iZotope製品: Neutron Elementsのセットアップ方法について

iZotope製品: Neutron Elementsのセットアップ方法について

Neutron Elementsのセットアップ方法について

ここではNeutron Elementについて説明していきます。

この度の無償配布についてですが、サポートIDは必要ありません。
ご安心してリクエストフォームからリクエストしてNeutron Elementを
入手してください。

シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるSN-NEUTRON3ELE
入り、そのあとは4文字の英文字の塊が4つ程続きます。

・ SN-NEUTRON3ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX

こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。

まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で
行えるPortalというソフトウェアをダウンロードするところから始めます。

Portalのダウンロード

まずPortalをダウンロードします。 これはMacそしてWindowsでも対応しております。


上記リンクよりダウンロードが可能です。 インストーラーがダウンロードされましたら
インストールを
開始します。

インストール後、Portalを起動してください。  起動すると以下のような画面が表示
されることになるかと思います。 ここで、もしiZotopeのアカウントをお持ちの場合は
アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。 
もしお持ちでない場合は、アカウント作成を
クリックしてアカウントを作成ください。



もし製品をお持ちでない場合は、製品欄が空白かと思います。 もし表記が英語の場合、
または日本語で使いたいという場合は、右上にある歯車のマークをクリックし、設定に
入ると表示言語を英語または日本語で選択できるようになっておりますので、
ここで設定の変更を行ってください。

 

シリアル番号の登録

次に製品の登録をしていきます。 以下の赤丸の部分をクリックしてください。



そうすると以下の画面が表示されます。 赤で囲った部分に、最初に確認いただきました
シリアルをコピーして、ここにペーストしてください。 正しいシリアルが入力
されると送信というボタンがオレンジになりますので、送信をクリックしてください。


オーサライズ 認証

ただしいシリアルであり問題がない場合は、認証先を確認されます。 

・左のパソコンのマークはご利用いただいておりますパソコンへのオーソライズとなり、
 これをマシンオーソライズとよびます。



マシンオーサライズ

まず、マシンオーソライズの場合は左手のパソコンのアイコンをクリックして、
いかに見えるようにアクティベートをクリックします。






































アクティベーションが成功すると以下の画面が表示されます。


これで、アクティベーションは成功ですので、お持ちの製品をクリックします。

インストール:









ここでは例としてNectar 3ですが、インストールをクリックしてもらいインストールを始めます。









































インストールには二つの方法があります。 QuickとCustom。 通常ではQuickを選択し
インストール しますが、特定の場所にインストールがしたいという場合はCustomを
選択しますが、ファイル構造等詳しい場合のみCustomを選択ください。

インストールが始まると以下のようにゲージが進んでいきます。



そして次に以下の画面が表示されます。


ここでは右下のNextをクリックして進みましょう。 

次に必要となるプラグインフォーマットを選択してNextをクリックします。



インストール最後の以下の画面が表示されたら完了となります。




インストールが正しく完了するとPortalでの製品が以下の様にインストールの文字が
グレイ化します。



これで製品のインストールは完了です。 

Nectar Elementsインストーラーダウンロード:https://www.izotope.com/en/products/downloads/neutron_elements.html

Neutron 3 Elementsの動作環境:

システム要件

対応OS:

Mac: macOS High Sierra (10.13.6) - macOS Big Sur (11.6)*

* Intel Macのみ対応済(ARM非対応)
PC: Windows 10

プラグインフォーマット:

AAX, AU, VST2, VST3(すべての形式は64ビットのみ)

対応DAW:

Logic Pro, Ableton Live 10 - 11, Pro Tools 2021, Cubase 10.5 - 11,

FL Studio 20, Studio One 5, REAPER 6, Bitwig Studio 3,

Adobe Audition CC, Premiere Pro CC, Nuendo 11, Reason 11,

Digital Performer 10.




    • Related Articles

    • iZotope製品: Nectar Elementsのインストールについて

      Nectar Elementsのセットアップ方法について ここではNectar Elementsについて説明していきます。 この度の無償配布についてですが、サポートIDは必要ありません。 ご安心してリクエストフォームからリクエストしてNectarを 入手してください。 注意:現在NectarはM1チップ搭載のMacに対応しておりません。 Big Sur    には対応しておりますが、InterlベースのMacのみのサポートとなります。 ...
    • iZotope製品:RX Elementsセットアップ方法について

      RX Elementsのセットアップ方法について ここではRX Elementsについて説明していきます。 シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX8ELEと 入り、そのあとは4文字の英文字の塊が以下の例のように4つ程続きます。 ・ SN-RX8ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを 一括で行えるPortalというソフトウェアをダウンロードするところから始めます。 Portalのダウンロード ...
    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...
    • iZotope製品:Neutron 4 動作環境

      Neutron 4 動作環境 オペレーションシステム: Mac: macOS Catalina (10.15.7) — macOS Monterey (12.3.x)* Windows: Windows 10 — Windows 11 *Rosetta 2とネイティブでIntel MacとAppleシリコンMac(Apple M1チップ)に対応しています。 プラグインフォーマット: AAX AU VST3 全てのフォーマットは64ビットのみ対応 注意 :VST2はサポートされておりません。 ...