iZotope製品:RX Loudness ControlをAdobe Premiere Pro CCで使用する

iZotope製品:RX Loudness ControlをAdobe Premiere Pro CCで使用する

RX Loudness ControlをAdobe Premiere Pro CCで使用する


ミックスをエクスポートしてから、ブロードキャストに準拠した新しいファイルをシーケンスにインポートして、
完成したオーディオとビデオの最終的なレンダリングを作成するというシンプルなプロセスです。
Youtubeビデオ(英語)も用意されてます: https://www.youtube.com/watch?v=KJaYabL1Gao



Getting started

完全なミックスが思い通りのサウンドになったら、シーケンスのインポイントとアウトポイン トをマークし、File > Export メニューから "Media" を選択して Export Settings ウィンドウを開きます。ここから、フォーマットのドロップダウンメニューから "iZotope RX Loudness Control "を選択します。




プリセットのドロップダウンメニューから、配信したいブロードキャストスタンダードを選択します。これにより、選択した放送規格に適したトゥルーピークとインテグレーテッドラウドネスの値が設定されるので、設定を変更する必要はありません。(短期補正は一部の規格でのみ必要です。それらのプリセットを選択すると、必要に応じて短期設定も自動的に設定されます)。

また、「ラウドネスの履歴をCSVとして保存する」にチェックを入れると、補正後のオーディオと一緒にラウドネスレポートファイルを自動的に生成して保存することもできます。このファイルはプロジェクトフォルダに保存されます。


Correct your audio

プロジェクトにインポート "と書かれたボックスにチェックを入れて、プロジェクトパネルで修正したオーディオをすぐに利用できるようにしてから、"エクスポート "をクリックします。


RX Loudness Controlは、シーケンス内のミックスされたオーディオトラックを自動的に1つのファイルにレンダリングします。次に、このファイルを解析し、必要なDSPを透過的に適用して、ミックスのサウンドを変更することなく、選択したラウドネス準拠規格に合わせて補正します。最後に、ラウドネスレポートを生成し、修正されたファイルをプロジェクトのメディアビンに再インポートします。そこから、オーディオをシーケンスに戻すことができます。


処理が完了したら、修正したオーディオファイルをクリックしてシーケンスのタイムラインにドラッグし、他のオーディオトラックをミュートしてください。ラウドネス補正されたトラックの出力レベルに影響を与える可能性のあるマスターバス処理をバイパスします。


Confirm and Deliver

Windowsメニューからイベントパネルを開き、RXラウドネスコントロールイベントをクリックすると、ラウドネス補正処理の詳細と最終的な統計情報を見ることができます。






オーディオは選択したラウドネス規格に準拠しているので、最終的なビデオをレンダリングすることができます。

Authorizing RX Loudness Control

RX Loudness Controlの10日間の無料トライアルを完了した後、フルライセンスを購入して承認するまで、このプロセスは隠れます。

RX Loudness Controlを購入したら、エクスポート設定ウィンドウに戻り、オプションと書かれたタブをクリックします。名前、メールアドレス、購入時に受け取ったシリアル番号を入力します。








    • Related Articles

    • iZotope製品: Product Portal FAQ

      iZotope Product Portal FAQ 製品ポータルに製品が表示されるかどうかを決定するものは何ですか? 製品をアカウントに追加して製品ポータルに表示するには、いくつかの方法があります。 製品のデモをダウンロードした場合 iZotopeから直接製品を購入した場合 製品ポータルまたはizotope.comで購入したシリアル番号を追加しました。 お使いのコンピュータに以前インストールされていた製品をお持ちの場合 製品ポータルに特定の製品が表示されないのはなぜですか? ...
    • iZotope製品:RX 8 Elementsセットアップ方法について

      RX 8 Elementsのセットアップ方法について ここではRX 8 Elementsについて説明していきます。 シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX8ELEと 入り、そのあとは4文字の英文字の塊が以下の例のように4つ程続きます。 ・ SN-RX8ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。  まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で ...
    • iZotope製品:RX7 Elementsセットアップ方法について

      RX7 Elementsのセットアップ方法について ここではRX7 Elementsについて説明していきます。 シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX7ELEと 入り、そのあとは4文字の英文字の塊が4つ程続きます。 ・ SN-RX7ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。  まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で ...
    • iZotope製品:LogicPro Xでプラグインを探す

      LogicPro Xでプラグインを探す iZotope製品はLogic Pro Xで "Audio Unit "コンポーネントを使ってサポートされています。iZotope製品のインストーラを実行すると、Logic Proのオーディオエフェクトレーン内のトラックで使用できるようになります。製品が表示されない、または使用できない場合は、以下のトラブルシューティング手順をお試しください。 プラグインマネージャから再スキャンします: 環境設定メニューから「プラグインマネージャー」を開きます。 ...
    • iZotope製品: Nectar Elementsのインストールについて

      Nectar Elementsのセットアップ方法について ここではNectar Elementsについて説明していきます。 この度の無償配布についてですが、サポートIDは必要ありません。 ご安心してリクエストフォームからリクエストしてNectarを 入手してください。 注意:現在NectarはM1チップ搭載のMacに対応しておりません。 Big Sur    には対応しておりますが、InterlベースのMacのみのサポートとなります。 ...