Keyscape 最新アップデート情報

Keyscape 最新アップデート情報

Keyscape最新アップデータ情報です。ご登録ユーザーの方は無償でアップデータをご利用いただけます。
Keyscape Creativeパッチのご利用には、Omnisphere2とKeyscape両方がインストールされている必要があります。

バージョン1.3では、Apple Silicon M1 Macのネイティブサポート、 VST3プラグインのバージョンが追加されました。

動作環境

OS共通:
  1. 64-bit OSおよびホストアプリケーション
  2. CPU: 2.4GHz以上 (Intel Core i7以上推奨)
  3. RAM: 8GB以上を推奨
  4. SSD/HDD: 80GB(Lite版30GB)以上の空きディスク容量(ダウンロード版 160GB)
  5. SSDを推奨
  6. 高速なインターネット回線
  7. USB2/3ポート
Mac: 
  1. macOS High Sierra 10.13 - Monterey 12
  2. IntelまたはM1チップ搭載Mac 対応
  3. AU、VST3、VST 2.4、AAX
  4. スタンドアローン
Windows: 
  1. Windows 10-11
  2. AU、VST3、VST 2.4、AAX
  3. スタンドアローン
Keyscape Creative Patch
  1. 要Omnisphere2
  2. およそ1200ものKeyscape CreativeパッチがOmnisphere2に追加されます。

ダウンロード・インストール方法〜Smart Update

アップデータのダウンロード、インストールは下記手順で行ってください。

プラグイン画面右のSpectrasonicsロゴをクリックして下記画面にアクセスします。アップデートが必要な場合、"Updates are avaialble"が表示されます。
"Get Updates"ボタンをクリックすると、ブラウザが開きSmart Updateダウンロードページにアクセスします。



Smart Updateページには、Spectrasonicsアカウントにご登録の製品とアップデート状況が表示されます。Status欄の緑の丸が最新の状態、赤の丸がアップデートの必要な項目です。
"Get Updates"ボタンをクリックすると、すべての製品に必要なアップデートを収録するインストーラーがZipファイルでダウンロードされます。


ダウンロードしたSpectrasonics Updater.zipファイルを解凍/展開します。解凍後、ご利用のOSに沿ってMacまたはWindowsフォルダからSpectrasonics Updaterを実行してインストールを行ってください。


以上でアップデータのインストールは完了です。アプリケーションを起動し、再度Get UpdatesボタンでSmart UpdateページのStatusでアップデート状況をご確認ください。

主な追加・変更点

Keyscape Software 1.3.1c 12-8-21
  1. macOS Montereyでのグラフィックパフォーマンスの問題を修正。
  2. 「Realism」Factoryパッチのコントロール中にGUIが一時的にフリーズする問題を修正。
  3. 音源が初めて再生を開始したときに発生するクラッシュを修正。
  4. パッチを切り替えるとオーディオの不具合が発生することがある問題を修正。
  5. ポリフォニー(ボイス数)を64に設定するとノートオンのイベントに反応しなくなることがある問題を修正。
  6. Windowsのみ: 音源のロード中にMIDIノートを再生するとCPUのスパイクやオーディオの不具合が発生する問題を修正。
  7. Windowsのみ: Thinningを有効にした音源を再生するとCPUのスパイやオーディオにグリッチノイズを起こす問題を修正。
  8. VST3: オートメーション値を手動で入力する "Enter Value "機能が働かない問題を修正。
  9. VST3: GUIを閉じたり開いたりするとホストオートメーションの値が変わってしまう問題を修正。
  10. VST3: VST3対応ホストがGUIにリサイズのハンドルを追加する問題を修正。
  11. VST3: Clock Speed値が正しく変更されない問題を修正。
  12. VST3: REAPERとBitwig Studioでパラメーターのオートメーションを割り当てられなかった問題を修正。
  13. macOSインストーラーが更新されM1 Macでネイティブ動作に対応(Rosetta 2は不要に)。
Keyscape Software 1.3.0f  6-15-21
- Apple Silicon M1 Macのネイティブサポートを追加
- VST3プラグインのバージョンを追加
- ホストオートメーションのパラメーター名を改善
例:"8Amount" -> "8 Amount" パーツ番号とパラメーター名の間にスペースを追加
- MIDI-CC学習中にブラウザでパッチをクリックするとクラッシュする問題を修正
- DAWプロジェクトをロードした後に最初の音を再生すると、無音になったり、オーディオが破損したりすることがある問題を修正
- 持続時間が20秒以上のディレイ・エフェクトのテイルがミュートになる問題を修正
- 旧式のグラフィックカードを搭載したコンピューターで、ノブ・グラフィックスのレンダリングに失敗することがあった問題を修正
- Windows 10におけるスタンドアロンGUIのスケーリングの問題を修正

Keyscape Patches 1.3.4c 11-9-21
“Harmochord - Dronescape Deep”で発生していたグリッチノイズの問題を修正

Keyscape Patches 1.3.3c 6-15-21
- デフォルトのマルチサウンドからアナログの動作を削除
- Keyscape Creative:特定の「Transition Effects」や「Hits and Bits」パッチで、Arpeggiator Play Modeを「Once」に設定するよう変更

Keyscape Soundsources 1.0.4d 11-9-21
“Wing Upright Piano ^ Mono” Soundsource のグリッチノイズを修正。
"LA Custom C7" Soundsourcesの改善

Keyscape Soundsources 1.0.3c 6-3-2020
- "LA Custom C7”のマップ情報を改善

Keyscape リリースノート

Keyscape Software 1.2.1.1c 12-21-20
  1. 新たにBrowserでMIDI Learnを割り当てた後、パッチ名横にMIDIアイコンが表示されない問題を修正
  2. BrowserのMIDI LearnでUnlearn機能が動作しない問題を修正
  3. BrowserでMIDI Learn情報が保存されたMIDI Templateファイルから復元できない問題を修正
Keyscape Software 1.2.0c 11-12-20
  1. 高解像度インターフェースに対応
  2. macOS Big Sur対応
  3. オーサライズプロセスの改善
  4. 新しいAudition Auto-Play(プレビュー自動再生)機能の強化
  5. macOS 10.14以降のGUIパフォーマンスの問題を修正
  6. 2つのDAWトラックに同じパッチ、同じMIDIクリップが含まれる場合に起こるグリッチノイズの問題を修正
  7. Sortモードが "MIDI Learn "を設定しPatch Browserでパッチのロード動作をMIDI Learnするとプラグインがハングアップする問題を修正
  8. その他、様々なマイナーバグの修正とパフォーマンスの向上
Keyscape Software 1.1.3c 6-3-2020
  1. Logic Pro 10.5におけるパラメーター・オートメーションの問題を修正
  2. macOS 10.15でLogic Xで保存したプロジェクトを開くとクラッシュする問題を修正
  3. オートメーションをUnlearnすると、既存のオートメーションアサインが削除される問題を修正
  4. オートメーションをUnlearnすると、正しくないオートメーションIDがアサインされる問題を修正
  5. APFSフォーマット時にUser Librariesのパッチがアルファベット順で表示されなくなる問題を修正
  6. オーサライズ画面のGUIを改善
Keyscape Patches 1.3.2d 11-12-20
  1. Keyscape 1.2.0c、Omnisphere 2.6.4c以降の高解像度グラフィックに対応
Keyscape Patches 1.3.1c 6-3-2020
  1. "LA Custom C7 - Dark Score”、"LA Custom C7 - Rich Ballad”の"Rel Transition" Custom Controlのレンジを拡張
  2. タグを改善
Keyscape Patches 1.2c 1-22-2018
  1. ピアノ・リリースをよりスムーズに調整
Keyscape Software 1.1.2c 5-1-2018
  1. いくつかのSoundsourceが適切に読み込まれない問題を修正
Keyscape Software 1.1.1d 4-12-2018
  1. 主にWindowsにおいていくつかのディスク/OSの組み合わせによりパッチの読み込みが遅くなる問題を修正
  2. Pro ToolsのGUIがパッチ読み込み時にフリーズする場合がある問題を修正
  3. Windows, Sonarにおいてテキストが漢字で入力されてしまう問題を修正
  4. スタンドアローン:出力デバイス変更時にサンプルレートが適正に表示されなくなる問題を修正
  5. スタンドアローン:起動時にAUプラグイン・コンポーネントをチェックするシーケンスを追加
  6. スタンドアローン:Windows 10でASIOドライバ選択時にクラッシュする場合がある問題を修正
  7. スタンドアローン:Tempoスライダーの操作でプラグイン・ウィンドウが前面に移動してしまう問題を修正
  8. スタンドアローン:ごく特定の状況において発生するクラッシュの問題を修正
  9. インストーラー: DLM/USBインストーラーでインストール元のSTEAMが選択されないよう改善
Keyscape Software 1.1 (2018-1)
  • スタンドアロン対応
  • スマートアップデートシステムの追加
  • MIDIプログラムチェンジ、CCまたはノート情報からのパッチ/マルチローディング
  • 特定のパラメーター値に設定する“Enter Parameter Value”
  • 2倍解像度のGUIに対応
  • その他各種バグフィックス
Keyscape Software 1.0.2 (2017-1)
  • ノブアジャストの解像度の向上
  • カスタムコントロール数の拡大

Keyscape Souncsource Library 1.0.2 (2017-1)

  • “Grand Toy Piano ^ RR”の不具合を修正

Keyscape Software 1.0.1 (2016-10)

  • 製品インストーラーがMacOS 10.12 Sierraに対応
  • Windowsインストーラーの改善

Keyscape Patches 1.3c 8-28-2018
  1. “Keyscape Creative”の“Synth Sweep”、“Synth Pluck”カテゴリ名を“Synth Long”、 “Synth Short”に変更

Keyscape Patch Library 1.1d 1-19-2017

  • Keyscape Creativeライブラリ、12000以上のKeyscape + Omnisphere 2パッチが追加(要Omnisphere 2)

  • Thinning機能を最適化しLA Custom C7のパフォーマンスを大幅に改善
  • LA Custom C7にTWEAKページを追加、より詳細な調整が可能に
  • 15種類のベロシティカーブを新たに追加
Akai Advance 25
Akai Advance 49
Akai Advance 61
Akai MPK49
Akai MPK88
Akai MPKmini2
Arturia Keylab 49
Arturia Keylab 61
Casio Privia PX-330BK
Casio Privia PX-350M
Casio Privia PX-760
Casio Privia PX-860
CME X-Key
Kawai M8000
Korg Kronos 88
Korg MicroKEY
Korg NanoKEY
Korg SV-1
Kurzweil PC2X
Kurzweil PC88
M-Audio Axiom 49
M-Audio Keystation 88
M-Audio Keystudio
NI Kontrol S25
NI Kontrol S49
NI Kontrol S61
NI Kontrol S88
Nord Electro 5D
Nord Lead
Nord Stage 2
Novation Impulse 49
Novation Impulse 61
Novation Launchkey
Novation SL MkII
Roland A-50
Roland A-80
Roland A-88
Roland A-90
Roland FA-08
Roland Juno DS88
Roland RD-800
Yamaha CP4
Yamaha CP33
Yamaha MM8
Yamaha MO8
Yamaha Montage 6
Yamaha Montage 8
Yamaha Motif ES8
Yamaha Motif XS6
Yamaha MOXF8
Yamaha P-45
Yamaha P-115
Yamaha S90X

Keyscape Patch Library 1.0.1 10-6-2016

  • 新しいパッチを追加: MKS-20 “Gospel”
  • 40種類以上のベロシティカーブを新たに追加

Keyscape Souncsource Library 1.0.1 (2016-10)

  • 新しいサウンドソースを追加: “MKS-20 Piano 1 ^”  “MKS-20 Piano 2 ^”
  • “Wing Tack Piano ^ Stereo”の不具合を修正

Keyscape 1.0オリジナルリリース 9-12-2016
  • Keyscape Software 1.0
  • Keyscape Patch Library 1.0
  • Keyscape Souncsource Library 1.0



    • Related Articles

    • Omnisphere 最新アップデート情報

      Omnisphere 2最新アップデート情報です。Omnisphere 2ご登録ユーザーの方は無償でアップデーターをご利用いただけます。 バージョン2.7では、Apple Silicon M1 Macのネイティブサポート、 VST3プラグインのバージョンが追加されました。 動作環境 OS共通: 64-bit OSおよびホストアプリケーション CPU: 2.0GHz以上のプロセッサ RAM: 8GB以上の空き容量を推奨 64GB以上の空きディスク容量 (ダウンロード版: 128GB以上) ...
    • ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums 最新アップデート情報

      ROLI Studio Player、ROLI Studio Drumsの最新アップデート情報です。 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0がリリースされました。両アプリケーションともARMベースのM1 Macをネイティブ・サポート、さらにROLI Studio PlayerはEquator2エンジンを統合、完全にサポートしました。 ...
    • SubLab 最新アップデート情報

      Future Audio Workshop SubLab最新アップデート情報です。SubLabユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。 ​ 動作環境 Mac OS 10.10以降 Windows 7以降 CPU/RAM: 上記OSの動作環境に準拠 VST2、VST3、AU、AAX 対応 FL Studio、Ableton Live、Logic、Studio One、Pro Tools、Cubaseにて動作を確認 Native Instruments MachineとKomplete ...
    • OP-1 OS 最新アップデート情報

      Teenage Engineering OP-1 OS 最新アップデート情報です。アップデートは無償でご利用いただけます。 新機能とアップデート OS #243 2021.07.14 新機能 USBオーディオデバイス入出力を追加、お気に入りのiOSアプリケーションやDAWへのダイレクト・デジタルレコーディング、OP-1へのサンプリングが可能に。 USBオーディオIO機能はMac/Windows/iOS/Androidに対応。 ...
    • Stylus RMX 最新アップデート情報

      Styuls RMX 最新アップデート情報です。Stylus RMXユーザーの方は無償でアップデートを利用できます。 バージョン1.10では、Apple Silicon M1 Macのネイティブサポート、 VST3プラグインのバージョンが追加されました。 動作環境 OS共通: 64bit OSおよびホストアプリケーション CPU: 2.0GHz以上のプロセッサ RAM: 2GB以上、8GB以上を推奨 15GB以上の空きディスク容量 (ダウンロード版 30GB以上) 高速なインターネット回線 ...