Waves:GarageBand プラグイン設定手順

Waves:GarageBand プラグイン設定手順

Waves:GarageBandでは、製品の登録・インストール・アクティベーション後、下記手順でプラグインの読み込み設定をお進めください。

アクティベーションを確認する

下記よりWaves Centralを起動します。

Mac: アプリケーション > Waves Central

Licensesアイコンをクリックし、Connected Devices以下に表示されるデバイスのいずれかに、お持ちの製品ライセンスとバージョンが表示されることを確認します。

ライセンスが表示されない場合は、My License Cloudよりアクティベーションを実行してください。

インストールを確認する

下記Plug-Insフォルダにプラグイン本体ファイル=製品名.bundleがインストールされていることをご確認ください。プラグインの認識に影響するため、フォルダ内のファイルは他の場所に移動、コピーを行わないようご注意ください。

例) Reel ADTの場合、Reel ADT.bundle

Mac: Macintosh HD > Applications > Waves > Plug-Ins V [バージョン番号]

もしご利用のプラグインファイルがフォルダ内に見受けられない場合は、Waves Centralより再度製品のインストールを行なってください。

GarageBand プラグイン設定とスキャン

上記を確認後、プラグインの読み込みをお試しください。プラグインが表示されない場合は、下記の設定をご確認ください。

下記フォルダ内にある以下のファイルをデスクトップに移動します。

Macintosh HD(Apple SSD)/ユーザ/[ユーザ名ホーム]/ライブラリ/Caches/

com.apple.audiounits.sandboxed.cache
com.apple.audiounits.cache



ホームフォルダ内のライブラリフォルダは通常不可視フォルダとなっているため、Finderの移動メニューをクリック、キーボードのOptionボタンを押したままにするとメニューにライブラリが表示されます。これをクリックしCachesフォルダにアクセスします。

Macintosh HD直下にも同名のライブラリフォルダが存在しますが、上記ホームフォルダ内のライブラリとは異なるフォルダとなりますのでご注意ください。



ファイルの移動を完了後、Macを再起動します。再起動後GarageBandを開き、プラグインの表示をご確認ください。
    • Related Articles

    • Waves:FL Studio プラグイン設定手順

      FL Studioでは、製品の登録・インストール・アクティベーション後、下記手順でプラグインの読み込み設定をお進めください。 Waves アカウント作成・製品登録 Waves インストールとアクティベーション アクティベーションを確認する 下記よりWaves Centralを起動します。 Windows: デスクトップまたはスタートメニュー > すべてのプログラム> Waves > Waves Central Mac: アプリケーション > Waves Central ...
    • Waves 動作環境

      下記動作環境はWaves製品全般に関する内容であり、製品により対応状況が異なる場合があります。対応ホストアプリケーション、および個別プラグインの特記事項を合わせてご確認ください。 本動作環境はv12.7製品を対象としています。 V12.0製品と動作環境および対応ホストアプリケーションが異なるため、事前に各項目の特記事項を参照し、ご利用環境の対応状況をご確認ください。 ...
    • Waves V12 リリースノート

      Waves V12製品の最新アップデートのリリースノートです。各製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション 2021年6月1日 Waves SoundGridのアプリケーション、ファームウェア、ドライバー全般のソフトウェアアップデート アップデート:StudioRack v12.8.0.320 New:StudioRackの入力/再生モードとREAPER v6.23.0/Bitwig v3.3 ...
    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • Waves Apple M1プロセッサとRosetta 2エミュレータ対応状況について

       1/31/2021更新 Wavesソフトウェアは、現時点で新しいApple Silicon M1プロセッサを搭載したAppleコンピュータでの動作を正式にはサポートしていません。 Wavesでは公式なサポートを提供するべく、近い将来の対応に向け取り組んでいます。開発の進行および今後の対応状況については随時情報を更新します。 現在までに判明したWaves製品の動作状況については下記の通りです。動作はすべてWaves V12製品で確認されており、V11以前のバージョンはサポートされません。 ...