Sonnox 動作環境 最新アップデート情報

Sonnox 動作環境 最新アップデート情報

Sonnox 動作環境と最新アップデート情報です。現行バージョンとなるG5ライセンスをお持ちのユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。
インストーラーのダウンロード方法については下記ページをご参照ください。

動作環境 - G5ライセンス = 現行バージョン

Toolbox ListenHubは動作環境の詳細が異なるため下記よりご参照ください。

Windows

Windows 10 - 11

macOS

10.12 (Sierra) - 14.3 (Sonoma) - IntelおよびApple Silicon Mac対応

*Toolbox Claro, ListenHub, Vocaは10.13 (High Sierra)以降のサポート

*2023/1/04 Apple Silicon対応
全ての現行SonnoxネイティブおよびAAX DSPプラグインがApple Siliconプロセッサに対応しました。

対応プラグインフォーマット

  1. VST3
  2. Audio Units
  3. AAX Native/ DSP
いずれも64bitのみ。32bitは対応する製品のレガシーバージョン=G4ライセンスにてサポート
Voca, ListenHub, Claro, Dynamic EQ, Drum Gate, Envolution, VoxDoublerおよびSuprEsser DSはG5のみとなり32bitは非サポート

最新の動作環境についてはSonnoxサポートページも合わせてご参考ください。

ダウンロード方法

アップデータは、SonnoxウェブサイトmySonnoxページよりダウンロードいただけます。詳細な手順については下記ページをご参照ください。

アップデート履歴

2024/3/26 更新

以下の問題は、新しいmacOSアップデートにより解消されました。
iLokおよびオーサライズにかかる問題が発生する場合は、macOS 14.4. 1へアップデートして修正をご確認ください。

参照元情報

2024/03/14 更新

現在、macOS Sonoma 14.4 環境でご利用いただいているお客様にiLok公認プラグインの機能が停止する可能性があるとの報告が多数寄せられております。そのため、追って通知があるまで、Sonoma 14.4へのアップデートを控えることを強くお勧めします。

2023/1/04  更新 Apple Silicon AAX DSP対応

全ての現行SonnoxネイティブおよびAAX DSPプラグインがApple Silicon Mシリーズプロセッサに対応しました。

参照元Sonnoxサポート情報

2022/11/10  更新 Apple Siliconネイティブ対応

全ての現行SonnoxネイティブプラグインがApple Silicon Mシリーズプロセッサに対応しました。

Pro Tools HDX (AAX DSPプラグイン)
現在Apple Silicon builds of Pro ToolsでHDXプラグインをテストしており、AVIDから正式にリリースされ次第、対応状況が更新されます。
正式リリースまですべてのSonnox HDXユーザーの皆様は、引き続きRosetta 2経由にとぇ現在公開されているHDXバージョンをご利用ください。

Apple Silicon (M1/M2)での個別プラグインの注意事項 (最新G5バージョンにて全てApple Siliconネイティブ対応ずみ)
  1. Sonnox Restore  Bundle (DeClicker, DeNoiser, DeClicker) - macOS Catalina, Big Sur Intel Macをサポート、Montereyは未サポート
  2. Sonnox Elite Bundle - Inflator, TransMod, Limiter が Apple Silicon(M1/M2) をサポート。他の収録プラグインについてはRosetta 2モードでの動作をサポート。
  3. Toolbox Claro - Logic ProをApple Siliconネイティブで動作する場合にプラグインのMixビューにトラックネームが表示されません。問題を回避するにはLogicをRosettaモードで動作してください。
  4. Ableton Live 11.1 - 現状 Apple Siliconネイティブで動作する場合にVST3がサポートされていません。VST3を利用するにはLiveをRosettaモードで動作してください。

リリースノート

Sonnox Documentation and Release Notes

プラグイン全般

3.00.0
2017.05.17
VST3のサポート
高解像度のインターフェイス対応
Waves SoundGridサポート

Sonnox v3対応プラグイン

G5ライセンスで動作する下記製品がSonnox v3に対応しております。
  1. Oxford EQ
  2. Oxford Dynamics 
  3. Oxford Reverb
  4. Oxford Limiter
  5. Oxford Transmod
  6. Oxford Inflator
  7. Oxford SuprEsser / SuprEsser DS
  8.  Fraunhofer Pro-Codec
下記製品はv1.x リリースにて上記v3製品と共通の仕様となります。各製品のリリースノートをご参照ください。
  1. Oxford Envolution
  2. Oxford Dynamic EQ
  3. Toolbox VoxDoubler
  4. Toolbox Claro
  5. Toolbox ListenHub

主な追加機能・変更点

  1. VST3のサポート: 外部サイドチェインが可能に (対応プラグインのみ)
  2. GUIの強化: Retinaディスプレイをサポート、より大きく高解像度のインターフェイス
  3. HDXライセンスに含まれるNativeライセンスを異なるiLokで管理可能に(2017年5月17日以降購入のライセンス対象)

個別プラグイン

VoxDoubler



2.00.0
2022.06.06
Apple Siliconネイティブに対応
VST2Supportの終了
ListenHub、Claroに対応するUIに変更

1.06.0
2021.05.04
AAXの最初のインスタンス化にかかる時間を改善。

1.05.0
2020.09.22
バグフィックスと安定性の向上。

1.04.0
2020.03.31
macOS 10.15(Catalina)に対応。
DSPレイテンシーを低減。
バグフィックスとパフォーマンスの向上。

1.03.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

2018.01.22
1.0.0
イニシャルリリース
Mac/Windows
VST2、VST3、AU、AAX Native対応

Reverb

3.16.0
macOS 10.15(Catalina)に対応。
Native Instruments NKSに対応。
バグフィックスおよびパフォーマンスの改善。

3.15.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加

3.05.0
2017.10.10
[WPAPIのみ] Wet/Dryパラメータの問題を修正。

3.04.0[4]
2017.08.22
Phase Modにおけるクリックノイズを修正。
WPAPIのDSPの安定性を改善。
AAX-DSPと-Nativeの切り替え時にEQゲインがリセットされる問題を修正。
その他の細かい改善とバグフィックス。

3.02.0[3]
2017.06.09
古いセッションでAAX Wet / Dry Mixの値が正しく読み込まれるよう修正。

3.01.0[2]
2017.05.19
[Mac SoundGridのみ] iLokのライセンスチェックをキャンセルするとプラグインがクラッシュする問題を修正。

SuprEsser 


4.01.0
2023.06.23
[Windows] プラグインのインスタンスを削除後にCPUに過負荷が発生する問題を修正

4.00.0
2022.08.19
Apple Siliconをネイティブサポート
VST2サポートを終了
32bitサポート終了(WindowsおよびMacOS)

3.17.0
macOS 10.15(Catalina)をサポート
バグフィックスと各種の改善

3.16.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

3.03.0
2017.09.19
高解像度UIに対応したより大きなインターフェイス
VST3サポート
Waves SoundGridサポート

Codec Toolbox


2.00.0
2022/03/28
レガシーHD-AACコーデックを削除
VST2 を VST3 に置き換え
Apple Siliconネイティブサポート
macOS Big SurおよびMonterey の正式サポート
MacOS Cataline (10.15) 以降のiTunesコーデックに関する問題の修正
その他多くのバグフィックスとパフォーマンスの改善

Fraunhofer Pro-Codec


4.00.0
2022.03.09
レガシーHD-AACコーデックを新しいxHE-AACコーデックに置き換え
VST2 を VST3 に置き換え
Apple Siliconネイティブサポート
macOS Big SurおよびMonterey の正式サポート
MacOS Cataline (10.15) 以降のiTunesコーデックに関する問題の修正
その他多くのバグフィックスとパフォーマンスの改善

3.01.0
2016.04.21
Windows 10とStudio One 3.1/Ableton Liveでクラッシュする問題を修正
MP3ファイルの長さを正しく表示するよう修正
マネージャーに新しいCopyrightメタデータタグを追加

3.00.1
2015.01.14
プラグイン
長時間エンコードしているとオンラインエンコードの表示値がオーバーフローする問題を修正
オンラインエンコード中に断続的にクラッシュする問題を修正
オンラインエンコードが Logic で正しく動作するよう修正
マネージャー
一部のオーディオデバイスが接続できない問題を修正。
3.00.0
2014.12.05
AAX Nativeのファースト・パブリックリリース
Pro-Codec Managerアプリケーションの収録



ListenHub

1.00.7
2022.08.16
Apple Siliconネイティブに対応
Universal Audio インターフェイスとiZotope RXスタンドアローンにおける安定性を改善
バッファサイズが適合しない場合にApple AirPodsでグリッチノイズが発生する問題を修正
TC Clarityプラグインがプラグインスキャンに成功しない問題を修正
ログイン後起動が断続的に失敗する問題を修正
Bitwigでドライバが断続的に動作しなくなる問題を修正
他のオーディオソースがない状態でシステム音声が途切れる問題を修正

1.00.3
2022.04.11
CoreAudioが断続的にハングアップする不具合を修正
再起動すると断続的にシステムのボリュームとミュートの状態が変化する問題を修正
アップデートインストール後、初回使用時にサンプルレートの不一致が断続的に発生する問題を修正

1.00.2
2022.03.29
FX Chainsが特定の環境で正しくロードしない問題を修正

1.00.1
2022.03.08
初回起動時にiLokエラーが表示される場合がある問題を修正

1.00.0
2022.03.07
ファーストリリース

Inflator

4.00.0
2022.03.28
Apple Siliconネイティブに対応
VST2Supportの終了

3.17.0
2021.02.10
VST3ホストにおけるクラッシュの問題を修正

3.16.0
2021.01.12
VST3のバイパス状態がセッションに保存されない問題を修正

3.15.0
2020.09.22
バグ修正と安定性の改善

3.14.0
2020.08.04
macOS 10.15 (Catalina)をサポート
FL StudioでのVST3の動作の問題を修正
その他のバグ修正と安定性の改善

3.12.0
2019.02.28
iLok Cloudをサポート

3.00.0
2017.08.17
イニシャルリリース、Mac/Windowsに対応
高解像度UIに対応
VST3に対応
Waves SoundGridに対応

Toolbox Claro


2.02.0
2023.06.21
[Windows] プラグインのインスタンスを削除後にCPUに過負荷が発生する問題を修正

2.01.0
2023.06.14
Apple M1 CPU上での動作時のGUIパフォーマンスを改善
VST3とAudioUnitインスタンスをミックスするセッションがクラッシュするバグを修正
左右のチャンネルグラフがちらつくバグを修正
その他の細かいバグ修正と安定性の向上

2.00.0
2022.10.17
Apple Silicon対応

1.02.0
2021.12.06
Auto Gainの安定性を改善

1.01.0
2021.11.26
いくつかのVST3ホストにおいて再生停止の際にCPUに高負荷が発生する問題を修正
GUIの表示に時間を要していた問題を修正
Auto Gainが断続的に有効になる問題を修正

1.00.0
2021.10.12
Mac/Windows - ファーストリリース。
VST3, AU, AAX Nativeに対応

Limiter


4.01.0
2023.06.23
Fixing excessive CPU usage on Windows which persisted after plug-ins were removed
[Windowsのみ] プラグインを削除した後もCPUの過負荷が発生していた問題を修正

4.00.0
2022.03.30
Apple Siliconネイティブに対応
VST2Supportの終了

3.19.0
2020.03.31
macOS 10.15(Catalina)に対応。
バグフィックスとパフォーマンスの向上。

3.18.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

3.03.0
2017.11.10
AAX Ditherセクションの修正。

Drum Gate


2.03.0
2023.06.19
macOS上での動作の安定化
[Windows] プラグインのインスタンスを削除後にCPUに過負荷が発生する問題を修正

2.01.0
2022.10.14
セッションのテンポによりCPU使用率が増加するバグを修正

2.00.0
2022.05.25
Apple Siliconをネイティブサポート。
VST2サポートの終了。

1.06.0
2021.05.04
AAXの初回インスタンス起動の改善

1.05.0
2020.09.22
バグフィックスと安定性の改善

1.04.0
2020.04.28
バグフィックスと安定性の改善

1.03.0
2020.02.20
バグフィックス

1.02.0
2020.01.22
macOS 10.15 (Catalina)をサポート
Bug fixes and performance improvements

1.01.0
2019.10.24
32bit macOSとの互換性を修正。
メインメニューに“Enable/Disable Realtime MIDI Output”を追加。
Decayグラフのオートメーションパラメーターの安定性を解消。
Auto-Set UIパネルが再生中にアップデートされないバグを修正。
Decayグラフを閉じる際にクラッシュが発生しうる問題を修正。

1.00.0
2019.10.09
Mac/Windows - ファーストリリース。
VST2, VST3, AU, AAX Native

TransMod

4.01.0
2022.06.09
macOSでのVST3のパフォーマンスの問題を修正

4.00.0
2022.04.07
Apple Siliconネイティブに対応
VST2Supportの終了

3.11.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

3.01.0
2017.10.11
AAXの互換性バグを修正。

Envolution


2.00.0
2022.05.25
Apple Siliconをネイティブサポート
VST2サポートの終了

1.11.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

1.02.1
2016.04.29
バグ修正。
一部のホストでバイパスを解除した際にTransient処理がトリガーされる挙動を修正。

1.02.0
2016.04.22
バグ修正。
Pro Tools でプリセットをロードする際Pro Tools オートメーションイベントが正しくトリガーされるよう修正。
Pro Tools の比較ボタンが正しく機能するよう修正。
ツールバーがフォルダをプリセットとしてロードしようとする問題を修正。
BPM/トランスポートデータを提供しないホストでScopeのBPM Syncモードを無効に。これによりスコープが「動かない」と表示される問題を回避可能です。

1.0.0
2015.12.08
Mac/Windows - ファーストリリース。

Dynamic EQ


2.01.0
2023.06.23
[Windows] プラグインのインスタンスを削除後にCPUに過負荷が発生する問題を修正

2.00.0
2022.05.31
Apple Siliconをネイティブサポート。
VST2サポートの終了。
Windows 32-bitサポートの終了。

1.31.1
2021.05.04
AAXの初回インスタンス起動の改善

1.31.0
2020.09.22
バグ修正と安定性の向上。

1.30.0
2020.08.04
macOS 10.15(Catalina)に対応。
バグの修正とパフォーマンスの向上。

1.29.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

1.21.0
2017.12.19
AAXに3バンドバージョンを追加。
AAXオートメーションのステータスインジケーターを追加。
Pro ToolsステレオトラックのExternal Sidechainの問題を修正。
Pro ToolsのEQとDynamicsの両方のカテゴリーに表示されるよう修正。
Page Tablesの更新。
Ableton Liveの64bit AU互換性を修正。
SteinbergのDirect Offline Processingとの互換性を修正。
VST3でFFTの描画ができない問題を修正。

1.10.0
2017.07.06
イニシャルリリース
Mac/Windows
VST2、VST3、AU、AAX Native対応

Dynamics


3.22.0
バグフィックスおよびパフォーマンスの改善。

3.21.0
macOS 10.15(Catalina)に対応。
バグフィックスおよびパフォーマンスの改善。

3.20.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

3.01.0[6]
2017.05.19
[Mac SoundGridのみ] iLokのライセンスチェックをキャンセルするとプラグインがクラッシュする問題を修正。

EQ


3.21.1
2021.05.14
AAXの最初のインスタンス化の時間を改善。
GUIを再度開いたときに環境設定が正しく読み込まれないバグを修正。
オートメーション・リストにAAX Bypassパラメータが表示されない問題を修正。
ツールバーの修正。

3.21.0
2020.09.22
macOS 10.15(Catalina)に対応。
バグ修正とパフォーマンスの向上。

3.20.0
2019.02.28
iLok Cloudのサポートを追加。

3.05.0[7]
2017.08.25
古いAAX-DSPと新しいAAX Nativeバージョンの互換性を改善。

3.04.0[6]
2017.07.11
AUフォーマットのパラメータ名を修正。
一部のホストで無音へ移行する際に発生するCPUスパイクを修正。
古いAAX-DSPと新しいAAX Nativeバージョンの互換性を改善。

3.01.0[3]
2017.05.19
[Mac SoundGridのみ] iLokのライセンスチェックをキャンセルするとプラグインがクラッシュする問題を修正。

G4ライセンス - レガシーバージョン

いくつかのSonnox製品は、レガシーバージョンとなるG4ライセンスを利用可能です。
対象となる製品、ライセンスの取得方法についてはカスタマーケアまでお問い合わせください。
*Claro, Dynamic EQ, Drum Gate, Envolution, VoxDoubler, SuprEsser DSはG5ライセンスのみとなり、G4ライセンスはご利用いただけません。

動作環境

Windows

Windows XP - 7

macOS

10.4 (Tiger) - 10.9 (Mavericks)

対応プラグインフォーマット

  1. 32-bit VST
  2. 32-bit Audio Unit
  3. 32-bit RTAS and TDM

SoundGridフォーマットについて

SoundGridのご利用にはプラグインごとに£15の個別ライセンスアップグレードが必要です。またSoundGrid v9.7 32bitのみのサポートとなります。

20170519_sonnox_wsg-logo3
Sonnox製品のうち下記プラグインはWaves SoundGridフォーマットに対応しています。SoundGridサーバにより低レイテンシーかつコンピュータへの負担のない処理が可能になります。

対応プラグイン: Oxford EQ、Dynamics、Reverb、Limiter、Transmod、Inflator
  • 2020年3月現在、対応SoundGridバージョンはv9対応となります。v10以降のLV1、SuperRackなどには非対応です。
  • G5ライセンスをお持ちのユーザーの方は、Native/HDXいずれのライセンスもライセンスごとにご有償(£15)にてSoundGrid Optionライセンスを追加可能です。
  • G5より以前のライセンスをお持ちのユーザーの方は事前にG5バージョンへのアップグレードが必要です。
  • SoundGridライセンスは個別にiLokキーにダウンロード可能です。
*SoundGrid Optionライセンスの購入はSonnoxウェブサイト直接mySonnoxページでの受付のみとなり、ご購入および購入手順については弊社サポートの対象外となります。あらかじめご了承ください。ご購入後の国内登録製品についてはのサポートは、引き続き弊社にて承ります。

ご購入手続き方法は以下のページをご参照ください。


参照元ページ:
    • Related Articles

    • SubLab 最新アップデート情報

      Future Audio Workshop SubLab最新アップデート情報です。SubLabユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。 動作環境 Mac OS 10.10以降 Windows 7以降 CPU/RAM: 上記OSの動作環境に準拠 VST2、VST3、AU、AAX 対応 FL Studio、Ableton Live、Logic、Studio One、Pro Tools、Cubaseにて動作を確認 Native Instruments MachineとKomplete ...
    • SoundID Reference 動作環境 最新アップデート情報 リリースノート

      Sonarworks SoundID Reference最新アップデート情報です。SoundID Referenceライセンスをお持ちのユーザーの方は無償にてアップデート可能です。 動作環境 Mac: macOS 10.14-13 (Intel)、macOS 11-14 (Apple Silicon) Windows: Windows 10-11 (64 bitのみ) メモリ: 2GB 以上 ディスプレイ解像度: 1024x798 以上 ...
    • Symphony I/O Mk II ソフトウェア最新アップデート情報

      Symphony I/O Mk II ソフトウェアの最新アップデート情報です。Symphony I/O Mk II ユーザーの方は無償でソフトウェア・アップデートをご利用いただけます。 動作環境 - Thunderboltコネクタを搭載したIntelまたはM1 Macモデル - macOS X 10.15.7以降 - RAM: 4GB以上のRAM、8GB以上を推奨 ダウンロード方法 Symphony I/O Mk II ...
    • Soundtoys 動作環境および最新アップデート情報

      Soundtoysバンドルおよび単体V5プラグイン製品の最新アップデータ情報です。該当するv5ライセンスのお持ちの方は無償にてアップデート頂けます。 対象製品 Soundtoys 5、Effect Rackバンドルおよび単体V5プラグイン製品 動作環境 すべてのSoundtoys バージョン5製品は、下記の64-bit専用VST, AU and AAX Nativeフォーマット、OSおよびホストアプリケーション上で動作します。 Mac : macOS 10.12以降 Intel、Apple ...
    • OP-1 field 最新アップデート情報

      Teenage Engineering OP-1 field OS 最新アップデート情報です。アップデートは無償でご利用いただけます。 ダウンロード方法 Teenage Engineeringウェブサイトよりダウンロード頂けます。 https://teenage.engineering/downloads/op-1/field アップデート手順 アップデートはGoogle ChromeなどMIDI対応ブラウザから実行することができます。 USB-CケーブルでコンピューターとOP–1 ...