iZotope製品:RX Elementsセットアップ方法について

iZotope製品:RX Elementsセットアップ方法について

RX Elementsのセットアップ方法について

ここではRX Elementsについて説明していきます。

シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX8ELEと
入り、そのあとは4文字の英文字の塊が以下の例のように4つ程続きます。

・ SN-RX8ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX

まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを
一括で行えるPortalというソフトウェアをダウンロードするところから始めます。

Portalのダウンロード

まずPortalをダウンロードします。 これはMacそしてWindowsでも対応しております。

Macインストーラー

上記リンクよりダウンロードが可能です。 インストーラーがダウンロードされましたら
インストールを開始します。

インストール後、Portalを起動してください。  起動すると以下のような画面が表示される
ことになるかと思います。 ここで、もしiZotopeのアカウントをお持ちの場合は
アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。 

もしお持ちでない場合は、アカウント作成をクリックしてアカウントを作成ください。



もし製品をお持ちでない場合は、製品欄が空白かと思います。 もし表記が英語の場合、
または日本語で使いたいという場合は、右上にある歯車のマークをクリックし、設定に
入ると表示言語を英語または日本語で選択できるようになっておりますので、
ここで設定の変更を行ってください。

 

シリアル番号の登録

次に製品の登録をしていきます。 以下の赤丸の部分をクリックしてください。





そうすると以下の画面が表示されます。 赤で囲った部分に、最初に確認いただきました
シリアルをコピーして、ここにペーストしてください。 正しいシリアルが入力
されると送信というボタンがオレンジになりますので、送信をクリックしてください。


オーサライズ 認証

ただしいシリアルであり問題がない場合は、認証先を確認されます。 

・左のパソコンのマークはご利用いただいておりますパソコンへのオーソライズとなり、
    これをシンオーソライズとよびます。
・右てはiLokへのオーソライズとなります。

両方でも構いませんが、基本どちらからを選択いただければ問題ございません。



マシンオーサライズ

まず、マシンオーソライズの場合は左手のパソコンのアイコンをクリックして、
いかに見えるようにアクティベートをクリックします。






iLokオーサライズ

もしiLokへアクティベートする時は、iLokをクリックします。
すると以下の画面が表示されますので、iLokIDを入力して送信をクリックします。



どちらのアクティベーションも成功すると以下の画面が表示されます。


インストール

これで、アクティベーションは成功ですので、お持ちの製品をクリックします。



ここでは例としてIrisi2ですが、インストールをクリックしてもらいインストールを始めます。


インストールには二つの方法があります。 QuickとCustom。 通常ではQuickを選択しインストール しますが、
特定の場所にインストールがしたいという場合はCustomを選択しますが、ファイル構造等詳しい場合のみ
Customを選択ください。

インストールが始まると以下のようにゲージが進んでいきます。



インストールが完了すると以下のようにインストールの文字がグレーになります。




これで製品のインストールは完了です。 

RX Elements日本語ガイドはここからダウンロードできます。


RX Elements動作環境

RX Elements では以下の環境にて動作保証をしております。


Operating Systems(OS):

  1. Mac: OS X 10.14.6 (Mojave) - macOS 12.2 (Monterey )

  2. Windows:   Windows 10 - Windows 11

 対応するプラグインフォーマット:

  1. AU
  2. AAX
  3. AAX Audiosuite
  4. VST2
  5. VST3
  • プラグインフォーマットは全て64Bitのみ対応
  • RX 9 Spectral Editor & Music Rebalance AU ARAプラグインはLogic Proにのみ
    対応しています。
  • RX 9 Ambience Match、RX 9 Dialogue Isolate、RX 9 De-rustleプラグインは、
    Pro ToolsのAAX Audiosuiteプラグインとして提供されています。

サポートしているDAWやビデオ編集アプリケーション:

  1. LogicPro

  2. Pro Tools 2021

  3. Ableton Live 11

  4. Cubase 10.5 – 11

  5. Nuendo 11

  6. Studio One 5

  7. Reaper 6

  8. FL Studio 20

  9. Audition CC

  10. Premiere Pro CC.


RX Elements のダウンロードはこちらから

    • Related Articles

    • iZotope製品: Product Portal FAQ

      iZotope Product Portal FAQ 製品ポータルに製品が表示されるかどうかを決定するものは何ですか? 製品をアカウントに追加して製品ポータルに表示するには、いくつかの方法があります。 製品のデモをダウンロードした場合 iZotopeから直接製品を購入した場合 製品ポータルまたはizotope.comで購入したシリアル番号を追加しました。 お使いのコンピュータに以前インストールされていた製品をお持ちの場合 製品ポータルに特定の製品が表示されないのはなぜですか? ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...
    • iZotope製品:LogicPro Xでプラグインを探す

      LogicPro Xでプラグインを探す iZotope製品はLogic Pro Xで "Audio Unit "コンポーネントを使ってサポートされています。iZotope製品のインストーラを実行すると、Logic Proのオーディオエフェクトレーン内のトラックで使用できるようになります。製品が表示されない、または使用できない場合は、以下のトラブルシューティング手順をお試しください。 プラグインマネージャから再スキャンします: 環境設定メニューから「プラグインマネージャー」を開きます。 ...
    • iZotope製品のアンインストールについて

      iZotope製品のアンインストールについて 製品のアンインストールもPortalを使っていれば簡単です。 まずPortalを起動してログインします。 そうすると以下の画面(お持ちの製品内での 表示)が見えると思います。 上記四角の中の部分でのインストールと右手に書いているあたりに、マウスのポインター を移動させると以下のようにゴミ箱が見えてきますので、これがアンインストーラー になりますので、これをクリックしてください。 ...
    • iZotope製品: iZotope.jpにてRX Elements及びPhoenixVerbのバンドルを購入されたお客様へ

      iZotope.jpにてRX Elements及びPhoenixVerbのバンドルを購入されたお客様へ 製品ご購入後以下のような内容がメールに記載されているかと思います。 内容を説明していきます。 Product :  RX Elements (v7) + PhoenixVerb ◎Serial Numbe:   XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XX SN-RX7ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX これは: Product :  RX Elements ...