Spectrasonics Windows インストール手順 (USBメモリ)

Spectrasonics Windows インストール手順 (USBメモリ)

Spectrasonics製品の USBメモリからのインストールは下記手順にてお進めください。

インストール前に

インストール前に下記をご確認ください。

アカウント・登録

インストールにはSpectrasonicsアカウント作成、製品登録が必要となります。お済みでない場合は下記ページを参考の上、事前にSpectrasonicsウェブサイトにて作成・登録を行なってください。

動作環境

ドライブ空き容量

製品によってライブラリデータ用に、インストール先ドライブに下記の空き容量を確保してインストールをお進めください。ライブラリのサイズは環境により若干異なルため、おおよその値としてご参考ください。
  1. Omnisphere 2 - 128GB (ライブラリ 64GB)
  2. Trilian - 80GB (ライブラリ 40GB)
  3. Keyscape - 160GB (ライブラリ Full 80GB, Lite 30GB)
  4. Stylus RMX - 30GB (ライブラリ 15GB)

インストール手順

下記はOmnisphere 2を例にした手順です。名称を各製品名に置き換えてインストールを行ってください。

ダウンロード

製品のUSBメモリを接続し、Spectrasonics[製品名]ドライブを開きます。  “[製品名] Installation.url”ファイルをダブルクリックして、ブラウザを開きます。



Spectrasonicsアカウントにログインし、DOWNLOADボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードします。



Step 1 - Installer

ダウンロードフォルダより、ダウンロード・解凍された“[製品名]_Installation”  フォルダを開き、“Step 1 – Installer”を開きます。



“Step 1 – Installer”内の “Windows”フォルダから“[製品名] Installer”を実行します。



インストーラーをInstallation Info 、License Agreement画面の順に、指示に沿って進めます。



“Select Folder For 64-bit VST Plugin”のステップでは、ご利用のDAWに合わせてVSTプラグインのインストール先を変更できます。指定のない場合、プラグインはデフォルトで下記フォルダにインストールされます。プラグインファイルはインストール後に移動することも可能です。

C:ProgramData\Steinberg\vstplugins\Omnisphere.dll



“Select Folder For Data”のステップで、製品のライブラリデータのインストール先を指定できます。指定のない場合、ライブラリはデフォルトで下記フォルダにインストールされます。 外付けドライブなどにインストール先を変更したい場合は、“Browse”ボタンをクリックしてインストール先を指定してください。

C: ProgramData/Spectrasonics/
*ProgramDataフォルダは、Explorer画面上部メニューの表示>隠しファイルにチェックを入れることで表示されます。



インストール先の指定を確認後、インストールを開始します。



インストール完了後、Finishをクリックしてインストーラーを終了してください。



Step 2 – Data Updater

インストールを完了後、[製品名]_Installation フォルダから “Step 2 – Data Updater” を開きます。



“Windows” フォルダから“[製品名]_Data_Updater”を実行します。



“Select Folder For Data”のステップで、ライブラリアップデートのインストール先を指定します。Step 1のインストールで指定した場所であることを確認の上、進めます。



アップデータのインストール先は、デフォルトでは ProgramData以下のフォルダが指定されます。外付けドライブなどにライブラリフォルダ(STEAM/SAGE)をインストールした場合は、"Browse" ボタンでインストール先を変更してください。ProgramData以外の場所にライブラリフォルダ(STEAM/SAGE)インストールした状態で、"Browse"ボタンでインストール先を指定しなかった場合、下記のようなエラーが表示されます。ライブラリフォルダを再度指定してください。

This is a not a [STEAM/SAGE] folder perhaps you selected a shortcut?
The  [STEAM/SAGE] folder must have a [製品名] subfolder

アップデータのインストールを完了後、Finishをクリックしてインストーラーを終了してください。


オーサライズ

インストール完了後、製品を有効化するオーサライズの手順をお進めください


    • Related Articles

    • Spectrasonics Mac インストール手順 (USBメモリ)

      Spectrasonics製品のUSBメモリからのインストールは下記手順にてお進めください。 インストール前に インストール前に下記をご確認ください。 アカウント・登録 インストールにはSpectrasonicsアカウント作成、製品登録が必要となります。お済みでない場合は下記ページを参考の上、事前にSpectrasonicsウェブサイトにて作成・登録を行なってください。 Spectrasonicsアカウント作成・製品登録方法 動作環境 ...
    • Sonic Extensions 購入、クーポンご利用方法、インストール手順

      Sonic Extensions は、Omnisphere 2の音色を強化する、別売の拡張ライブラリです。 パッケージ内にクーポンコードが添付されている場合は、こちらをご利用いただくことにより割引価格でご購入いただけます。 *ご購入はクレジットカードまたはPayPalとなります。また、Sonic Extensionsサイトでの購入のみとなっております。 Sonic Extensions FAQページもご参照ください。 1.Sonic Extensionsのページを開きます。 ...
    • Symphony Desktop アップデート情報/インストール手順

      Symphony Desktopは下記手順にてご登録、ダウンロード、インストールをお進めください。 Apogeeユーザーアカウントの登録 アカウントをお持ちでないお客様は、下記ページをご参照の上Apogeeアカウントを作成しSymphony Desktopシリアルナンバーおよびアクティベーションコードを登録します。プラグインライセンスはApogeeウェブサイトでの登録を完了後、アカウント内のProduct Registration Informationページに追加されます。 ...
    • UJAM製品のアンインストール手順:Windows

      UJAM製品をアンインストールされる場合、以下フォルダより削除したい製品のファイル/フォルダを直接削除してください。 UJAM製品のアンインストールは、下記フォルダ内にある"製品名"のフォルダまたはファイルを削除いただくことで完了いただけます。 製品名のファイル、フォルダが見受けられない場合は次のフォルダをご確認ください。  C:\Program Files\UJAM\[製品名] C:\Program Files\Vstplugins\UJAM\[製品名] C:\Program ...
    • Symphony Desktop ファームウェアアップデート時にUSBメモリが認識されない

      Symphony Desktopのファームウェアップデートには、アップデートファイルをUSBメモリに入れ、Symphony Desktopに接続する必要がございます。 付属のUSBメモリなどが認識されない場合、以下手順をお試しください。 1.USBメモリの再フォーマット Windows: MS-DOS FAT32形式にてフォーマットを行います。 macOS: ディスクユーティリティにてMS-DOS(FAT)形式にてフォーマットを実行します。 ...