iZotope製品:Trash2のセットアップ方法について

iZotope製品:Trash2のセットアップ方法について


Trash2のセットアップ方法について

ここではTrash2について説明していきます。

注意:現在Trash2はM1チップ搭載のMacに対応しておりますがRosetta2での使用となります。
   その方法についてはここを参照ください。

   なお、macOS MontereyおよびWindows 11には対応しておりませんのでご注意ください。
   
   Trash2はスタンドアローンにて起動のできるアプリケーションではなく、
   このページ下部にあるDAW内のプラグインとしてインサートしてご利用いただきます
   製品ですので、Mac/Win共にアプリケーションのフォルダーへはアイコンが作成
   されませんのでご注意ください。

シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるSN-TRASH2
入り、そのあとは4文字の英文字の塊が4つ程続きます。

・ SN-TRASH2-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX

こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。
 

まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で
行えるPortalというソフトウェアをダウンロードするところから始めます。

Portalのダウンロード

まずPortalをダウンロードします。 これはMacそしてWindowsでも対応しております。


上記リンクよりダウンロードが可能です。 インストーラーがダウンロードされましたら
インストールを
開始します。

インストール後、Portalを起動してください。  起動すると以下のような画面が表示
されることになるかと思います。 ここで、もしiZotopeのアカウントをお持ちの場合は
アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしてください。 
もしお持ちでない場合は、アカウント作成を
クリックしてアカウントを作成ください。



もし製品をお持ちでない場合は、製品欄が空白かと思います。 もし表記が英語の場合、
または日本語で使いたいという場合は、右上にある歯車のマークをクリックし、設定に
入ると表示言語を英語または日本語で選択できるようになっておりますので、
ここで設定の変更を行ってください。

 

シリアル番号の登録

次に製品の登録をしていきます。 以下の赤丸の部分をクリックしてください。



そうすると以下の画面が表示されます。 赤で囲った部分に、最初に確認いただきました
シリアルをコピーして、ここにペーストしてください。 正しいシリアルが入力
されると送信というボタンがオレンジになりますので、送信をクリックしてください。


オーサライズ 認証

正しいシリアルであり問題がない場合は、認証先を確認されます。

認証先は二つあり、一つ目は下記左手のパソコンでマシンオーソライズといい、
パソコンに直接認証を取るケース。

もう一つはiLokと呼ばれるライセンスキーにオーソライズをするタイプとなります。

もしiLokは使用してないという場合は、左手のパソコンを選択してお進みください。 





マシンオーサライズ

まず、マシンオーソライズの場合は左手のパソコンのアイコンをクリックして、
いかに見えるようにアクティベートをクリックします。





































アクティベーションが成功すると以下の画面が表示されます。


これで、アクティベーションは成功ですので、お持ちの製品をクリックします。

インストール:









ここでは例としてNectar 3ですが、Trash2にあるインストールをクリックして
インストールを始めます。









































インストールには二つの方法があります。 QuickとCustom。 通常ではQuickを選択しインストール しますが、
特定の場所にインストールがしたいという場合はCustomを選択しますが、ファイル構造等詳しい場合のみ
Customを選択ください。

インストールが始まると以下のようにゲージが進んでいきます。




そして次に以下の画面が表示されます。


ここでは右下のNextをクリックして進みましょう。 

次に必要となるプラグインフォーマットを選択してNextをクリックします。
以下は:

AAX: Pro Toolsを使用されるユーザー
AudioUnit: 主にMacでLogicを使用するユーザー
VST2(基本これはインストールする必要がありません)
VST3:Cubase, Live, StudioOne等使用するユーザー

それぞれが必要なプラグイン のフォーマットへチェックをいれNextをクリックしてください。



インストール最後の以下の画面が表示されたら完了となります。Finishをクリック
します。




インストールが正しく完了するとPortalでの製品が以下の様にインストールの文字が
グレイ化します。



これで製品のインストールは完了です。 

Trash2について: https://www.izotope.jp/jp/products/trash-2/

システム要件

対応OS:
Mac: OS X 10.11.6 El Capitan - macOS 11 Big Sur*
*Intel CPUに対応(M1チップ非対応)
PC: Win XP (32–bit Service Pack 3)–Win 10
プラグインフォーマット:
AAX (64–bit), AU, RTAS (32–bit), VST, VST3
対応DAW:
Ableton Live 9–10, Cubase 9.5, Digital Performer 9, FL Studio 12, Logic Pro X, Nuendo 8, Pro Tools 10–12, Reaper 5, Reason 10, Studio One 3–4

    • Related Articles

    • iZotope製品: Product Portal FAQ

      iZotope Product Portal FAQ 製品ポータルに製品が表示されるかどうかを決定するものは何ですか? 製品をアカウントに追加して製品ポータルに表示するには、いくつかの方法があります。 製品のデモをダウンロードした場合 iZotopeから直接製品を購入した場合 製品ポータルまたはizotope.comで購入したシリアル番号を追加しました。 お使いのコンピュータに以前インストールされていた製品をお持ちの場合 製品ポータルに特定の製品が表示されないのはなぜですか? ...
    • iZotope製品: Nectar Elementsのインストールについて

      Nectar Elementsのセットアップ方法について ここではNectar Elementsについて説明していきます。 この度の無償配布についてですが、サポートIDは必要ありません。 ご安心してリクエストフォームからリクエストしてNectarを 入手してください。 注意:現在NectarはM1チップ搭載のMacに対応しておりません。 Big Sur    には対応しておりますが、InterlベースのMacのみのサポートとなります。 ...
    • iZotope製品:RX 8 Elementsセットアップ方法について

      RX 8 Elementsのセットアップ方法について ここではRX 8 Elementsについて説明していきます。 シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX8ELEと 入り、そのあとは4文字の英文字の塊が以下の例のように4つ程続きます。 ・ SN-RX8ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。  まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で ...
    • iZotope製品:RX7 Elementsセットアップ方法について

      RX7 Elementsのセットアップ方法について ここではRX7 Elementsについて説明していきます。 シリアルはかならずSNから始まり次に製品名であるRX7ELEと 入り、そのあとは4文字の英文字の塊が4つ程続きます。 ・ SN-RX7ELE-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX こちらが届きましたらまず何をするのか?をここで説明していきます。  まず最初にiZotope製品のシリアルの登録からオーソライズからインストールまでを一括で ...
    • iZotope製品:Mac OS iLok互換性チャート

      Mac OS iLok互換性チャート 無償製品を除くすべてのiZotopeソフトウェアは、iLok USBオーソリゼーションに対応しており、コンピュータとクラウドのライセンスは現在サポートされていません。ただし、一部の古いiZotope製品では、iLok社のレガシーな「Interlok」ドライバーを使用しており、mac OS 10.14.6+では互換性がなくなっています。 以下は、iLokライセンスの互換性の表です。 製品 iLokと互換のあるOS Ozone 8, 9 Neutron 2, 3 ...