BIAS Amp 2/BIAS FX 2がLogic Pro Xに表示されない

BIAS Amp 2/BIAS FX 2がLogic Pro Xに表示されない

BIAS Amp 2/BIAS FX 2がLogic Pro Xに表示されない場合は下記手順にそって読み込みをご確認ください。

プラグインマネージャーの確認

Logicを起動し、メニューバーからLogic Pro -> 環境設定 -> プラグインマネージャーを開きます。



リストにBIAS Amp 2が表示され、使用にチェックが入っていることをご確認ください。外れている場合は、項目を選択し、画面下、「選択項目をリセットして再スキャン」を実行し、使用項目が有効化されることをご確認ください。


プラグインファイルの確認

BIAS Amp 2がプラグインマネージャーのリストに表示されない場合は、下記フォルダを参照しBIAS AMP 2.componentがインストールされていることをご確認ください。表示されない場合はBIAS Amp 2 Plugin.pkgインストーラーを実行し、ファイルのインストールをご確認ください。

Macintosh HD/ライブラリ/Audio/Plug-ins/Components/BIAS AMP 2.component

再インストールとLogicの再スキャン

もしBIAS AMP 2.componentがインストール されているにも関わらずLogicのプラグインマネージャーにプラグインが表示されない場合は、下記の手順で再度読み込みをお試しください。

1. Logicを終了します。
 
2. メニューバーからFinder>移動をクリック、キーボードのOptionボタンを押したままにするとメニューにライブラリが表示されます。これをクリックし、フォルダ内の下記Componentsフォルダにアクセスします。

Macintosh HD/ユーザ/[ユーザ名ホーム]/ライブラリ/Audio/Plugins/Components

3. Macintosh HD直下のライブラリから、BIAS AMP 2.componentを上記のComponentsフォルダにコピーします。

Macintosh HD/ライブラリ/Audio/Plug-ins/Components/BIAS AMP 2.component
 
4. 下記のcom.apple.audiounits.cacheファイルをデスクトップに移動します。ホームフォルダ内のライブラリフォルダは通常不可視フォルダとなっているため、Finderの移動メニューをクリック、キーボードのOptionボタンを押したままにするとメニューにライブラリが表示されます。これをクリックしフォルダにアクセスします。上記のMacintosh HD直下のライブラリとは異なるフォルダとなりますのでご注意ください。

 Macintosh HD/ユーザ/[ユーザ名ホーム]/ライブラリ/Caches/AudioUnitCache/com.apple.audiounits.cache
 
5. Macを再起動し、再度Logicを起動します。プラグインの再スキャンが実行されますので完了までお待ちください。

Logicの起動後、プラグインマネージャーにてプラグインの表示を再度確認の上、プラグインの読み込みをご確認ください。

    • Related Articles

    • BIASソフトウェアのディアクティベート・解除方法 BIAS FX、BIAS AMP

      BIAS FX、BIAS AMPは、最大2台までのコンピューターを同時にアクティベート=有効化して使用することができます。 また、2台のうちいずれかのコンピューターからソフトウェアをアンインストールすることで、新たにコンピューターを追加でアクティベート可能です。アンインストールの際、コンピューターがインターネットに接続されている必要があるのでご注意ください。 アンインストール方法 Windows: Windowsの設定>アプリ>アプリと機能の一覧より製品を選択、アンインストールを実行します。 ...
    • BIAS FX 2 製品ガイド

      このガイドの使い方 このガイドでは、BIAS FX 2 の完全な製品ツアーについて説明し、すべての重要な機能をカバーします。プログラムを簡単に、よりよく理解できるようにナビゲートするのに役立ちます。   シグナルパス   1.エフェクトの追加・削除 ウィンドウの中央にある「Add」をクリックして、エフェクトメニューを開くことができます。目的のエフェクトをダブルクリックするか、ギター エフェクトを信号パスの任意の場所にドラッグして追加します。効果の上にマウス カーソルを置き、[x] ...
    • Positive Grid製品登録時に"Invalid Redeem" エラーが表示される BIAS AMP/FX

      BIAS AMP/FXほか、Positive Grid製品のシリアルナンバー=Redeem Codeの登録時に"Invalid Redeem"メッセージが表示され登録が完了されない場合があります。 Redeemコード登録ページ https://member.positivegrid.com/redeem その際、エラーに関わらず登録が完了している場合もあるためアカウントのLicense & Downloadページにて、Already Purchasedの下に製品が表示されるかをご確認ください。 ...
    • BIAS FX 2 動作環境 & 機能比較

      動作環境 Mac 対応OS: macOS 10.12 - macOS Big Sur 11.6.1 (M1 MacではRosetta 2上にて動作) 対応フォーマット:  Audio Units, VST, VST3, AAX Native, スタンドアローン 必要RAM容量: 4GB以上, 8GB以上推奨 必要空き容量: 1GB以上のディスクスペース Windows 対応OS: Windows 8, Windows 10 対応フォーマット: VST 2, VST3, AAX Native, ...
    • macOS:BIAS Amp 2/BIAS FX 2 プラグインから音が出ない、入力できない

      macOSでは、BIAS Amp 2、BIAS FX2をプラグインにてご利用いただく際に、OSのセキュリティ設定によりDAWからの音声入力が適正に行えない場合があります。 その際は、お手数となりますが、システム環境設定>セキュリティとプライバー>プライバシータブ>マイク項目にて、BIAS Amp 2、BIAS FX2にチェックを入れ、Macを再起動後に再度DAWでの入力動作をご確認ください。