Pianoteq 7アップデート情報

Pianoteq 7アップデート情報

動作環境

推奨OS

Mac: OS X 10.7 - 10.15、macOS Big Sur
Windows: 7 以降
Linux: x86、arm

対応フォーマット

Audio Unit、VST(2.4/3)、AAX(64bit)、スタンドアローン

リリースノート

Version 7.5

7.5.2(2021/12/17)

  1. Pianoteqプラグインのセミランダムフリーズ、特に複数のインスタンスを同時にロードした場合のフリーズを修正しました

7.5.1(2021/12/16)

  1. ベロシティプリセットが正しく保存されない問題を修正しました
  2. macOSで「Preferences...」メニュー項目がグレーアウトして表示される問題を修正しました
  3. macOS 10.9でのクラッシュを修正しました

7.5.0(2021/12/15)

  1. NY Steinway D、HB Steinway D、Steinway B、Ant. Petrof、Petrof Mistral、C. Bechstein DG、Steingraeber、Blüthnerの再ボイシングを行いました
  2. サスティーンペダルを踏んだときに、低速ノートオンMIDIまたはアフタータッチで音を減衰させるオプションを追加しました。ベロシティメニューで選択可能です
  3. プリセットで外部チューニング(MTS-ESP、MIDIチューニング)を無効にすることができるようになりました。外部チューニングは、連続音(発音する音は再ピッチされる)、新音のみ(発音する音は変化しない)の切り替えが可能です。外部チューニングは、音符に適用される再チューニングの量が多い場合に、より良いサウンドを提供するようになりました。
  4. 現在のMTS-ESPチューニングをPianoteqのチューニングとしてインポートするための新しい音律メニュー項目が追加されました(Standard およびProのみ対応)
  5. ダイアトニックモードでソステヌートペダルを使用したときの不具合を修正しました
  6. チェレスタペダルを非常に低いベロシティで使用したときの遅延を軽減しました
  7. メトロノームのボリュームとスピードをMIDIでコントロールできるようにしました
  8. 保存されていないMIDIマッピングは、オプション/MIDIのMIDIマッピングメニューから復元できるようになりました
  9. イタリア語のマニュアルを追加しました
  10. 上級者向けには、"-serve localhost:8081 "オプションで起動すると、JSON-RPC apiでPianoteqをリモートコントロールできるようになりました。

Version 7.4

7.4.2(2021/07/19)

  1. メモリーリークを修正しました
  2. LinuxでMIDI入力の追加/削除時に発生するランダムクラッシュを修正しました
  3. (2021/10/11) Linux でのアクティベーションの問題を修正しました

7.4.1(2021/07/05)

  1. プラグインバージョンのランダムクラッシュを修正しました
  2. macOS 10.7と10.8に再対応しました
  3. すべてのJazzプリセットでダンピングの持続時間を短縮しました

7.4.0(2021/06/29)

  1. アコースティック楽器(弦楽器、クロマチックパーカッション)のチェレステペダルの改善を行いました
  2. 各コンテンポラリーグランドピアノに「フェルト」プリセットを追加しました
  3. 新しいリバーブプリセットとして'Concert Hall'を追加しました
  4. チェレスタペダルを反転してフェルトの厚さを調整するオプションを追加しました
  5. ユニゾン幅のヒューマニゼーションオプションを追加しました
  6. NY Steinway D をアップデートしました:音色とダイナミクスの再ボイシングを行いました
  7. インターフェイスのキーボード操作性を改善(tab / shitf-tab, またはC-Jを使用)しました:これはキーボードにフォーカスがあるインターフェイス要素をハイライトする新しいオプションです
  8. 目の不自由なユーザーのアクセシビリティとしてVoiceOver(macOS)とNarrator(Windows 10)のサポートが追加されました

Version 7.3

7.3.0(2021/04/07)

  1. Petrof 284 Mistral concert grand pianoを追加しました
  2. すべてのアコースティックピアノに対応する反復記号を改良しました
  3. ピアノの蓋を取り外せるようになりました(蓋をダブルクリックすることで可能です)
  4. Steinway Bをアップデートしました:低音域と高音域の再ボイシングを行いました

Version 7.2

7.2.1(2021/03/30)

  1. MTS-ESP tuning API ( http://oddsound.com ) に対応しました
  2. コマンドラインオプション --export-au-presets によってエクスポートされる aupreset ファイルに 関する問題を修正しました
  3. Linux版で--export-lv2-presetsコマンドラインオプションを追加しました
  4. PianoteqのMIDIファイルを他のアプリケーションにドラッグ&ドロップできるようになりました
  5. Linux版での起動時のランダムクラッシュを修正しました

7.2.0(2021/02/12)

  1. NY Steinway Dのアップデート:低音域のパワーとデュレーションの増加、ppp-mpの高音域の再ボイシングを行いました
  2. ハーモニックペダルとサスティンペダルのレゾナンスのバグを修正しました

Version 7.1

7.1.0(2021/01/08)

  1. macOS (M1) と Linux で 64-bit ARM バイナリが使用できるようになりました
  2. フリーズフィルター専用のツールバーボタンが用意され、デフォルトのフリーズフィルターを設定できるようになりました。該当する楽器では、「モノラル」「ステレオ」出力を「録音」出力に変換することができます(※Pianoteq StandardおよびProのみの機能です)
  3. MIDIシーケンスの録音中にインターフェースのペダルをクリックすると、録音されたMIDIシーケンスに一致したMIDIイベントが挿入されます(Pianoteqスタンドアロンのみの機能です)
  4. バージョン7.0と比較して、パフォーマンスが若干改善されされました
  5. (2021/01/25) CakewalkのVST3プラグインのUIがフリーズする問題に対応しました(Windowsのみ)

Version 7.0

7.0.5(2020/12/06)

  1. Pianoteq 7 のメモリ消費量を削減しました
  2. Pianoteq 7で非ASCII文字を含むフォルダー内のファイルを読み込み/保存する際の問題を修正しました
  3. (2020/12/07) macos 10.7でバージョン7.0.5がクラッシュする問題を修正しました。
  4. (2020/12/08) Windows 10の一部の古いバージョンでWindowsのファイルブラウザの問題が残っているようなので、Windows版を再アップデートしました。

7.0.4(2020/11/25)

  1. プリセット切り替え時に発生するいくつかの不具合を修正しました
  2. 一部のVSTホストで、スケーリングされたディスプレイで発生するUIの問題を修正しました
  3. A/Bボタンに関連するクラッシュを修正しました

7.0.3(2020/11/12)

  1. 一部のVSTホストで起こるランダムなクラッシュを修正しました  -  以前のバージョンを使用している場合は、アップデートを強くお勧めします
  2. 一部の楽器のペダルノイズを修正しました

7.0.2(2020/11/11)

  1. 非常に古い楽器のいくつかをモーフィングするときのクラッシュを修正しました
  2. Pianoteq は最新版の KIVIR.ptq と bells.ptq のみを読み込むようになりました
  3. Linux/armバージョンのバグを修正しました

7.0.1(2020/11/10)

  1. 一部のユーザーがKIVIR.ptqを使用できなかった問題を修正しました
  2. 一部のVSTホストの問題(クラックやポップ音)を修正しました

7.0.0 (2020/11/10)

  1. すべての楽器が改善されました(物理モデルの改善、および再ボイシング)
  2. モデルDパックに新しい楽器が追加されました:the New York Steinway D
  3. 新機能として楽器のモーフィングが搭載されました
  4. 新機能としてプリセットレイヤーが搭載されました
  5. macOS、Windows、およびLinuxバージョンは、64ビットバージョンのみになりました(Linux / ARMは引き続き32ビットで動作します)

ダウンロード方法

下記をご参照の上、アップデータのダウンロードを行ってください。


アップデータのご利用には、アカウントの作成とPianoteqのご登録が必須となります。

有償Add-Onについて

各有償Add-Onライセンスは、弊社オンラインストアにてご購入頂けます。
アクティベーションを行わない状態では、起動後20分間、一部の鍵盤を除きご利用頂けます。


*有償Add-onをご利用頂いていた場合、Pianoteqのライセンス自体をアップデートすることで、Add-onは継続してご利用頂けます。
 


    • Related Articles

    • Pianoteq 6アップデート情報

        主な変更点 7 V7リリース(V6以前のライセンスからはアップグレードが必要です) ※Pianoteq 7のアップデート情報についてはこちらのページをご確認ください Pianoteq 7アップデート情報 6.1.1  "auto-restart"機能修正 PrefパネルのリアルタイムCPUパフォーマンス表示のアップデート 6.1.0 空気感を追加し、よりリアルな新しい空間化技術を搭載 いくつかのインストゥルメント/プリセットの再ボイシング Native ...
    • ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums 最新アップデート情報

      ROLI Studio Player、ROLI Studio Drumsの最新アップデート情報です。 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0 ROLI Studio Player、ROLI Studio Drums v1.3.0がリリースされました。両アプリケーションともARMベースのM1 Macをネイティブ・サポート、さらにROLI Studio PlayerはEquator2エンジンを統合、完全にサポートしました。 ...
    • SubLab 最新アップデート情報

      Future Audio Workshop SubLab最新アップデート情報です。SubLabユーザーの方は無償でアップデートをご利用いただけます。 ​ 動作環境 Mac OS 10.10以降 Windows 7以降 CPU/RAM: 上記OSの動作環境に準拠 VST2、VST3、AU、AAX 対応 FL Studio、Ableton Live、Logic、Studio One、Pro Tools、Cubaseにて動作を確認 Native Instruments MachineとKomplete ...
    • OP-Z OS 最新アップデート情報

      OP-Z OS 新機能・アップデート情報です。最新情報はTeenage Engineringダウンロードページもご確認ください。 OP-Z OSダウンロードページ https://teenage.engineering/downloads/op-z アップデート手順については下記ページをご参照ください。 OP-Z OSアップデート手順 新機能・アップデート バージョン:1.2.45 リリース日:2022.04.08 USB-C接続ロジックの改善 lineモジュール固有の修正 BLE ...
    • OP-1 OS 最新アップデート情報

      Teenage Engineering OP-1 OS 最新アップデート情報です。アップデートは無償でご利用いただけます。 新機能とアップデート OS #243 2021.07.14 新機能 USBオーディオデバイス入出力を追加、お気に入りのiOSアプリケーションやDAWへのダイレクト・デジタルレコーディング、OP-1へのサンプリングが可能に。 USBオーディオIO機能はMac/Windows/iOS/Androidに対応。 ...