音が出ない、小さい

音が出ない、小さい

対象製品[EVEAUDIOスピーカー全般]

音が出ない、小さい
1.電源が入っていることを確認してください。
背面電源スイッチがONになっていてもスリープモードになっている可能性がございます。
ロータリーノブを回すとLEDが変化するかをご確認ください。本体がスリープしている状態ではロータリーノブを1回押すとLEDが回転するように点灯し起動します。

2.オーディオインターフェイス又は、オーディオ機器のボリュームが上がっていることを確認してください。
この手順を行う際にオーディオケーブルを接続し、必ず全てのボリュームを最小音量に設定してから進行してください。
(※一定の音量まで上げないと出力されない仕様になっております。)

3.オーディオインターフェイス又は、オーディオ機器と接続しているケーブルが正しく接続されている事を確認してください。
出力元の機器に別の出力系統がございましたらそちらもお試しください。
また他のスピーカー、ヘッドフォン等がお手元にございましたら、そちらでの動作が正常かをご確認ください。
別の機器でも音が出力されないようでしたら本製品の故障でない可能性がございます。
(もしご用意できるようでしたらオーディオケーブル、電源ケーブルを別の物にご変更頂きお試しください)

4.スピーカーへ入力するケーブルの種類を変更してください。
*バランス接続(XLR)でご利用の場合にはアンバランス接続(RCA)での接続をお試しください。
上記の手順をお試しになった後症状が改善されていない場合には本体メイン基板故障の可能性がございます。
上記手順の結果を添えてお問い合わせいただけますと幸いです。

ツィーター、ウーファーから音が出ない、出力が小さい
1.オーディオインターフェイス又は、オーディオ機器のボリュームが上がっている事をご確認ください。
(コントロールノブ周辺のLEDが点灯しているか確認してください)

2.他の音源でも同様にウーファーからの出力が小さいかお試しください。

3.EQのパラメーターを全て0にしてください。
3.1 コントロールノブを長押しします。
3.2 設定したいパラメータを選択し,1回押します。
3.3 0にパラメータを設定し、もう一度コントロールノブを押します。
3.4 上記を全てのEQパラメータで行います。

4.お客様の元で可能でしたら100hz-200hzまたは1khzのサイン波を再生し、出力されている音声がどの程度小さくなっているかご確認ください。
またこの手順を行います場合には音量を最小に設定し、ゆっくりと音量を上げて確認してください。
上記の手順をお試しになった後症状が改善されていない場合には本体メイン基板故障の可能性がございます。
上記手順の結果を添えてお問い合わせいただけますと幸いです。


スコーカーから音が出ない又は割れている(SC407,408)
1.音を再生しスコーカーユニットを軽く触れ、音質に変化がないかチェックしてください。
(変化した場合はウーファーユニット故障の疑いがあります。弊社サポートまでお問い合わせください。)

2.以降は上記のツィーター、ウーファーから音が出ない、出力が小さいと同様のご確認ください。


サテライトスピーカーから音が出ない(TSシリーズ)
1.EVE Audio サブウーファー製品を接続していない状態で、サテライトスピーカーから音声が正しく出力されるか確認してください。
サテライトスピーカーのみで音声出力が可能でしたらそのまま下記手順にお進みください。
サテライトスピーカーのみでの音声出力ができない場合には音声出力可能なスピーカー、またはそれに類する機器をご用意頂きお進みください。

2.本体の電源が投入されていることを確認してください。
背面電源スイッチがONになっていてもスリープモードになっている可能性がございます。
ロータリーノブを回すとLEDが変化するかをご確認ください。本体がスリープしている状態ではロータリーノブを1回押すとLEDが回転するように点灯し起動します。

3.オーディオケーブル、電源ケーブルが正しく接続されているか確認してください。

4.System Volumeの音量が上がっていることを確認してください。
上記の手順をお試しになった後症状が改善されていない場合には本体メイン基板故障の可能性がございます。
上記手順の結果を添えてお問い合わせいただけますと幸いです。

ウーファーから音が出ない(TSシリーズ)
1.EVE Audio サブウーファー製品を接続していない状態で、サテライトスピーカーから音声が正しく出力されるか確認してください。
サテライトスピーカーのみで音声出力が可能でしたらそのまま下記手順にお進みください。
サテライトスピーカーのみでの音声出力ができない場合には音声出力可能なスピーカー、またはそれに類する機器をご用意頂きお進みください。

2.本体の電源が投入されていることを確認してください。
背面電源スイッチがONになっていてもスリープモードになっている可能性がございます。
ロータリーノブを回すとLEDが変化するかをご確認ください。本体がスリープしている状態ではロータリーノブを1回押すとLEDが回転するように点灯し起動します。

3.オーディオケーブル、電源ケーブルが正しく接続されているか確認してください。

4.Subwoofer Volumeの音量が上がっていることを確認してください。
上記の手順をお試しになった後症状が改善されていない場合には本体メイン基板故障の可能性がございます。
上記手順の結果を添えてお問い合わせいただけますと幸いです。
下記手順をお試しになる前にスピーカーに接続されているオーディオケーブルを全て外してお進めください。

お問い合わせはこちらのURLからお願いいたします。
    • Related Articles

    • FocalProfessionalスピーカー:音が出ない、小さい、歪んでいる、バランスがおかしい

      対象製品[Shapeシリーズ、Alphaシリーズ、Trio6、Trio11、Solo6、Sub6、Twin6] 音が出ない 1.電源が投入されている事をご確認ください。 ONになっていてもスリープモードになっている場合がございます。 音楽を再生して、LEDが変化するかをご確認ください。本体がスリープしている状態で音が入力されると、LEDが赤点灯から緑点灯に変わり起動します。 2.オーディオインターフェイスまたは、オーディオ機器のボリュームが上がっていることをご確認ください。 ...
    • BIASハードウェア:ノイズが出る、音が出ない

      LINE、ヘッドホン、スピーカーアウトのいずれかでノイズが発生している。 1.本体を再起動してください。 2.インプットに何も接続しない状態で、ノイズが発生しているか確認してください。(もしノイズが発生していた場合は、弊社サポートまでお問い合わせください。) 3.TSケーブル、TRSケーブルが正しく接続されている事を確認してください。 4.LINEOUT、ヘッドフォンアウト、スピーカーアウトのケーブルが正しく接続されている事を確認してください。 5.可能であれば、ケーブルの変更をお試しください。 ...
    • OP-1のヘッドフォン出力の片側からしか音が出ない

      POSyncモードが選択されている可能性がございます。下記手順によりPO Syncモードを解除してください。 1.メトロノームボタンを押します。 2.POSyncと表示されていましたら緑色ノブを回しPOsyncモードを解除します。 3.上記を試して症状が改善されない場合には本体故障の疑いがございます。 弊社サポートまでお問い合わせください。
    • macOS:BIAS Amp 2/BIAS FX 2 プラグインから音が出ない、入力できない

      macOSでは、BIAS Amp 2、BIAS FX2をプラグインにてご利用いただく際に、OSのセキュリティ設定によりDAWからの音声入力が適正に行えない場合があります。 その際は、お手数となりますが、システム環境設定>セキュリティとプライバー>プライバシータブ>マイク項目にて、BIAS Amp 2、BIAS FX2にチェックを入れ、Macを再起動後に再度DAWでの入力動作をご確認ください。
    • SWAM インストゥルメントから音が出ない・ボリュームが変わらない Warning! Expression controller not received

      Audio Modeling SWAMインストゥルメントは、エクスプレッション(Expression)に割り当てられたMIDI CCの入力が確認できない場合、下記のメッセージを表示します。 一般的なサンプルライブラリと異なり、 SWAMインストゥルメントはその表現力を発揮するためにMIDI エクスプレッション・コントローラーなしに動作することはできません。 Warning! Expression controller not received ...