iZotope製品:Stutter Edit2のDAWでのセットアップ

iZotope製品:Stutter Edit2のDAWでのセットアップ

DAWでのセットアップ

Auto Play Mode

DAWで再生が開始されたときに、現在選択されているジェスチャーをトリガーすることで、Stutter Edit 2をオーディオエフェクトとして使用することができます。DAWのオーディオトラックにStutter Edit 2を挿入し、自動再生モードを有効にしてトランスポートを開始するだけで、選択したジェスチャーをトリガーすることができます。

ヒント:ジェスチャーを編集するにはオートモードを使用します。


MIDI モードで作業しているときにインターフェイスが頻繁に更新されることがあり、トランスポートを停止せずに特定のジェスチャーの設定を編集するのは大変です。ジェスチャーを編集するにはオートモードに切り替えてみてください。


MIDI Play Mode

MIDI モードでは、MIDI を使用して Stutter Edit 2 のジェスチャーをトリガーすることができます。MIDI コントロールエフェクトとしての Stutter Edit 2 の設定は、使用している DAW によって異なります。以下に、いくつかの異なる DAW での MIDI プレイモードの設定方法を紹介します。


Ableton Live

  1. オーディオトラックを作成し、Stutter Edit を挿入します。
    Live Step 1
  2. MIDI トラックを作成し、モニタリングを "In "に変更します。
    Live Step 2
  3. MIDI トラックの「MIDI To」ドロップダウンから、ステップ 1 のオーディオトラックを選択します。そのドロップダウン下で、Stutter Edit 2 が選択されていることを確認してください。Live Step 3

Apple Logic Pro

  1. Logic Pro X / Preferences / Advanced Toolsに移動します。Show Advanced Tools」と「Enable All」を選択します。
    Logic Midi Step 1
  2. オーディオトラックを作成してミュートします。
    Logic Midi Step 2
  3. ソフトウェアインストゥルメントトラックを作成し、インストゥルメントメニューからStutter Edit 2を選択します。
    Logic Midi Step 3
  4. Stutter Edit 2 プラグインウィンドウの「Side Chain」メニューからオーディオトラックを選択します。
    Logic Midi Step 4



Avid Pro Tools

  1. オーディオトラックとMIDIトラックを作成します。
    Pro Tools Midi step 1
  2. オーディオトラックに Stutter Edit 2 を挿入します
    Pro Tools Midi step 2
  3. MIDI トラックの Output ドロップダウンで、Stutter Edit 2 に使用する MIDI チャンネルを選択します。
    Pro Tools Midi step 3


Cockos REAPER

  1. オーディオトラックを作成し、Stutter Edit 2 を挿入します。
    REAPER Midi step 1
  2. Input 1 をクリックしてドロップダウンを開き、MIDIデバイスを選択します。
    REAPER Midi step 2
  3. スピーカーをクリックして「モニタリング録音」をオンにし、トラックを録音可能にします。
  4. REAPER Midi step 3


Image-Line Fl Studio

  1. オーディオトラックを作成し、トラックのインサートとしてStutter Edit 2を追加します。
    FL Studio Step 1
  2. Options/MIDI Settingsに移動します。Input」でMIDIデバイスと希望のポートを選択し、「Enable」をクリックします。
    FL Studio Step 2
  3. Stutter Edit 2では、歯車のアイコンをクリックしてプラグインの設定を開き、MIDI入力ポートがデバイスのポートと一致していることを確認します。FL Studio Step 3


Presonus Studio One

  1. オーディオトラックを作成し、そのトラックにStutter Edit 2 を挿入します。
    Studio One Midi step 1
  2. インストゥルメントトラックを作成し、"Instrument Output "メニューから "Stutter Edit 2 "を選択します。
    Studio One Midi step 2
  3. ライブMIDIデバイスを使用している場合は、インストゥルメントトラックの入力をMIDIデバイスに設定します。
    Studio One Midi step 3


Propellerheads Reason
  1. オーディオトラックを作成し、Stutter Edit 2 を挿入します。
    Reason Midi step 1
  2. 環境設定/同期を開きます。External Control. Bus A」で MIDI デバイスを選択します。
    Reason Midi step 2
  3. ラック上部の「Hardware Interface」からAdv.MIDI Panelを開きます。
    Reason Midi step 3
  4. どのチャンネルでも、三角形のドロップダウンをクリックし、オーディオトラックを選択してから、Stutter Edit 2 プラグインを選択します。
    Reason Midi step 4


Steinberg Cubase
  1. オーディオトラックとMIDIトラックを作成します。
    Cubase Step 1
  2. オーディオトラックにStutter Edit 2を挿入します。
    Cubase Step 2
  3. MIDI トラック出力メニューで、オーディオトラックのStutter Edit 2インサートを選択します。
    Cubase Step 3
  4. ライブ MIDI デバイスを使用している場合は、Studio Setup / MIDI Port Setup ウインドウで設定されていることを確認してください。
    Cubase Step 4


その他のホストアプリケーション:

1. 他のオーディオエフェクトプラグインと同じように、Stutter Edit 2 をオーディオトラックやバスに挿入します。

2. 次に、DAW の MIDI トラックまたはインストゥルメントトラックを Stutter Edit プラグインに接続するか、Stutter Edit 2 が MIDI コントローラから MIDI を受信できるようにします(Ableton Live を含むいくつかの DAW では、コンピュータのキーボードを使って MIDI ノートをトリガーすることができます)。オーディオはStutter Edit 2プラグインを経由している必要があり、エフェクトを追加する前にMIDIノートでトリガーされている必要があります。ノート:MIDIコントローラーをお持ちでない場合は、インターフェイスの上部にあるプレイモードボタンをクリックして、オートモードを選択してください。このモードでは、DAWの再生が開始されると、Stutter Edit 2はステップ5で選択したジェスチャーを自動的に起動します。

3. DAW アプリケーションのトランスポートで再生を開始し、オーディオが Stutter Edit 2 プラグインを含むトラックまたはバスを通過するようにします。

4. コントローラーでノートを再生したり、MIDIトラックにノートをペイントしたりして、現在ロードされているバンクのエフェクトをトリガーします。

5. Stutter Edit 2 のインターフェイス上部にあるジェスチャーバンクのドロップダウンメニューをクリックし、キーボードグラフィックをクリックしてバンク内の異なるジェスチャーを選択して、Stutter Edit 2 の利用可能なバンクを探索します。


    • Related Articles

    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...
    • iZotope製品: Stutter Edit 2 〜 Stutter and Bufferについて

      Stutter and Bufferについて 目次 Overview Stutter module Stutter Rate Quantize Gate Buffer Module Buffer Position Buffer Reverse Buttons Movement Grid Jitter Pan オーバービュー Stutter と Buffer ...
    • iZotope製品:Stutter Edit 2システム動作環境

      Stutter Edit 2システム動作環境 Stutter Edit 2は以下の環境にて動作いたします。 オペレーティングシステム: Mac: High Sierra (10.13) – macOS Catalina (10.15) PC: Windows 8 – Windows 10 プラグインフォーマット: AU AAX VST2 VST3 すべてのプラグインフォーマットは64ビットのみ対象です。   サポートするDAW: Logic Pro X Live 9.7–10 Cubase ...
    • 以前と現行のWindowsOSのiZotope製品との互換表一覧

      以前と現行のWindowsOSのiZotope製品との互換表一覧 Windows 7 - Iris 1 and 2 - Necar 1, 2 and 3 - Nectar Elements and Nectar 3 Elements - Ozone 5, 6, 7 and 8 - RX 2, 3, 4, 5, 6, and 7 - Trash 2 - Alloy 2 - iDrum - The T-Pain Effect - BreakTweaker - DDLY - Insight 1 and ...