Apogee FX プラグイン動作環境

Apogee FX プラグイン動作環境

バンドル製品

Apogee FX Complete bundle

  1. Pultec EQP-1A
  2. Pultec MEQ-5
  3. Opto-3A
  4. ModEQ 6
  5. ModComp

EQP-1A + MEQ-5 Pultec bundle

  1. Pultec EQP-1A
  2. Pultec MEQ-5

ModEQ 6 + ModComp bundle

  1. ModEQ 6
  2. ModComp

動作環境

対応サンプリングレート: 44.1 - 192kHz

MacOS:

MacOS 10.12.6 以降
RAM 4 GB以上, 8GB 以上推奨

Windows:

Windows 10以降
RAM 4 GB 以上, 8 GB 以上推奨

DSP処理(FX Rack)対応について

対応ハードウェア製品

下記ハードウェアではApogee ControlにてDualPath等を用いたワークフローの構築により、ハードウェア搭載のDSPにてエフェクト処理が可能です。
  1. Element シリーズ ※Apogee ControlではECS Channel Stripを利用できません
  2. Ensemble Thunderbolt ※Apogee ControlではECS Channel Stripを利用できません
  3. Symphony I/O MKⅡ  ※Thunderbolt接続モードのみ
  4. Symphony Desktop
  5. Duet 3  ※ECS Channel StripのみDSP処理が可能です

対応プラグイン

  1. Symphony ECS Channel Strip
  2. Pultec EQP-1A
  3. Pultec MEQ-5
  4. Opto-3A
  5. ModEQ 6
  6. ModComp
※Apogee ControlではECS Channel Stripを利用することができません。
Clearmountain's SpacesおよびClearmountain's DomainはDSP処理に対応していません。これらは、DAW等でプラグインとしてのみ利用可能です。

推奨DAW

  1. Pro Tools 12以降, Ultimate  ※ProTools 11以下はサポートされていません
  2. Ableton Live 10
  3. Logic Pro 10
  4. Cubase 9.5以降  ※VST2のみ、VST 3は実装されていません
※上記のほか、Audio Unit およびVST 2、AAXに準拠したDAWであれば動作可能です。


Apogee and Pulse Techniques Partnership

Pultec Program EqualizerとMid-range Equalizerのすべてのニュアンスを再現するため、立派なパートナーとともに熱意を持って取り組みました - そのパートナーは、現在のPultecハードウェアのメーカー担当者である、Pulse TechniquesのSteve Jacksonです。
彼は、10年もの時間をかけて伝説のEQP-1Aを再現するために、各コンポーネントの複雑な秘密を知っている唯一の人物であるPultecのオリジナル・デザイナー、Eugene Shenkから学びました。

伝説的なレコーディングエンジニアであるBob Clearmountainは、ニューヨークのPower Stationスタジオでの初期の頃から、オリジナルのPultec EQをミキシングプロセスの不可欠な要素として使用していたので、Steveの再現したEQを試聴して感激しました。
彼は慎重に試聴した結果、現在生産されている新しいユニットがオリジナルと同じ音であると判断しました。ロサンゼルスにある自身のスタジオ「Mix This」で、現行製品とオリジナル製品を交互に使用しています。

そしてApogeeは、いくつかのPultec EQP-1AとMEQ-5のヴィンテージユニットと現行製品を慎重に分析した結果を踏まえ、Steveが制作した新しいハードウェアをモデルにしてプラグインを作りました。

Apogee社のPultecs("Pultec EQP-1A"および"Pultec MEQ-5")は、EQP-1AとMEQ-5タイプのプラグインの中で唯一、SteveとPulse Techniquesによってエンドースされ、完全にライセンスされていることを誇りに思っています。



メーカー本国ページ:
    • Related Articles

    • Apogeeインターフェイスが認識されない、Maestro 2やApogee Controlに表示されない

      Symphony Desktop、Symphony mk2、Duet (USB)、One、Quartet、Ensemble、Elementにおいて、製品ソフトウェアをインストール後もMaestro 2 / Apogee Controlソフトウェアでユニットが認識されない場合があります。 これはmacOS 10.13 High Sierraで導入された新しいサードパーティ製ドライバをインストールする前にユーザーの承認が必要な新しいセキュリティ機能によるものです。10.14 Mojave, ...
    • Apogee JAM+ BIAS FX Jam software 取得方法

      Apogee JAM+をApogee社のサイトにご登録いただくと、無償にてBIAS FX Jam softwareが取得いただけます。 Apogee製品登録方法 https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/apogee-driver-software-download ご登録完了後、メールにてシリアルナンバーが送付されます。 シリアルナンバー取得後、以下ページの手順にてアカウント作成、シリアルナンバーのご登録を行なってください。 ...
    • 電源が投入できない(Symphony、Symphony MKⅡ、Ensemble、Elementシリーズ)

      Apogee Symphony,Symphony MKⅡ,Ensemble の 電源が投入できない場合の対処方です。 下記をご確認頂いた上で手順に沿って確認を行ってください。 https://support.minet.jp/portal/kb/articles/article-21-4-2020 機器本体より全てのケーブル類を取り外した上で読み進めてください。 ...
    • Apogee Ensemble / Element Macの音声出力を再入力・録音する FX Send

      Elementシリーズを使用してMac内で再生された音声をDAWなどに入力して録音したり、配信用ソフトウェアなどに入力したい場合、Apogee Controlにて再入力用チャンネルとなるFX Sendミキサーを利用します。下記手順でFX Sendを設定してください。 システム環境設定にてMacのサウンド出力をApogeeインターフェイスに設定します。 Apogee Controlを起動し、ミキサー画面にてFX Sendミキサー(3)を左下パネル(5)で有効にします。 ...
    • Apogee製品 macOS Catalina 10.15およびiOS 13対応情報

      2019年10月現在 Apogee製品のmacOS Catalina (10.15) and iOS 13対応情報公開されました。各製品の対応状況ををご参照ください。最新の情報は下記Apogeeサポートページも合わせてご参考ください。 参照元記事: macOS Catalina and iOS 13 Compatibility Info https://apogeedigital.com/home-feature-news/macos-catalina-compatibility-info ...