Skype、Facebook Live、Googleハングアウトなどの使用時に、ゲインが変わってしまう

Skype、Facebook Live、Googleハングアウトなどの使用時に、ゲインが変わってしまう

Apogee製品のの入力ゲインまたは出力ボリュームが自動的に変化する場合は、Skype、Facebook Live、Googleハングアウトなどのサードパーティプログラムが原因である可能性があります。

残念ながら、SkypeやGoToMeeting などのVoice-over-Internet-Protocol(VoIP)アプリケーション、またはGoogleハングアウトなどのビデオ会議アプリ、およびFacebook Liveなどのビデオポッドキャスト機能によって自動制御され、コントロールすることができません。

この機能は通常「オートゲイン・コントロール」と呼ばれ、コンピューターの内蔵マイクとスピーカーが使用されている場合、非常に優れています。ただし、外部のオーディオイターフェイスのレベルを手動でコントロールし、設定することは逆に困難な状況です。

残念なことに、これらのアプリケーションの多くは、この自動ゲイン制御をオフにする機能を提供していません。

SKYPE:オートゲインを無効にできますか?
このアプリの最新バージョンでは、オートゲイン・コントロールをオフにする機能が提供されています。以下の例はMacのバージョンを示しています。iOSアプリは、内蔵のiPad / iPhoneマイクの使用のみに制限されており、外部サウンドカードには使用できません。


Googleハングアウト:オートゲインをオフにできません
Macでは、ハングアウトには通常、ChromeまたはSafariブラウザ拡張機能をインストールする必要があります。設定メニューには、オートゲインをオフにするオプションはありません。
そしてハングアウトセッションに参加していなくてもウェブブラウザが開いている場合は、ハングアウトプラグインはアクティブなままであり、ゲインが調整されます。その時点でDAWまたは録音プログラムを使用している場合、大きく影響されます。ハングアウトの影響を回避するには、拡張機能をオフにするか無効にします。

以下、ハングアウトの機能をオフにする設定です。

Safariブラウザ:


Chromeブラウザ:



Facebookライブ:オートゲインをオフにできません
Facebook Liveインターフェースではインターフェースの選択のみが可能で、それ以上のオーディオオプションはありません。そのため、Apogeeのレベルを調整している場合は、それをオフにする方法はありません。

iPadまたはiPhoneでは、iOSオペレーティングシステムと使用しているアプリの機能に制限されるため、通常、オートゲインの問題を回避するためのオプションはさらに少なくなります。

オートゲインを無効にする機能は、開発者がこれらのアプリに追加する必要があります。使用しているプログラムまたはiOSアプリのメーカーに連絡し、将来のアップデートでこの機能を追加するようご依頼ください。顧客から多くのリクエストを受け取ることが、開発者がこれに対する需要があることを知る唯一の方法です。

 

    • Related Articles

    • Positive Grid製品 Facebookアカウントからの移行

      現在Positive Grid製品のアカウントにFacebookアカウント情報をご利用いただいている方で、 通常のEmailアドレスでのログイン方法に変更をご希望の場合には以下の手順をご参照ください。 ※EmailアドレスログインからFacebookアカウントログインへの変更はできません。 1. 以下URLにアクセスします。 https://account.positivegrid.com/login 2. ...
    • eMotion LV1 Live Mixer 動作環境

      本動作環境はWaves SoundGrid V13製品を対象としています。製品により動作環境が異なる場合があります。個別プラグインの対応ホストアプリケーションおよび特記事項もご確認ください。 Waves動作環境 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/system-requirements eMotion LV1 Live Mixer  V13 動作環境 Mac Model/CPU: MacBook Pro / iMac / Mac Mini ...
    • iZotope RX ConnectをAbleton Liveで使用するには

      Ableton Liveでは、RX Connectプラグインを使用することで、クリップまたは複数のクリップをRXスタンドアロンアプリケーションに送信し編集・修復作業を行うことができます。これにより、RXのすべてのモジュールにアクセスすることができ、RXのオフライン処理とビジュアル・インターフェイスのメリットを最大限に活用することができます。 RXをサンプルエディタとして設定することで、迅速かつ効率的なラウンドトリップワークフローが実現します。 RXをAbleton ...
    • iZotope製品:Ableton Liveでプラグインを探す

      Ableton Liveでプラグインを探す Ableton LiveでiZotope製品が見つからない場合は、以下の手順で探すことができます。 1. フォルダを再スキャンします。 再スキャンを行うには、Abletonの環境設定を開き、Plug-ins (10.1以降)または File/Folder (10.1までのすべてのバージョン)に移動し、"Plug-In Sources "の 下にある再スキャンボタンをクリックします。   2. フォルダーをチェックします。 Windows: ...
    • OVox Vocoder を MIDIでコントロールする ボーカル編: Ableton Live

      Ableton Liveにて、Waves OVox ボーカルシンセサイザー/ボコーダーをMIDIノートでボーカルトラックをコントロールし、ロボットボイス、モーフィング、ハーモナイズ、トークボックスエフェクトを使用するための設定方法です。 オーディオトラックを作成します。  OVoxをプラグインリストからオーディオトラックにインサートします。 MIDIトラックを作成し、出力先をオーディオトラックに設定し、OVoxを下のボックスで選択します。 OVoxを開いて、Note ...