iZotope製品:Stutter Edit 2 グローバルコントロール

iZotope製品:Stutter Edit 2 グローバルコントロール

Stutter Edit 2 グローバルコントロール

オーバービュー

この章では、すべてのジェスチャーに影響を与えるという意味ではなく、個々のジェスチャーの中で起こっていることすべてに影響を与えるグローバルな編集が含まれています。これらの設定により、各ジェスチャーの動作や再生時の反応を設定することができます。また、上部のストリップには、システムに関連した様々なコントロールが含まれています。


一般的な制御

このストリップには、Stutter Edit 2 のすべてに関連する機能が含まれています。

Global controls header

Play Mode

Stutter Edit 2のジェスチャーをトリガーするには、オートモードとMIDIモードのどちらかを選択します。 

  • Auto mode: Stutter Edit 2は、DAWの再生開始時に選択したジェスチャーを自動的にアクティブにします。
  • MIDI modeMIDIコントローラーのMIDIノートを使ったトリガー・スタッター編集2のジェスチャー。

Undo and Redo

元に戻す=Undo(反時計回りの矢印)とやり直し=Redo(時計回りの矢印)は、標準的な元に戻す機能とやり直し機能を実行します。これらの機能は、標準的なキーボードショートカット(Ctrl+Zなど)では重複しないので、Stutter Edit 2の編集を元に戻したりやり直したりするには、これらのコントロールを使用する必要があることに注意してください。DAWを閉じても元に戻した履歴は残りませんが、Stutter Edit 2を編集している間は、元に戻した履歴は(面白いことに)30,000回のアクションにまでさかのぼります。

オプション

このウィンドウでは、グローバルフィルターの MIDI アサインと一般的なハウスキーピングについて説明します。

Options

左側の MIDI オプションでは、任意の MIDI コントローラ、アフタータッチ、ピッチベンドをグローバルフィルターにアサインすることができます。ハードウェアがどのようなコントローラを生成しているかわからない場合は、「学習」をクリックしてコントローラを移動してアサインしてください。ピッチベンドは、Stutter Edit 2 を開いたとき、またはプロジェクトに Stutter Edit 2 の別のインスタンスを追加したとき、常にデフォルトの設定になっています。カスタムアサインはプロジェクトには保存されません。

アップデート、認証と分析のセクションには、3つの部分があります。

  • アップデートのチェック」をクリックして、最新かつ最高のStutter Edit 2バージョンがインストールされていることを確認してください。
  • 認可は、ソフトウェアが認可されていることを示しています。Stutter Edit 2 を別のコンピュータにインストールするには、認証を解除してから、別のコンピュータで再認証してください。
  • iZotopeとの使用情報の共有を有効または無効にします。

Global Filter

共鳴ハイパス/ローパスフィルターのカットオフ周波数を調整するコンビネーションコントロー ルです。デフォルトでは MIDI コントローラーの Pitch Bend を使って調整することができますが、Options メニューで別の MIDI コントロールにマッピングすることもできます。


Global Gestureセッティング

グローバルなジェスチャー設定セクションには、4つのドロップダウンメニューがあります。これはグリッドパラメータのものを示しています。

Global gesture settings

Length

このドロップダウンメニューでは、現在のジェスチャーの継続時間を設定します。この継続時間は、パラメータに設定した範囲をスイープがどのくらいの速さで通過するかのベースレートを決定します。例えば、1/4 音符ごと、小節ごと、2 小節ごとなど、特定の方法でフィルタを変化させたい場合があります。各ジェスチャーは、16 分音符のトリプレットのような小さなものから、2 小節(8 拍)のような長いものまで、さまざまな時間範囲をカバーすることができます。ドット値やトリプレット値を含む13の長さの可能性があります。しかし、このレートをオフセットすることで、個々のパラメータが異なるレートで掃引できるようにすることができますが、Gesture の長さに関連したままです。

Release

    ジェスチャーはいくつかの方法で終了することができ、スタッターエディット2を自分の演奏スタイルに合わせることができます。ドロップダウンメニューには5つのモードがあります。


  • On Grid: MIDI ノートが終了した後、ジェスチャー自体は次のグリッドポイント(1/8, 1/16 など)まで待ってから終了します。
  • Full Gesture: 音符をタップするだけでも、ジェスチャー全体が最初から最後まで再生されます。
  • Latch: ジェスチャーは再生され、再度トリガーするまで(または別のジェスチャーをトリガーするまで)保持されます。
  • Instant: ジェスチャーは、MIDIノートのトリガーが終了すると、即座に終了します。
  • Stick: ラッチモードに似ていますが、ジェスチャーのタイムラインの最後にエフェクトが「固着」します。

Grid

これは、いくつかのドラムマシンや DAW で見られる "Input Quantize" 機能のようなものです。グリッドをオンにすると、9つの可能なリズミック値のうちの1つにトリガーをスナップします(上の画像を参照してください)。例えば、Gridが1/8の場合、ジェスチャーは常に次の8分音符から正確に始まります。

NOTE

これにより、ジェスチャーを発生させたいときに事前にトリガーすることができ、希望の時間に開始することもできます。

Palindrome

Palindrome looping は、ジェスチャーを保持したまま離さなかったときにジェスチャーがどのように繰り返されるか(ループするか)に影響します。

  • On: ジェスチャーは、ジェスチャーの長さの終端に達すると方向が逆になります。これにより、上下または前後の掃引効果が得られます。
  • Off: ジェスチャーは、ジェスチャーの長さの終了点に達するとやり直しです。

Freeze

この関数は、オーディオバッファの一部(Duration パラメータで決定される)をキャプチャし、それを無期限に繰り返します。

Duration

このドロップダウンメニューには、フリーズ機能のためにキャプチャするバッファオーディオの長さを指定する 9 つのリズミック値が用意されています。例えば、デュレーションが 1/2 ノートに設定されている場合、バッファリングされたオーディオの最初の 1/2 ノートがキャプチャされ、フリーズが有効になっている限り繰り返されます。


    • Related Articles

    • iZotope製品: Stutter Edit2 Landingページ

      Stutter Edit2 Landingページ ここではStutter Edit2を説明していきます。 まず最初にBTからのメッセージがございます。 ここを参照ください。 システムとインストールについて ・次にシステムの動作環境についてご確認ください。 ・インストール等の手順についてはここを参照ください。 ・インストールできない場合のインストーラーへのリンク: https://www.izotope.com/en/products/downloads/stutter-edit.html ...
    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...
    • iZotope製品: Stutter Edit 2 〜 Stutter and Bufferについて

      Stutter and Bufferについて 目次 Overview Stutter module Stutter Rate Quantize Gate Buffer Module Buffer Position Buffer Reverse Buttons Movement Grid Jitter Pan オーバービュー Stutter と Buffer ...
    • iZotope製品:Stutter Edit 2システム動作環境

      Stutter Edit 2システム動作環境 Stutter Edit 2は以下の環境にて動作いたします。 オペレーティングシステム: Mac: High Sierra (10.13) – macOS Catalina (10.15) PC: Windows 8 – Windows 10 プラグインフォーマット: AU AAX VST2 VST3 すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみ対象です。   サポートするDAW: Logic Pro X Live 9.7–10 Cubase ...