Soundtoys 動作環境および最新アップデート情報

Soundtoys 動作環境および最新アップデート情報

20180611_soundtoys5
Soundtoysバンドルおよび単体V5プラグイン製品の最新アップデータ情報です。該当するv5ライセンスのお持ちの方は無償にてアップデート頂けます。

対象製品

Soundtoys 5、Effect Rackバンドルおよび単体V5プラグイン製品

動作環境

すべてのv5 Soundtoys 製品は64-bit VST, AU and AAX Nativeフォーマットとなり下記OSおよびホストアプリケーション上で動作します。

  1. Mac : OS X Yosemite 10.10 - macOS Monterey 12
  2. Audio Units、VST2/VST3のApple Silicon(Mシリーズ)ネイティブ対応
  3. AAX Native/AudioSuite 各64bit専用
  1. Windows:  7, 8, 10
  2. VST 2.4、VST3、AAX Native/AudioSuite 各64bit専用

対応ホストアプリケーション

  1. Pro Tools 11 - 2021.12 (Mac & PC: AAX Native and AudioSuite)
  2. Logic Pro X - 10.7 (Mac: AudioUnits)、Apple Silicon Macでは10.7.3以降
  3. GarageBand 10 (Mac: AudioUnits)
  4. Ableton Live 9.2.2 - 11 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  5. Digital Performer 9 - 10 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  6. Studio One 4.5-5 (Mac: AudioUnits & VST; Windows: VST)
  7. Cubase 9.5 - 12 (Mac & PC: VST)*
  8. Nuendo 8 - 11 (Mac & PC: VST)
*Apple Silicon(M1) MacではRosettaモードでのサポート

旧32bit対応バージョンは下記よりダウンロード可能です.
Soundtoysでは上記DAWで製品の動作確認を実施しています。他の多くのDAWでもご利用可能ですが未サポートのDAW・ホストアプリケーションについてSoundtoysでは製品の動作を保証しておらず、何らかの問題が発生する可能性もあります。事前にデモ試用バージョンをご利用いただくことをお薦めいたします。

iLok License Managerによるオーサライズが必要です。ライセンスはご利用のコンピューターにダウンロードすることができます。
iLokキーは必須ではありません。オプションとしてiLok2/3 USB Smart Keyにライセンスをオーサライズ可能です。

その他、基本的な動作環境は各フォーマット対応ホストアプリケーションの動作環境に準じます。

ダウンロード方法

下記ページよりSoundtoysアカウントにログインの上、対応OSのインストーラーをダウンロード、インストールして下さい。
https://www.soundtoys.com/acct/

主な追加・変更点

5.3.7 アップデート
2022/3/22
  1. Audio UnitsとVST2のApple Silicon(M1)ネイティブサポートを追加。
  2. 特定のユーザーでインストーラーがインストールできないことがある問題を修正。
既知の問題点および注意事項
  1. Apple Silicon対応Logic の推奨されるバージョンは 10.7.3以降 です。
  2. Logic内蔵プリセットマネージャーでプリセットを切り替えるとEffect Rackが不安定になることがあります。プラグイン内のプリセットマネージャーをご利用ください。
  3. VST3サポートは本リリースには含まれないためご注意ください。VST3サポートは後日提供予定です。

リリースノート  アップデート履歴


5.3.8 アップデート
2022/10/18
  1. VST3をサポート
  2. AU、VST2/VST3フォーマットのApple Silionネイティブ対応
  3. インストーラーから任意のフォーマットを選択してインストール可能
  4. プリセットマネージャーがファイルシステムを認識、ドライブ上のファイルの変更を反映するよう修正。

The minimum recommended version of Logic for native Apple silicon is 10.7.3
Switching presets in Logic’s built-in preset manager may cause instability with Effect Rack. Using our internal preset manager should be fine.
VST3 support is not included in this release and will come at a later time.

5.3.7 アップデート
2022/03/22
  1. VST2フォーマットのApple Silionネイティブ対応
  2. いくつかの環境下でインストールが失敗する問題を修正
既知の不具合
LogicでのApple Siliconネイティブ動作にはLogic 10.7.3以降が動作環境となります。
Effect RackをLogicで使用時にLogic内蔵のプリセットマネージャーでプリセットを変更すると動作が不安定になる場合があります。Effect Rack内のプリセットマネージャーをご利用ください。

5.3.6 アップデート
2021/10/20
  1. Effect Rack VSTフォーマットで異なるサンプルレートへオフラインレンダリングを行うとクラッシュする問題を修正。
  2. Effect Rack がオフラインレンダリングの際に誤って"out of automation slots" 警告を表示する問題を修正。
5.3.5 アップデート
2021/9/30
  1. 特定のホストにおけるオフラインレンダリングでエフェクトの開始が遅れる、不要なフェードインが発生する問題を修正。
  2. 再生中のモジュレーションパターンを編集したときに発生するオーディオアーティファクトを修正。
  3. イベントを0レベルに編集した後、変更できなくなる問題を修正。
  4. Effect Rackのプリセット変更時にディレイバッファをリセットするよう変更。
  5. 特定の2ステージフェイザースタイルのPhaseMistressサウンドにおける問題を修正。
  6. [Windows] Reaperのロード時にEffect Rackがクラッシュする問題を修正。
  7. パターンエディターの安定性を改善。
5.3.4 アップデート
2021/3/30
  1. 特定のプラグインがインストゥルメントチャンネルにインサートされた場合に、BitwigのCPU過負荷が発生する問題を修正
  2. 特定の状況下で表示される不正なライセンス期限切れ警告を修正
  3. 特定の状況下でエフェクトの順番を変更した後、Effect Rackが信号を失うことがある不具合を修正
  4. オーディオ再生中にプリセットを変更するとEchoBoyがクラッシュすることがある不具合を修正
  5. Rhythm Editorに、パターン内の現在の位置を示すトランスポートインジケーターを追加
  6. Windows版の安定性を向上
5.3.3 アップデート
2020/12/10
  1. macOS Big Sur 10.11をサポート
  2. macOS Big Surにおけるグラフィックのマイナーな問題を修正
  3. macOS Catalina で GarageBand や Maschine でインサートしたプラグインがクラッシュすることがある問題を修正
  4. 浮動小数処理を改善
  5. パターンエディタのグラフィックの問題を修正
  6. 特定のプラグインでオフラインレンダリング中にテンポが同期してしまう問題を修正
  7. Little AlterBoyのドライシグナルパスのディレイがホストDAWのディレイ補正と一致しない問題を修正
  8. DecapitatorがAbleton LiveのアンドゥにAutoGain変更でヒストリーをオーバーフローさせていた問題を修正
  9. MicroShiftからローレベルのノイズを除去
  10. Decapitatorの "Dark Drive "プリセットのレベル調整
  11. 数値入力コントロールにNumPadと矢印キーのサポートを追加
  12. プリセットメニューのマウストラッキング動作を改善
  13. 特定のプリセット変更時にEffect Rackがクラッシュする問題を修正
  14. 特定のリズムプリセットで "Waveform and Rhythm Too Complicated "アラートが発生する問題を修正
  15. リズムプリセットで "12 Bar Roller "を選択するとTremolatorがクラッシュする問題を修正
  16. 特定の状況でプリセットメニューからOrganizeコマンドが消えてしまう問題を修正
  17. Abletonで複数のEffect Rackインスタンスをリコールすると稀にクラッシュする問題を修正
5.3.2 アップデート
2019.12
  1. macOS Catalina 10.15をサポート
  2. 32bitフォーマットのサポート終了
  3. Windowsでパラメーターが最小値の状態でロックしてしまう問題を修正
  4. Windowsでパラメーターをダブルクリックでリセットできない問題を修正
  5. Windows版Cubaseでブラックリストにプラグインが追加されてしまう問題を修正
2018.11
5.3.0 Update
macOSおよびWindows
  1. 新規購入のプラグインより、アクティベーション・ウィンドウからActivation Codeでのアクティベーションに対応。
  2. Soundtoys 5.3ライセンスより、バンドルにLittle Plateが追加(*新規購入ライセンスのみ)
macOSのみ
  1. macOS Mojaveを正式にサポート
  2. macOS Mojaveにおけるいくつかのプラグインの表示の問題を解消
2018.06
5.2.4 Update
  1. Little PlateをSoundtoys 5インストーラーに収録
  2. 特定の条件下でまれに起こる音切れ・グリッチの問題を修正
  3. セッション復帰時にまれに発生するクラッシュの問題を修正
  4. Mac Retina(DPI)で起こるアニメーション表示の不具合を修正
  5. リズム・エディターで複数小節をまたぐリズムを作成可能に
  6. “update nesting too deep”アラートの問題を修正
  7. AAXバージョンのFilterFreak および PrimalTapにてMIDIによるトリガーをサポート
  8. 特定のインスタンスでCPU負荷のスパイクが発生する問題を修正
  9. 以下のAAX AudioSuiteバージョン・プラグインで複数ステム・フォーマット(mono-mono, mono-stereo, stereo-stereo)をサポート: Tremolator, Decapitator, Devil-Loc Deluxe, FilterFreak 1 & 2, Little Radiator, Radiator, Sie-Q
  10. Windows版Reaperにおいてレンダリング中に起こるクラッシュを修正
  11. macOS High Sierraで適正にプリセットのソートの問題を修正
  12. macOS High SierraでMacの再起動なしにAudio Unitsのスキャンが行えるよう改善
  13. GUIをの開閉を行ってもロックされたノブのタイトルが赤文字で表示される問題を修正
  14. Effect RackにおいてPro Toolsオートメーション・ホットキーをサポート
  15. EchoBoyのDelay Notes/Timeなどの複合パラメーターにおいてPro Toolsオートメーション・ホットキーをサポート
  16. Windows版てPro Toolsオートメーション・ホットキーの問題を修正
  17. AU Labセッションのリコールの問題を修正
  18. PanManのRandom & Triggeredモードにおけるバランス・オフセットの問題を修正
  19. 以下プラグインのVSTにおけるDAW上のプラグイン名をAU、AAXと共通となるよう更新:Little Plate, Little AlterBoy, Little Radiator, Little PrimalTap, Little MicroShift, EchoBoy Jr., Sie-Q 
2018.06
5.2.3
  1. メンテナンスアップデート 
2017.01
5.2.0 Update
  1. EchoBoy Jr.をSoundtoys 5に収録 (v5.2ライセンスが必要です)
  2. EchoBoy Jr.をEchoBoy 5ライセンス/インストーラーで利用可能に (v5.2ライセンスが必要です)
  3. Effect RackにEchoBoy Jr.関連プリセットを追加
  4. いくつかのAAXバージョン・プラグインでマルチ・モノのオペレーションがサポートされない問題を修正
  5. PhaseMistressおよびFilterFreak 1 & 2のLFO Rateパラメーターのオートメーションが可能に

v4以前の製品について

  1. Soundtoys 5のリリースに伴いV4製品の新規販売を終了しております。
  2. PurePitch、PitchDoctor、SoundBlender: V4までのサポートとなります。Pro Tools  9 (TDMフォーマット専用)
  3. Speed対応ホスト: V4までのサポートとなります。Logic 9 & 10 (Time and Pitch Machine専用),  Pro Tools 9  (AudioSuite対応)
  4. AAXフォーマット対応: Pro Tools 11以降 (64bit)、Pro Tools 10.3.5 (32bit)
  5. Native製品は TDMフォーマットには非対応となります。

*2010年12月より、SoundToys製品のダウンロードにはアカウント作成と製品登録が必要となりました。
    • Related Articles

    • Soundtoys Little Radiator取得方法

      2023年1月2日まで、特別プロモーションとしてSoundtoys Little Radiatorが無償にてご入手いただけます。 以下手順にて取得をお進めください。 1.以下ページを開き、取得コードをコピーします。 code: HOLIDAYHEAT https://www.soundtoys.com/product/little-radiator/ 2.ADD TO CARTボタンをクリックします。 3.購入内容が表示されたら、右下のCHECK OUTボタンをクリックします。 ...
    • SoundToys製品 登録・インストール方法

      Soundtoys製品は製品シリアルナンバー(=ライセンス情報)を登録することで、iLokオーサライズとインストーラーのダウンロード、インストールが行えます。下記手順に沿ってお進めください。 *2022.6月より、Soundtoysアカウントシステムの変更が行われております。以前にSoundtoysアカウントを作成されているお客様も、以下の手順にてアカウントの更新を行ってください。 iLok.com IDの確認 Soundtoys製品のご利用にはiLok.com アカウントおよびiLok ...
    • Soundtoys アカウントのパスワードが分からない・再設定手順

      Soundtoysアカウントのパスワードは下記手順でリセット、再設定が可能です。 Soundtoysのログインページにアクセスし、画面内のForgot Your Password?リンクに進みます。 https://acct.soundtoys.com/acct 表示される画面のEmail欄にご登録のメールアドレスを入力し、Reset Passwordをクリックしてリセット設定用のメールを送信します。 下記件名のメールが送信されます。Please use this link to reset ...
    • ライセンスを iLok.com アカウントに登録する方法

      このガイドは、iLok.com アカウントに登録せずに 30 桁のアクティベーションコードを使用した場合にのみ適用されます。つまり、2 回目のアクティベーションを使用したり、Soundtoys アカウント、iLok.comアカウントには登録されていない状況です。 これを修正するのは簡単ですが、Soundtoys プラグインが動作しているコンピューターでのみ動作します。そのコンピュータが壊れているか、アクセスできない場合は、弊社サポートまでご連絡ください。 ライセンスの取得 Soundtoys ...
    • 故障・使用できないコンピューターからiLokライセンスを解除する iLok License Manager ~ Report as Unusable

      故障や処分などでiLokライセンスをアクティベーションしたコンピューターにアクセスできない場合、下記対応メーカーについてはiLokライセンスを解除するためのライセンスロケーションリセットをアプリケーション内から申請することができます。下記手順にそってお申し込みください。 iLok USB Keyにアクティベーション ...