進めてください。 ...
    • Apogee製品はUSB-Cポートを搭載したiPad Proに対応していますか?

      Apple iPad Pro USB-Cポート搭載モデルでは、Apogee iOS対応デバイスとの互換性に大きな変更が加えられています。 ApogeeのiOS対応製品は、AppleのMFiライセンシープログラムを通じて、過去のiPad/iPhone/iPodの全てのモデル(Lightningや30ピンコネクタを搭載したモデル)について公式に認定されています。しかしAppleは、新しいUSB-C iPad ProモデルにはMFi認証を提供していません。 ポートの変更に伴い、新しいiPad Pro ...