Symphony Desktop ファームウェアアップデート時にUSBメモリが認識されない

Symphony Desktop ファームウェアアップデート時にUSBメモリが認識されない

Symphony Desktopのファームウェアップデートには、アップデートファイルをUSBメモリに入れ、Symphony Desktopに接続する必要がございます。

付属のUSBメモリなどが認識されない場合、以下手順をお試しください。

1.USBメモリの再フォーマット
MS-DOS Fat 32形式にてフォーマットを行います。

2.フォーマット後、メモリにファームウェアアップデートファイルをコピーし、Symphony Desktopに接続します。

3.接続後、アップデートが可能かをお試しください。


*再フォーマットでも認識されない場合。
もし市販のUSBメモリをお持ちの場合は、同様にFat 32形式でフォーマットを行い、同様の手順にてアップデートが可能かをお試しください。


    • Related Articles

    • Symphony Desktop登録・利用手順 v1.1.9

      Symphony Desktopをご利用までのご登録、ダウンロード、インストール下記手順にてお進めください。 ソフトウェア各リリースで使用可能になる機能 2021/6 公開:Release 1.1.9 macOS(M1アップルシリコンを含む)&Windows 10 PC用のApogee Control 2ソフトウェア。  Apogee Channel FX (ACFX)プラグイン内でSymphony ECS Channel Stripプラグインのフルコントロールが以下のデバイスから可能に。 ...
    • Duet 3、Symphony Desktopでのループバック設定方法

      Duet 3おおよびSymphony Desktopではループバック機能を搭載しております。 DAWなどアプリケーションからのオーディオ出力と、マイクなどの入力信号をミックスし、再度アプリケーションにミックスした信号を送ることが可能です。 コンソールソフトウェアであるApogee Control2を起動し、下記図のAssing to SW Inputsの設定から、Software Inputsに設定してください。 ...
    • 電源が投入できない(Symphony、Symphony MKⅡ、Ensemble、Elementシリーズ)

      Apogee Symphony,Symphony MKⅡ,Ensemble の 電源が投入できない場合の対処方です。 下記をご確認頂いた上で手順に沿って確認を行ってください。 https://support.minet.jp/portal/kb/articles/article-21-4-2020 機器本体より全てのケーブル類を取り外した上で読み進めてください。 ...
    • Symphony I/O MkIIのプライマリスロットに2×6モジュールをインストールすると、ProTools HDで入力ルーティングが適正に認識されない

      Symphony I/O MkIIのプライマリスロットに2×6モジュールをインストールし、セカンダリスロットに他のI/OモジュールをインストールしてProTools HDモードで使用する場合、ProTools HDの入力ルーティングは適正に認識されません。 解決方法 ProTools HDモードでSymphony I/O ...
    • Apogee製品Big surおよびApple Silicon対応状況

      2021.8現在 USB Symphony Desktop macOS Big Sur:対応 Apple Silicon:対応 Duet for iPad & Mac macOS Big Sur:対応*:本ページ後半に補足情報 Apple Silicon:Apogee Control 2 Software Beta リリース ...