Spectrasonics Windows インストール手順 (USBメモリ)

Spectrasonics Windows インストール手順 (USBメモリ)

Spectrasonics製品のUSBメモリからのインストールは下記手順にてお進めください。

インストール前に

インストール前に下記をご確認ください。

アカウント・登録

インストールにはSpectrasonicsアカウント作成、製品登録が必要となります。お済みでない場合は下記ページを参考の上、事前にSpectrasonicsウェブサイトにて作成・登録を行なってください。

動作環境

ドライブ空き容量

製品によってライブラリデータ用に、インストール先ドライブに下記の空き容量を確保してインストールをお進めください。ライブラリのサイズは環境により若干異なルため、おおよその値としてご参考ください。
  1. Omnisphere 2 - 128GB (ライブラリ 64GB)
  2. Trilian - 80GB (ライブラリ 40GB)
  3. Keyscape - 160GB (ライブラリ Full 80GB, Lite 30GB)
  4. Stylus RMX - 30GB (ライブラリ 15GB)

インストール手順

下記はOmnisphere 2を例にした手順です。名称を各製品名に置き換えてインストールを行ってください。

ダウンロード

製品のUSBメモリを接続し、Spectrasonics[製品名]ドライブを開きます。 “[製品名] Installation.url”ファイルをダブルクリックして、ブラウザを開きます。



Spectrasonicsアカウントにログインし、DOWNLOADボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードします。



Step 1 - Installer

ダウンロードフォルダより、ダウンロード・解凍された“[製品名]_Installation” フォルダを開き、“Step 1 – Installer”を開きます。



“Step 1 – Installer”内の “Windows”フォルダから“[製品名] Installer”を実行します。



インストーラーをInstallation Info 、License Agreement画面の順に、指示に沿って進めます。



“Select Folder For 64-bit VST Plugin”のステップでは、ご利用のDAWに合わせてVSTプラグインのインストール先を変更できます。指定のない場合、プラグインはデフォルトで下記フォルダにインストールされます。プラグインファイルはインストール後に移動することも可能です。

C:ProgramData\Steinberg\vstplugins\Omnisphere.dll



“Select Folder For Data”のステップで、製品のライブラリデータのインストール先を指定できます。指定のない場合、ライブラリはデフォルトで下記フォルダにインストールされます。外付けドライブなどにインストール先を変更したい場合は、“Browse”ボタンをクリックしてインストール先を指定してください。

C: ProgramData/Spectrasonics/
*ProgramDataフォルダは、Explorer画面上部メニューの表示>隠しファイルにチェックを入れることで表示されます。



インストール先の指定を確認後、インストールを開始します。



インストール完了後、Finishをクリックしてインストーラーを終了してください。



Step 2 – Data Updater

インストールを完了後、[製品名]_Installation フォルダから “Step 2 – Data Updater” を開きます。



“Windows” フォルダから“[製品名]_Data_Updater”を実行します。



“Select Folder For Data”のステップで、ライブラリアップデートのインストール先を指定します。Step 1のインストールで指定した場所であることを確認の上、進めます。



アップデータのインストール先は、デフォルトではProgramData以下のフォルダが指定されます。外付けドライブなどにライブラリフォルダ(STEAM/SAGE)をインストールした場合は、"Browse" ボタンでインストール先を変更してください。ProgramData以外の場所にライブラリフォルダ(STEAM/SAGE)インストールした状態で、"Browse"ボタンでインストール先を指定しなかった場合、下記のようなエラーが表示されます。ライブラリフォルダを再度指定してください。

This is a not a [STEAM/SAGE] folder perhaps you selected a shortcut?
The [STEAM/SAGE] folder must have a [製品名] subfolder

アップデータのインストールを完了後、Finishをクリックしてインストーラーを終了してください。


オーサライズ

インストール完了後、製品を有効化するオーサライズの手順をお進めください


    • Related Articles

    • Spectrasonics Mac インストール手順 (USBメモリ)

      Spectrasonics製品のUSBメモリからのインストールは下記手順にてお進めください。 インストール前に インストール前に下記をご確認ください。 アカウント・登録 インストールにはSpectrasonicsアカウント作成、製品登録が必要となります。お済みでない場合は下記ページを参考の上、事前にSpectrasonicsウェブサイトにて作成・登録を行なってください。 Spectrasonicsアカウント作成・製品登録方法 動作環境 ...
    • Symphony Desktop アップデート情報/インストール手順

      Symphony Desktopは下記手順にてご登録、ダウンロード、インストールをお進めください。 Apogeeユーザーアカウントの登録 アカウントをお持ちでないお客様は、下記ページをご参照の上Apogeeアカウントを作成しSymphony Desktopシリアルナンバーおよびアクティベーションコードを登録します。プラグインライセンスはApogeeウェブサイトでの登録を完了後、アカウント内のProduct Registration Informationページに追加されます。 ...
    • WUP(Waves Update Plan)更新・再加入後のアップデートとインストール手順

      WUPの更新・再加入するとWavesアカウントのMy Products上では、対象となった製品のUpdate Plan項目が更新日から1年後の日付に更新されます。 更新を確認後、下記手順にて製品ライセンスのアップデート、インストールをお進めください。 バージョン・アップデート、インストール手順 最新バージョンのご利用にあたり、Wavesアカウントにて製品ライセンスのアップデート、Waves Centralにてプラグインのインストールとアクティベーションの作業が必要となります。  1. ...
    • Symphony Desktop ファームウェアアップデート時にUSBメモリが認識されない

      Symphony Desktopのファームウェアップデートには、アップデートファイルをUSBメモリに入れ、Symphony Desktopに接続する必要がございます。 付属のUSBメモリなどが認識されない場合、以下手順をお試しください。 1.USBメモリの再フォーマット Windows: MS-DOS FAT32形式にてフォーマットを行います。 macOS: ディスクユーティリティにてMS-DOS(FAT)形式にてフォーマットを実行します。 ...
    • UJAM製品のアンインストール手順:macOS

      UJAM製品をアンインストールされる場合、以下フォルダより削除したい製品のファイル/フォルダを直接削除してください。 ファイル: 概要 オーディオコンテンツ システムドライブ:/ ライブラリ / Application Support / UJAM / ユーザーコンテンツ システムドライブ:/ USERS / USERNAME / ライブラリ* / Application Support / UJAM / AUプラグイン システムドライブ:/ ライブラリ / Audio / Plug-Ins / ...