DiGiGrid [D]とSoundGrid Mobile Serverで配信を行う設定方法

DiGiGrid [D]とSoundGrid Mobile Serverで配信を行う設定方法


使用する機材(参考例)


DiGiGrid [D]

SoundGrid Mobile Server

・SoundGrid Studioアプリケーション

・SoundGridを構成するためのネットワーク・ハブ

・Wavesプラグイン・エフェクト

・OBS Studio

・XLR端子接続のマイクロホン


ソフトウェアのインストール


1.SoundGrid Studioのライセンスを入手

Wavesアカウントを作成し、下記ページのGET SOUNDGRID STUDIO FREEをクリックします。

https://www.waves.com/account/soundgrid-studio-free


2..SoundGrid Studioおよび各種ドライバーのインストール

(1)下記ページから最新のWaves Centralをダウンロード、インストールを行います。

https://www.waves.com/downloads/central

(2)Waves Centralを起動し、下記項目をインストールします。

・DiGiGrid D Driver

・SoundGrid Studio + eMotion ST 8 ch. Mixer

・お持ちのWavesプラグイン


*PCの再起動を求められるので、再起動を行います。


3.OBS Studioをインストールします(OBS Studioは弊社取り扱い製品ではありません)

(1)ダウンロードページhttps://obsproject.com/ja/download%E3%81%8B%E3%82%89OBS Studioのインストーラーをダウンロードします。

(2)ダウンロード後、インストーラーを開きインストールを行います。



セットアップ

1.機材を繋ぐ

DiGiGrid [D]、SoundGrid Mobile Server、配信を行うマシンをネットワーク・ハブを使用してEthernetケーブルで接続します。


2.SoundGrid Studioアプリケーションの設定

1)SoundGrid Studioアプリケーションを起動し、SETUPタブのAUTO CONFIG 「START」をクリックします。


*I/O DEVICES 1にDiGiGrid [D]、SG DRIVER1に使用中のマシン、SERVERにSGS(SoundGrid Mobile Server)を認識させます。


(2)音を認識できるようにする(パッチの設定)

SoundGrid StudioのPATCHを開き、INPUT A、OUTPUT Mix Busses、INTERNALを下記画像の通りに設定します。


* INPUT A


*OUTPUT Mix Busses



*INTERNAL


*マシンのオーディオアウトプット設定をSoundGridに変更します。




3.音が出るようにする設定

(1)SoundGrid StudioのMIXERを開き、画面左側のROUTEをクリックします。

        (2)オーディオ・インターフェース/配信の音声に出力したいチャンネルのMAINをクリックします。




4.音量を調整する

パソコンから音楽や、動画を再生し、チャンネル1に音声が認識していることを確認します。

DiGiGrid [D]のとマイクを接続し、マイクの入力レベルを調整し、音割れがしない音量に調整し、チャンネル2に音声が認識していることを確認しあmす。


画面下部のフェーダー(音量調整を行うつまみ)を上下に動かし、お気に入りの音量バランスに調整します。



5.音声にエフェクトを使用する

1)SoundGrid StudioのMIXERを開き、画面左側のRACKをクリックします。

2)エフェクトを使用したい音源にエフェクトを選択していきます。

*エフェクトは1つの音声につき最大8つまで使用することができます。




上級者向けエフェクトテクニック

1.AUXチャンネルを使用してエフェクトを使用する方法

SoundGrid StudioのMIXERを開き、画面左側のSENDSをクリックします。

AUXヘ送りたい音源をONにすることでAUXトラックへ音声を送ることが可能になります。

AUX選択画面をクリックすることで、インプット、プリフェーダー、ポストフェーダー、ポストパンフェーダーを選択できます。





OBSの設定

音声デバイス設定を開き、Waves SoudGridを選択します。




    • Related Articles

    • DigiGridインターフェイスのD-Subコネクター仕様について

      DigiGridインターフェイスのD-Subコネクターは、Avidハードウェアと共通となり、アナログ、デジタルいずれもTASCAM配列となります。ネジのピッチもインチとなります。 IOS-XL IOS [生産完了] IOC
    • SoundGrid I/O以外のインターフェイスとSoundGrid Serverご利用方法

      ImpactServer、ServerOne、ExtremeServer、DGSなどSoundGrid ServerとSoundGrid I/O以外のオーディオインターフェイスと組み合わせてご利用いただく場合、以下の手順にて設定を行なってください。 SoundGrid Serverをご利用いただくことにより、SoundGrid対応プラグインがサーバー上のプロセッサで動作が行えます。 ご注意 ご利用のオーディオインターフェイスは44.1-96kHzのマルチクライアントに対応した、ASIO/Core ...
    • SG Connect:オーディオ・インターフェイスとSoundGrid Serverの組み合わせによる 設定手順

      このページでは、一般的な非SoundGridオーディオインターフェースとSoundGridサーバーを組み合わせ、StudioRackにて外部プロセッサによるプラグイン処理の手順をご案内いたします。 SoundGridサーバーを追加するだけで、コンピュータ本体のCPU負荷を大幅に軽減できます。 ...
    • Apogee D-subほかネジ/ナット仕様について

      Apogeeでは、Symphony I/O以降、製品のD-Subコネクターのネジ/ナット仕様はインチ(インペリアル規格)で統一されています。Apogeeではこれらのネジ/ナットの個別販売をしておりません。紛失などに際しては、以下の情報を参考に規格をご確認の上、ハードウェアストアやパーツ販売サイトなどでお求めください。 ネジ/ナット仕様はSymphony I/O、Symphony I/O Mk IIで共通となります。 Symphony I/O DB25 D-Sub インチ 六角ナット ...
    • BIAS FX 2 Mobile ライセンスとアプリ内課金について

      BIAS FX 2 Mobileでは、FREE、STANDARD、PROFESSIONAL、ELITEなどライセンスごとに異なる機能、オプションが提供されます。また、以前のバージョンやデスクトップバージョンをお持ちの方にも特別な価格でアプリ内課金が提供されます。 BIAS FX 2 Mobileのアプリ内課金は全てApple App ...