AMS/Neve FAQ

AMS/Neve FAQ

FAQ

 

Q:

8816でRecallソフトウェアを実行しようとすると、「8816のファームウェアを更新する必要があります」

と言われます。ファームウェアをアップデートしようとすると、また同じメッセージが表示されます。
何が間違っているのでしょうか?

 

A:

これはユーザーエラーの問題ではなく、マイクロコントローラのファームウェアが

部分的に消去されていて更新できないことが考えられます。

 

このファームウェア更新ファイルには、ファームウェアを再ロードするための
プログラムと手順が含まれています。

このソフトウェアは一般公開されておらず、PC上でのみ動作するように設計されていますので

ご注意ください。 現時点では、Mac用のバージョンはありません。

 

操作方法は以下の通りです。

1.  ファイルをダウンロードし、内容を解凍します。

2.  コンピュータのデスクトップにディレクトリを作成します。

3.  download8816_5.exe、Neve88.dll、down_8816_5.hexの3つのファイルをそのディレクトリに入れます。

4.  USB 経由で 8816 を PC に接続し、ユニットのスイッチを入れます。

5.  download8816_5.exe をダブルクリックして実行します。画面下部に小さなカウンターがあります。

     カウンタが20まで走ると、リロードが始まります。これには2分ほどかかりますが、
     その間にカウンターの増加は止まります。リロードが完了すると、カウンターは増え続けます。

6.  カウンタが増加し始めたら、プログラムを終了し、8816 から USB を抜き、

     ユニットの電源をオフにして再度オンにしてください。

7.  リコールを実行して、正常に動作しているか確認してください。

この手順を完了してもエラーメッセージが表示される場合は、ファームウェア・チップ自体に
ハードウェア上の問題がある可能性があります。

 

これらの手順はダウンロードしたファイルにも含まれています。

 

Q:
4081をUSB経由でMacに接続しましたが、コントロール・ソフトウェアにMIDIポートが表示されません。
どうすればソフトウェアに4081のMIDIポートを表示させることができますか?

 

A:
4081はMacに正しいシリアルドライバーをインストールする必要があります。それがインストールされていれば、
4081ソフトウェアを再起動するとMIDIポートが表示され、設定できるようになります。

 

Q:
Neveソフトウェアがサポートできる最大アウトボードユニット数は何台ですか?

 

A:
88シリーズ用のRecallソフトウェアと1081Rおよび4081s用のコントロールソフトウェアの両方で
最大16台までサポートできます。



Q:
8801 / 8803 / 8804 / 8816用のRecallソフトウェアは、どのバージョンのMacで動作する必要がありますか?


A:
OS 10.4とOS 10.5を搭載したMacでは、Recall Version 5.5を実行することができます。

Mac版のOS 10.6では、Recall Version 6を実行する必要があります。

 

Q:
8816のヘッドルームはどのくらいですか?

A:
アナログ出力のヘッドルームは、0dBの出力に対して26dB、+4dBまたは0Vuの出力に対して22dBです。


Q:
AES出力をS/PDIF入力に接続することはできますか?

A:
AESポートとS/PDIFポート間の接続は、データの内容的には問題ありませんが、信号レベルの違いによる
問題があります。AESの信号振幅は5Vですが、S/PDIFの信号振幅は0.5Vです。

 

したがって、XLR とフォノコネクタを正しく配線した場合、入力は期待される信号レベルの
10 倍の信号を受信していることになります。

 

AES 信号を S/PDIF 入力に入力した場合、長期的にダメージを受ける可能性があるかどうか、
お使いのインターフェイスのメーカーに問い合わせて確認することをお勧めします。
ケーブルは以下のように配線してください。

 

XLR ピン 1 とケーブルシールド

XLR端子2~RCA端子

XLR端子3~RCAコネクタシールド

 

Q:
Neveのアウトボードで使用されているADCコンバータはどのような品質ですか?

 


A:
使用されているADCはすべて24ビットです。

Q:
8816の "INS "ボタンと "INS MIX "ボタンの違いは何ですか?

 

A:
"INS"(インサート)ボタンです。 これはプライマリー・プリフェード・インサートの IN 回路を切り替え、
メイン・プログラム・パスにコンプレッサーを(例えば)挿入できるようにします。

 

このインサートはサムとディファレンシャルのインサートにすることも可能で、左インサートには
"Sum "信号、右インサートには "Difference "信号が入ります。

 

これにより、挿入リターンでデコードされる前に、2 つの信号を別々に処理することができます。
この機能は、メインミックスの出力レベルコントロールを押すことで有効になり、
M&S 処理が回路内で行われている場合、"INS" ボタンの色が黄色から赤色に変化します。

 

Neve 33609 のようなコンプレッサーをインサートに接続することで、ミックス全体を圧縮したり、
EQ を調整したりすることができます。クリーンミックスと処理済みミックスをミックスする
必要がある場合もあります。例えば、フィルターバンクを使用して、曲のあるセクションの
ミックス全体に特殊なエフェクトをかける場合などです。このような場合、8816 のインサートに
フィルターバンクをパッチングし、インサートミックスモードに切り替えます。クリーンミックスと
プロセッシングミックスのバランスは、インサートミックスレベルコントロールで制御され、
エンジニアは必要に応じてクリーンミックスとプロセッシングミックスを切り替えたり、
両者のバランスを調整することができます。

 

1.       和と差のモードでは、標準的なステレオ信号は、左側の出力でモノラルコモン(和信号)に、
右側の出力でモノラル(差)信号に変換されます。これにより、エンジニアはコモン
(センター)イメージとディファレン ス(ステレオ)イメージに異なるプロセスを適用する
ことができます。インサートリターンでは、信号は標準的なステレオ信号に再変換されます。
この技術は、マスタリングレコーディングで頻繁に使用されており、次のような場合に使用されます。

2.       全体的なステレオ EQ を使用して、EQ ユニット内のトラッキングエラーで L & R イメー ジが
シフトしないようにしたり、モノラルの EQ を使用してミキシング後のミックスバランスを
微妙に変化させたりする。

3.       和と差を別々に圧縮して制限し、トラッキングエラーを否定したり、全く異なるステレオイメージを
作る。

4.       モノラルプログラムにサブベースシンセを追加して、本当に深いモノラルベースを作ります。

5.       モノラルを聴き、DAW のサンプルディレイをトリミングして完璧な L & R トラッキングを実現し、
その結果をインターリーブされた wav ファイルに保存します。

6.       ボーカルはSumシグナルをEQすることでブライトに、シンバルはDifferenceシグナルをEQすることで
ブライトにすることができます。N.B. 挿入ボタンが選択されていなくても、Mix Level コントロールを
押すことで、インサートの基本的なモードを変更することができます。

 
"INS MIX"(インサートミックス)ボタンを押します。

このボタンを押すと、インセットミックスリターン信号がメインの 2 トラックのミックス出力に
ルーティングされます(出力レベルコントロールの前、プライマリインサートの後)。

IMR(インサートミックスリターン)レベルコントロールは、IMR 信号をインサート後の
メインミックス出力に直接ミックスさせますが、ミックス出力レベルコントロールの前に
ミックスさせることができます。8dB から +10dB の範囲で、DJ スタイルのミキシングや、
エンジニアがコンプレッションや EQ を使用したメインミックスのソースを、インサートを
使用した場合のようにコンプレッションや EQ がミックスを支配することなく、メインミックスの
出力に戻したい場合に最適です。



Q:
アウトボード・ユニットのRecallソフトウェアを実行すると、ファームウェアをアップデートする
必要があると表示されます。このファームウェアはどこで入手できますか?


A:
Recall ソフトウェアプログラムをインストールすると、88 シリーズのすべてのアウトボードユニットの
最新のファームウェアが C. / PC の場合は [プログラムファイル] / [Neve Recall] / [ファーウェア]、
Mac の場合は [アプリケーション] / [Neve Recall] / [ファームウェア] にあります。
これらは.hexファイルになります。

 

Q:
バランス信号とアンバランス信号の違いは何ですか?

A:
アンバランスラインは、信号を送信するために2本のワイヤ(ホットとグラウンドと呼ばれる)を
使用しています。これは短いケーブル(5m以下)用に設計されており、他の電気源からの干渉を
受ける可能性があります。アンバランス線を使用する場合は、主電源ケーブル(または他の干渉源)と
並走しないようにしてください。バランス線は、3本のワイヤー(ホット、コールド、アース)を
使用しており、より長い距離のケーブルに使用することができます。これは信号を伝送するための
より信頼性の高い方法であり、かなり長いケーブルを使用することができます。


Q:
8804フェーダーパックを装着した8816で、片方のユニットを押した時に
CUTとSOLOがもう片方のユニットでは見えないのはなぜですか?

 

A:
2 つのユニットを接続するリボンケーブルはオーディオのみを伝送するもので、
CUT と SOLO の情報は伝送されません。

 

CUTとSOLOの状態が両方のユニット間で伝達されるためには、両方のユニットをUSB経由で
PC(またはMac)に接続し、Recallソフトウェアが起動している必要があります。複数の 8816 が
USB 経由で接続されている場合、一方の 8816 と 8804 の両方をマスタ ーに、もう一方の 8816 と
8804 の両方をスレーブに設定する必要があります。8816 と 8804 を 1 台のみ接続する場合は、
両方ともスレーブに設定する必要があります。

 

Q:
デジタル・オプションを装着したアウトボードの場合、デジタル・オーディオ出力が断続的に
落ちてしまうのはなぜですか?

 

A:
デジタルオプションが装着されている全てのアナログアウトボードには、デジタル出力を他のデジタルスタジオの
セットアップと同期させるために、有効な同期ソースを供給する必要があります。

デジタル出力のオーディオがドロップアウトしないようにするために、以下の点にご注意ください。

1.       ユニットが(Wordclock In BNC コネクタを介して)Wordclock シンクソースを受信し、
Wordclock Out BNC コネクタに何も接続されていない場合、75 終端スイッチが正しい位置に
あることを確認してください。

2.       複数のユニットが同期ソースを必要とする場合は、「デイジーチェーン」ではなく「スター」システムを
採用してください。スターシステムでは、ケーブルがシンクソースから各ユニットに直接接続され、
各ユニットのワードクロックが終端されます。デイジーチェーン・システムでは、
1本のケーブルが同期ソース(IN)から1台目のユニットに供給され、それが2台目に供給され
(1台目のOUT BNCを経由して2台目のINに接続)、2台目からOUT、3台目にINなどとなります。

 

Q:
ADCカードを装着した8816の場合、ユニットのリアに2つのモノラルAES XLR出力
(1つのステレオ出力ではなく、1つは左と右のモノラル出力)があるようにユニットを
設定するにはどうすれば良いですか?

 

A:
ユニットの前面で選択されたサンプルレート(例えば 48kHz)がユニットの背面に接続されたシンク
(48kHz、Wordclock または AES シンク)と同じであれば、背面の 2 つの XLR コネクタは左右両方の
XLR に出力されますので、実質的には 1/L に L と R のステレオミックス、2/R に L と R のステレオミックスが
出力されます。これは 48kHz のサンプルレートだけではなく、フロントで選択されたサンプルレートが
リアで入力されたサンプルレートと正確に一致した場合にも適用されます)。

フロント側で選択されたサンプルレート(例えば 96kHz)がリア側に入力されているサンプ ルレート
(48kHz、Wordclock または AES シンク)の半分の場合、リア側の 2 つの XLR コネクタからは、
1/L に Left と Left、2/R に Right と Right が出力され、それぞれの AES 出力に 1 つのモノ信号が供給されます。
これは 48 kHz のサンプルレートだけではなく、フロントで選択したサンプルレートがリアに入力された
サンプルレート(Wordclock または AES)のちょうど半分の場合にも適用されます)。

 

Q:
最近8804のフェーダーパックを購入したのですが、8816に装着してもオーディオがコントロールできません。

 

A:
これには2つの理由が考えられます。

1.  8816内部の19個のジャンパーが正しく設定されていないために、オーディオの
コントロールがフェーダー・パックに引き継がれていない。

2.  8816 のリア・コネクタからマザーボードに接続されている内部オーディオ・リボン・ケーブルが
正しく取り付けられていない。ジャンパーの動かし方、
8816オーディオケーブルの
正しい取り付け方については、
8816のマニュアルを参照してください。



Q:
1073DPAまたは1073DPDの電源を入れると、電源ランプが数回点滅します。電源をオフにすると、
顕著なスパイク音があります。これらの現象は正常なのでしょうか?

 

A:
スイッチモード
PSUはユニバーサルAC電源電圧入力を持っており、指定された100250ボルトの
AC4763Hzで動作します。しかし、経験上、より低いAC電源電圧では、内部コンデンサを充電
しながらPSUを起動するのに何度もかかることがあります。その結果、電源ランプが点滅したり、
リレーがクリックしたりすることがあります。オーディオのクリック音やバウンド音を防ぐために、
ユニットの電源を入れている間は、オーディオが1073DPD出力後にミュートされていることを
確認することが常に最善です。1073DPA/DPDのテスト手順の一部として、低AC電源電圧
50Hz100ボルト)でスイッチをオンにするとチェックされます。

 


 

 


    • Related Articles

    • AMS Neveサポート終了製品

      下記製品は保守パーツ終息のため、サポート、修理受付が終了しております。 コンソール アウトボード Capricon 33609B VR 33609C VXS およびそれ以前の製品 *弊社サポート対象製品はAMS Neveブランドのみとなります。
    • AMS Neve製品弊社サポートについて

      AMS Neve製品の弊社テクニカルサポート、修理受付などは、国内正規代理店を経由して販売された製品のみとなります。 AMS Neve以外の製品、および並行輸入品などは対象外となりますのでご了承ください。 国内正規代理店を経由した製品は、本体に代理店名のステッカーが貼付されております。
    • Earthworks ICON - FAQ

      こちらのページでは、ICONを中心に音声収録のFAQを掲載しています。 Q. ICONから入力される音声が小さいので、大きくしたいです。 A. 本体背部にあるノブを動かすと入力される音声の大きさが調整できます。こちらを使用してちょうど良い音量になるよう調整してください。 Q. ICONのイヤフォン端子からの音量を変更したいです。 A. ICON本体には出力音声を調整する機能が付いていません。PCの設定から音量を調整してください。 Q. 再生される音声がブツブツと途切れてしまいます。 A. ...
    • iZotope製品  Spire FAQ

      iZotope製品Spire FAQ Spire FAQ Soundcheckを使った際に音には何がおこりますか? Soundcheck機能を使うと自動的に音のインプットレベルを調整してくれます。 と同時に、楽器を使用していればそれを検知し自動的に軽くダイナミックEQをつけ後のミックスがしやすいようにしてくれます。   なぜ、Soundcloudにサインインできないのですか? 設定(Setting )メニューにあるSoundcloudのセクションを見ると、” not signed in = ...
    • iZotope製品: Product Portal FAQ

      iZotope Product Portal FAQ 製品ポータルに製品が表示されるかどうかを決定するものは何ですか? 製品をアカウントに追加して製品ポータルに表示するには、いくつかの方法があります。 製品のデモをダウンロードした場合 iZotopeから直接製品を購入した場合 製品ポータルまたはizotope.comで購入したシリアル番号を追加しました。 お使いのコンピュータに以前インストールされていた製品をお持ちの場合 製品ポータルに特定の製品が表示されないのはなぜですか? ...