Future Audio Workshop 製品登録方法

Future Audio Workshop 製品登録方法

Circle、SubLabほかFuture Audio Workshop製品は下記手順にてご登録いただけます。アクティベーション回数の確認やリセットに必要となるため、手順に沿って製品のご登録をお進めください。

アカウント作成

初めに、下記アカウント作成ページRegisterにメールアドレスと任意のパスワードを入力の上、Registerをクリックしてアカウントを作成します。

アカウント作成、ログインページ

Future Audio Workshopへの登録依頼

現在のFuture Audio Workshopウェブサイトでは個別のシリアルナンバーのオンライン登録に対応していないため、Future Audio Workshopサポートまでメールにて登録を依頼します。下記のテンプレートをコピーペーストし太字部分を製品に沿って書き換え、アカウント作成で使用したメールアドレスから登録依頼を送信してください。

件名: Product license registration request

本文:

Dear Future Audio Workshop support,

I would like to register my [製品名] to my account.
Could you check the information below and register the activation code?

Account email: [アカウントEメール]
Activation code: [シリアルナンバー/アクティベーションコード]

Best Regards,

[お名前、ローマ字]

追ってFuture Audio Workshopサポートより登録完了のご案内が届きます。アカウントにログインし、Activation Codesにて製品シリアルの登録を確認します。

以上で製品登録は完了となります。
    • Related Articles

    • Lewittアカウント作成、製品登録方法

      Lewittのアカウント作成、製品登録は以下の手順にて行ってください。 アカウント作成 1.以下My Lewitt Audioページを開き、Sign upをクリックします。 https://my.lewitt-audio.com/ 2.お客様情報を半角英数字の入力します。 *は入力必須項目です。 Email address:メールアドレス Username:任意につけたユーザー名 Password:設定するパスワード情報 Confirm password:確認のため、同じパスワード情報 ...
    • Earthworks製品登録方法

      2012年7月1日以降にお買い上げ頂いた、Earthworks Measurement Microphones(Mシリーズ)のご登録をEarthworks社のサイトで行うと、お持ちのマイク固有の計測ファイル(Electronic Calibration Files=ECF)を入手頂けます。このファイルは、製造時に1本ずつそれぞれに計測が行われたキャリブレーションファイルです。 登録手順 1.下記Earthworks社のサポートページを開きます。 ...
    • Nomad Factory製品 登録方法

      Nomad Factory製品のうち、PAVC〜で始まるシリアルナンバー=Redeem Codeのご登録については下記手順でご登録をお進めください。 PAVC以外のシリアルをお持ちの場合、下記手順でのご登録はご不要です。製品のインストーラーをダウンロード、インストールの上、製品のオーサライズを行なってください。 Nomad Factory・BBE製品 インストーラー・ダウンロードガイド Plugiveryアカウントの作成 Nomad ...
    • Spectrasonicsアカウント作成・製品登録方法

      2009年10月26日以降、Spectrasonics製品のご登録はアカウント方式へ変更されております。アップデータのダウンロード、オーサライズを行うために、すべてのSpectrasonicsユーザー様はアカウントの作成、製品の登録が必要です。下記の手順にてアカウント作成、製品の登録を行ってください。   アカウント作成・製品登録手順 1. Spectrasonicsウェブサイトにアクセスし、画面上部「login」をクリックします。   2.アカウントを作成する場合は、"Register ...
    • Future Audio Workshop アクティベーションリセット方法 / アクティベーションできない "serial in use"エラー

      Circle、SubLabは任意の3つのコンピューターでアクティベーションが可能です。これ以上のデバイスでアクティベーションを実行すると、回数が超過し"serial in use"などのメッセージが表示されアクティベーションが完了されません。回数をリセットすることで再度ソフトウェアのアクティベーションが可能になります。下記手順に沿ってアクティベーションリセットをお進めください。 アクティベーションリセット方法 製品が未登録の場合 アクティベーションのリセットにはFuture Audio ...