SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer アップデート情報・リリースノート

SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer アップデート情報・リリースノート

SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer V12のアップデート情報です。SoundGrid StudioはWavesより無償にて入手いただけます。

入手方法

Wavesアカウントにログインの上、以下ページ画面右上の"GET IT FREE"をクリックしてください。

ライセンスを取得後、WavesCentralのInstallメニューよりインストール、アクティベートを行なってください。
*SoundGrid Studio はバージョンごとに異なるライセンスとなります。旧バージョンをお持ちの場合でも新規に取得してください。

動作環境 v12

Mac

OS: 10.14.6, 10.15.7, 11.0.1 (Intel only)
CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon

Windows

Windows 10 64bit
CPU: Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD QuadCore

OS共通

RAM:16 GB
ドライブ容量:システムドライブに8 GBの空きディスク容量
対応解像度: 720p -  4k (推奨解像度: 1280x1024 / 1600x1024)
オートスケーリングはデフォルトで有効になります。
USBディスプレイはプライマリとしてサポートされません。

対応サンプルレート
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

主な機能と改善

2021年6月1日

アップデート:SoundGrid Studio v12.8.0.320
  1. New:SoundGrid Studio(StudioRack経由)とREAPER v6.23.0/Bitwig v3.3間での自動モニタリング同期に対応。詳細は上記のStudioRackアップデートノートをご覧ください。
  1. New:SoundGrid Studioのグラフィック・ユーザー・インターフェースのサイズを変更可能に
  2. New:プラグインにサイドチェインを割り当て可能に
  3. New:SoundGrid StudioがWaves MyMonパーソナルモニターミキシングアプリをサポート
SoundGrid StudioとMyMonのセットアップ方法はこちらよりご覧ください。
  1. 修正:SoundGrid Studioが "Last State "で起動されたとき、カスタムレイヤーがロードされない問題を修正
  2. 修正:SoundGrid Studioが "Previous/Last State "に設定され、最後のセッションが異なるサンプルレートだった場合でも、サンプルレートは48kHzにデフォルトされるよう修正 
  3. 修正:DiGiGrid DLSのI/Oは、Wizardがモニター出力の選択を求める時に利用できない問題を修正
  4. 修正:レイテンシーコンペンセーションのリミットを超えても警告が出ない問題を修正
  5. 修正:その他の一般的なバグを修正

例外と注意事項

  1. macOS環境では"Metal"に対応したMacモデルが必要です。追記情報
  2. Pro Tools HDX、HD、HD NativeではSoundGridモードはサポートされていません。
  3. SoundGrid処理には、(1)SoundGridサーバーと(2)SoundGridオーディオインターフェイスまたは非SoundGridオーディオインターフェイス(ASIO / Core Audio)で構成されるSoundGridシステムが必要です。
  4. SoundGridは「プライベート」ネットワークです。最適なネットワークストリームをご利用いただくため、SoundGridネットワーク上にSoundGrid以外のアプリケーションを実行しないでください。SoundGridオーディオを伝送する同じネットワークでそれ以外のプロトコルを使用すると、オーディオドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない症状が発生する可能性があります。
macOS:Thunderbolt 3 / USB-Cを搭載した新しいAppleコンピューターで、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨します。
  1. Sonnet Solo 10G Thunderbolt 3-to-Ethernetアダプター
OWC Thunderbolt 3 10Gイーサネットアダプター
macOS 10.13(High Sierra)以降でのインストール: SoundGrid Studioアプリケーションをインストールした後、30分以内にシステムを再起動し、[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [全般 ]に移動して、[ 許可]をクリックします。30分が経過したときにボタンを再度表示するには、コンピュータを再起動します。

Windows:USB-Cを搭載したコンピューターでは、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨しています。
  1. Plugable USB Type-C Gigabit Ethernet Adapter USBC-E1000
VPN設定について:SoundGridに使用されるネットワークポートに影響を及ぼし、SoundGridネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。SoundGridでの作業中は、すべてのVPNソフトウェアを削除、無効化、またはオフにすることを強くお勧めします。

DiGiGrid DGS-XLサーバーは、SoundGrid Studioでの動作テストの認証を受けています。ただし、Wavesでは本機のテクニカルサポートは行っておりません。

Wavesプラグインとアプリケーションは、内蔵システムドライブにインストールされたオペレーティングシステムでテスト・動作がサポートされています。外付ドライブにインストールされたオペレーティングシステムはテストされておらず、このため動作はサポート外となりWavesソフトウェアが完全に機能しない場合があります。

リリースノート

2020年12月20日

アップデート SoundGrid Studio v12.4.0.150
  1. 新機能: プリセットメニューを介して32色からトラックカラーコーディングをカスタマイズ可能
  2. 修正:2番目にログインしたユーザーが最初のユーザーと同じMacでSoundGrid Studioをロードした場合の問題を修正
  3. 修正:GPモードでAuto ConfigがDiGiGrid DLI/DLSをパッチしない問題を修正
  4. 修正:GUIを再オープンするとプラグインの場所が変わるバグを修正
  5. 修正:選択されたControl Room出力がGUI上に表示されないバグを修正
  6. 修正:MultiMod Rackでプリセットを変更するとSoundGrid Studioがクラッシュするバグを修正
  7. 修正:I/Oの共有とドライバの共有に関する様々な問題を修正

2020年5月

  1. SoundGrid Studio + eMotion ST 8 Ch. Mixer V11リリース

動作環境 v11

Mac
10.13.6-10.15.4
CPU
Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon

Windows
Windows 10 64bit
CPU
Intel Core i5 / i7 / i9 / Xeon / AMD QuadCore

メモリ
16 GB RAM
システムドライブに8 GBの空きディスク容量

ディスプレイ解像度
最小:1024x768
推奨:1280x1024 / 1600x1024
USBディスプレイはプライマリとしてサポートされていません。

サンプルレートサポート
44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz

補足情報

  1. Pro Tools HDX、HDおよびHD NativeのSoundGridモードはサポートされていません。
  2. SoundGridプロセッシングには、(1)SoundGridサーバーと(2)SoundGridオーディオインターフェイスまたは非SoundGridオーディオインターフェイス(ASIO / Core Audio)で構成されるSoundGridシステムが必要です。
  3. SoundGridは「プライベート」ネットワークです。最適なネットワークストリームをご利用いただくため、SoundGridネットワーク上にSoundGrid以外のアプリケーションを実行しないでください。SoundGridオーディオを伝送する同じネットワークでそれ以外のプロトコルを使用すると、オーディオドロップ、アプリケーションのフリーズ、およびその他の予期しない症状が発生する可能性があります。

macOS:Thunderbolt 3 / USB-Cを搭載した新しいAppleコンピューターで、 SoundGrid Core Audio DriverからSoundGridネットワーク・オーディオ転送のパフォーマンスを最適化するには、次のアダプターを推奨します。
  1. Sonnet Solo 10G Thunderbolt 3-to-Ethernetアダプター
  2. OWC Thunderbolt 3 10Gイーサネットアダプター
macOS 10.13(High Sierra)以降でのインストール: SoundGrid Studioアプリケーションをインストールした後、30分以内にシステムを再起動し、[システム環境設定]> [セキュリティとプライバシー]> [全般 ]に移動して、[ 許可]をクリックします。30分が経過したときにボタンを再度表示するには、コンピュータを再起動します。

Windows でのインストール:V11ではThunderbolt 3を介したSoundGridネットワークへの接続はサポートされていません。

VPN設定について:SoundGridに使用されるネットワークポートに影響を及ぼし、SoundGridネットワークのパフォーマンスを低下させる可能性があります。SoundGridでの作業中は、すべてのVPNソフトウェアを削除、無効化、またはオフにすることを強くお勧めします。
    • Related Articles

    • StudioRack V12 アップデート情報・リリースノート

      Waves StudioRackの最新アップデート情報です。StudioRack V12は、Wavesより無償にて入手いただけます。 入手方法 Wavesアカウントにログインの上、以下ページ画面右上の"GET IT FREE"をクリックしてください。 https://www.waves.com/plugins/studiorack ライセンスを取得後、WavesCentralのInstallメニューよりインストール、アクティベートを行なってください。*StudioRack ...
    • Waves eMotion LV1 最新アップデート情報

      eMotion LV1最新アップデート情報です。 WUP適用期間内のLV1ユーザー様は無償にてアップデートいただけます。 アップデート:eMotion LV1 v12.8.0.320 New:SoundGrid Network Routing viewがSetupページに追加されました。 New:Display Auto-Scaling」モードを追加し、高解像度画面への対応を強化しました。 改善:アプリケーション全体でフォントを更新 改善:ミュートグループ」と「ユーザーキー」のレイアウトを改善 ...
    • Waves SuperRack アップデート情報

      Waves SuperRack最新アップデート情報です。 WUP適用期間内のSupeRackユーザー様は無償にてアップデートいただけます。 アップデート:SuperRack v12.8.0.320 New:SuperRackのユーザーインターフェースは、モニター解像度の90%に自動的にリサイズするよう設定できるようになりました。 New:SuperRackのルーティング・ビューを切り離すことができるようになりました。 New:"Update Plugin/Rack State to ...
    • Waves V11 リリースノート

      Waves V11製品のアップデート内容です。各製品の最新バージョンは、Waves Centralよりインストールしてご利用ください。 Waves製品のインストールとアクティベーション リリースノート 2020/10/18 更新:MyMon v11.3946 更新: iOS 14 に対応。 改善:Android 10/11 ナビゲーションバーを改善。 改善:コントロールパネルのCPU/GPU消費量を大幅に削減。 改善:より安定した接続性の向上改善。 改善:様々な安定性と機能の改善。 ...
    • Waves V12 リリースノート

      Waves V12製品の最新アップデートのリリースノートです。各製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション 2021年6月27日 アップデート: SuperRack SoundGrid v12.8.0.339 修正:SuperRackのインベントリウィンドウにおける4K GUIの問題を修正 修正:SuperRackをDiGiCoコンソールとミラーリング設定で使用する際のGUIループを修正 ...