iZotope製品:Neutron3 ミックスアシスタントFAQ

iZotope製品:Neutron3 ミックスアシスタントFAQ

Neutron3 ミックスアシスタントFAQ
 
Q: ミックスアシスタントはトラックアシスタントと同じですか?
A: ミックスアシスタントは、Neutron 3 Advancedの新しいアシスタント機能です。ミックスアシスタントでは、トラックの上でアシスタントを実行してカスタムプリセットを作成する「トラックエンハンス」や、セッションのトラックレベルのバランスを調整する「バランス」を選択することができます。Neutron 3 Standardには新しいMix Assistantは含まれていないので、プラグインの上部に「Track Assistant」が選択するオプションとして表示されます。

 
Q: マスキングメーター、ビジュアルミキサー、ミックスアシスタントなどの機能にNeutronとRelayを使うと、DAWのトラック名がプラグインに引き込まれません。
A: NeutronとRelayのトラック名機能は、この機能をサポートしているDAW固有のものです。DAWメーカーが意図的にこの機能を利用できるようにしなければなりません。

 
Q: ミックスの音が変です。何か悪いことをしたのでしょうか?
A: Mix Assistantが望ましくない結果を生み出す原因となるものはいくつかあります。しかし、以下の3つのルールに従えば、ほとんどの場合、素晴らしい結果を得ることができます。

ミックスアシスタントはトラックまたはバスのみに使用し、両方には使用しないでください。

ミックスアシスタントのソースとして、トラックごとにRelay、Neutronマザーシップ、またはNeutronコンポーネントプラグインを1つだけ使用します。

SendsとFXのリターンでMix Assistantを使用しないでください。

 
Q: Mix Assistantを実行した後、ミックスの音が小さくなるのはなぜですか?
A: スタートポイントとなるようにレベルを調整しています。推奨された設定をバイパスすると、未処理の信号と処理された信号がゲインマッチします。この段階でモニタリングを自由に調整してください。

 
Q: Mix Assistantはどのような場合に使用しますか?
A: ミックスされていないセッションや、DAWにステムを挿入した直後にMix Assistantを使用してください。

 
Q: Mix Assistantの使い方は?
A: Mix Assistantは2つの方法で使用できます。

Neutron 3 Advancedマザーシップ

セッションの最初のプラグインとしてRelayを挿入

各トラックに1つのリレーのみを挿入

トラックにニュートロン3のマザーシップを挿入する

ミックスアシスタントを開き、バランスをクリックします。

それはあなたの全体のあなたの歌を聞くことができます

クリックして結果を見る

グループスライダーを好みに合わせて調整

トラックがお好みのように分類されていない場合は、[分類の編集]をクリックします。

残高を適用するには [受諾] をクリックするか、元に戻すには [X] をクリックします。

DAWのフェーダーとパンポットを使ってミキシングを続けます。

中性子ビジュアルミキサー

セッションの最後のプラグインとしてRelayを挿入

各トラックに1つのリレーのみを挿入

ビジュアルミキサーをトラックに挿入する

オープンミックスアシスタント

それはあなたの全体のあなたの歌を聞くことができます

クリックして結果を見る

グループスライダーを好みに合わせて調整

トラックがお好みのラベル付けされていない場合は、[分類の編集]をクリックします。

Accept をクリックしてミックスを適用するか、X をクリックして元に戻します。

Visual Mixer のノードを使って、ミックスのレベル、パン、幅を調整します。

 
Q: インストゥルメンタル音楽に使用できますか?
A: はい。Mix Assistantはこのユースケースで動作するように設計されています。

 
Q: DAWのフェーダーにはどのような影響がありますか?
A: Mix AssistantがDAWのフェーダーに影響を与えることはありません。

 
Q: Neutron Standard/Elementsを持っていますが、Mix Assistantはどこにありますか?
A: Mix Assistantは、Neutron 3のアドバンスド専用機能です。

 
Q: Mix Assistantを実行する前にフェーダーを調整することはできますか?
A: Mix Assistantを実行する前に、フェーダーをユニティーゲインのままにしておくことをお勧めします。その後、ご自由に調整してください。

 
Q: Mix Assistantの終了後もフェーダーを使用できますか?
A: はい。Mix Assistantの後は、DAWのフェーダーやVisual Mixerを使用することができます。

 
Q: Mix Assistantでミックスは終わりますか?
A: いいえ。Mix Assistantで初期レベルのバランスを取った後、ミックスのエレメントにコンプレッション、EQ、パンなどの処理を適用したい場合もあります。

 
Q: トラックをパンするのはいつですか?
A: 最高の結果を得るためには、Mix Assistantを実行した後にパンすることをお勧めします。

 
Q: オートメーションでも使えますか?
A: いいえ。Mix Assistant は、トラックに初期の静的なバランスを設定するだけです。Mix Assistantを実行して初期のバランスを得た後、フェーダーやプラグインにオートメーションを追加することができます。

 Q: Mix Assistantの実行中にフェーダーを触ってもいいですか?
A: いいえ。最高の結果を得るためには、まずMix Assistantにトラックを完全に分析させることをお勧めします。

 
Q: Mix Assistantが曲を聴いている間にMix Assistantを停止させることはできますか?
A: 最高の結果を得るためには、Mix Assistantにトラック全体を聴かせることをお勧めしますが、DAWのトランスポートをいつでも停止させることはできません。

Q: Mix Assistantでウェットステム(タイムベースのエフェクトを使ったステム)を使うことはできますか?
A: はい。可能な限りリスニングして分類することができます。通常、これらはMusicalに分類されます。

Q: Mix Assistantは他のアシスタントと連携できますか?
A: いいえ。しかし、当社のすべてのアシスタントをミックスで使用することをお勧めします。早く、楽しく、簡単にできます。例えば、Mix Assistantでレベルバランスを整えたら、ミックスを続けながらNeutronのTrack Assistantを個々のトラックで実行してみてください。

 
Q: Mix Assistantはどのプラグインフォーマットに対応していますか?
A: Mix Assistant自体は、Neutron 3がサポートしているプラグインフォーマット(AAX、AU、VST2、VST3)のみをサポートしています。32ビットのVST2とVST3はサポートしていませんし、RTASもサポートしていません。

 

Q: Mix AssistantをトラックテンプレートやDAW固有のテンプレートの一部として保存できますか?
A: はい。これは非常に推奨されています。

 

Q: Mix Assistantはどのトラックで使えますか?
A: ミックスしたいトラックにMix Assistantを使用してください。

 

Q: フォーカスを選ぶ必要があるのはなぜですか?
A: どのミックスにも焦点があります。ミックスの中で最も重要なトラックを選べば、Mix Assistantがそのトラックを主役にしてくれます。

 

Q: 複数のフォーカスを設定できますか?
A: はい、Mix Assistantがミックスを行う際に、Focusスライダーのカテゴリにまとめて表示されます。

 

Q: Mix Assistantの結果を変更するには、トラック全体を聴かなければなりませんか?
A: 最初のセットアップでは、Mix Assistantにトラック全体を聴かせることをお勧めしますが、セットアップが完了したら、Mix Assistantが音楽を分類する方法を変更することができます。そうすると、自動的にレベルが変更されます。ミックスバランスを変えるために、異なるフォーカスを使って自由に実験してみてください。

 

Q: 特定のスタイルの音楽にしか使えませんか?
A: いいえ。

 

Q: 結果を受け入れた後、ミックススライダーはどこに行ってしまったのですか?
A: ミックススライダーは消えて戻ってきません。しかし、終了後もVisual MixerやDAWのフェーダーを使ってミックスの調整を続けることができます。Visual Mixerはミックススナップショットにも対応しているので、心ゆくまで様々なバランスを試すことができます。

 

Q: Mix Assistantを使っているときにミックスに何が起こっているかはどこで確認できますか?
A: DAWにNeutron 3 Visual Mixerの別のインスタンスを挿入して、Mix AssistantやA-Bを実行した結果をオリジナルのレベルと比較して確認できます。

 

Q: ミックスセッションで使用できますか?
A: 試してみてください。しかし、Mix Assistantはすでにミックスされたセッションでの使用を意図したものではありません。

 

Q: Mix AssistantはNeutronのコンポーネント・プラグインでも使えますか?
A: iZotopeのInter-plugin Communicationテクノロジーを使ってMix Assistantがリスニングやコントロールできるソースプラグインとして、Relayの代わりにNeutronのコンポーネントプラグインを使用することができます。

 

Q: セッションのレイテンシー(トラックが時間通りに並んでいない)がMix Assistantの結果に影響しますか?
A: いいえ、レイテンシーはMix Assistantの問題ではありません。

 

Q: Mix Assistantの途中でセッションが落ちてしまった場合、最初からやり直す必要がありますか?
A: セッションが中断して再生が停止した場合は、Mix Assistantが曲全体を聞くことができるように、バッファサイズを大きくすることをお勧めします。

 

Q: Mix Assistantでは、トラックの音量はどのくらいにすべきですか?
A: ヘッドルームを残すために、最大でも10dBまでしかミックスに追加できません。そのため、ステムが静かすぎないことを確認してください。

 

Q: どのくらいのトラックに使用できますか?
A: Relayを使ったMix Assistantの評価では、最大100トラックまで対応しています。ご使用のCPUの制限により、結果は異なる場合があります。

 

Q: Mix Assistantを素早くセットアップするにはどうすればいいですか?
A: ほとんどのDAWでは、多くのトラックに1つのプラグインを挿入することができます。Mix Assistantを使用した後に、追加のプラグインやプロセッシングを使用したり、DAWのフェーダーやパンナーを使用したりする予定がある場合は、チェーンの最初のプラグインとしてRelayをインサートしてください。他のプロセッシングの後に最終的なミックスレベルをVisual Mixerのみで設定する場合は、プラグインチェーンの最後にRelayを挿入します。ほとんどのDAWでは、次のような方法で行うことができます。

 

Logic Pro X
LogicでMix Assistantを素早く簡単に使う方法は、多くのトラックにRelayをインサートすることです。

Logicのすべてのトラックにプラグインを挿入するには

ミキサー(X)を開きます。

ミキサービューですべてのトラックを選択するには、Command + A を使用します。

必要に応じて、Command キーを押しながらミキサービューで個々のトラックを左クリックして選択を解除することができます。

または、Edit > Select Tracks > All

1 トラックの Audio FX スロットに Relay を挿入する

選択されたすべてのトラックにリレーが挿入されます

Pro Tools 2019
ALT修飾子は、すべてのトラックに渡って変更を加えたい場合に使用します。この場合、すべてのトラックにプラグインを挿入するために使用できます。

Pro Tools で多くのトラックにプラグインを挿入するには

ミックスウィンドウを開きます(CMD + [+/=])。

ALTを押したままインサートAまたはEにRelayを挿入します。

Pro Toolsでは、インサートの数を10個に増やすことができ、インサートJをPro Toolsの最後のインサートにすることができます。

必要に応じて、CMD キーを押したままミキサービューで個々のトラックを左クリックして選択を解除することができます。

Mix Assistant を使用するトラックが選択されている場合(すべてのトラックではなく)、ALT に加えて Shift モディファイアを使用することができます。

ミックスウィンドウを開きます(CMD + [+/=])。

CMD を押したまま、Relay を挿入したいトラックを左クリックします。

ALT+Shift+Left Clickを押したまま、上記のようにMix Assistantの使用方法に応じて、インサートAまたはEにRelayを挿入します。

Pro Toolsでは、インサートの数を10個に増やすことができ、インサートJをPro Toolsの最後のインサートにすることができます。

 

Ableton Live (9-10)
多くのトラックに単一のプラグインを挿入するためのショートカットはありません。しかし、このようなワークフローを実現するためにDefaultsを使用することができます。DefaultsをLiveに保存しておくと、そのデバイスをLiveにロードするたびに、特定のデバイスのステータスを呼び出すことができます。このようにして、デバイスをインスタンス化する際に、デバイスの設定方法をパーソナライズすることができます。

エフェクトデバイスのデフォルトを保存するには

オーディオトラックにリレーをドロップ

デバイスヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューから「デフォルトプリセットとして保存」を選択します。

初めてインストゥルメントまたはAudio/MIDIエフェクトのデフォルトプリセットを保存すると、ユーザーライブラリのDefaultsフォルダ内に「インストゥルメント」、「オーディオエフェクト」、「MIDIエフェクト」フォルダが作成されます。

これをダブルクリックしてセッションに追加し、必要な数だけ追加します。

あなたの茎をこれらのトラックにドロップします。

Relayをデフォルトで使用するように設定するもう一つの方法は、以下の通りです。

空のオーディオトラックに追加する

そのトラックを右クリックして、"デフォルトのオーディオトラックとして保存 "をクリックします。

ライブセッションにオーディオトラックを追加すると、いつでもRelay

 

Studio One 4
Studio One はこの機能を柔軟に提供しているため、1 つのプラグインを複数のトラックに挿入するには、いくつかの方法があります。

Studio One で複数のトラックにプラグインを挿入するには、以下の手順に従います。

ミキサービューを開きます。

トラックを選択し、Shiftを押したまま、別のトラックを選択してトラックの範囲を選択します。
orr
Command (Mac) または Ctrl (Windows) キーを押しながら、選択範囲から個々のトラックを追加または削除します。

ミキサービューで、"Inserts "の横にある+ボタンをクリックします。

リストからRelayを選択して、現在選択されているすべてのトラックに追加します。

 

Cubase 10
Cubaseでは、1つのプラグインを多くのトラックに挿入することができますが、ショートカットを知っておく必要があります。

Cubaseで多くのトラックにプラグインを挿入するには

トラックを選択してShiftキーを押したまま、別のトラックを選択してトラックの範囲を選択します。

トラックリストで、チャンネル設定の編集をクリックします。

オーディオチャンネルのチャンネル設定ウィンドウが開きます。

インサートセクションで、ALT+Shift+Left Clickを押したまま、インサートタブの最初のインサートスロットにRelayをインサートし、セレクターからエフェクトを選択します。

選択したすべてのトラックにリレーを挿入します。


    • Related Articles

    • iZotope製品:Garagebandに対応していますか?

      iZotopeプラグインは残念ながらGarageBandと互換性がありません。LogicProまたはサポートされている別のホストアプリケーションにアップグレードすることを強くお勧めします。 ほとんどのiZotopeソフトウェアをGarageBandトラックにインサートできますが、多くの高度な機能はクラッシュを引き起こすか、機能が制限されます。 ...
    • iZotope製品:iZotope Elements製品ランディングページ

      iZotope Elements製品ランディングページへようこそ ここでは製品のPortalを使った登録からインストールそして製品の互換性等までを 説明していきます。 注意点: 今回の無償配布キャンペーンにてOzone9、Neutron3、およびNectar3 Elementsを      入手しましたお客様は、配布という形でのご提供ですのでサポートのご提供      しておりません。しかし多くのお客様に製品を楽しんでいただけるよう      専用オーソライズガイドを儲けさせていただきました。 ...
    • 以前と現行のWindowsOSのiZotope製品との互換表一覧

      以前と現行のWindowsOSのiZotope製品との互換表一覧 Windows 7 - Iris 1 and 2 - Necar 1, 2 and 3 - Nectar Elements and Nectar 3 Elements - Ozone 5, 6, 7 and 8 - RX 2, 3, 4, 5, 6, and 7 - Trash 2 - Alloy 2 - iDrum - The T-Pain Effect - BreakTweaker - DDLY - Insight 1 and ...
    • iZotope製品: iLokオーサライズおよびOS対応チャート

      現行のiZotope製品は、無償バージョンを除き、iLok USBキーによるオーサライズに対応しています。現在コンピューター、iLok Cloudへのライセンスオーサライズはサポートされていません。 iLokオーサライズの動作環境はWindows、Macいずれも基本的に各製品の動作環境に準じます。macOSにおいてはご注意点がありますので後述のチャートをご確認ください。 iZotope製品動作環境 Exponential ...
    • iZotope製品:初めてのiZotope11点セット+3をご購入の方へ

      iZotope製品をお買い求めいただき誠にありがとうございます。 ここでは製品の登録からアクティベートそしてインストールそして注意点を ご説明しておりますので、予めご確認ください。 今回このキャンペーンでは以下の製品が含まれております: iZotope製品: Elements Suite ( Ozone, Nectar, Neutron, RX ) - ( iZotope ) Trash 2 - ( iZotope ) Iris 2 - ( iZotope ) BreakTweaker ...