iZotope製品:Stutter Edit 2アウトプットについて

iZotope製品:Stutter Edit 2アウトプットについて

Stutter Edit 2アウトプットについて

オーバービュー

Stutter Edit 2 の Output セクションには、ウェット/ドライレベル、全体的な出力、高性能リミッターのコントロールが含まれています。TVM Magnifier ウィンドウに表示されていない場合、Output セクションはエフェクトパラメータと TVM ビューを共有します。ただし、他のすべての Stutter Edit 2 セクションの編集では青く表示されますが、編集用に Output Section パラメーターを選択した場合は、グラフイメージは(Output Section 自体と同様に)紫色になります。

output section

リミッターのしきい値パラメータの曲線を示す出力部です。

Wetゲイン

オフの場合、エフェクトセクションのウェット/ドライバランスは、ウエットゲインとドライゲインの量を設定します。有効にすると、このパラメータはエフェクトチェーン内の選択されたすべてのエフェクターの「マスター」ウェットゲインコントロールのような役割を果たします。Level パラメーターは、他のすべてのコントロールのパラダイムに従います。

Dryゲイン

オフの場合、エフェクトセクションのウェット/ドライバランスは、ウエットゲインとドライゲインの量を設定します。このパラメータを有効にすると、エフェクトチェインで選択されたすべてのエフェクターの「マスター」ドライゲインコントロールのように動作します。

リミッター

コントロールは他のリミッターと似ているように見えるかもしれませんが、すべてモジュレーションが可能であることに注意してください。これにより、リミッターをダイナミクスコントロールのためのツールとしてだけでなく、創造的な効果として扱うことができます。

リミッターは、信号レベルを特定のスレッショルドにクランプして、オーディオがスレッショルドレベルを超えないようにするダイナミクスプロセッサーです。これは、DAWのオーディオパス内の後続のエレメントのオーバーロードを避けるのに便利です。特に、極端なStutter Edit 2の設定では、予期せぬボリュームの変化が起こる可能性があるためです。

スレッショルド

有効にすると、スレッショルドパラメータはリミッターの動作を制御します。しかし、これは一般的なリミッターよりもはるかに汎用性が高く、一般的には単一のスレッショルドしか設定できません。オーディオは時間の経過とともに変化するため、リミッターを多めに設定したり、少なめに設定したりすることが可能です。例えば、リミッターは最初はオーディオを強くクランプダウンして、その後のオーディオをあまり急激にコントロールしないようにすることができます。

出力ゲイン

ロックされている場合は、全体的なレベルコントロールとして機能します。しかし、スプリット時には、全体的な出力レベルを調整することができます。例えば、最初にレベルをディップしてから上昇させることで、サイドチェインやトランスゲートタイプの振幅の変化を利用して、多くのEDMトラックが得ている「ポンピング」効果をエミュレートすることができます(例:Eric Prydz "Call on Me")。


    • Related Articles

    • iZotope製品: Stutter Edit2 Landingページ

      Stutter Edit2 Landingページ ここではStutter Edit2を説明していきます。 まず最初にBTからのメッセージがございます。 ここを参照ください。 システムとインストールについて ・次にシステムの動作環境についてご確認ください。 ・インストール等の手順についてはここを参照ください。 ・インストールできない場合のインストーラーへのリンク: https://www.izotope.com/en/products/downloads/stutter-edit.html ...
    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...
    • iZotope製品: Stutter Edit 2 〜 Stutter and Bufferについて

      Stutter and Bufferについて 目次 Overview Stutter module Stutter Rate Quantize Gate Buffer Module Buffer Position Buffer Reverse Buttons Movement Grid Jitter Pan オーバービュー Stutter と Buffer ...
    • iZotope製品:Stutter Edit 2システム動作環境

      Stutter Edit 2システム動作環境 Stutter Edit 2は以下の環境にて動作いたします。 オペレーティングシステム: Mac: High Sierra (10.13) – macOS Catalina (10.15) PC: Windows 8 – Windows 10 プラグインフォーマット: AU AAX VST2 VST3 すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみ対象です。   サポートするDAW: Logic Pro X Live 9.7–10 Cubase ...