SoundGrid Studio 動作環境

SoundGrid Studio 動作環境

本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。

Waves動作環境

SoundGrid StudioはWavesより無償で入手いただけます。ダウンロード方法のセクションをご参照ください。

SoundGrid Studio v13 動作環境

Mac

Model/CPU:
MacBook Pro / iMac / Mac Mini with M1 (ARM) CPU (Rosetta 2での動作)
MacBook Pro / iMac / Mac Mini with Intel i5 CPU以上

MacBook Airはサポートされません
”Metal”対応Macモデルまたはディスプレイカードが必要です - Metalについての詳細はこちらから

OS:
10.15.7, 11.6.1, 12.3

Windows

CPU:
Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD Quad-Core

OS:
Windows 10 64-bit
Windows 11

OS共通

RAM:16 GB以上
ドライブ容量:システムドライブに8 GB以上の空きディスク容量

ディスプレイ解像度:
対応解像度: 720p -  4k (推奨解像度: GUIスケーリングをオフにした1280x768 / 1360x768)
オートスケーリングはデフォルトで有効になります。
USB ディスプレイはプライマリ・ディスプレイとしてはサポートされません

ダウンロード方法

Wavesアカウントにログインの上、以下ページ画面右上の"GET IT FREE"をクリックしてください。ライセンスを取得後、WavesCentralのInstallメニューよりインストール、アクティベートを行なってください。
*SoundGrid Studio はバージョンごとにライセンスが異なります。V9.7など旧バージョンをお持ちの場合でも新規にライセンスをご取得ください。

例外と注意事項 V13

  1. Metalグラフィックに対応していないMacモデルは現在のバージョンではサポートされていません。 Metalについての詳細はこちらから
  2. 2012年以前のMacProは現在のバージョンではサポートされていません。
  3. SoundGrid Studio と StudioRack v13 は、次のオペレーティングシステムでV13 および V12 プラグインの動作をサポートしています:Windows 10, Windows 11 macOS 10.15.7, 11.6.1, 12.1
  4. デバイス共有のために全てのSoundGridのホストアプリケーションは同じバージョンにアップデートする必要があります。
  5. StudioRackはPro Tools HDX、HD、HD NativeでのSoundGridモードプロセッシングはサポートされていません。
  6. SoundGridプロセッシングには下記の要件が必要です: (1) SoundGridサーバー (2) SoundGridオーディオ・インターフェイス、またはASIO/Core Audioインターフェイス(SoundGridドライバー/ネットワーク接続が必要)
  7. SoundGridはプライベートネットワークです:クリーンなネットワークのストリームを保つため、SoundGrid 専用のネットワークをご利用ください。SoundGrid以外のプロトコルを使用すると、オーディオのドロップ、アプリケーションのフリーズなど予期しない結果が発生する可能性があります。
  8. macOS: Thunderbolt 3, 4およびUSB-Cポートを備える新しいAppleコンピュータでは、SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワークオーディオ伝送の最適なパフォーマンスを得るために、以下のいずれかのアダプタの使用を推奨します。    
    1. Sonnet Solo 10G Thunderbolt 3-to-Ethernetアダプター
    2. OWC Thunderbolt 3 10Gイーサネットアダプター
  1. macOS 10.15 (Catalina)以降でのインストール: SoundGrid Studioアプリケーションをインストールした後30分以内にシステムを再起動し、[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [全般 ]に移動して、表示される[ 許可]ボタンをクリックします。30分以上を経過した場合にボタンを再度表示するには、再度コンピュータを再起動します。
  2. Windows:USB-Cを搭載したコンピューターでは 、SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワークオーディオ伝送の最適なパフォーマンスを得るために、以下のいずれかのアダプタの使用を推奨します。    
  1. Plugable USB Type-C Gigabit Ethernet Adapter USBC-E1000
  1. VPNソフトウェアは動作要件に合うようネットワーク設定を変更することができます。
VPNによる変更は、SoundGridに使用されるネットワークポートに影響を与え、ネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。
SoundGridを使用する際はすべてのVPNソフトウェアを削除・無効化または電源をオフにすることを強くお勧めします。
  1. Wavesプラグインとアプリケーションは、内蔵ドライブにインストールされたオペレーティングシステムにて動作をテスト、サポートしています。外付けドライブにインストールされたオペレーティングシステムではテストされておらず、SoundGridを含むWaves製品は完全には機能しない可能性があるため推奨していません。
  2. ご注意: DiGiGrid DGS-XLサーバーはSoundGrid Studioでの動作テストの認証を受けています。ただし、Wavesでは同製品のテクニカルサポートは行っておりません。DiGiGridまでお問い合わせください。
  3. SoundGrid V13 を使用するにはすべての SoundGrid ハードウェアを v13 対応ファームウェアに更新する必要があります。
Wavesプラグインとアプリケーションは、内蔵システムドライブにインストールされたオペレーティングシステムでテスト・動作がサポートされています。外付ドライブにインストールされたオペレーティングシステムはテストされておらず、このため動作はサポート外となりWavesソフトウェアが完全に機能しない場合があります。

対応サンプルレート

44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

レイテンシー

SoundGrid StudioアプリケーションとSoundGrid ASIO/Core Audioドライバでは、SoundGridドライバーのネットワークバッファ設定およびSoundGridプロセスバッファの設定により動的にレイテンシー変動します。

対応オーディオインターフェイス

  1. SoundGrid StudioはすべてのSoundGridオーディオインターフェースと互換性があります。
  2. DiGiGrid D / Q / M インターフェースの出力を Soundgrid Driver に接続した場合、Soundgrid ホストアプリケーションで Driver Network Buffer を 1024 サンプルに設定すると、オーディオ信号が出力さ れなくなることがあります。この問題を回避するには、ドライバのネットワークバッファを512以下に変更 してください。

対応SoundGrid Server

  1. すべてのSoundGridサーバーがサポートされています。DiGiGrid DGS-XL(Waves未販売)のSoundGrid Studioでの使用については、認定およびサポート対象外となります。
  2. SoundGrid StudioとSoundGrid Extreme Serverの組み合わせを強く推奨します。
  3. SoundGrid Impact ServerDiGiGrid IOSは、SoundGrid Studio 16ch構成で最大48kHzのサンプルレートに対応しています。
  4. 詳細なCPU消費量のベンチマークは、サーバーの比較ページをご覧ください。

対応ケーブル

Cat 5e、Cat 6、Cat 7ケーブルに対応しています。テストおよび承認済みのケーブル長:I/Oボックスからスイッチまで100m、最大4ホップ/スイッチ。

対応ネットワークスイッチ

SoundGridオーディオネットワークおよびプロセッシングシステムに使用可能なネットワークスイッチに関する最新情報については、こちらのページを参照してください。
スイッチの具体的なモデル、バージョンには特に注意が必要です。あるバージョンではうまく動作しますが、別のバージョンではうまく動作し ない場合もあります。互換性を確保するために、Wavesの推奨するスイッチを購入されることをお勧めします。

対応プラグイン

  1. Wavesプラグイン: SoundGrid Studio v13はWaves v13およびv12プラグインをサポートしてします。プラグイン互換性チャートプラグインレイテンシーチャートをご参照ください。
  2. サードパーティープラグイン: 現在SoundGrid Studio v13は64-bitプラグインのみをサポートしておりサードパーティー製のプラグインをサポートしていません。32bit対応の他社製プラグインは、各メーカーのスケジュールにより将来的に対応する可能性があります。

リリースノート

最新のアップデート情報については、下記リリースノートをご参照ください。


以下の動作環境は旧バージョンのWaves SoundGrid製品を対象としています。

SoundGrid Studio v12 動作環境

Mac

OS: 10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)
CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon

Windows

Windows 10 64bit
CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD QuadCore

OS共通

RAM:16 GB
ドライブ容量:システムドライブに8 GBの空きディスク容量
対応解像度: 720p -  4k (推奨解像度: 1280x1024 / 1600x1024)
オートスケーリングはデフォルトで有効になります。
USBディスプレイはプライマリとしてサポートされません。

対応サンプルレート
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

例外と注意事項 V12

  1. macOS環境では"Metal"に対応したMacモデルが必要です。追記情報
  2. Pro Tools HDX、HD、HD NativeではSoundGridモードはサポートされていません。
  3. SoundGrid処理には、(1)SoundGridサーバーと(2)SoundGridオーディオインターフェイスまたは非SoundGridオーディオインターフェイス(ASIO / Core Audio)で構成されるSoundGridシステムが必要です。
  4. SoundGridは「プライベート」ネットワークです。最適なネットワークストリームをご利用いただくため、SoundGridネットワーク上にSoundGrid以外のアプリケーションを実行しないでください。SoundGridオーディオを伝送する同じネットワークでそれ以外のプロトコルを使用すると、オーディオドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない症状が発生する可能性があります。
  5. macOS:Thunderbolt 3 / USB-Cを搭載した新しいAppleコンピューターで、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨します。
  1. Sonnet Solo 10G Thunderbolt 3-to-Ethernetアダプター
  2. OWC Thunderbolt 3 10Gイーサネットアダプター
  1. macOS 10.13(High Sierra)以降でのインストール: SoundGrid Studioアプリケーションをインストールした後、30分以内にシステムを再起動し、[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [全般 ]に移動して、[ 許可]をクリックします。30分が経過したときにボタンを再度表示するには、コンピュータを再起動します。
  2. Windows:USB-Cを搭載したコンピューターでは、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨しています。
  1. Plugable USB Type-C Gigabit Ethernet Adapter USBC-E1000
  1. VPN設定について:SoundGridに使用されるネットワークポートに影響を及ぼし、SoundGridネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。SoundGridでの作業中は、すべてのVPNソフトウェアを削除、無効化、またはオフにすることを強くお勧めします。
  2. DiGiGrid DGS-XLサーバーは、SoundGrid Studioでの動作テストの認証を受けています。ただし、Wavesでは本機のテクニカルサポートは行っておりません。
Wavesプラグインとアプリケーションは、内蔵システムドライブにインストールされたオペレーティングシステムでテスト・動作がサポートされています。外付ドライブにインストールされたオペレーティングシステムはテストされておらず、このため動作はサポート外となりWavesソフトウェアが完全に機能しない場合があります。

リリースノート V12

2021年6月1日
更新: SoundGrid Studio v12.8.0.320
  1. 新機能: SoundGrid Studio(StudioRack経由)とREAPER v6.23.0/Bitwig v3.3間での自動モニタリング同期に対応。詳細は上記のStudioRackアップデートノートをご覧ください。
  2. 新機能: SoundGrid Studioのグラフィック・ユーザー・インターフェースのサイズを変更可能に
  3. 新機能: プラグインにサイドチェインを割り当て可能に
  4. 新機能: SoundGrid StudioがWaves MyMonパーソナルモニターミキシングアプリをサポート
SoundGrid StudioとMyMonのセットアップ方法はこちらよりご覧ください。
  1. 修正:SoundGrid Studioが "Last State "で起動されたとき、カスタムレイヤーがロードされない問題を修正
  2. 修正:SoundGrid Studioが "Previous/Last State "に設定され、最後のセッションが異なるサンプルレートだった場合でも、サンプルレートは48kHzにデフォルトされるよう修正 
  3. 修正:DiGiGrid DLSのI/Oは、Wizardがモニター出力の選択を求める時に利用できない問題を修正
  4. 修正:レイテンシーコンペンセーションのリミットを超えても警告が出ない問題を修正
  5. 修正:その他の一般的なバグを修正
2020年12月20日
更新:  SoundGrid Studio v12.4.0.150
  1. 新機能: プリセットメニューを介して32色からトラックカラーコーディングをカスタマイズ可能
  2. 修正:2番目にログインしたユーザーが最初のユーザーと同じMacでSoundGrid Studioをロードした場合の問題を修正
  3. 修正:GPモードでAuto ConfigがDiGiGrid DLI/DLSをパッチしない問題を修正
  4. 修正:GUIを再オープンするとプラグインの場所が変わるバグを修正
  5. 修正:選択されたControl Room出力がGUI上に表示されないバグを修正
  6. 修正:MultiMod Rackでプリセットを変更するとSoundGrid Studioがクラッシュするバグを修正
  7. 修正:I/Oの共有とドライバの共有に関する様々な問題を修正
2020年5月
  1. SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer V11リリース

SoundGrid Studio v11 動作環境

Mac
10.13.6-10.15.4
CPU
Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon

Windows
Windows 10 64bit
CPU
Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD QuadCore

メモリ
16 GB RAM
システムドライブに8 GBの空きディスク容量

ディスプレイ解像度
最小:1024x768
推奨:1280x1024 / 1600x1024
USBディスプレイはプライマリとしてサポートされていません。

サンプルレートサポート
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

補足情報

  1. Pro Tools HDX、HDおよびHD NativeのSoundGridモードはサポートされていません。
  2. SoundGridプロセッシングには、(1)SoundGridサーバーと(2)SoundGridオーディオインターフェイスまたは非SoundGridオーディオインターフェイス(ASIO / Core Audio)で構成されるSoundGridシステムが必要です。
  3. SoundGridは「プライベート」ネットワークです。最適なネットワークストリームをご利用いただくため、SoundGridネットワーク上にSoundGrid以外のアプリケーションを実行しないでください。SoundGridオーディオを伝送する同じネットワークでそれ以外のプロトコルを使用すると、オーディオドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない症状が発生する可能性があります。

macOS:Thunderbolt 3 / USB-Cを搭載した新しいAppleコンピューターで、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨します。
  1. Sonnet Solo 10G Thunderbolt 3-to-Ethernetアダプター
  2. OWC Thunderbolt 3 10Gイーサネットアダプター
  3. Apple Thunderbolt 2 to 1GB Ethernet Adapter (MDP connector)
macOS 10.13(High Sierra)以降でのインストール: SoundGrid Studioアプリケーションをインストールした後、30分以内にシステムを再起動し、[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [全般 ]に移動して、[ 許可]をクリックします。30分が経過したときにボタンを再度表示するには、コンピュータを再起動します。

Windows でのインストール:V11ではThunderbolt 3を介したSoundGridネットワークへの接続はサポートされていません。

VPN設定について:SoundGridに使用されるネットワークポートに影響を及ぼし、SoundGridネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。SoundGridでの作業中は、すべてのVPNソフトウェアを削除、無効化、またはオフにすることを強くお勧めします。

SoundGrid Studio 9.7, StudioRack 9.7 MultriRack 動作環境  

  1. Mac: macOS 10.11.6-10.14.5
  2. Windows: Windows 8.1/10 64bit
  3. 対応SoundGridハードウェアドライバ:V9
  4. 対応Wavesプラグインバージョン:V9およびV10
  5. V11プラグインはMultiRack, SoundGrid Studio 9.7, StudioRack 9.7アプリケーションでの動作はサポートされません。
  6. macOS 10.12/10.11環境では、定期的にMultiRackの再起動を行いメモリ・キャッシュをクリアしてください。

    • Related Articles

    • Waves 動作環境

      Wavesソフトウェア製品の多くはプラグイン形式となり、ご利用にはインストールするための対応OSを搭載したコンピューター、およびプラグイン対応のホストアプリケーションが必要です。製品によりアプリケーションとして起動できる=スタンドアローンを含むものもあります。 Waves製品ライセンスは発行されるシリアルナンバー1つにつき1台のコンピューターまたはUSBメモリに有効化して利用できます。複数コンピューターでの同時使用が必要な場合は追加ライセンス購入またはセカンドライセンスを利用してください。 ...
    • StudioRack 動作環境

      本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。 Waves動作環境 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/system-requirements StudioRackはWavesより無償で入手いただけます。ダウンロード方法のセクションをご参照ください。 StudioRack 動作環境 V13 Mac ...
    • FLUX:: 製品 動作環境

      動作環境 推奨OS Windows 10(64bit) 以降 macOS 10.12.6 Sierra 以降 ※M1チップ搭載型MacPCでは、Rosetta 2を介しての動作がサポートされます。 推奨ハードウェア環境 ※USB接続型のディスプレイはサポートされません Windows: OpenGL ...
    • SuperRack 動作環境

      本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。 Waves動作環境 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/system-requirements SuperRack V13 動作環境 Mac Model/CPU: MacBook Pro / iMac / Mac Mini with M1 (ARM) ...
    • BFD3 動作環境

      BFD3.4 リリース および メーカーの移行について BFD DrumsのinMusicグループ加入に合わせて、BFD3 v3.4.0.24がリリースされました。FXpansionのアカウントから無償にて移行およびアップデート可能です。このバージョンではmacOS Big SurおよびWindows 10(version 1909以降) 64bitをサポートしています。 BFD製品のアカウント移行方法 メーカーページ: https://www.bfddrums.com/ 主な追加・変更点 ...