Waves Clarity VX、Clarity VX Proの動作が重い・CPU負荷が高い 設定のヒント

Waves Clarity VX、Clarity VX Proの動作が重い・CPU負荷が高い 設定のヒント

Clarity VX および Clarity VX Proプラグインはニューラル・ネットワークを使用した処理を実行するため、CPU に大きな負荷がかります。下記をご参考に効率の良くプラグインをご利用ください。

プラグインの起動数について

Clarity VX 、Clarity VX Pro プラグインを多数起動すると CPU 使用率が非常に高くなる可能性があることに常に注意する必要がります。DAWで使用するCPUパワーが不足しないようClarityプラグインの起動数は最小限に留めるようにしてください。Clarity Vx Pro をサラウンドチャンネルで使用する場合は複数のインスタンスがバックグラウンドで開かれるため1インスタンスのみ起動することをお勧めします。

AUXバストラックの活用

処理するトラックが複数ある場合は、可能な限り一つのAUXバストラックにルーティングして、Clarity Vx Proプラグインの起動数を限定して使用することをお勧めします。

Analysisモード

また、AnalysisモードをDouble設定するとSingleモードよりも大幅にCPU使用量が増大します。複数のClarityプラグインを Single モードで起動して、後からAnalysis設定をDouble に切り替え始めるとCPU スパイクが発生する可能性があります。Singleモードでも十分な効果を得られる場合はDoubleモードの使用を抑えることで負荷を軽減することができます。



グラフィックモード

さらにClarity Vx Proではプラグインの左上のグラフィック表示モードを変更することでCPU使用量を減らすことができます。デフォルトではClarity VX Pro は Neural Network FFT を表示するよう設定されています。このモードはCPU 使用量が多いため、従来のFFT表示を使用するかFFTを完全にオフにすることでPU使用率を減らすことができます。



    • Related Articles

    • Mercury V14をインストールしてもClarity Vxがインストールされない

      Mercury V14をインストールする際、Clarity Vxがインストールされない場合があります。 *2022年9月12日 Clarity VxがV14に対応により、この問題は解消されました。 最新バージョンのMercuryインストーラではClarity Vx v14もインストールが行えます。(Clarity Vxが含まれたアップデートライセンスが必要です) Waves Central>Install ProductsページにてAll Productsタブを選択、ViewをV13 ...
    • Waves 動作環境

      Waves製品の多くはプラグイン形式のソフトウェアとなり、ご利用にはインストールするための対応OSを搭載したコンピューター、およびプラグイン対応のホストアプリケーションが必要です。製品によりアプリケーションとして起動できる=スタンドアローンを含むものもあります。 Waves製品ライセンスは発行されるシリアルナンバー1つにつき1台のコンピューターまたはUSBメモリに有効化して利用できます。複数コンピューターでの同時使用が必要な場合は追加ライセンス購入またはセカンドライセンスを利用してください。 ...
    • Waves V13 リリースノート 更新情報

      Waves V13製品の最新アップデートのリリースノートです。個別製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション eMotion LV1 動作環境 SuperRack 動作環境 SoundGrid Studio 動作環境 StudioRack - 動作環境 Waves SoundGridアプリケーション 最新アップデート・リリースノート 2022年6月13日 更新: SuperRack (SoundGrid ...
    • Waves V14 リリースノート 更新情報

      Waves V14製品の最新アップデートのリリースノートです。個別製品の動作環境、インストール手順については下記ページをご覧ください。 Waves 動作環境 Waves インストールとアクティベーション eMotion LV1 動作環境 SuperRack 動作環境 SoundGrid Studio 動作環境 StudioRack - 動作環境 SoundGridアプリケーション リリースノート 2023年1月17日 更新: eMotion LV1 Live Mixer (64, 32, 16 ...
    • Waves Apple Silicon MシリーズとRosetta 2エミュレータ対応状況について

      Waves V14 Waves V14製品はApple Silicon Mシリーズプロセッサで動作する下記のDAW・ホストアプリケーションがサポートされています。 Apple Silicon Mシリーズプロセッサ上でのネイティブ対応DAW Waves V14: Logic Pro 10.7.4 Ableton 11.1 Cubase 12 Nuendo 12 FL Studio 20.8.4.2048 Studio One 5.4 REAPER 6.35 for ARM Bitwig ...