BIAS FX 2 プリセットがエラーで読み込めない場合

BIAS FX 2 プリセットがエラーで読み込めない場合

BIAS FX 2でプリセットが読み込めない場合や「Error! Preset Load Failed」「File corruption detected in Documents folder」などのエラーメッセージが表示される場合は、以下の手順をお試しください。

Mac

1. 書類とデスクトップの同期のためにiCloudを無効にします。お使いのMacでiCloudが常に無効になっている場合は、#2を飛ばして#3に直接進んでください。

2. iCloudを無効にした後、お使いのMacにローカル(デフォルト)のドキュメントフォルダが生成されていることを確認してください。FinderでDocumentsが見つからない場合は、以下の手順に従ってください。      

ステップ1:下記ページ「「デスクトップ」と「書類」を無効にする」を参考に、MacでiCloud Driveを無効に設定します。
ステップ2:iCloudフォルダ内の書類フォルダのバックアップが作成されたことを確認します。
ステップ3:アプリケーション/ユーティリティフォルダからターミナルを起動し下記のコマンドをコピーペーストして入力、実行します。
sudo rm -r Documents/
3. 書類/PositiveGrid フォルダ内のBIAS_FX2フォルダの名前を「BIAS_FX2 backup」に変更し、コンピューターを再起動します。

BIAS FX 2を起動し、プリセットの読み込みをご確認ください。

Windows

1. ドキュメントのOneDriveなどのクラウド同期サービスを無効にします。
コンピューターと同期する OneDrive フォルダーを選択する

OneDrive の同期を一時停止し、再開する方法
2. Windows 10コンピュータでドキュメントフォルダがコントロールされたフォルダアクセスに指定されていないことを確認します。
Windowsメニュー>設定>更新とセキュリティ>Windowsセキュリティ>ウィルスと脅威の防止>ランサムウェアの防止の管理 を開きます。
コントロールされたフォルダアクセスをオフにします。オンにしておく場合は保護されているフォルダーの設定からドキュメントフォルダを除外してください。



3. マイドキュメント/PositiveGridフォルダ内のBIAS_FX2フォルダの名前を「BIAS_FX2 backup」に変更します。
マイドキュメント/PositiveGrid/BIAS_FX2 
4. AppDataフォルダ内のBIAS_FX2.settings ファイルのファイル名を「BIAS_FX2.settingsbackup」に変更します。
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\PositiveGrid\ BIAS_FX2.settings
AppDataフォルダが表示されない場合は、Explorer画面上部メニューの表示>隠しファイルにチェックを入れることでProgramDataフォルダが表示されます。Windows 7では、ウィンドウの「整理」>「フォルダと検索のオプション」を開き、”表示”タブをクリックします。詳細設定項目の“隠しファイル、隠しフォルダ〜を表示する”にチェックを入れると該当のフォルダが表示されます。
これらのフォルダ、ファイルを移動すると、プリセット情報などがリセットされます。事前にスタンドアロン/プラグイン版の起動が可能な方法でToneCloudへアップロードし、バックアップを取ってください。

5. 完了後、コンピューターを再起動します。

BIAS FX 2を起動し、プリセットの読み込みをご確認ください。

  参照元記事

    • Related Articles

    • Apogee JAM+ BIAS FX Jam software 取得方法

      Apogee JAM+をApogee社のサイトにご登録いただくと、無償にてBIAS FX Jam softwareが取得いただけます。 Apogee製品登録方法 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/apogee-driver-software-download ご登録完了後、メールにてシリアルナンバーが送付されます。 シリアルナンバー取得後、以下ページの手順にてアカウント作成、シリアルナンバーのご登録を行なってください。 ...
    • BIAS FX 2 製品ガイド

      このガイドの使い方 このガイドでは、BIAS FX 2 の完全な製品ツアーについて説明し、すべての重要な機能をカバーします。プログラムを簡単に、よりよく理解できるようにナビゲートするのに役立ちます。   シグナルパス   1.エフェクトの追加・削除 ウィンドウの中央にある「Add」をクリックして、エフェクトメニューを開くことができます。目的のエフェクトをダブルクリックするか、ギター エフェクトを信号パスの任意の場所にドラッグして追加します。効果の上にマウス カーソルを置き、[x] ...
    • BIAS Amp 2/BIAS FX 2がLogic Pro Xに表示されない

      BIAS Amp 2/BIAS FX 2がLogic Pro Xに表示されない場合は下記手順にそって読み込みをご確認ください。 プラグインマネージャーの確認 Logicを起動し、メニューバーからLogic Pro -> 環境設定 -> プラグインマネージャーを開きます。 リストにBIAS Amp 2が表示され、使用にチェックが入っていることをご確認ください。外れている場合は、項目を選択し、画面下、「選択項目をリセットして再スキャン」を実行し、使用項目が有効化されることをご確認ください。 ...
    • BIAS FX 2 動作環境 & 機能比較

      動作環境 Mac 対応OS: macOS 10.12 - macOS Big Sur 11.6.1 (M1 MacではRosetta 2上にて動作) 対応フォーマット:  Audio Units, VST, VST3, AAX Native, スタンドアローン 必要RAM容量: 4GB以上, 8GB以上推奨 必要空き容量: 1GB以上のディスクスペース Windows 対応OS: Windows 8, Windows 10 対応フォーマット: VST 2, VST3, AAX Native, ...
    • BIAS FX 2 Mobile ライセンスとアプリ内課金について

      BIAS FX 2 Mobileでは、FREE、STANDARD、PROFESSIONAL、ELITEなどライセンスごとに異なる機能、オプションが提供されます。また、以前のバージョンやデスクトップバージョンをお持ちの方にも特別な価格でアプリ内課金が提供されます。 BIAS FX 2 Mobileのアプリ内課金は全てApple App ...