Earthworks ICON - DAW へ音声を収録する方法(Windows)

Earthworks ICON - DAW へ音声を収録する方法(Windows)

ICONはPCへUSB接続を行う製品であり、オーディオ出力をもつ機器のためオーディオインターフェースの代わりとしてご利用いただくことが可能です。
ただし本製品は専用のASIOドライバを持たない製品となるため、Windows PCでご利用いただくには別途ASIOドライバが必要となります。

本ページでは、汎用のASIOドライバとして広く用いられている"ASIO4ALL"を用いた設定方法を記載します。


1. ICONをPCに接続する

まずUSBケーブルを用いてPCへ本製品を認識させる必要があります。
手順等については下記ページも記載いたしましたので、こちらも合わせてご確認ください。


合わせて、ASIO4ALLのインストーラを入手し、インストールを進めてください。
様々な言語のインストーラが用意されていますが、基本的には英語の最新版インストーラを用いていただければ問題ありません。


インストール完了後、PCの再起動を行なってください。

2. DAWを起動する

PCがICONを認識したこととASIO4ALLのインストールが完了したら、DAWを起動します。
こちらのページでは代表的ないくつかのDAWの設定画面を使用して設定方法を解説しますが、詳細な設定等についてはそれぞれの開発元メーカーや代理店までお問い合わせください。

- Studio One の設定方法

(本ページではStudio One 5 Prefossionalを使用しています)
Studio Oneを起動し、スタートメニュー中央下部の設定メニューにある"オーディオデバイスを設定"をクリックします。


するとStudio Oneで使用するオーディオデバイスを選択する画面が表示されます。
デバイス名をクリックすると使用できるオーディオドライバが一覧で表示されるので、こちらからASIO4ALLを選択してください。
すると、ディスプレイ右下のスピーカーアイコン等が表示されている箇所に緑色の▶️マークが表示されます。こちらが、ASIO4ALLが起動してる状態です。
▶️をクリックすると、下記画像のようなASIO4ALLの設定画面が表示されます。


画像の状態では"Realtek Audio"(PCの内蔵出力装置)とICONの両方が音声ドライバとして認識されています。
この状態ではメインの出力先が"Realtek Audio"になってしまうので、"USB Audio CODEC"(ICON)のみが選択されている状態にしてください。

設定が完了したらASIO4ALLのウィンドウ右上にある×をクリックしてウィンドウを終了してください。Studio One のオプションウィンドウの"OK"をクリックすると設定が終了します。
この状態で新規ソングを作成すると、出力がICONのイヤフォン端子からとなり、マイク入力がICONから行うことが可能です。こちらで、設定は完了です。


- Live での設定方法

(本ページではLive 10を使用しています)
アプリケーションを起動し、左上の"オプション"をクリックし"環境設定"を選択します。


環境設定のウィンドウが開いたら"Audio"を選択、ドライバタイプを"ASIO"に変更してからオーディオデバイスで"ASIO4ALL"を選択してください。


すると、ディスプレイ右下のスピーカーアイコン等が表示されている箇所に緑色の▶️マークが表示されます。こちらが、ASIO4ALLが起動してる状態です。▶️マークをクリックしてASIO4ALLの設定画面を開き、"USB Audio CODEC"(ICON)のみが選択されている状態にしてください。

なお、Live 10ではデフォルトで入出力先の名称が設定されていません。チャンネル設定欄にある"入力設定"や"出力設定"からそれぞれ自分でデバイス名を入力すると接続されている機器がわかりやすくなります。入力完了後、"OK"をクリックすることで設定が反映されます。


ASIO4ALLやオーディオデバイスの設定が完了したら、環境設定ウィンドウを終了してください。ウィンドウを終了すると自動的に設定が反映されます。
オーディオトラックの入力にICONを割り当てることで、マイクから入力した音声をLive上で録音することができます。

- Protoolsでの設定方法

(本ページではProtools 2018.03を使用しています)
アプリケーションを起動、スタートメニューを閉じてウィンドウ上部にある"設定"から"プレイバックエンジン"を選択します。
こちらがProtoolsで使用するオーディオエンジンを選択する画面なので、プレイバックエンジンにASIO4ALLを選択します。

設定完了後、"OK"をクリックしてください。

すると、ディスプレイ右下のスピーカーアイコン等が表示されている箇所に緑色の▶️マークが表示されます。こちらが、ASIO4ALLが起動してる状態です。▶️マークをクリックしてASIO4ALLの設定画面を開き、"USB Audio CODEC"(ICON)のみが選択されている状態にしてください。

こちらで、Protoolsでの設定は完了です。新規セッションを開き、オーディオトラックのインプットチャンネルにASIO4ALLのインプットを割り当てることでICONで入力した音声を収録することが可能となります。

もしインプットチャンネルを割り当てる際に"使用不可"と表示されるチャンネルがある場合は、Protoolsに設定されているオーディオデバイスの設定に以前の設定が残っていることが考えられます。"設定"から"I/O"をクリックし、インプットやアウトプット、バスを削除しデフォルトで作成し直してください。




OBS StudioにてICONを使用する方法につきましては、こちらのページを参考にしてください
    • Related Articles

    • Earthworks ICON - OBS Studio で使用する方法について

      ICONはUSBで接続するマイクのため、PCに繋ぐことでそのままOBS Studioへマイク音声を入力することが可能です。 このページでは、ICONを使用するためのOBS Studioの設定を紹介します。 (OBS Studioは弊社取扱製品ではないため、機能について弊社からお答えすることはできません) 1. ICONがPCに認識されていることを確認する OBS Studioは、お使いのPCに音声デバイスとして認識されている機器を使用することが可能です。 ...
    • Earthworks ICON - FAQ

      こちらのページでは、ICONを中心に音声収録のFAQを掲載しています。 Q. ICONから入力される音声が小さいので、大きくしたいです。 A. 本体背部にあるノブを動かすと入力される音声の大きさが調整できます。こちらを使用してちょうど良い音量になるよう調整してください。 Q. ICONのイヤフォン端子からの音量を変更したいです。 A. ICON本体には出力音声を調整する機能が付いていません。PCの設定から音量を調整してください。 Q. 再生される音声がブツブツと途切れてしまいます。 A. ...
    • [Windows] Corrupted files や JS_EXEC_FAILED エラーが表示されプラグインが起動しない、DAWがクラッシュする

      Windowsでプラグインをインストールまたは新しいバージョンにアップグレードしたりする際、Corrupted files や JS_EXEC_FAILED エラーが表示されDAWがクラッシュしたり、プラグインがブロックまたはロードされないといった問題が発生することがあります。 その際は以下の手順に沿ってアンインストール、手動でいくつかのファイルを削除しプラグインを再インストールしてください。    Virtual Guitarist ...
    • Earthworks製品登録方法

      2012年7月1日以降にお買い上げ頂いた、Earthworks Measurement Microphones(Mシリーズ)のご登録をEarthworks社のサイトで行うと、お持ちのマイク固有の計測ファイル(Electronic Calibration Files=ECF)を入手頂けます。このファイルは、製造時に1本ずつそれぞれに計測が行われたキャリブレーションファイルです。 登録手順 1.下記Earthworks社のサポートページを開きます。 ...
    • ApogeeUSB Interface Windows上でのご利用方法

      2017年12月より、ApogeeUSB InterfaceがWindows 10に対応となりました。 Windows 10対応デバイス Duet (Duet for iPad & Mac) – 2013発売 ONE for Mac (Silver version) – 2016発売 ONE for iPad & Mac – 2013発売 Quartet – 2012発売 Groove – 2015発売 – 対応* JAM 96k for Mac & Windows – 2016発売 – 対応* ...