Stylus RMX REXファイルのインポート方法

Stylus RMX REXファイルのインポート方法

Stylus RMXのアップデートにより、以前のSAGE Converterからのコンバートに変わり、スタンドアロン版のStylus RMXでのコンバートに変更となりました。

Stylus RMX Standaloneに搭載されているREXファイル・インポート機能を使えば、自作のREXファイルや市販のREXライブラリ(REX1、REX2、.rcyファイルを含むすべてのReCycleフォーマットのファイルに対応)を簡単にインポートできます。つまり、Stylus RMXは単に優れたグルーブ/パーカッション・ライブラリというだけでなく、あらゆるオーディオ・ループを使用できる非常に汎用性の高い制作ツールでもあるのです。

左上のViewメニューから、"Import REX Files "を選択します。


ダイアログボックスから、インポートしたいREXファイル、フォルダ、またはREXファイルを含むライブラリに移動し、"Open "をクリックします。


インポートの結果を示すダイアログが表示され(大量のREXファイルがある場合はしばらく時間がかかります)、正しく変換・保存されたかどうかの確認が表示されます。


インポートが完了すると、次回RMXを起動したときにループが表示されます。変換されたREXファイルは、「ユーザーライブラリ」ディレクトリからアクセスできます。

    • Related Articles

    • Stylus RMXのアンインストール

      Spectrasonics製品にはアンインストーラーが付属していないため、アンインストールは下記ファイルを手動で削除することで完了いただけます。 Mac: 下記フォルダから該当のファイル、フォルダを削除します。 Macintosh HD/ユーザ/[ユーザ名ホーム]/ライブラリ/Application Support/Spectrasonics/SAGE/ SAGEフォルダを削除 ...
    • Stylus RMX: Sound Menuモードについて

      Stylus RMXのCore Libraryのうち、Sound Menuに表示されるSuite、Elementは、Sound Menuモードにて利用するプリセットです。 Stylus RMX Video Tutorials: Browser - Elements ループを扱うStylus RMXのGroove/Sliceモードと異なり、各音色が個別のノートに割り当てられたワンショットのサンプルとなります。各Sound Menu ...
    • Stylus RMX 最新アップデート情報

      Styuls RMX 最新アップデート情報です。Stylus RMXユーザーの方は無償でアップデートを利用できます。 バージョン1.10では、Apple Silicon M1 Macのネイティブサポート、 VST3プラグインのバージョンが追加されました。 動作環境 OS共通: 64bit OSおよびホストアプリケーション CPU: Intelプロセッサ 2.0GHz以上 RAM: 2GB以上、8GB以上を推奨 15GB以上の空きディスク容量 (ダウンロード版 30GB以上) ...
    • Stylus RMX 音色ライブラリーが空になって選択できない

      再インストール、アップデート、音色フォルダを移動した際などに、Stylus RMX上で音色が選択できない場合、下記の方法にてお試しください。 *ご注意: 移動先のハードディスク名およびフォルダ名は、全て半角英数字にしてください。 外付けドライブにライブラリフォルダ(SAGEフォルダ)をインストールし、アップデート後に読み込めなくなった場合は下記手順にてお試しください。 SAGEフォルダの確認 初めに下記フォルダにSAGEフォルダ、またはそのエイリアスがインストールされていることを確認します。 ...
    • StylusRMXコンバートしたREXファイルがRMXで読み込めない

      Rexファイルをプラグインやホストアプリケーションで読み込もうとすると、「Fatal Error」、「File is too new」、「このタイプのメディアはサポートされていないか無効なメディアです。」などのアラートが出て読み込む事が出来ません。 REXファイルを読み込む機能拡張ファイルである、"REX Shared Library"のバージョンが古いと読めない場合があります。 また、REXファイルのDVDまたはCDディスクから直接ドラッグすると、「Conversion ...