SoundID Reference MutichannelのSafe Headroom機能について

SoundID Reference MutichannelのSafe Headroom機能について

Safe Headroom(セーフヘッドルーム)とは?

セーフヘッドルームは、キャリブレーションにより特定周波数の音量が増加することで 発生しうる歪みを低減・回避するための出力制限機能です。

セーフヘッドルームによる出力のリダクション量(マイナス値)は、測定中に計算されます。セーフヘッドルームは、ヘッドホンまたはスピーカーのキャリブレーションプロファイルを読み込む際にプラグイン側で設定されます。

セーフヘッドルーム機能を無効にすると、プラグインへの入力信号レベルと同じ、最大0.0dBまで出力を増加させることができます。セーフヘッドルームを無効にすればリミッターは解除され、ユーザーの操作なしに出力レベルが変化することはありません。しかし、セーフヘッドルームを有効にすると、セーフヘッドルームが無効のときに出力レベルが高く設定されていた場合、出力レベルはリミットの値まで減衰します。

マルチチャンネルキャリブレーション・プロファイルにおけるセーフ・ヘッドルーム設定

マルチチャンネルキャリブレーションのセーフヘッドルームは3つの設定ステータス、Specific、Unified、Disabledから選択することができます。

Specific: 各チャンネルグループのゲインを個別に設定します。各チャンネルグループのゲインは、チャンネルグループ中最大にブーストされたチャンネルと同じリミッティングが適用されます。このため、Specific設定時はセーフヘッドルーム値はチャンネルグループ間で異なります。メインのゲインスライダー(マスターゲイン)のセーフヘッドルーム値は、キャリブレーションプロファイルのチャンネルグループのヘッドルームのうち最も低い値と同じ値に設定されます。

Unified: すべてのチャンネルグループのゲインに同じリミッティングが適用されます(全チャンネル中の最大ブーストを基準)。ステレオ仕様における"Enabled "と同じ設定です。メインのゲインスライダー(マスターゲイン)のセーフヘッドルーム値は、キャリブレーションプロファイルの 全チャンネルグループのヘッドルーム値と同じ値に設定されます。

Disabled: いずれのチャンネルグループ、マスターゲインのゲインにもリミッティングは適用されません。

 
参照元記事
    • Related Articles

    • SoundID Referenceを有効にするとボリュームが小さくなる:Safe Headroom機能について

      Safe Headroom(セーフヘッドルーム)とは? セーフヘッドルームは、キャリブレーションにより特定周波数の音量が増加することで 発生しうる歪みやクリッピングを低減・回避するための出力制限機能です。 セーフヘッドルームによる出力ボリュームフェーダーのリダクション量(マイナス値)は、測定中に計算され、ヘッドホンまたはスピーカーのキャリブレーションプロファイルを読み込む際にSoundID Referenceで適用されます。 ...
    • DAWでのSoundID Reference Multichannel設定方法

      ここでは、マルチチャンネル測定完了後のSoundID Reference Multichannelの設定方法についてご紹介します。現時点ではマルチチャンネルのキャリブレーションはプラグインのみ対応となり、DAW側でマルチチャンネルに対応したスピーカーセットアップを設定する必要があります。DAWごとにその方法は異なります。以下はReaper、Pro Tools、Logic Proでの手順を解説していますが、記載のないDAWについては各製品のマニュアルをご参考ください。 [macOS] Reaper ...
    • Sonarworks SoundID Reference アプリが起動しない場合

      SoundID Referenceライセンスをアクティベートした後、SoundID Referenceのデスクトップアプリが起動しない、またはクラッシュするという問題が発生する場合は、ご利用OSに沿って下記手順の対処方法をお試しください。 MacOS 1. Sonarworksユーザーアカウントにログインします。SoundID ...
    • Sonarworks SoundID Reference スピーカー測定手順

      SoundID Referenceスピーカー測定とキャリブレーション スピーカーの補正=キャリブレーションという概念は、特にSoundID Referenceソフトウェアを初めてお使いになる方には少しわかりにくいかもしれません。部屋の寸法や音響処理、スピーカーの配置など、スピーカーの音に影響を与えるものはたくさんあります。キャリブレーションされたサウンドを楽しむ前に、ご利用のルームおよびスピーカーの周波数特性の測定が必要となります。 SoundID ...
    • SoundID Reference V5.1アップデート後、Logicで認識されない

      SoundID Reference 5.1.0アップデートによるAUプラグイン/Logic Proの問題 2021年10月5日更新 この問題はSoundID Reference 5.1.1にて解消されました。 2021年9月28日にリリースされた新しい5.1.0.72アップデートでAUプラグインの検証に失敗し、以下のようなエラーが発生するというユーザーレポートが上がっています。   AUプラグインコンポーネントのバージョンを5.0.3に戻す ...